解消法 妊婦の浮腫みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 妊婦の浮腫みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

妊娠すると、ホルモン分泌の激しい変化や、赤ちゃんの成長に伴いお腹が大きくなるために、体にはさまざまな変化が訪れます。妊娠中にみられる症状の種類や強さは個人差がありますが、中には誰にでも起こりやすく出産すると自然と解消される症状が多くなっています。例えば、妊婦の…

妊婦の浮腫みとは

妊娠すると、ホルモン分泌の激しい変化や、赤ちゃんの成長に伴いお腹が大きくなるために、体にはさまざまな変化が訪れます。妊娠中にみられる症状の種類や強さは個人差がありますが、中には誰にでも起こりやすく出産すると自然と解消される症状が多くなっています。例えば、妊婦浮腫みもこれらの症状の一つです。

浮腫みはもともと男性より女性に起こりやすい現象で、体内に余分な水分が溜まるためにみられます。浮腫みが起こっている時に溜まる水分は、血液中から血管外にしみ出た血漿です。主に血行不良になることが原因で起こります。体が浮腫むとパンパンに腫れたり、指で押した跡がそのまま残るといった現象が起こるようになるのが特徴です。

そして多くの妊婦がごく自然に浮腫みを経験しており、特に妊娠中期以降に起こりやすくなっています。妊娠中に浮腫みがあると、不快感を感じたり心配になることも少なくありませんが、妊婦浮腫みは妊娠の経過に異常のない健康な人にも起こることが多いです。

浮腫んでも対策を取ることで解消されれば、あまり心配する必要はないのですが、浮腫みのひどかったり、対策を取っても解消されない場合には、他に原因が隠れている場合も考えられます。念のために担当医に相談し、浮腫みの原因を確認することがのぞましいです。また健康に問題のない場合の浮腫みならば、予防や症状の解消に効果的な対策を意識して行うことで、なくしていくことができます。

妊婦の浮腫みの特徴(症状)や原因

妊婦浮腫みは、妊娠していない人の浮腫みとは、原因や特徴的な症状が若干異なっています。通常の浮腫みは、血液の循環が悪いために血液中の血漿が血管外の皮下組織の下に溜まりやすくなっているために起こり、冷え性や長時間の立ち仕事が原因になることが多いです。妊婦に起こる浮腫みもメカニズムは同じで、血行不良が原因で起こっています。

ただし、妊婦の場合はホルモンの影響で自然と体の水分が増えることや、大きくなった子宮が、周辺の血管を圧迫して下半身の血液の流れを妨害しているのが主な原因です。そのため、特に何もしていなくても妊婦は下半身の浮腫みが起こりやすい状態になっているといえます。妊婦の体で浮腫みやすいのは脚です。

お腹が大きくなるほど血管が圧迫されやすく、それだけ浮腫みが起こりやすくなります。さらに冷え性の人や立ち仕事、1日中座りっぱなしの人は下半身の血行が悪くなりやすいためにより浮腫みが起こりやすくなっています。また浮腫みの原因は、まれに妊娠中毒症が原因と言う場合もあります。

妊娠中毒症は、妊娠が母体にとって負担をかけてしまうために起こる中毒です。高血圧や肥満の人に起こりやすく、母体や赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼしやすいので、予防と治療が必要となります。妊娠中毒症は後期に発症しやすく、浮腫みのほかに高血圧や高タンパク尿を伴うことが多いです。妊婦健診で発見されることが多いですが、単なる浮腫みと間違え見過ごさないようにする必要があります。

妊婦の浮腫みの対策

妊娠の経過に異常のない妊婦にも起こる浮腫みは、子宮が大きくなるために起こる自然な現象で、ある程度はやむを得ない症状ともいえます。ただし浮腫みを放置していたり、浮腫みが長く続いた場合には、皮下組織の下に溜まった水分がリンパの流れを邪魔するためにセルライトが発生しやすくなってしまいます。

セルライトは一度生じると解消することがとても難しく、ぼこぼこした見た目が目立つのが特徴です。そこで、お腹が大きくなっても浮腫みがなるべく起こらないよう、普段から対策を行鵜必要もあります。浮腫みの原因となる下半身の血行不良を改善し、脚の皮下組織に水分が溜まったままにならないように注意します。

それには血行促進のために体を温かくすることがのぞましいです。下半身が冷えないように温かい服装をしたり、お風呂でゆっくり体を温めたりすると浮腫み予防に効果があります。また肥満や高血圧、高齢出産の人に妊娠中毒症による浮腫みが起こりやすいので、該当する人は体調管理をしかり行い、健康な状態を保つと共に、少しでも気になる不調があればすぐ受診して妊娠中毒症になっていないか早く確認していきます。

塩分を摂り過ぎると血圧が上がりやすく、体液の塩分濃度が上がらないように体内に水分を溜めて体液を薄めようとして余計に浮腫みや妊娠中毒症の原因となってしまうこともあります。長時間立ちっぱなしまたは座りっぱなしも良くないので、時々休憩をして浮腫みを予防するのがのぞましいです。

