解消法 朝弱くて起きれないを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 朝弱くて起きれないを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

低血圧の人と高血圧の人がいます。低血圧の症状の一つとして朝が弱い人が挙げられることがあります。遅刻が多かったりすると低血圧だからと言い訳をする人がいます。実際のところはあまり血圧とは関係はないとされています。血圧は血管の状態に関するもので、それが低いからといって…

朝が弱い人とは

低血圧の人と高血圧の人がいます。低血圧の症状の一つとして朝が弱い人が挙げられることがあります。遅刻が多かったりすると低血圧だからと言い訳をする人がいます。実際のところはあまり血圧とは関係はないとされています。血圧は血管の状態に関するもので、それが低いからといって朝の状態には関係がありません。

人は昼に活動をしますから、昼の前である朝に目を覚まし、活動をして夜に睡眠を取るようになっています。夜に寝ている状態から朝に起きる状態の時になかなか起きることができない人を弱いとと認識します。目覚まし時計を設定して大きな音が鳴っているのに起きることができない、一つではダメなので複数用意したところすべて妻にかすめてしまっているような人も弱い人になるでしょう。

何とか起きることができても、すっきりしない状態が続いている人は弱い人になりそうです。朝食を取るにしても半分目を閉じている状態、歯磨きなどにおいても同様の状態です。通勤時間においてもつり革を持ちながら寝ていたり、しまいには会社で仕事をしている時に始業してすぐにあくびが出たり寝てしまったりする状態となるとかなり弱い状態と言えます。

朝に弱いのですから、その他の時間になってくると徐々に元気になるようです。昼前ぐらいからはスッキリしだして、夜になると朝の眠気はどこに行ったのかぐらいにはっきりしているようです。1日じゅう眠いとなると何も活動できなくなってしまいます。

朝が弱い人の特徴(症状)や原因

朝が弱い人の特徴としては朝に覇気がありません。挨拶などをしてもはっきり話すことができませんし、相手を見ることもできない状態です。自分で起きるにしても誰かに起こされるにしてもスッキリと布団から出られません。そのまま布団の中に居続けることもありそうなると遅刻などにつながります。学生も問題がありますが、社会人になるともっと問題になりそうです。

症状としてはスッキリせずに頭が何も考えられない状態です。起きてはいますが頭は眠っている状態なのでその後の行動に出られないこともあります。会社などではあくびが止まらない状態が続き、決して仕事をやる気のようには見えません。怒られたりすることもあります。

本人からするとなんとか起きたい気持ちはあるもののその気持に反して眠気やあくびが止まらない状態です。原因に関しては分かる場合とわからない場合があります。分かる場合としては前日の過ごし方です。夜遅くまで起きていて寝る時間が少ない場合には睡眠時間が少ないことで起きることができず弱い状態になります。

また睡眠サイクルが中途半端なときに起きることですっきりしないことがあります。90分サイクルと言われるので、6時間であればいいですが7時間で起こされたりすると中途半端で弱い状態になることがあります。原因がわからない場合としては慢性化している状態です。一度そのようなスタイルになってしまって、そのままの状態が続いているので治しようがない状態です。

朝が弱い人の対策

朝が弱い人の対策としてはスッキリ起きるための行動を朝に行うことでしょう。体を動かすことでスッキリできることがあります。脳に血流がうまく行っていないことが原因のことがあるので、体操によって血流を良くして起きることができるようにします。水を利用する方法があります。まずは水を飲むことです。

冷たい水を飲むといなどに冷たいものが通るので体に刺激が行き渡ります。それによって起きることができるかもしれません。よく行うのは水で顔を洗うことです。冷たい水を顔にあてると気持ちよさを感じます。これを目がすっきりするまで行います。時間に余裕がれば水のシャワーなどを浴びるようにします。頭から浴びることでこちらもスッキリ出来る場合があります。

朝が弱いことがわかっているのであればあえて朝に活動をしないようにすることもあります。仕事であればフレックス制をとっているような会社であったり、始業時間が遅い会社を選びます。大学生なら1時間目から授業を取るのではなく2時間目から取るようにします。

そうすれば頭がすっきりしない状態で活動をする必要がなくなります。自分で仕事をするのであれば基本的にはいつでも仕事をすることができますから必ずしも朝に行う必要がなくなります。昼から少しずつ仕事をするスタイルにすれば、弱いとしても影響なく仕事が継続できます。ただし自分で仕事をするのは大変ですし、お客さんに合わせるために早く対応しないといけないこともあります。

朝が弱い人の解消方法

朝が弱い人の解消方法としては、前日において早めに寝ることです。睡眠不足が原因の事が多いですから、それをなくすようにします。一般的には7時間から8時間寝ると十分とされています。朝の7時に起きるなら夜の11時から12時に寝れば十分その時間眠ることができます。早く起きるならその分早く起きるなどすることで睡眠時間を確保することができます。

