解消法 腹部の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 腹部の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事の時にはどんどん口の中でかみ砕きそれを飲み込みます。噛むまでは自分の意識で行えますが飲み込んだあとに関してはあとは体に任せるしかありません。体に必要な量であったり、いっぱいになったら自然に止めてくれれば…

腹部の膨満感とは

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事の時にはどんどん口の中でかみ砕きそれを飲み込みます。噛むまでは自分の意識で行えますが飲み込んだあとに関してはあとは体に任せるしかありません。体に必要な量であったり、いっぱいになったら自然に止めてくれればいいですが今のところはそのようにはなっていないようです。

一応満腹を示す信号が脳から出ることによって食事を止める事がありますが、それには15分から30分ぐらいかかるようです。早食いの人などはどんどん食べ物を胃の中に入れていきますから満腹状態でも食事を続けることがあります。食事をした時にはお腹がいっぱいになったような気分になることがあります。

これは食事を下からとの認識がある膨満感です。そのうち消化が進めば次第に収まってくるのでしょう。食事をしていないのにもかかわらず膨満感があるとしたらどうでしょうか。膨満感を感じるだけでなく、少しお腹が張っているような感じに見えることもあります。腹部膨満感と言った場合には、食事以外において腹部に何かたまっているような感覚がある状態になります。

朝起きた時といえば食事からかなり時間が経っています。お昼前であったり、夕方に会社から帰るようなときにおいても食事をとってからしばらく時間が経っています。それにもかかわらず張ったような感覚があります。このようなときにおいては食事以外において何らかの影響があるとされています。

腹部の膨満感の特徴(症状)や原因

腹部膨満感の特徴としては、食事の直後などでないのにお腹が張っているような一杯になっているような感覚が続くことです。ですから食欲などがあるけども張っているようなこともあります。慢性的にこのように感じることもあれば、ある時にたまたま起こるようなこともあります。毎日ではなくても一週間に一度であったり、1箇月に何度か起こるようなこともあります。

感じることがあればいつの間にか解消してまた同じような状況になると繰り返すことがあります。感覚があったり、実際にお腹を触ってみて何かがあるように感じる場合、何かが実際にお腹の中にあることが原因とされています。まずよくあるのが便秘によるものになります。便秘の場合は弁がたまった状態です。

食事が影響はしますが食事をしたからすぐに便になるわけではありません。便になったあとは本来ならすぐに排泄されるはずですがそれがされない状態とされます。便の場合は便が出されるようになれば膨満感は取れるようになります。その他にあるのがガスです。いわゆるおならの成分になります。

おならがたくさんたまっていることで膨満感を感じることがあります。食事をする時などに一緒に空気も飲み込みます。その空気は口から出ることもありますが、食事と一緒の場合はそのまま腸の方に行くことがあります。腸においては便などが出来るときに発酵などが起こり、それによってガスができます。ガスが出ないことで膨満感を感じます。

腹部の膨満感の対策

腹部膨満感の対策としてはまずは食生活の改善があります。便秘を防ぐ必要がありそうです。便秘においては偏った食事が原因になることが多いので、バランスのとれた食事を心がけるようにします。特にひどいと意識をしている時には積極的に野菜を取るようにすると良いとされます。便秘においては、肉などを摂り過ぎると起こることがあります。

肉は決してとってはいけないわけではありません。タンパク質として非常に必要な食品になります。しかし必要以上に取ることになればいらない部分は排泄されることになります。排泄されるときには腸にとって良い環境が作られなければならないですが、肉ばかりを食べていると腸に良い環境にはなりません。

善玉菌が増える環境ではないからです。野菜であったり、オリゴ糖、食物繊維などが腸内環境には良いとされ必要とされています。肉と一緒にそういったものもどんどん食べるようにすれば便も出やすくなるとされています。膨満感においてガスが原因の場合においても食生活の見直しが重要になります。

ガスが出にくいのも食生活が問題になることがあるからです。野菜などを食べるようにして腸内環境が良くなれば、異常なほどにガスが溜まることもなくなります。おならに関しては誰でも自然に出るものになりますから、量が一定量であれば膨満感を感じるほどにはならなくなります。バランスを考えるようにして、その中でも野菜などを中心に食べるように心がけます。

腹部の膨満感の解消方法

腹部膨満感を解消する方法としては食事の方法に気をつけるとされています。食事の仕方においてはしっかりかんで、細かくしてから飲み込むようにするのが良いとされています。実際にそのようにしている人がいるかどうかですが必ずしもそうでない人がいるようです。食べ物に関しては、目安として30回噛むようにと言われています。

