解消法 夜間多尿を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 夜間多尿を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な睡眠時間としては7時間から8時間とされています。理想としては寝ている時間中は目が覚めずに、一旦寝たら起きるまでは何もない方がよいでしょう。音がしたり暑かったり寒かったりすれば途中で起きるようなことも出てきますからそのようなことがないようになればいいと…

夜間多尿とは

健康的な睡眠時間としては7時間から8時間とされています。理想としては寝ている時間中は目が覚めずに、一旦寝たら起きるまでは何もない方がよいでしょう。音がしたり暑かったり寒かったりすれば途中で起きるようなことも出てきますからそのようなことがないようになればいいと考えます。一応睡眠にはサイクルがあるとされ、90分毎に浅い眠りと深い眠りが続くとされます。

深い眠りのときには余程のことがないと起きないようですが、浅い眠りのときには少しの刺激で起きてしまうことがあります。それが何度もあると睡眠を妨げられることもあります。高齢になったりすると音以外にも眠りを妨げることが出てきます。それは尿意です。

若い時であれば一度トイレにいくと数時間はトイレにいく必要はありません。5時間から8時間ぐらいは行かなくてもいいでしょう。ただし昼間に関しては飲み物を飲むことがあるのでもっと頻繁に行くことがあります。でも夜は一度寝ればその後に飲むことはありませんから寝る前に行けば起きるまでトイレに行かなくても問題無いとされます。

1回以上トイレに行かなくてはいけない、それが習慣化してしまっているのであれば夜間多尿になります。たまにトイレに行きたくなるでしょう。お酒を飲んだ後などであれば寝ている間に起きることがあります。お酒は利尿作用があるので特に行きたくなります。この時は問題ありません。特にお酒を飲んだわけでもないのに毎日あると問題になります。

夜間多尿の特徴(症状)や原因

夜間多尿の特徴としては夜寝ている時にトイレにいく回数が多いことです。定義としては回数で示されることがありますが、一般的には一回でも行くようであれば該当するとされます。毎日同じような時間に行くようであればそのような状態であるとされます。もちろんその回数が多くなればその症状としても悪くなっていると考えることができます。

トイレにいく、尿意に関しては自然現象で、こちらに関してはしかたのない事です。起きた時に尿意を感じるのにトイレに行かなければ余計に眠れなくなりますから体にもよくありません。尿意自体も問題ですが、それによって眠りの質が悪なることが問題になります。

逆にいくらトイレで起きたとしてもその間の睡眠でしっかりと熟睡ができているのであれば問題としては少なくなると言えるでしょう。一回夜間に起きたとしてもその前後からすると数時間の睡眠が取れていますから十分休むことができます。一回でも多尿にはなるものの、それによって睡眠自体は妨げられなければ問題は少なくなります。原因としてあるのは恒例によって尿が近くなることです。

これは夜間だけでなくて昼間においてもあることです。それまで5時間ぐらいトイレに行かなくても良かったのに数時間おき、1時間おきなどに行かなくてはいけなくなるような場合です。昼間にそのような状態になると夜にも行きたくなります。そのために起きなければいけない状態になります。徐々に回数が増えることがあります。

夜間多尿の対策

夜間多尿に対する対策としては、まずは昼間の排尿活動の調節があります。昼間に何度も行く癖がついているとそれが夜間に影響することがあります。昼間にトイレに行きたいからといってすぐに行くのを見直すようにします。自宅にいたり問題がないときに行うようにします。外出しているときなどはどうしてもトイレをすぐに探せないことがありそのために予備として入っておくことがあります。

これをしてはいけないわけではありません。自宅において行きたくなった時にもう少し我慢してみます。最初1時間間隔になっているなら2時間間隔でできるように練習をします。それが出来れば3時間間隔とどんどん増やします。

長くできるようになると1時間間隔で行っていたのが嘘のようにどんどん間隔を伸ばせるようになります。5時間から6時間昼間に間隔を開けることができるようになれば夜に寝ている時に急に尿意が起こることも少なくなります。何回も起きて睡眠に影響が出てしまっている人はまずは回数を減らすようにします。そして一回になるように試みます。

もう少し頑張れば1回よりも更に減らすことができて起きることなく寝続けられるようになります。季節によっても異なります。冬はどうしても行きたくなる回数が多くなります。逆に夏はそれほど行かなくても済ませられることが多くなります。冬に多い人は夏を中心に訓練をするようにします。そうするとその感覚を秋にも引き継ぎ、冬にも頻尿になりにくくできます。

夜間多尿の解消方法

夜間多尿の解消方法としては寝る前に飲む飲み物を変えるようにします。水分補給のために飲んでいる飲み物に利尿作用が強いものがあるかどうかです。毎日晩酌をしないと気がすまない人がいるでしょう。ビールを一本、水割りを一杯などです。お酒は利尿作用が強い飲み物なので飲むと尿意をましてしまいます。

