解消法 首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

首こり、一度気になると治るまで揉み続けたくなる場所です。手が届くところにあるところから、ついつい手を伸ばしてしまい、グイグイ押してしまう首の凝りです。この首こりは、基本的に重たい頭を支えていることから起きやすくなっています。あの首に3キロも4キロもある頭が…

首こりとは

首こり、一度気になると治るまで揉み続けたくなる場所です。手が届くところにあるところから、ついつい手を伸ばしてしまい、グイグイ押してしまう首の凝りです。この首こりは、基本的に重たい頭を支えていることから起きやすくなっています。あの首に3キロも4キロもある頭が、乗っているのですから相当な重力に耐える必要に迫られています。

そしてその重い頭を支えるために、何かをしているのかと言うと、多くの人は何もしていないと答えるのでしょう。逆に、首は鍛えられないと勘違いされている方もいるのですから、大きな問題をかかえることになります。また首こりは、マッサージで終わらしてしまう人が多いのですが、これでは治ることにはなりません。

更に、個人でマッサージをしてしまうと、力加減も解らないことから、強めにしてしまうことが多いようです。これも非常に危険なことと言えます。首の骨や神経を傷めてしまいことになりかねませんので、首のマッサージを行う時は、専門家に任せる方が良いのでしょう。首こりの多くの原因となっているのは、首周辺の血行が悪くなっていることが多いと言うのが理由です。

首の位置がちょっと前にずれた状態になっても、血行は簡単に悪くなってしまいます。そのため首に違和感を感じるようになり、そこから首のこりが発生することになってしまうことも多くあります。首の痛み、放っておくことで頸部(頚椎)脊柱管狭窄症と言う病気になっていることも考えられます。症状がひどく感じるようになった時は、一度病院へ足を運ぶべきです。

首こりの特徴(症状)や原因

首こりの特徴は、頭を上下左右に動かしてみると良く判るはすです。また首を回してみても、痛みや不快感を感じることになりますので、首こりの場所も検討がつくはずです。これら首こりの主な原因は、姿勢が悪いことからの血行障害です。血のめぐりが悪くなることで、首に変なハリが出来てしまいます。

この血行障害をいかになくすのかと言うことが、首こりをしないための方法にもなります。まずは目に悪いことをすると首にも悪い影響が出ます。スマートフォンを一日中触っている人など、かなり首に悪い影響を与えているはずです。またスマートフォンは、姿勢も悪くなる恐れから、身体全体に悪い影響も与えていると言われます。あまり使いすぎないことです。

姿勢の悪い人、特に猫背と言われる人も首に問題が起きるようです。首の位置が、身体の前に出てしまい、首に余計な負担がかかってしまうことが多いと言われます。そして寝不足の人も、問題があります。首を休ませることがないからです。一日のうち、7時間から8時間は首を休ませることで、首のこりから開放される訳です。

このように、首こりには、いろいろな原因が考えられますが、頸部(頚椎)脊柱管狭窄症と言う病気にかかってしまっては、大変なことになります。首への違和感が続くようですと、一度病院へ行くべきです。結果、安心出来るのでしたら、早めに行っておくべきです。遅くなれば遅くなるほど、この病気は治りが難しくなりますので、注意をしましょう。

首こりの対策

首こりにならない対策をとっておくことで、余計な痛みから解放されることになります。この首のこりでは、まずなんと言っても、姿勢を正すことになります。首の上にキチンと頭が乗ることで、かなりの違いが出て来るはずです。通常の状態になることで、首の痛みを感じないことが普通だからです。

それが首の位置がずれることで、首に負担がかかり凝りに繋がるのですから、姿勢をただし、首の位置に気をつけることが大事になって来ます。また首の位置を正確にするためには、首周辺の筋肉をキチンとつけておくことも必要になります。赤ちゃんのように首がしっかりしていないと不安な状態になりますので、首から肩にかけ筋肉をつけておく必要があります。

レスリングや柔道の選手までの筋肉は、必要ありません。また背筋を常時伸ばしておくことです。姿勢を良く保つことで、首が安定しまい。また首を冷たい風に当てないとか、冷気にさらさせないようにしましょう。これも血行を悪くする原因になってしまいます。更には腰痛も首と同様な原因になってしまいことがあります。

ですから首の痛みは、身体全体への影響も大きいのですから、常時気にするようにしておくことが大切です。いろいろな対策が考えられますが、筋肉を付けることや冷気に当てないことなど、普段からの注意が必要です。首の痛みから頭痛にもなりますし、肩こりにもなってしまいますので、それらを防ぐためにも、首は大事な場所になります。

首こりの解消方法

ではもし首こりになってしまった時、どう解消すれば良いのか考えます。軽い痛み、こりの時は、ぬるめのお風呂に入ります。38度から40度前後のぬるめのお湯です。熱いお湯に入ると、逆に筋肉が硬直してしまうこともあります。出来るだけぬるいお湯に浸かるようにして下さい。時間は、最低でも30分は入っていましょう。

