解消法 赤ちゃんの便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 赤ちゃんの便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

赤ちゃんの便秘とは、生まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんのお腹の中からでてきて、すぐに母乳を飲むことになります。そうすると、今までの胎盤から栄養をもらっていたのが、初めて口から栄養を入れる事となります。初めて、胃にものが入るので、胃がびっくりしてなかなか便が…

赤ちゃんの便秘とは

赤ちゃん便秘とは、生まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんのお腹の中からでてきて、すぐに母乳を飲むことになります。そうすると、今までの胎盤から栄養をもらっていたのが、初めて口から栄養を入れる事となります。初めて、胃にものが入るので、胃がびっくりしてなかなか便が出なかったりします。

初めてでる便はお腹の中にいた時の、ものがでてくるので、すごく黒い色だったり変な色だったりします。その後母乳や人口のミルクなどを飲むようになり、順調に胃と調和すれば、そのまま便は定期的にでます。でも、そこであまりミルクなどとの相性が悪いと、便が出なくなります。赤ちゃんは腹筋がまだあまりないので、ここはやわらかい便でないと、外に押し出す事ができないです。

水分が重要です。生まれて数か月の赤ちゃんは、ミルクや母乳以外には接種しないので、ここでの胃との調子がよくないと上手く排出が出来ないです。そうなると便秘となります。赤ちゃんは一日に何回も便をだします。一日でなくても便秘にはなっていきます。

そこはよく様子をみて、一日に何回便が出ているかのチェックはしておくほうがいいです。だんだんと成長してくると、便も固くなり、一日にする回数も減ってきます。最初はこの回数が多いのでびっくりしますが、これが普通の事なので、少ないほうに気をつけてあげるほうがいいです。便秘になると、多少の不快感は表してきます。そこでしか意志表示は見つけられないですね。

赤ちゃんの便秘の特徴(症状)や原因

赤ちゃんはなかなか便秘になっても、言ってはくれないです。そこは大人がよく観察してあげて、気づいてあげるべきです。一日に数回便をする期間がすぎてくると、一日一回のペースで便はするようになります。母乳や、ミルクといった飲む栄養のものから、離乳食へと移行する時に、この便秘になる子供が多いです。

今まで食べていたものからガラッと食べるものが変わるので、胃や腸がびっくりする事になります。食べ物が変わる時期にはこの症状になることが多いです。2.3日でなくても、心配する事はないですが、お腹が張ってきたり、少し不機嫌になってくると、そこは出してあげないといけないですね。

あまりに便がでなくて、固くなってくると、腹筋も弱いので押し出す力もあまりなく、どんどん便秘の日が続いていきます。そうなる前になんとか解消はしてあげるほうがいいです。食べるものも、離乳食の初期はよく気をつけて、少しずつから初めていくほうがいいです。食べるからといって、大量に与えていては、胃も腸も消化ができなくなってきます。

今までは液体だけだったの、便も緩かったのですが、固形物が入ることで、便も固くなります。それだけで便秘のもとにはなっていきます。そこは十分気を付けて、この離乳食を始めていくほうがいいです。まだミルクや母乳といったものは多めに摂取しながら、果汁や水なども織り交ぜて、固形物が固まらないようにしてあげるべきです。そこが重要となってきます。

赤ちゃんの便秘の対策

この便秘の対策としては、あまりに急ぎすぎる離乳食ではなくて、赤ちゃんの様子をよくみて、徐々に始めていくほうがいいですね。そこで、お腹の状態もよく見ながら進めていくほうがいいです。お腹のマッサージというのも効果的です。今はベビーマッサージも浸透してきているので、そういうのに通って、便秘にきくマッサージをとりいれていくのもいいです。

まだ便秘になってない時から、継続的にこのマッサージを行っていくと、だんだんと慣れてきて、いざミルクから普通の食事に移行する時には、いい感じのお腹の具合になっていきます。便秘になってからでも効果はあるのですが、それ以前に対策として行っておくと、赤ちゃんもなじみができていいです。

水分も多めにとるように心がけるのが重要です。どうしても、夏場の暑い時期には汗や尿といったものに、水分がとられていくので、そこは重要です。夏は特に、多めの水分補給が必要です。水だけでもいいですが、今は赤ちゃん用のイオン水も登場しているので、そういうのも活用して、水分を上手く接種できるようにしていく事が重要です。

このイオン水は少し味がついているので飲みやすいです。後は、緩やかに離乳所を進めていく事が肝心となってきます。ここを急ぎすぎると、食べるのが嫌になり、だすものもないくらい食べなくなってしまいます。ゆっくりと進めていく事が重要です。水分も多めにとれる食事にしていくといいですね。味も薄味がいいです。