睡眠時間だけでなくて良い睡眠のための道具も考えます。枕であったり、布団などが睡眠に影響することがあります。体に合っていない寝具だと睡眠時間は長くても十分に眠れていないことがあるようです。枕などにおいてはアドバイスをしてくれる人がいるのでその人に自分に合った枕を作ってもらったりすることでしっかり眠れるようになるかも知れません。

しっかり眠れれば朝も起きやすくなります。朝の起き方を変えることで解消できることがあります。朝は体内時計をリセットするのにちょうどいいとされます。それは朝日がいい役割をしてくれます。朝日を浴びるようにすると、その時点で1日が始まるようになります。

そこで起きたらすぐに朝日を浴びに行くようにします。寝室に窓があり朝日が見えるならそこに行きます。ベランダでないと朝日が見えないならそこに行くようにします。雨や曇りの時は朝日の代わりに蛍光灯などの照明をしっかり浴びます。実際の太陽でなくても光などであればそれなりに効果があるとされます。これを習慣化します。

朝が弱い人のまとめ(未然に防ぐ方法など)

朝が弱い人に関しては学生時代にそのようになる人がいるようです。そして社会人になってもそのまま弱い状態が続くようです。学生の中でも一人暮らしをしている人は朝に起きる時間が自分の自由になっていて不規則になることがあります。そのために一定の時間に起きようとしても眠くて起きられない状態ができます。

それを防ぐ方法としては、学生時代から将来の社会人の生活に向けて一定の時間に起きるように訓練をしておきます。授業がないから起きないのではなく、毎朝7時に起きるようにするなどです。受験の時などは夜型から朝型にするために同じようなことをしているでしょうが、社会人になる前にも同じようにしておきます。

そうすることで社会人になった時は朝はスッキリ通勤することができるようになります。朝に起きられない人として肥満が原因の人がいます。肥満になると喉のあたりにも脂肪がたまります。それが原因で呼吸がしにくくなり、睡眠中に無呼吸の状態になる時間が多くなります。寝ていてもほとんど熟睡状態にならず。そのために弱くなることがあります。

肥満の状態を解消すれば夜に睡眠が妨げられることが少なくなって快適に起きることができるかもしれません。最近朝起きづらくなって肥満の状態であるならそれも疑うようにしてみます。重大な病気が隠れているかもしれませんから、病院で診察してもらわないといけないこともあります。睡眠に関する外来などを受けることができます。

2-0117-0318

解消法 天然ボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

天然ボケという言葉がありますが、職場や日常生活でも、そのような人たちに出会うことがあります。天然ボケということでは、例え...

2-0209-0309

解消法 虫歯の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

子供と言いますと虫歯の子が多いです。甘いものをたくさん食べて、歯磨きをしないからのように考えるかもしれません。実は別のと...

2-0265-0103

解消法 マッサージで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

今の日本の飽食の時代では、どうしても胃腸に負担がきてしまいますが、例えば仕事で職場で働いていると、当然昼食の時間がありま...

2-0124-0329

解消法 頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体の中に何らかの症状があるときは痛みとして出てくることがあります。体の中には沈黙の臓器と言われる部分もあり、かなり進行し...

girl  by window

待機児童を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

待機児童とは、保育関連施設への入所を申請しているにも関わらず、保育関連施設が満員であるために、定員オーバーとなってしまっ...

2-0043-0173

解消法 肩こりからのめまいを解消する対処方法や対策・原因・特...

肩がこる人が大変多い今、実は肩こりからめまいが起きてしまう事を知っていましたか。肩こりは誰でも起こる症状です。長時間のデ...

2-0262-0099

解消法 マッサージでたるみを解消する対処方法や対策・原因・特...

肌がたるむというのは人が生活していれば当然の事として起こりうる現象です。肌の弾力が低下するのは老化と共に起こることは免れ...

Young businesswoman stretching hands in office

解消法 疲れによる眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

お昼の2時頃になってくると眠気が襲ってくることがあるでしょう。会社などでは重要な会議があったり、学校などでは授業があった...

Young woman holding up fingers on nose and making silly expression

鼻をほじる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

鼻をほじる癖とは、鼻にたまっている鼻くそを指でほじくってしまうのが習慣的になってしまっていることです。多くの方がこのよう...

2-0111-0310

解消法 朝起きれないのを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

朝起きれない人はこの世の中の大部分の人がこの人に当てはまるのではないでしょうか。朝起きることが得意ですという人はあまり聞...

2-0155-0406

解消法 夜間多尿を解...

健康的な睡眠時間としては7時間から8時間とされています。...

Stressed businesswoman with hands on head against painted blue wooden planks

心と体のストレスを解...

心と体のストレスとは、心の疲れと体の疲れが表に現れてきて...