この30回に関してはあくまでも目安です。ほとんどかまずに食べる人に対して目安を示したほうが良いだろうとのことで出している回数です。本来であれば食べたものがきちんと砕かれて粥状、ドロドロになったと感じた時に飲み込むようにするのがベストです。ご飯であれば30回も噛まなくてもそのような状態になります。

柔らかい肉なら30回ぐらいになるでしょう。硬い肉や野菜類になるとかなり噛まないとそれほどドロドロになることはないかもしれません。あくまでも自分の口の中の状態で噛む回数の方は変えるようにします。今の一口については30回ぐらい噛んだほうがいい、次は20回程度でも問題ない、その次は50回ぐらい噛んだほうがいいなどもあります。

30回ぐらい噛んでまだ塊があるのであればもう少し噛むようにしたほうが胃にとっても優しくなりますし便もできやすくなり、膨満感を減らすことが出来るようになります。とりあえずは30回を目標にしながら、慣れるようになってきたら自分自身の感覚によって噛む回数を適宜変更するようにしなければいけません。

腹部の膨満感のまとめ(未然に防ぐ方法など)

腹部膨満感を未然に防ぐためには飲み物や食べ物において気をつけたほうが良い物があります。子供であれば炭酸が入った飲料水があります。大人であればビールなどがあります。ともに炭酸や泡がたくさんある飲み物です。これらを飲んだあとに出るものとしてゲップがあります。それくらいガスが体の中に入っていることを表します。

食べるときに空気も一緒に飲み込みますが、これらの炭酸についてはまさに水分と一緒に飲み込むことになります。ゲップで出てくるのはごく一部なのでビールを飲んだ次の日などはかなり膨満感があるかもしれません。これは炭酸などによる影響があると考えられます。その他においてはガムを噛む量についても気を遣った方がいいとされています。

基本的にはガムに関しては口を閉じて噛むことが多いのでそれほど問題はないですが、癖などでくちゃくちゃさせながら噛むような人がいます。口を開けて噛む行為をするとその時にどんどん空気を吸い込むことがあります。それによって空気が体にたまって膨満感が強まることがあります。

一日に数枚、数個程度のガムなら問題はないですが、1日中噛み続けているような場合はかなりたまってしまう場合があります。噛み方に気をつければそれほどたまらないこともありますが、余り膨満感が強く出るのであればガムの量を調節することも考えなければいけません。おならやゲップといいますと下品なイメージがありますが、我慢せずに出すことも必要です。

Suicidal Tendences

自傷癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

自傷癖とは、自分の体を意図的に傷つける行為を言います。日本ではリストカットと言われる、カッターナイフや剃刀などを使用した...

Happy siblings playing video games on floor at christmas time

ゲームでストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

現代社会において、ストレスを感じない人はほぼいないでしょう。少なくとも社会人であれば、誰もが感じながら仕事をしているはず...

2-0174-0022

解消法 エステでクマを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

体においては皮膚で覆われています。肌の色に関しては以前は肌色と言われていましたが現在は色鉛筆などでは肌色が少なくなってい...

SONY DSC

解消法 介護のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

ストレスでは、日常生活の中で起こるものなので、色々な出来事から感じるものですが、例えば健康管理などがうまくいかない場合に...

diet concept. frightened girl in the stress and flying around th

解消法 食べ物でストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

現代社会を生き抜いていくためには、降りかかるストレスを如何に処理し、対処していくかということが重要になり、その対処が巧み...

0015-0046

解消法 グッズで眼精疲労を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

パソコンで長時間作業をしていると、段々と目が疲れてきます。目の疲れを感じた時に、休憩をはさんだり、あるいはゆっくりと睡眠...

2-0229-0015

解消法 イチゴ鼻を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

鼻の毛穴の部分に脂分、古くなった角質などが溜まっていて黒ずみが出てくる症状をイチゴ鼻と呼ばれています。黒ずみが出てきてい...

2-0085-0259

解消法 睡眠不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

社会に高齢者が増えるに従い、寝床へ入ってから朝までに何回もトイレに起きなければならない夜間多尿により睡眠を妨げられて困る...

2-0487-0076

髪をいじる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

気が付くと髪をいじっている。他人に指摘されて気が付く。髪をいじる癖のある人は意外と多いものです。そもそも、なぜ髪をいじる...

T

解消法 目の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

生活するときに必要な機関として目があります。ものを見るときに使いますが、人によっては視力があまり良くない人がいたり、見え...

Full length of a healthy and beautiful young woman in sportswear sitting in the park

解消法 ひざ痛を解消...

体の中で最も使う部分の一つが足です。毎日歩くときに使いま...

s

解消法 仕事でのイラ...

仕事を進めるということは技術職、研究職、あるいは事務職や...