解消法 疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

疲れ目と眼精疲労とは厳密に言うと違いあります。目に疲れを感じた時に、休憩ととったり、眠ることで疲れが回復するゆであれば疲れ目です。症状が回復せずに続いてしまうというのは眼精疲労と、医学的には区別されています。目が疲れたときには、ぼやけるやかすみ、目の痛みや…

疲れ目とは

疲れ目と眼精疲労とは厳密に言うと違いあります。目に疲れを感じた時に、休憩ととったり、眠ることで疲れが回復するゆであれば疲れ目です。症状が回復せずに続いてしまうというのは眼精疲労と、医学的には区別されています。目が疲れたときには、ぼやけるやかすみ、目の痛みや充血、しょぼしょぼしたり、まぶしかったりと様々な症状が現れます。

これが疲れ目は心配ありませんが、もし眼精疲労である場合はこれらの症状がずっと続いて、症状がさらに悪化してしまうようなこともあります。目の酷使による疲れに限らず、目の病気や身体の病気が関係している可能性もありますので、異常を感じた場合には、すみやかに眼科で診察を受けるようにしてください。

現在では、仕事でパソコンを使うのは当たり前になってきていますから、一日中、ディスプレイを見ながら仕事をし、仕事が終わったら今度はスマートホンを見るといったことが当たり前のようになってきています。そうしたことによって目にかかる負担というのは想像以上に大きく、こうして目を酷使し続けていった結果、自然な回復力やちょっとした休憩ではリカバリできない疲れが目に少しずつ溜まっていくことになります。

こうしたことが常態化し、長期間続くことによって、目の回復が間に合わないようになってしまい、その結果として眼精疲労に至ってしまうことになってしまいます。普段目を酷使していることを自覚し、もっと労わるようにすることが大切です。

疲れ目の特徴(症状)や原因

疲れ目の症状としては、目の疲れや充血といったものだけでなく、体にも症状が出てくる場合があります。例えば、頭痛や肩こり、倦怠感やめまい、あるいは吐き気がくるような場合もあります。目の疲れの原因は、最も多いのが目の使い過ぎによるものですが、当然ながら近視や乱視あるいは老眼、またドライアイや緑内障、白内障といって目の病気が原因の場合もあります。

病気の場合は、ただちに眼科で医師の診療を受けることが大切です。病気ではなく目の酷使が原因である場合は、目を動かすための6つの筋肉が、疲労によって硬くなってしまっているということが一番の要因です。

パソコンやスマートホンの液晶ディスプレイを、十分な距離を取ることなく長時間眺めていると、目のピントを調整するための筋肉が、ずっと負担を強いられてしまい、そのうちに疲労物質がたまって、肩こりと同じように凝り固まってしまうことになるわけです。また長時間の間、液晶画面に集中していると、どうしても瞬きする回数が減ってしまうことになります。

その結果として、目が乾燥してしまって、ますます負担をかけるようになってしまいます。またメガネやコンタクト自体に原因がある場合も考えられます。これらが自分の眼にあっているのかどうかを定期的に確認することがとても大切です。老眼の場合には、遠近を使い分けることができるメガネを、状況に応じて使わけるようにすると、目に掛かる負担を軽減することができます。

疲れ目の対策

こうした疲れ目の対策には様々なものがあります。目薬を使うというのも良いでしょう。目に水分や必要とされている成分を補給することができます。またパソコン等を使った作業を長時間行うような場合には、定期的に休憩を挟んで目を休ませる時間を確保するようにしましょう。厚生労働省のガイドラインでは、ディスプレイを使った作業(VDT)においては、1時間おきに10~15分の休憩を入れるように推奨されています。

またブルーベリー等のアントシアニンを豊富に含んだ食べ物を取るのも、目の疲労回復に非常に有用です。様々なサプリメントも市販されていますが、もっとも効果が高いのは、干したブルベリーをそのままとることです。

干したブルーベリーは生の状態よりも、遥かに多くのアントシアニンを含有するようになっているだけでなく、体積が小さくなっているため、一度にスプーン一杯の量を食べれば、生の場合と比べて遥かに多いアントシアニンを摂取することができるようになります。

また液晶ディスプレイにはブルーライトと呼ばれる、画面を明るく見せるための光源が使われているのですが、これを長時間目に当てると、目の負担が非常に大きなものとなってしまいます。このブルーライトをカットするメガネは、普通に市販されていますので、こうしたものをかけて、目の負荷を少なくするのも良いでしょう。ブルーライトは、目にとっては刺激の強いものですので、例えば寝る前にスマホ等を見てしまうと、寝つきがわるくなってしまいます。こういう場合にもメガネが利用できるでしょう。

疲れ目の解消方法

では疲れてしまった目の回復方法にはどのようなものがあるでしょう。目薬やブルーベリーは、非常に有効な方法ではありますが、さらに運動やマッサージをそこに加えることで相乗効果を生み出すことができます。東洋医学においては、目の疲労を取るためのツボが数多く存在しています。