赤ちゃんの便秘の解消方法

いろいろと食べるものに気をつけていても、なってしまうのが便秘です。こうなってしまったら、直接肛門を刺激して出すのを促すのが一般的です。綿棒浣腸というのがあります。綿棒にベビーオイルをつけて、それで肛門の入り口をちょっと刺激してあげると、むずむずとして、便意が出てくる場合があります。これで一時的には便秘の解消にはなります。

それでも出ない場合には、赤ちゃん用ののむ物があります。医者にいって、下剤を出してもらってもいいですが、その前に、食べるもので何とかできるほうがいいです。赤ちゃん用の食物繊維がたくさん入ってるエキスというのが、ドラッグストアで売られています。これでまず試してみて、効果があったら続けていくといいです。

これでも効果がでないと言う時には、オリゴ糖などの糖に含まれている食物繊維を頼りにして、少し飲ましていくといいです。毎回飲むのではなくて、一日一回でいいです。そうすることで、穏やかな便意がでてくるのを期待します。できるだけ薬に頼るのではなくて、食べ物で何とかしてあげるほうがいいです。

これも慣れてきて、きかなくなってから、薬に頼っていくといいです。自然と排出されるのが一番なので、あまり薬に頼りすぎない程度に、上手く活用していくといいです。毎日飲まないと効果のでない薬もあります。そういうのも、効果が出てきたら、量は減らしていくというのもいいです。そこの辺の調整は案外難しいですね。

赤ちゃんの便秘のまとめ(未然に防ぐ方法など)

できれば、毎日食べているもので、よく運動して、水分をとって、毎日きちんと便がでるのが理想的です。それでも体調や、水分がすくなかったり、運動もちょっと少なかったりすると、便秘になったりします。ここがすっきりしないと、気持ちも晴れないところがあるので、毎日きちんとでるような管理は必要です。

赤ちゃんのうちから、できるだけ食物繊維の多い、野菜や果物は毎日摂取できる献立をたてて、楽しく食事が出来るようにして上げるのがいいです。便秘になったから、いきなり野菜の多い食事にしていくと、今まであまり食べなかったのに、急に食べてはくれないです。離乳食が始まったその時から、食生活をいうものをよく考えて、与えていくほうがいいです。

勿論水分も十分にとれるようしたほうがいいです。あまりジュースなどの甘いものではなくて、お茶やお水といったものを毎日たくさん接種出来るようにしておくといいです。自然とのどが乾いたら、これをほしがるようにするために、ジュースの量は抑えていくほうがいいです。食物繊維の入った糖を与えていくのもいいです。

毎日ちょっとずつでもいいので、そういうもので足りない野菜の分を補っていくといいです。食べ物で出来るだけ解消できるようにしておくと、どこにいっても、それをしてたら便秘にならないですね。最終的には、薬にお願いする事になりますが、今は便利なものも多く売ってるので、そういうもので試してから、医者にかかるといいです。

2-0237-0037

解消法 お腹が張るを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

社会生活をしていると色々な体調不良が起こってきますが、特に胃腸関係の不調や不具合は慢性化しやすく、気分的にも厄介な症状に...

2-0306-0195

解消法 左の腰が痛いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

健康管理では、自分の体がどのように変化していくかということで判断しながら、対処をしていくということも大切ですが、その場合...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹...

2-0006-0045

解消法 グッズで運動不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

起きていると寝ている時があります。寝ているときはベッドなどに横たわっていて記憶は何もない状態です。多くの場合はベッドに横...

2-0186-0121

解消法 飲み物でむくみを解消する対処方法

冬は水分は控えめになることが多くなります。一方で夏にはどんどん水分を取るようになります。冬に飲む水分としては温かい水分が...

2-0032-0155

解消法 簡単に猫背を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

多くの陸上の哺乳類は四足歩行をしています。人で言う手も足で前足、後ろ足で歩行をします。人のように二足歩行を日常的に行って...

2-0192-0189

解消法 黒ずみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

昔の子供といえば外を駆けずり回って遊んでいたといわれています。今の子供はどうかですが、いろいろな事情があってなかなか遊べ...

Young beautiful woman with snowy skin

解消法 肩冷えを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

肩冷えとは、その名の通り、肩が冷えてしまうという症状です。ですが、そのままにしておきますと、身体に悪影響を及ぼしてしまう...

2-0348-0330

解消法 内臓から来る腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

内臓からくる腰痛は、日常生活ではどうしても起こる健康上の問題という人も多いようですが、確かに人生のなかで、何度か経験して...

Young woman holding up fingers on nose and making silly expression

鼻をほじる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

鼻をほじる癖とは、鼻にたまっている鼻くそを指でほじくってしまうのが習慣的になってしまっていることです。多くの方がこのよう...

Young businesswoman sleeping

解消法 生理前の眠気...

生理前に異常な眠気に襲われた事はありませんか。生理前に急...

2-0176-0044

解消法 くすみを解消...

憧れの肌の色、理想の肌の色としては白があります。美白と言...