解消法 あごの痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 あごの痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体においては生活の中でよく使う部分もあれば意識的にはほとんど使わない部分もあります。よく使う部分についてはよく使うからか痛みを感じたり違和感を感じたりすることがあります。無理をしたり、怪我をしたり痛みに関しては理由は様々です。また、痛みが起きてから苦労すること…

あごの痛みとは

体においては生活の中でよく使う部分もあれば意識的にはほとんど使わない部分もあります。よく使う部分についてはよく使うからか痛みを感じたり違和感を感じたりすることがあります。無理をしたり、怪我をしたり痛みに関しては理由は様々です。また、痛みが起きてから苦労することもあります。よく使うところなので痛んでからも使う必要があります。

こうすると痛むのがわかっていて動かさないといけないことがあります。手足などの関節についてはよく使ってよく痛みが出やすいところですが、その後も使わないと生活ができないので我慢をするしかありません。あまり使わないところに関しては仮に痛みが出たとしても使うことは少ないので問題はありません。

しかし痛みとして出過ぎると問題もあります。気になって生活に支障が出ることがありますから、原因を見つけて解消できるようにしなければいけません。顔の中にある部分としてあごがあります。日常的にあごを使うことはなさそうなので痛み自体も特に発生しやすいわけではありません。

外側からあごを使って何かを持つとかつかむなどのことはありませんが、意外に結構使う部分です。それは話をしたり食事をしたりするときに使うからです。あご痛みあごの部分が痛んで動かせないような状態になることです。こうなってしまうと話をするのも食事をするのも大変になることがあるのでなんとか解消をしないと食べられなくなることもあるでしょう。

あごの痛みの特徴(症状)や原因

あご痛みの特徴としては、普通にそのままでいるときは特に痛みが発しない場合があります。あごに関してはあまり使う意識のないところです。話をするにも食事をするにも使うのは口の意識があるからです。でも顔の構造から考えるとあごはよく使う部分になります。食事をするために口を開けるときにはどのようにするかといえば下の部分を動かします。

歯は上と下にありますが、それらを両方動かすよりも上の部分が固定されていて下の部分を意識して動かすことで噛んだりすることができます。この口の下の部分があごになります。口をモグモグさせたり話をしようとするときに痛みとして発生することがあります。場合によっては激痛が走るようなこともあります。

病気として言われるのは顎関節症が知られています。症状としてはあごそのものが痛いこともありますが、それ以外にはあごが鳴るなどのこともあります。知らないうちに音がなることを意識することがあります。大きな音が出ることもありますし、出ているか出ていないかわからないような小さな音が動かすたびに出るようなこともあります。

痛みが大きくなってくると口が開けづらくなる、噛みにくくなるなどが起こることがあります。原因としてあるのは硬いものを食べた時にそれ以降発生することです。硬いものを食べるにはあごに大きな力を掛ける必要があります。この時にうまく力を入れることができなくて痛みが発生してしまう場合があります。

あごの痛みの対策

あご痛みの対策としてはあまり痛みを意識しないようにすることがあるとされます。体に痛みが発生するのは何らかのサインと言われます。体が異常な状態になると傷みを感じなくなるとされます。何をしても痛みが発生しないのは危険です。刃物で傷つけられても、骨折ぐらいに大きな力で何かを叩いたりした時にも痛みがなければそれらをしてしまう事があります。

一方で痛みの中にはそれほど神経質にならなくても良い物もあります。少し使いすぎているぐらいなので様子を見ることで治る場合があるからです。この部分の痛みに関しては問題が大きなこともありますが、小さい痛みに関してはそれほど気にする必要はないとされます。

女性などは痛みに敏感なので感じやすいことがあるようです。男性よりも筋肉が少なかったり女性ホルモンが何らかの影響を及ぼしているともされています。痛みが出る時期としてはるのは成長期です。体が成長する段階において顔などの骨格が大きく変化をします。すべてがバランスよく成長すればいいですが、ある部分だけ成長が早い、遅いとなるとそこでズレが出てきます。

そのために痛みとして出てくることがあります。こちらもあまり気にする痛みではないとされます。一時的には痛みますが、そのうち成長も止まるのでそうなると状態も安定してきます。痛みに対して意識をしないようにすれば普通に生活ができます。仕事などでは口をあまり動かさないように意識するといいのでしょう。

あごの痛みの解消方法

あご痛みの解消方法としてはあごの位置を正しい位置にすることがあります。正しくない位置になっていると動かすたびにズレ等が生じて痛みになります。痛みに関係する神経などに触れたりすればそのたびに痛みます。正常な位置であれば神経が触れることは少なくなるので痛みも解消されるようです。

