解消法 残便感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 残便感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な生活は適度な運動や正しい食事を心掛けて、毎日規則正しい生活を営むことが大切です。そして規則正しい生活のリズムの中には、排便習慣も健康を支える大きな要素の一つになっています。しかし人によりましては、便秘になってしまう場合もあります。一方、便秘ではないものの…

残便感とは

健康的な生活は適度な運動や正しい食事を心掛けて、毎日規則正しい生活を営むことが大切です。そして規則正しい生活のリズムの中には、排便習慣も健康を支える大きな要素の一つになっています。しかし人によりましては、便秘になってしまう場合もあります。一方、便秘ではないものの、まだ腸内に便が残っている感覚に悩まされるケースもあります。

残便感とはその様な感覚の状態のことを表します。この残便感が困ることは、排便後でありましても依然腹部にまだ便が残っている感覚が自覚できることであり、結果として精神的にも落ち着きの無さを覚えてしまうことです。これによりまして、仕事や勉学でありましても集中できない場合が多々あることです。

この為、何らかの対策や解消方法を模索することが望ましいことになります。一方、残便感とは誤った生活習慣から引き起こされてしまう場合もあります。その点を見直して改善を試みるだけでも、不快な症状が発生しなくなり、大きな改善効果が得られることもあります。

ここで注目すべき生活習慣は「食べる時の習慣」と「排便する時の習慣」という二種類の生活習慣に注目することが肝心です。その理由は、残便感にも主に二つの種類があることに由来します。一つは実際に便が腸内に残留してしまっている現実的な残便感であり、もう一つは肛門が腫れるなど、肛門部分や腸内に何らかの異常があることで、その圧迫感から残便感を感じるという二種類が存在致します。

残便感の特徴(症状)や原因

残便感の特徴と致しましては、いずれの種類でありましても、すっきりとした満足感が得られないことが挙げられます。更に通勤や通学の途中でこの症状が出た場合では、トイレタイムの時間的制限などもある為、大きな焦燥感を感じることになります。これも残便感の特長であり、悩みの部分でもあります。

そして、そもそもまだ便が残っていると感じる原因でありますが、これにも数々の種類があります。まず便が実際に体内に残留する場合の原因は、睡眠直前に食事をして朝まで眠るなどと言った生活習慣が、大きな一因になっている場合があります。睡眠中は血液の流れも昼間とは異なりますので、消化器系の働きも理想的には行えなくなります。

その為胃では好ましい状態での消化活動が難しくなりますので、消化不十分の状態で、腸へと送ってしまうことがあります。その様な状態では腸も上手く処理することができず、しかも夜中に不休で働いている状態も重なり、かなりの負担が強いられることになります。不眠不休で働きますと、消化器系の内蔵も当然弱ってしまいます。

時には腸の機能が著しく低下してしまうこともありますので、その様な状態では健全な排便機能も期待できなくなります。その結果良好な排便作用が得られずに、便が腸内に残留してしまい、これが原因の一つにもなります。一方、誤認による残便感の場合では、肛門部分や腸内にできた「うっ血」や「腫れ」などの症状が原因になる場合も多々あります。

残便感の対策

残便感の対策を行う場合では、それらの原因を一つ一つ排除していくことが大切です。それは胃や腸に負担を掛けない生活を送ることであり、胃や腸が健全な状態でありましたら、多くの場合で便がまだ残っていると感じることを回避することができます。これによりまして、消化器系の内蔵のコンディションを常に良好な状態に保つよう心掛けることも、残便感の対策では重要になります。

基本的に就寝前は食事をしないこと理想的でありますが、具体例と致しまして、フライ料理などの胃腸に負担の掛かる揚げ物メニューでは、消化までの時間に四時間前後必要であるともされています。これは人それぞれで異なりますが、その様な観点にも留意することが大切です。

ですから残便感の対策を行う場合では、食事をしてから最低二時間から三時間前後は時間を空けて就寝することが良く、その空けるべき時間もメニューによりまして、可能な範囲で多く確保することが理想的です。この様な「食べる時の習慣」が残便感の対策では求められます。一方、「排便する時の習慣」では、排便時に必要以上に力を入れないことが有効な対策になります。

例えば、力み過ぎて肛門部分が「うっ血」状態などに陥った場合、現実的には便を全て出し切った後でも「うっ血」からくる圧迫感により、まだ便が残っていると誤認してしまうことがあります。その為、排便時に力を入れ過ぎないことが重要です。更に長時間便座に座り続けることも好ましくありませんので、長いトイレタイムを避けることも留意に値する対策になります。

残便感の解消方法

排便時の悩みの一つでもある残便感の解消方法ですが、これは排便する姿勢を正しくするだけでありましても、改善効果が得られる場合があります。この症状に悩まされている方の多くは、お腹を抱える様に前屈みの姿勢で排便を行っているケースが多々あります。この姿勢は円滑な排便にそれ程好ましい姿勢ではありませんので、体内に便が残り易くなる姿勢でもあります。