もしのぼせてしまうと言う人がいるのであれば、半身浴と言う方法を取ります。このぬるま湯作戦を行うことで、血行がかなり良くなるはずです。ただし、一回行えば治ると言うものではありません。繰り返し行うことが必要になって来るでしょう。また、自分でマッサージすることも良いのですが、肝心な場所の選択と強さが解らないと考えられます。

そんな時は、専門家に任すようにしましょう。専門家に任すことで、余計な労力を使うことがありません。もし、自分でマッサージをして、腕がだるくなってしまっても意味がありません。専門家は、リンパの場所も理解していますので、必要な場所を必要な分だけマッサージを行ってくれるはずです。

また首だけでなく、首周辺から頭、背中、腰もマッサージすることで、身体全体がほぐれます。そのことで、身体全体が軽くなるはずです。あまり我慢をせず、早めに通うことも治すための対策と言えるのでしょう。もし、目の悪い人でしたら、メガネやコンタクトレンズが合っているのかを調べましょう。こんなところからも、こりは発生して来ます。

首こりのまとめ(未然に防ぐ方法など)

首のこりは、自分で考えるより危険な場所です。神経がたくさん集まっていることもあり、簡単にマッサージをすれば良いと言うものでもありません。利にかなったマッサージをしなければ、かえって首のこりを強くしてしまうことにもなってしまいます。この首のこりにならないためには、ネクタイなどは暇をみつけ、緩めることにします。

首の運動を常時心がけることで、ネクタイの締め付けから逃れるようにしましょう。また寝る時の枕です。高すぎても低すぎてもいけません。そして硬すぎても柔らかすぎても、首の良い影響を与えません。枕こそ、専門家に相談されて購入されることをお薦めします。朝起きた時、爽快な気分になっていたいものと考えます。

同様にベッドです。あまり柔らかいベッドでも、首に良い影響を与えることはないでしょう。姿勢を正すと言うことは、寝ている時も必要と言うことになります。そして普段の生活においては、背筋を伸ばすことが大事です。あまり下ばかり見る生活環境にいると、首が痛くなって来ても仕方ありません。

首を大事にしてあげる意識を持つことも大切です。首を労わる気持ちを持ちながら、運動をして固まらないようにしましょう。常に動かしてあげると気持ちがあって、丁度良い運動になるのかもしれません。たまには、肩をたたくように、首周辺もたたいても良いのでしょう。血行を良くすることが、大命題です。首を労わることが、身体全体を労わることに繋がると考えられます。

2-0161-0416

解消法 腕を太くする為の悩み解消する対処方法や対策・原因・特...

多くの男性にとって、鍛えあげられた肉体を手に入れる事は憧れの1つでもあります。割れた腹筋なども理想的な体の1つとしてよく...

2-0194-0205

解消法 耳づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体においては器官があります。器官においては何かが通るようになっている場合においてはきちんと通るようになっていなければいけ...

2-0396-0021

姻族関係を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

婚姻関係とは、法律上夫婦と認められた関係であり、戸籍法により、届出することが要件です。結婚式を挙げたり、事実上夫婦として...

2-0078-0248

解消法 寝起きの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

頭痛とは色々なパターンと種類があります。その種類大きく分けて「慢性」「症候性」「日常性」がありますが、慢性の中にはさらに...

2-0373-0395

解消法 麺で便秘を解消する対処方法

世の中には便秘に悩まされる毎日を過ごしている人が沢山いますが、では、どこからが世間一般で言われる便秘にあたるのでしょうか...

Masseur lifting pregnant womans legs on blue mat in a fitness studio

解消法 妊婦の浮腫みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

妊娠すると、ホルモン分泌の激しい変化や、赤ちゃんの成長に伴いお腹が大きくなるために、体にはさまざまな変化が訪れます。妊娠...

2-0055-0202

解消法 仕事疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

仕事をするうえでの疲れというものには、二つの種類があります。その一つは物理歴な体の疲れがあげられます。仕事が忙しい時には...

M

解消法 体を柔らかくする為の悩みを解消する対処方法や対策・原...

子供の頃には体が柔らかく柔軟性があったとしても、人間は年齢と共に段々と筋肉や関節などが固くなってしまいます。こういった固...

2-0199-0223

解消法 首周りのベタベタを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

夏になると汗をかきます。夏は非常に暑くて体温もどんどん上昇させてしまいます。人は42度以上になると生きていられませんし、...

plump women portrait on silk

解消法 ムーンフェイスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

平安時代の日本の貴族の暮らしを表す絵巻などが残されています。写真ではないのでどの辺りまでが真実かはわかりませんが、人の服...

2-0008-0048

解消法 グッズで腰痛...

体にはいろいろな部分があります。頭であったり手、足などに...

2-0281-0133

解消法 黄色い痰を解...

痰は唾液にねばねばした液が混じって成り立っていますが、こ...