解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なものがありますので、その時の症状に合わせて、対策を打たなくてはいけません。特に、最も多い二日酔いの症状として挙げられる頭痛ですが、そのままにして…

二日酔いとは

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なものがありますので、その時の症状に合わせて、対策を打たなくてはいけません。特に、最も多い二日酔いの症状として挙げられる頭痛ですが、そのままにしておくと、ものすごくダルさだけが残ってしまいますよね。

これは、アルコールによる、血管の拡張が原因として起こっておりますので、血管を出来る限り早く収縮させてあげる必要があります。血管の収縮に役立つのが、コーヒーなどのカフェインを摂取することです。ですので、もしも前日に飲み過ぎてしまい、どうしても頭の痛みが残ってしまいましたら、朝にコーヒーを一杯飲んで、出来る限り早く血管を収縮させてあげましょう。

また、どうしても朝が忙しくて、コーヒーを飲む暇もないということでしたら、ツボを刺激することで、二日酔いの対策をすることが出来ます。ツボであれば、どれだけ忙しくても、ちょっとした時間を利用して、すぐに押してあげることができますよね。

本来であれば、お酒の席では、お酒だけではなく、適度に水分補給と食べ物を食べて、身体の中にアルコール以外のものも吸収させてあげなくてはいけません。ですが、付き合いの都合上、どうしてもお酒しか飲むことができないといったケースもあります。そういった時は、効果的にツボを刺激してあげる事で、二日酔いを悪化させずに済む事も出来ますので、是非試してみましょう。

二日酔いの特徴(症状)や原因

二日酔いの原因には、実に様々なものが挙げられます。先ほども申しました通り、一般的な症状は頭痛です。ですが、それ以外にも、吐き気や倦怠感、震えや吐き気など、色々な症状がありますので、気をつけましょう。また、それぞれの症状に合わせて、対策方法も異なってきますので、注意が必要です。良かれと思ってした事が、かえって二日酔いを悪化させてしまう可能性があります。

では、そんな二日酔いは、どういった原因で引き起こされてしまうのでしょうか。二日酔いは、過剰にアルコールを摂取してしまうことで引き起こされる、人体の反応になります。個人の体調によりましても、左右されてしまいますので、普段はいくら飲んでも全く酔わないといった人でも、注意が必要です。

特に、お酒を飲む際にものすごく空腹状態であったり、仕事が忙しくて、最近睡眠不足だといった状態ですと、少しお酒を飲んだだけでも、翌日に響いてしまう可能性があります。また、アルコールが身体に入ると、すぐにトイレに行きたくなるといった人は、特に注意が必要です。なぜかと申しますと、トイレに行くことで、身体の中にある水分がどんどんと排出されていきます。

アルコールを摂取して、水分をとっている筈なのに、知らない間に脱水症状になってしまいます。そうする事で、身体の中で無意識の内に、水分補給をしたいというサインを出します。これが、頭痛となって、翌日に響いてしまうという事です。お酒を飲む際には、何よりも体調と水分管理に気をつけましょう。

二日酔いの対策

アルコールは肝臓で分解されますが、分解出来る量を超えてしまいますと、アルコールが体内に残ってしまいます。そうする事で、二日酔いになってしまいますが、事前に対策をすることは出来ないのでしょうか。日本人は、特に遺伝的にもアルコールが弱い人種になりますので、特に注意が必要です。

また、仕事のストレスが溜まりすぎてしまうことで、逆に肝臓に負担がかかってしまいますので、飲み方にも気をつけなくてはいけません。ですが、どうしても社会人である以上は、ある程度の付き合いというものがあります。お酒を飲むのが辛いからといって、断ってばかりいることで、立場が悪くなってしまう可能性もありますので、気をつけたいところですよね。

そういった時は、ツボを上手に刺激してあげましょう。ツボには、様々な効果を得ることができます。中でも、二日酔い対策に良いツボもありますので、覚えておくと、安心です。では、何処を刺激してあげれば良いのでしょうか。一番良いと言われているツボが、キモンになります。両乳頭の真下と、助骨が交わるところを、上手に刺激してあげましょう。

その時に、気をつけなくてはいけないのが、両方のツボを刺激するのではなく、右のキモンだけを刺激してあげるということです。キモンには、つらい二日酔いを素早く解消してくれる効果があります。また、飲み会の前に刺激してあげることでも、効果を期待することができます。そうする事で、事前に二日酔いや悪酔いの予防をすることが出来ますので、積極的に取り入れることをおすすめ致します。

ツボでする二日酔いの解消方法

ツボには、上記で述べました通り、キモン以外にも、沢山の効果を期待することができるツボが沢山あります。ですので、自分のなってしまった症状に合わせて、効率よく取り入れてあげる事が大切です。ツボであれば、特別に何かを用意する必要もなく、簡単に刺激をしてあげることができますので、大変おすすめです。

