解消法 残便感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 残便感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な生活は適度な運動や正しい食事を心掛けて、毎日規則正しい生活を営むことが大切です。そして規則正しい生活のリズムの中には、排便習慣も健康を支える大きな要素の一つになっています。しかし人によりましては、便秘になってしまう場合もあります。一方、便秘ではないものの…

残便感とは

健康的な生活は適度な運動や正しい食事を心掛けて、毎日規則正しい生活を営むことが大切です。そして規則正しい生活のリズムの中には、排便習慣も健康を支える大きな要素の一つになっています。しかし人によりましては、便秘になってしまう場合もあります。一方、便秘ではないものの、まだ腸内に便が残っている感覚に悩まされるケースもあります。

残便感とはその様な感覚の状態のことを表します。この残便感が困ることは、排便後でありましても依然腹部にまだ便が残っている感覚が自覚できることであり、結果として精神的にも落ち着きの無さを覚えてしまうことです。これによりまして、仕事や勉学でありましても集中できない場合が多々あることです。

この為、何らかの対策や解消方法を模索することが望ましいことになります。一方、残便感とは誤った生活習慣から引き起こされてしまう場合もあります。その点を見直して改善を試みるだけでも、不快な症状が発生しなくなり、大きな改善効果が得られることもあります。

ここで注目すべき生活習慣は「食べる時の習慣」と「排便する時の習慣」という二種類の生活習慣に注目することが肝心です。その理由は、残便感にも主に二つの種類があることに由来します。一つは実際に便が腸内に残留してしまっている現実的な残便感であり、もう一つは肛門が腫れるなど、肛門部分や腸内に何らかの異常があることで、その圧迫感から残便感を感じるという二種類が存在致します。

残便感の特徴(症状)や原因

残便感の特徴と致しましては、いずれの種類でありましても、すっきりとした満足感が得られないことが挙げられます。更に通勤や通学の途中でこの症状が出た場合では、トイレタイムの時間的制限などもある為、大きな焦燥感を感じることになります。これも残便感の特長であり、悩みの部分でもあります。

そして、そもそもまだ便が残っていると感じる原因でありますが、これにも数々の種類があります。まず便が実際に体内に残留する場合の原因は、睡眠直前に食事をして朝まで眠るなどと言った生活習慣が、大きな一因になっている場合があります。睡眠中は血液の流れも昼間とは異なりますので、消化器系の働きも理想的には行えなくなります。

その為胃では好ましい状態での消化活動が難しくなりますので、消化不十分の状態で、腸へと送ってしまうことがあります。その様な状態では腸も上手く処理することができず、しかも夜中に不休で働いている状態も重なり、かなりの負担が強いられることになります。不眠不休で働きますと、消化器系の内蔵も当然弱ってしまいます。

時には腸の機能が著しく低下してしまうこともありますので、その様な状態では健全な排便機能も期待できなくなります。その結果良好な排便作用が得られずに、便が腸内に残留してしまい、これが原因の一つにもなります。一方、誤認による残便感の場合では、肛門部分や腸内にできた「うっ血」や「腫れ」などの症状が原因になる場合も多々あります。

残便感の対策

残便感の対策を行う場合では、それらの原因を一つ一つ排除していくことが大切です。それは胃や腸に負担を掛けない生活を送ることであり、胃や腸が健全な状態でありましたら、多くの場合で便がまだ残っていると感じることを回避することができます。これによりまして、消化器系の内蔵のコンディションを常に良好な状態に保つよう心掛けることも、残便感の対策では重要になります。

基本的に就寝前は食事をしないこと理想的でありますが、具体例と致しまして、フライ料理などの胃腸に負担の掛かる揚げ物メニューでは、消化までの時間に四時間前後必要であるともされています。これは人それぞれで異なりますが、その様な観点にも留意することが大切です。

ですから残便感の対策を行う場合では、食事をしてから最低二時間から三時間前後は時間を空けて就寝することが良く、その空けるべき時間もメニューによりまして、可能な範囲で多く確保することが理想的です。この様な「食べる時の習慣」が残便感の対策では求められます。一方、「排便する時の習慣」では、排便時に必要以上に力を入れないことが有効な対策になります。

例えば、力み過ぎて肛門部分が「うっ血」状態などに陥った場合、現実的には便を全て出し切った後でも「うっ血」からくる圧迫感により、まだ便が残っていると誤認してしまうことがあります。その為、排便時に力を入れ過ぎないことが重要です。更に長時間便座に座り続けることも好ましくありませんので、長いトイレタイムを避けることも留意に値する対策になります。

残便感の解消方法

排便時の悩みの一つでもある残便感の解消方法ですが、これは排便する姿勢を正しくするだけでありましても、改善効果が得られる場合があります。この症状に悩まされている方の多くは、お腹を抱える様に前屈みの姿勢で排便を行っているケースが多々あります。この姿勢は円滑な排便にそれ程好ましい姿勢ではありませんので、体内に便が残り易くなる姿勢でもあります。