目が疲れてくると、無意識に目がしら等をマッサージしていることがありますが、そうした場所にツボが存在していることが多いです。できれば、ツボの正確な位置を理解した上で、そこをマッサージするのが一番ではあるのですが、そうでない場合でも、目の周辺や頭、あるいは首筋といったところを揉み解していくだけで、目の中の血流が改善されていくことを実感することができるでしょう。

目のツボというと、目の周辺と頭の辺りかなと考えがちですが、実は全身に存在しています。例えば、腕を曲げた時にできる肘のシワの先端にあたる部分には曲池と呼ばれる、目の疲労回復のためのツボが存在しています。

大体で良いのでその辺りを、親指で優しくマッサージしていくと、他の場所とは違った心地よい痛みを感じる部分がありますので、そこを重点的に揉み解していくと良いでしょう。また人差し指の骨と親指の骨が分かれ始める根本部分は、合谷と呼ばれるツボで、目の病気全般に良いとされています。親指でゆっくり押していくと、ジーンと響いてくる感じの部分がありますので、そこを優しくマッサージしていきます。強く揉む必要はありません。

疲れ目のまとめ(未然に防ぐ方法など)

疲れ目対策をまとめますと、まず疲労がたまらないようにする工夫として、定期的に休憩を取って目を休ませてあげるようにすることや、ブルーライトをカットするメガネ等を使うことで、目にかかる負担自体を減らしてあげるといったことが大切になってくるということになります。

また疲れてしまった目を速やかに回復させるためには、目薬を利用したり、ブルーベリーやサプリメントによって、目に必要な栄養分を補給し、回復を促すという方法がります。さらに、目に良いツボを押したり、頭や首回りをマッサージすることによって、血流をよくすることで、目に溜まった疲労物質を押し流してしまうのも良いでしょう。血流を良くすることは、疲労回復のための重要なポイントです。

もし時間が取れるようならば、ウォーキング等を行うことで、全身運動を行って、体中の血流を良くすることでも、目の疲労回復に十分な効果があります。仕事の休憩時間等であまり時間が取れないという場合には、この他に温めたタオルを目に当てて血流を良くするという方法もおすすめです。

この際、暖かいタオルと冷たいタオルを準備して、交互に使うことによって血流を一層良くすることができます。こうした方法を状況に応じて様々に組み合わせて、小まめに目の疲れを取り除いていくということを習慣化することで、疲れがたまってしまって眼精疲労に至ってしまうという状況を回避することができるようになります。まずは習慣化するところからスタートしていきましょう。

2-0387-0018

レシピで夏バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏バテとは一般的に、四季のうちの夏のシーズンに起こる症状です。1年のうちでも、最も温度の上がる夏の時期には、温度上昇に伴...

2-0409-0048

ディスク領域不足解消を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

パソコンを長期間使っているとデータやプログラムの数や量が増え、ハードディスクのドライブの容量が不足することをディスク領域...

Woman legs

解消法 ソックスでむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

足のむくみとは、筋肉組織の間に水分がたまっている状態です。疲れたり、塩分の取りすぎやアルコールの摂取量の多さだったり、運...

2-0102-0298

解消法 大根脚を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

太い脚をしている者を大根脚と呼ばれていて、近世から使われている言葉です。決してほめる言葉ではなく、そうした者をけなす言葉...

2-0496-0098

収集癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

物を集めるのがやめられない収集癖をもっている人がいます。コレクションの対象は人それぞれで、お金が全くかからないようなもの...

barking dog

吠え癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近所迷惑にもなりますので飼い主が一番困る悩みの一つでもあります。人...

Suffering woman with glass of water

解消法 二日酔いを食事で解消する対処方法

二日酔いはお酒を頻りに飲むという者にとっては、身近な症状です。こういう症状はお酒に実在しているアルコールが肝臓などの器官...

2-0261-0098

解消法 ほほのたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ほほのたるみとは、皮膚の衰えによって、今まで上がっていた皮膚が下がりたるんでいってしまう事です。ほほのたるみという現象を...

0029-0106

解消法 マリッジブルーを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

最近マリッジブルーという言葉を時々聞きますが、言葉の中にブルーという単語が入っているので、大体は感じがわかります。この言...

Furious businesswoman gesturing against speech bubbles with app icons

解消法 急なイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

日常生活では、ストレスが溜まるもので、いつも気分よく、お花畑の中で何不自由なく幸せいっぱいに過ごすことは、残念ながらでき...

2-0023-0137

解消法 下腹ぽっこり...

赤ちゃんは人間の姿においては可愛らしい状態の一つでしょう...

2-0297-0177

解消法 肩甲骨のこり...

通常、肩がこるというときは首の付け根のあたり、ツボで言う...