二日酔いになってしまいますと、どうしても身体中がだるくなってしまいます。中には、症状が酷すぎて、痛みや吐き気がおさまるまで、何もすることができないという人もいるでしょう。ツボであれば、ベットの中でも簡単に刺激をすることができますので、覚えておいて損はありません。是非、酷い二日酔いに悩まされてしまった時には、まずツボを刺激してあげるということを覚えておきましょう。

まず、吐き気を解消してくれるツボになります。これは、ゴウコクという場所を刺激してあげるのですが、場所は手の親指と人差し指の付け根の間にあります。v字型に交わっているところですので、比較的探しやすいでしょう。

このゴウコクには、吐き気以外にも、頭痛や腹痛、便秘などの様々な症状に効く、とても良いツボになりますので、是非覚えておきましょう。そして、頭痛にはヒャクエという場所が効果的です。頭のてっぺんにあるツボになりますので、刺激してあげることで、心地よい気持ち良さを感じることができます。このように、様々な場所のツボを刺激してあげる事で、効果的に二日酔いの解消ができますので、おすすめですよ。

二日酔いのまとめ(未然に防ぐ方法など)

二日酔いを未然に防ぐためには、何よりも普段からの体調管理が大切になってきます。ですので、出来る限り睡眠不足の状態のままお酒を飲むといったようなことは控えましょう。また、ストレスにも左右されてしまいますので、注意が必要です。仕事で疲れてしまったからこそ、お酒を飲みたいという気持ちは解ります。

ですが、あまりにも酷いストレスを受けた状態で、お酒を身体の中に入れてしまいますと、アルコールを上手に分解することができなくなってしまいます。もしも、どうしてもお酒を飲みたいといった時には、直前に何かを軽く食べるなどをして、空腹状態を避けてあげましょう。それだけでも、十分に二日酔いの対策をすることができます。

また、飲んでいる最中でも、水分補給を心がけて下さい。お酒ばかり飲み過ぎてしまう人は、ウーロン茶やお水といった水分補給を忘れがちです。脱水症状を引き起こしてしまいますと、翌日に酷い頭痛を引き起こしてしまいますので、注意が必要です。また、どうしても避けることができない飲み会など、付き合いで断りきれない場合には、事前にツボを刺激するなどして、上手に二日酔いにならないように対策を打ちましょう。

翌日にお酒が残ってしまいますと、良いことは何一つとしてありません。特に、次の日に仕事があった場合には、簡単に休むことなんて出来ないですよね。お酒を飲む際には、何よりも体調管理と自己管理に気をつけて、飲みすぎないようにしましょう。そして、酷くなってしまった場合には、すぐにツボを刺激して、解消してあげることをおすすめ致します。

Man massaging the leg of a woman in a room

解消法 膝の外側痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

近年のマラソンブームや健康志向による運動のやり過ぎ、誤ったスポーツ動作によって、膝の外側痛みを訴える運動愛好家が増えてき...

2-0109-0305

解消法 地味にストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

ストレスは現代社会には欠かせない問題や課題でもあり、この社会を生きていく上で、非常に重要な内容を含んでいるということです...

2-0372-0394

解消法 眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

眠いのに今はどうしても眠ってはいけない、っていうシチュエーションは、誰もが一度は経験していることですよね。忙しい現代人に...

2-0451-0078

肉離れの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

肉離れに限らず、捻挫やアキレス腱炎などは怪我の中でも癖になりやすいとされています。トップアスリートの中にも肉離れが癖にな...

2-0119-0322

解消法 冬に目が乾燥を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

夏といいますと梅雨を始めとしてある程度の湿気があります。台風の時などもかなりジメジメすることがあり蒸し暑さを感じます。そ...

0029-0106

解消法 マリッジブルーを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

最近マリッジブルーという言葉を時々聞きますが、言葉の中にブルーという単語が入っているので、大体は感じがわかります。この言...

2-0156-0407

解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1...

2-0011-0065

解消法 ストレッチで肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

ボールを投げるスポーツにおいては肩が強い、肩が大事と言われることがあります。実際に使っているのは腕のようですがなぜそう言...

2-0055-0202

解消法 仕事疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

仕事をするうえでの疲れというものには、二つの種類があります。その一つは物理歴な体の疲れがあげられます。仕事が忙しい時には...

T

解消法 目の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

生活するときに必要な機関として目があります。ものを見るときに使いますが、人によっては視力があまり良くない人がいたり、見え...

2-0069-0231

解消法 笑いでストレ...

学校などにいる時はそれほど緊張感がなかったかもしれません...

A

食べ物でイライラを解...

イライラとは自分が思い描いていたように物事が進まず、気が...