気分的には落ち着かないこともあるかも知れませんが、排便時は背筋を伸ばして正しい姿勢で排便を行うことが、腸内に便を残さない為にも効果的な方法になります。その為排便時は、凛とした姿勢で行うよう心掛けることもポイントになります。

一方、便が腸に残る状況は、便が水気を失くして固くなることで詰まってしまうケースもあります。これを解消する為には食事時などでは、きちんと水分を補うことも解消方法となります。適度な緩さを持つ便の場合では、排便する時も必要以上に力を入れる必要がありませんので、その意味におきましても魅力的な解消方法です。

また、食事面では食物繊維などの摂取に配慮することが大切でありますが、その際もきちんと水分を補うことが重要です。その他、良質な乳酸菌などの摂取を日頃から心掛けることも有効な解消方法につながります。乳酸菌は腸内の善玉菌の栄養素になりますから、善玉菌が腸内で優位に立ちますと必然的に腸の活動も健全な状態に近付きます。これらのことに留意致しますと、便が体内に残る不快症状の解消方法として、役立てることができます。

残便感のまとめ(未然に防ぐ方法など)

残便感のまとめを致しますと、実際に便が腸内に残留している場合だけでなく、肛門部分や腸内での「うっ血」や「腫れ」の圧迫感に由来する誤認の場合でありましても、不快な症状であることには違いがありません。この為、その対策では就寝する前の食事は控えて、胃や腸に負担を掛けないことが望ましくあります。

消化器系の内蔵が健全でありますと、正常な排便作用が期待できますので、排便時に便が腸内に残留するという事態を遠ざけることができます。更に腸内を元気にする方法と致しましては、乳酸菌を摂取することが良く、腸内の善玉菌を活発にすることも大きな予防策につながります。また、ドライフルーツのプルーンなど、排便を促す作用のある食べ物を日頃から意識して食べておくことも魅力的な対策です。

一方、排便時では過度な力を入れることを控えて、肛門部分に「うっ血」などを起こさない様にすることもポイントであり、それは誤認による残便感を未然に防ぐ方法でもあります。更に一層スムーズな排便を実現する為、便が適度な柔らかさを保つ様にすることも予防策になりますから、食事時ではきちんとした水分補給が大切です。

そして、排便をする時は前傾姿勢にならないことも解消方法であり、予防方法でもあります。便を体内から出し切る為にも、排便時は正しい姿勢に留意することが肝要です。不快な残便感に対しましては、これらのことに配慮致しますと予防策として役立てることができますので、日頃の生活で心掛けることが極めて重要になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解消法 サプリでぽっこりお腹を解消する対処方法や対策・原因・...

数年前、メタボリック症候群と言う言葉が異状に流行ったことがありました。なんでもお腹周りが、男性で85センチ、女性で90セ...

T

解消法 頭痛や吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

頭痛や吐き気というと風邪などの病気の症状としても知られており、病気ではなくても普段の生活の中で頭痛や吐き気の症状をうった...

2-0303-0191

解消法 腰痛からの足のしびれを解消する対処方法や対策・原因・...

日常生活での健康管理の中でも、体全体の健康管理に注意をしておかないといけないのですが、その場合にはだいたい一箇所から数カ...

SONY DSC

解消法 女性の中年太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

美容ではアンチエイジングが中年の女性に人気がありますが、これはお肌の老化現象の悩みであり他にも女性の中年太りというのも美...

2-0030-0153

解消法 簡単に運動で痩せるダイエットの悩みを解消する対処方法...

ダイエットは、今では誰でも行わなければならない課題になっていて、女性ばかりではなく、男性のメタボでも深刻な状況なので、男...

0033-0136

解消法 下腹の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

下腹の太り、男性と女性では違いがあります。男性は、リンゴ腹と言われる形態になる傾向で、胃の下からお臍を含めながら丸くお腹...

2-0240-0049

解消法 グッズで受験でのストレスを解消する対処方法や対策・原...

仕事である就職や転職には学歴はあまり必要がないといわれていますが、それでも大学卒というのが常識になっているほど学歴はやは...

2-0002-0014

解消法 アロマでイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

これと言って理由がないのにイライラしてしまう。そのような悩みを抱えている人も多くいます。とくに女性に多いようで、周囲の人...

Teenage girl sleeping

解消法 鼻いびきの解消する対処方法や対策・原因・特徴について

寝ているとき、鼻がふがふが鳴っていませんか。この症状は”鼻いびき”の症状です。鼻の中に何らかの症状がある事で起きてしまう...

2-0488-0077

捻挫の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

捻挫の癖というのは何度も同じ場所を捻挫してしまうことをいいます。捻挫というのは関節に無理な力がかかってしまうことで骨と骨...

Pretty blonde suffering with stomach ache at home in the bedroom

解消法 生理痛を解消...

女性は毎月、生理があります。その中でも、特に痛みを伴う生...

2-0467-0010

パソコン容量不足を解...

パソコンには画像や動画、ゲームのデータを保存することがで...