量を飲めば飲むほど出てきますからできるだけ控えるようにします。そうすると解消しやすくなります。お酒の利尿作用ほどは強くないですがカフェインも利尿作用が強いとされます。コーヒーであったりお茶などに多く含まれるとされています。夜に少し夜更かしをしたいと飲むことがあるでしょうが、これによって利尿作用が進んでしまうことがあります。

あまりカフェインの入っているものを飲まないようにするなどの心がけが必要になります。夜に寝る前に水分を取らない人がいます。多尿になるのが嫌で飲まなくなるようですがこれは非常に危険です。きちんと眠ることが出来れば7時間ほど起きずに眠り続けますが、その間に水分補給はできません。

ですから寝る前にコップいっぱいの水などを飲むと良いとされています。温めた牛乳なども良いとされます。利尿作用のない飲み物を飲んで水分補給をするようにしておきます。コーヒーなどに関しては飲むのが行けないわけではありません。寝る前には飲まないほうが良いとされているので、寝る数時間前には飲まないようにします。食後のお茶などに気をつけます。

夜間多尿のまとめ(未然に防ぐ方法など)

夜間多尿を未然に防ぐ方法としてはトイレに対する安心感を持たせることがあります。寝ている部屋からトイレまで遠い場合があります。そのときには不安を感じます。トイレに行く間に何かがあると困ると考えて気になって眠れなくなることがあります。そのためによく起きてトイレに行くようになります。

あまりトイレに近いと別の人がトイレに行く音が気になって眠れなくなるのでよくありませんが、今より少しトイレに近いところで寝るようにしてみます。また高齢者用の簡易トイレを部屋においておきます。万が一の時にできるようにしておくことでいつでも行けるとのことで不安がなくなります。

高齢になってきて体の異常が出てくるのが問題の一つですが、精神的なことも影響しやすくなります。行きたくなってもすぐ行ける状態にしておきます。健康食品を利用して対応することがあります。尿意に関してよいとされるものにノコギリヤシと呼ばれるものがあります。日常的にはなかなか取ることが難しいですが健康食品としては色々なメーカーから出されています。

こういったものを使ってみるのもいいでしょう。健康食品なので副作用的なことも少ないとされます。健康食品に関しては薬ではないので必ず効くわけではありません。でも効果があるとされるものを食べることで安心感が得られます。こちらについても気持ちの部分での改善ができることがあります。飲んでいるから行く回数が減ると考えられると減らせるかもしれません。

2-0132-0348

解消法 猫背を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

猫背とは、体が前のめりになる状態で、背中が猫のように曲がった状態のことですが、タイプとしては色々な形がありますが、例えば...

SONY DSC

おなかぽっちゃりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男女は関係なく体のパーツで気になる部位といえば、おなかのまわりです。手足は細くても、以外にいるのは、おなかぽっちゃりのタ...

2-0460-0105

考える癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

物事を深く考えすぎて、なかなか結論が出せなかったり行動に移れないという人がいます。考えることは悪いことではありませんが、...

2-0015-0094

解消法 ブルドッグ顔を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

同窓会のイベントが開かれることがあります。最初は卒業して1年目など比較的早くに行われるのでほとんど見た目は変わりません。...

0033-0136

解消法 下腹の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

下腹の太り、男性と女性では違いがあります。男性は、リンゴ腹と言われる形態になる傾向で、胃の下からお臍を含めながら丸くお腹...

2-0367-0379

解消法 腹部の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事の時にはどんどん口の中でかみ砕きそれを飲み込みます。噛むまでは自...

2-0248-0068

解消法 スムージーで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

健康の問題は、生活習慣と関係しているので、なかなか難しい問題を含んでいます。肥満は悪い状態ということは知識としては十分に...

2-0200-0232

解消法 上まぶたのたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

人の顔においてはどのようになるかで印象が異なることがあります。最近であれば顔が小さくて目がぱっちり、鼻は小さめ、口も小さ...

2-0343-0314

解消法 超簡単な肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

日常生活ではどうしてもストレスが増えていき、この解消方法を実践して効果を出せるかどうかが、仕事や人間関係でも人生の幸福度...

2-0464-0005

顔のほてりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔のほてりとは、顔や身体が熱っぽくなったり赤く紅潮した状態のことをいいます。ほてりを感じるときは顔や手足などの部分的や全...

2-0108-0304

解消法 男性の中年太...

10代20代の頃は、痩せて格好良かった男性もいつの間にか...

2-0143-0377

解消法 腹の張り解消...

日常生活をおくっていると、それが何十年も続くので、どうし...