妊婦の浮腫みの解消方法

妊婦浮腫みが起こった場合には、下半身に溜まった水分を血管に戻し、血液と一緒に心臓へ送り返してやると解消されていきます。血液は重力の影響で自然と下半身に溜まりやすいので、妊婦は余計に下半身に水分が溜まりやすくなっています。溜まった水分を繰り返すためにはマッサージが有効です。

下半身は下から心臓のほうへ向かってマッサージすると浮腫みが解消されやすくなります。マッサージ自体は母体に悪影響を及ぼすものではありませんが、お腹に刺激を与えたり強過ぎるマッサージを行わないよう、体調を見ながらやさしく行うようにする必要があります。また休憩する時は脚を高めにして座ったり、夜など寝転んで脚を高く上げる、足を高くして寝るなどの解消方法も効果的です。

食生活では、普段から血圧上昇防止のために塩分を制限することが原則ですが、併せてカリウムの多い食品を摂取すると、ナトリウムと余分な水分が体外に排出されやすくなり、浮腫みの予防と解消になります。カリウムは野菜に多く含まれているので、毎日野菜をたくさん食べるようにします。

体調が良ければ適度な運動をすることも、血行を促進させるので浮腫みの予防に効果的です。ウォーキングは妊娠中にも続けやすく、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで脚の血管のポンプ機能を高め血液の循環を促進させる運動です。立ち仕事や座りっぱなしが多い人は、こまめに動いて脚の血行を促進させたり、時々青竹踏みをするのも効果があります。

妊婦の浮腫みのまとめ(未然に防ぐ方法など)

まとめると上記で挙げたように、妊婦浮腫みは自然に起こりやすく出産で解消されやすい症状ですが、放置しておくのは良くないということになります。そこでまず、浮腫みを未然に防ぐために、体の血行を促進させることが必要になります。体が冷えると浮腫みやすいので、温かい服装をしたりお風呂で体を温めるように普段から意識するのがおすすめです。

体調に問題がなければ適度な運動をして、血行を促進させることも浮腫みの予防につながります。そして、もし浮腫みが起きてしまったら、マッサージをしたり足を高くするなどして、下半身に溜まった水分を送り返してやると浮腫みが解消されやすくなります。また、足を高くして休むのも浮腫み解消に効果的です。

特に立ち仕事や座りっぱなしで過ごすことの多い人は、下半身に水分が溜まりやすいので、意識して予防に努めるようにします。また食生活も重要で、塩分制限とナトリウムを排出させるカリウムの摂取も効果的で、カリウムをとるなら野菜をたくさん食べるのがのぞましいです。

浮腫み自体は病気ではありませんが、危険な妊娠中毒症が原因となって浮腫みが起こる場合もあるので、妊婦は健康管理をしっかり行って妊娠中毒症を発症しないようにする必要もあります。特に高血圧や肥満、高齢出産の人は妊娠中毒症のリスクが高いので、浮腫みに注意する必要があります。また妊娠中は浮腫みも含めて気になる症状があれば、すぐに受診して異常がないか確認することをおすすめします。

2-0088-0263

解消法 生理前のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

生理前にむくみを経験したことはありませんか。女性は生理前になると色々な症状が出てきます。むくみもその一つです。いつも着て...

0019-0066

解消法 ストレッチで秋バテを解消する対処方法や対策・原因・特...

夏バテと言う言葉は良く聞きますが、実は”秋バテ”があるのを知っていますか。秋は天候の変化が著しく、夏のように暑い日が続い...

2-0418-0090

先延ばし癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

先延ばし癖というのは、その名のとおりに何かやらなければならない事などを先延ばしにしてしまうというものです。人間は誰でも、...

2-0376-0398

解消法 目の下のたるみ解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

目の下のたるみというものはかなり誤解されていることも多い症状です。実際こういったものはかなり多くの人がなっているのですが...

A

腹が立った時を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

腹が立った時は、誰もが冷静でいられなくなります。腹立ちを放っておくと、普段の自分とは異なる言動に駆り立てられてしまうもの...

2-0470-0019

リソース不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

リソース不足とは、コンピュータのOSが利用しているメモリの領域が足りなくなり、アプリケーションの起動や動作をさせることが...

2-0156-0407

解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1...

Depressed young business man holding his head at office

解消法 うつ病から回復する為の悩みを解消する対処方法や対策・...

うつ病とは心の病になっており、精神的な病でもかなり重たい症状になっています。どんな人間でも発症する可能性を秘めている病気...

0025-0089

解消法 ビールでイライラを解消する対処方法

人は社会で生活する時、いろいろな人とと関わりながら、いろいろなルールの元で行います。すべてが自分の考えている通りに動けば...

2-0166-0067

解消法 ストレッチの痛みを解消する対処方法

スポーツをする前には準備体操、ウォーミングアップをする事が多いです。スポーツでは普段の生活で使わない筋肉を使うことがあり...

Mature Businesswoman in office .

解消法 更年期の眠い...

更年期とは男女ともにある時期で、45歳から55歳位の時期...

Woman whispering secret into friends ear against bleached wooden planks background

虚言癖を解消する対処...

「虚言癖」とはどうしても嘘をついてしまう人間の性質をあら...