この場合まずどこの医療機関を受診するかですが、歯科医に行くことがあるようです。口の痛みなので歯から来る痛みと考える場合があります。原因があごとなれば歯科医で対応出来ないこともあります。歯科医以外で対応してもらえるところとしては整骨院があります。整骨院では顔の位置などを正しい位置にするようにしてくれるのでそれで痛みも和らぐとされます。

物理的にずれているなどであればそれを解消することで痛みがなくなることもありますが、すぐにずれが解消しないこともあります。少しずつ変化させないといけないこともあります。その時には日頃の生活の中で器具を装着することがあります。マウスピースを使って少しずつ解消させことがあります。夜に寝ているときなどに装着します。

夜に寝ているときに強い歯ぎしりなどをすることで歯がずれたり削れたりして痛むようになることがありますがそれを解消することができます。マウスピースに関しては長期的に使うこともあれば、徐々に痛みがなくなってくることで外して生活も可能です。装着するとしても1日中付けなければいけないわけではありません。

あごの痛みのまとめ(未然に防ぐ方法など)

あご痛みを未然に防ぐにはあごに大きな負担をかけないことが必要です。知らないうちに掛ける場合としては寝ている時の歯ぎしりです。ほとんどの人は自分が歯ぎしりをしている意識がないとされます。いつの間にか歯が削れて気づく人もいます。それくらいになるとあごにも大きな負担がかかっています。

寝ている時のことで、寝る前に歯ぎしりをしないようにしてもしないようにするのは難しいです。硬いものを食べるときに気をつけることも必要です。歯の健康のためには適度に硬いものを食べる方が良いとされます。あまり柔らかいものばかりを食べていると歯が弱くなることもあります。しかし負担が大きな状態であまり硬いものを食べるのも良くないとされています。

医師などにかかるようになって注意されるようなときは硬いものは避けるようにすることもあります。口を開けるときにどれくらい開けるかどうかもあります。口をあまり大きく開けすぎると負担がかかります。食事をする時、話をする時、あくびをする時など口を開ける機会はあります。

その時にどれくらい開けているかを意識します。全く開けてはいけないわけではなく、適度に気をつけるようにします。女性の場合であればあまり大きな口を開けすぎるのは下品に見えることから意識的に小さくするのもいいことでしょう。習慣化することができれば痛みも防ぐことが出来るようになります。あくびなどもできるだけ閉じるように行えば痛みが防げます。

pixta_6320920_S

解消法 お風呂で突発性発疹を解消する対処方法や対策・原因・特...

人の肌は他の動物に比べると体毛などは少ないです。細かく見ると産毛などが生えていることはありますが、それで体温を維持してい...

2-0116-0317

解消法 鉄分不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な生活や食事を意識していましても、意外に鉄分不足になっている場合もあります。鉄分不足とは文字通り身体の中の鉄分が少...

Woman having massage of shoulder

解消法 ツボマッサージで肩こり解消する対処方法や対策・原因・...

日常生活において疲れというのは切っても切れない縁があるのもので、その疲れとは常に一緒に過ごしている方も多いのではないでし...

M

解消法 体を柔らかくする為の悩みを解消する対処方法や対策・原...

子供の頃には体が柔らかく柔軟性があったとしても、人間は年齢と共に段々と筋肉や関節などが固くなってしまいます。こういった固...

nightmare

解消法 眠たいを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

高校生から大学生になったり、学生から社会人になったり、生活のリズムが大きく変わる春はまた睡眠の問題を生じる人が増える時期...

2-0142-0376

解消法 風邪からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

冬にかかる病気として風邪があります。なぜ冬に多くなるかですが風邪ウイルスが多く発生するからでしょう。冬に発生する風邪ウイ...

0018-0058

解消法 サプリでむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

学生時代などは同じ姿勢で授業を聴く必要があります。それに苦労する人は多いようです。動物にしても動くことができる部分があり...

2-0015-0094

解消法 ブルドッグ顔を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

同窓会のイベントが開かれることがあります。最初は卒業して1年目など比較的早くに行われるのでほとんど見た目は変わりません。...

2-0159-0413

解消法 老け顔を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

老け顔とは、自分の本来の年齢よりも顔が年上に見えることです。たとえばまだ20代なのに30代や40代に見られたり、まだ40...

sad little girl sitting near a door on the background of an bric

小学生のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

小学生のストレスとは、子どもによってさまざまです。昔は子どもがストレスなど感じることはないといった考え方が一般的でしたが...

Woman having sore throat

解消法 喉の痛みを解...

体の中には常に使っていながら無意識に使っているために使っ...

2-0006-0045

解消法 グッズで運動...

起きていると寝ている時があります。寝ているときはベッドな...