気分的には落ち着かないこともあるかも知れませんが、排便時は背筋を伸ばして正しい姿勢で排便を行うことが、腸内に便を残さない為にも効果的な方法になります。その為排便時は、凛とした姿勢で行うよう心掛けることもポイントになります。

一方、便が腸に残る状況は、便が水気を失くして固くなることで詰まってしまうケースもあります。これを解消する為には食事時などでは、きちんと水分を補うことも解消方法となります。適度な緩さを持つ便の場合では、排便する時も必要以上に力を入れる必要がありませんので、その意味におきましても魅力的な解消方法です。

また、食事面では食物繊維などの摂取に配慮することが大切でありますが、その際もきちんと水分を補うことが重要です。その他、良質な乳酸菌などの摂取を日頃から心掛けることも有効な解消方法につながります。乳酸菌は腸内の善玉菌の栄養素になりますから、善玉菌が腸内で優位に立ちますと必然的に腸の活動も健全な状態に近付きます。これらのことに留意致しますと、便が体内に残る不快症状の解消方法として、役立てることができます。

残便感のまとめ(未然に防ぐ方法など)

残便感のまとめを致しますと、実際に便が腸内に残留している場合だけでなく、肛門部分や腸内での「うっ血」や「腫れ」の圧迫感に由来する誤認の場合でありましても、不快な症状であることには違いがありません。この為、その対策では就寝する前の食事は控えて、胃や腸に負担を掛けないことが望ましくあります。

消化器系の内蔵が健全でありますと、正常な排便作用が期待できますので、排便時に便が腸内に残留するという事態を遠ざけることができます。更に腸内を元気にする方法と致しましては、乳酸菌を摂取することが良く、腸内の善玉菌を活発にすることも大きな予防策につながります。また、ドライフルーツのプルーンなど、排便を促す作用のある食べ物を日頃から意識して食べておくことも魅力的な対策です。

一方、排便時では過度な力を入れることを控えて、肛門部分に「うっ血」などを起こさない様にすることもポイントであり、それは誤認による残便感を未然に防ぐ方法でもあります。更に一層スムーズな排便を実現する為、便が適度な柔らかさを保つ様にすることも予防策になりますから、食事時ではきちんとした水分補給が大切です。

そして、排便をする時は前傾姿勢にならないことも解消方法であり、予防方法でもあります。便を体内から出し切る為にも、排便時は正しい姿勢に留意することが肝要です。不快な残便感に対しましては、これらのことに配慮致しますと予防策として役立てることができますので、日頃の生活で心掛けることが極めて重要になります。

Blank notepad paper for your recipes and food

解消法 料理レシピでメタボを解消する対処方法や対策・原因・特...

今の時代は食べるものなどに困ることはなく、好きな時に好きなものを食べられるようになりました。それと同時に海外からの食べ物...

2-0080-0251

解消法 寝不足からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

夜更かしなどをして寝不足になることがあります。最近はスポーツ中継などはライブ放送を楽しめます。ヨーロッパやアメリカなどで...

SONY DSC

マンネリを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

マンネリというのは、マンネリズムを略した言い方です。マンネリ化という言い方をよくしますが、代りばえないものになる様子や、...

2-0312-0217

解消法 首こりや肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

毎日の日常生活の作業や仕事などの場合には、どうしても首こりや肩こりが起こるもので、それも無理な姿勢で体を動かしたり、逆に...

2-0223-0002

解消法 1分でできる肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

肩こりとは、基本的には肩から背中にかけての筋肉が固くなっていることで起きることです。実はアジア人の特有と言われていること...

2-0081-0252

解消法 寝不足のだるいを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

日々の生活の中で欠かせないものの一つとしてあるのが睡眠です。人間は眠っている間に疲れを回復するので、睡眠というのはとても...

2-0015-0094

解消法 ブルドッグ顔を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

同窓会のイベントが開かれることがあります。最初は卒業して1年目など比較的早くに行われるのでほとんど見た目は変わりません。...

2-0243-0055

解消法 コロコロウンチを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

フンは食品に実在している蛋白質、ビタミン類、脂肪分などの成分を消化器官で吸収し、食品を消化した後に発生する残り滓を指して...

2-0045-0179

解消法 午後の眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

1日のうちで眠たい時刻としてはまずは起きた時があります。スッキリ起きることが出来れば眠気を感じることは少ないですが、睡眠...

Back pain - Athletic woman rubbing her back

筋肉痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

朝起きたら身体が痛い、重く感じるという経験を持つ方はたくさんいます。これは筋肉の疲労が原因となっている場合が多く、放って...

2-0027-0144

解消法 夏疲れを解消...

日本には四季があります。夏は6月から8月までで北海道でも...

Close-up mid section of a casual young woman with back ache sitting in bed at home

解消法 胃痛や腰痛を...

日常生活での健康管理ということでは、身体の各部位の痛みは...