解消法 ヨガで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 ヨガで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

便秘とは、一般的にいうとどのような状態や症状を指すのでしょうか。「毎日排便がなく週に3回以下の場合」「硬い状態の便がほとんどである」「自然に排便できないために薬や排便を促す何かを施さなければならない」「毎回無理矢理に力んで出している」また、たとえ毎日排便が…

便秘とは

便秘とは、一般的にいうとどのような状態や症状を指すのでしょうか。「毎日排便がなく週に3回以下の場合」「硬い状態の便がほとんどである」「自然に排便できないために薬や排便を促す何かを施さなければならない」「毎回無理矢理に力んで出している」また、たとえ毎日排便があったとしても「全部出し切れていない残便感がある」などの状態にあると一般的に考えれば便秘に当てはまっているといえます。

こういった症状がある人たちは不快感があったり、苦しくなったり、スッキリしない状態が続くため、自覚症状を持っている人も多いかもしれません。しかし、一日二日排便がなかったくらいでは便秘とは言いがたく、本人もそこまで自覚症状がないことが多いでしょう。

一日二日の排便のペースで本人が苦痛でなく、スッキリしているのであればそれは正常に排便が行われているという事で便秘にはなりません。大変頑固な症状を持っている人の中には2週間以上も出ない人もいたりします。要するに「便秘」とは、『排便が困難で順調にされず、不快感を感じる』状態のことを言います。

人間はもちろん一人一人生活習慣や体質、食べる量も違いますから、日数や回数では一概に判断することができず、あくまでも個人個人の生活習慣に合った回数・量がきちんと出ているかそうでないかということです。ですから、人と比べてどうこうではなく自分がそうであるかどうかは自分自身の基準で考えるべきだということです。

便秘の特徴(症状)や原因

便秘には慢性型と一過性型があり、いくつかの特徴と種類があります。【慢性型】・習慣性排尿は我慢してもなくなることはありませんが、便意はものの15分我慢していると引っ込んで便意がなくなってしまいます…。排便をするタイミングとして朝が一番最適ですが、朝は何かとバタバタしたりしてゆっくりトイレへ入る時間がない、というのがタイミングを逃してしまい原因となっているのも一つの要因です。

こうした生活を続けていると腸の中で水分が吸収されて硬い便へと変わり、出にくくなります。そして便意をもよおす事も少なくなりどんどん溜まっていってしまいます。朝食を抜く人も多いですがこれもよくありません。

朝食を食べて腸内を刺激することで便が出るチャンスになるのに、これを抜いてしまうと便意をもよおすチャンス自体がなくなってしまいます。・弛緩性女性に便秘が多い原因の一つでもありますが、腹筋が弱いことです。腹筋が弱いと便意をもよおす力・排便する力も弱まってしまうためにスムーズに出すことができない状態になってしまいます。

・けいれん性精神的なストレスや疲労などにより腸が異常に緊張してしまい、腸がけいれんして便が腸内で砕かれて硬くコロコロの便が出る状態のことです。【一過性型】・過度な食事制限によるものダイエットをしている期間に食事量がぐんと下がると、便が出にくくなってしまう場合があります。・生理前女性の生理前にはホルモンの影響で大腸の動きを制限する働きがあるため便が出にくくなります。

便秘の対策

便秘の対策方法としてですが、やはり毎日の食事が大きなポイントとなります。もっとも大敵なのは腸内環境の悪化です。腸内環境をよりよく保ち、便通をよくするためには腸内の善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やす食事を意識して摂ります。例えば、ヨーグルト・納豆です。これらは朝食に取り入れやすい食材です。

和食派の人は納豆を、洋食派の人はヨーグルトをメニューに入れるだけで成り立つので比較的誰にでも続けられる方法です。次に大事なのが食物繊維です。さつま芋には豊富な食物繊維が含まれています。不溶性の食物繊維なので、溶けずに腸内に行き渡って老廃物を絡みとりながら進んで、腸のぜんどう運動を活発にしてくれる効果が期待できます。

しかし、不溶性食物繊維だけを摂っても便が硬くなって出ないままになってしまう可能性が考えられます。そのため、便を柔らかくする働きがある水溶性の食物繊維も一緒に摂ることが必要です。わかめ、こんぶ、こんにゃく、ヒジキなどの海藻類には水溶性食物繊維が含まれています。

お味噌汁の具としても使いやすいのでこちらも朝食等に取り入れやすいです。お味噌自体が発酵食品で腸内に善玉菌を増やす効果がありますので、お味噌と海藻類は最適な組み合わせだといえます。水溶性食物繊維には果物類も良いと言われていますが、なかでもバナナは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を兼ね備えているのでダブルの効果が期待できるでしょう。

便秘の解消方法

上記のように食事に気を付けることも大切ではありますが、頑固な便秘に悩まされて長年になっている人は食事療法だけでは難しかったりします。すでに悩んでいる人が解消するためには近年流行している「ヨガ」がおすすめです。ヨガは普通の運動と同じで筋肉が鍛えられるので、排便する際に必要な筋肉を鍛えたり、ポーズをとることによって腸内が刺激される効果もあります。

ですが、それだけではありません。他の運動とは違って、ゆっくりと呼吸を整えながらリラックスして行う運動のため、神経をもリラックスする効果があります。自律神経はストレスによって腸内環境にも影響を及ぼすため、ここをリラックスさせてあげることでストレス性の便秘にも効果が期待できるということです。

また、日ごろの姿勢が悪く、猫背になってしまっている人は内臓の位置がずれてしまっている可能性もあります。内臓の位置が正しい位置でないと、正常に腸が動かなくなって便秘の悩みへとつながっているかもしれません。ヨガでは姿勢を正す効果、猫背を改善する効果が得られますので、姿勢が原因となっている便秘の解消につながります。

水分補給も意識しながら行いましょう。弓のポーズ・船のポーズ・犬のポーズなど、「便秘に効くヨガのポーズ」に特化したものもあります。原因には人それぞれ様々な要因がありますが、ヨガは総合的に便秘に効く要素がありますし、自宅でもやりやすいので試してみる価値はありそうです。

便秘のまとめ(未然に防ぐ方法など)

便秘でない人も、便秘がちな人も、頑固な症状に悩まされてしまう前に、未然に防止する心がけが重要です。基本的には食事・水分・運動を意識して行うことです。食事はジャンクフードや甘いものばかりを食べたり、朝食を抜いたり、偏った食事にならないようにすることが大事です。

食物繊維や善玉菌を増やす作用のある食事を積極的に取り入れて、三食きちんと食べるようにします。特に朝食は大事なので早起きをしてでも朝食の時間を確保しましょう。次に水分補給です。普段水分をあまりとらない人にとっては習慣を変えるのはなかなか難しいので、最初は意識して水分を取るようにして一日のうちの水分量を増やした方が良いでしょう。

ただし、コーヒーなどのカフェインが多く含まれているものに関しては利尿作用があるため、便を柔らかくするために必要な溜められた水分までをも排出してしまう傾向にあります。そのため、カフェイン類よりはお水を積極的に取ったほうが効果的です。最後に「運動」ですが、排便する良い環境というのは「ぜんどう運動」と「自立神経」が正常でないといけません。

そのためにはやはり食事・水分だけでなく腸に刺激を与え、神経を整える「運動」が必要となります。あまりに過酷な運動や辛い運動は一日で嫌になってしまうので、日常に取り入れやすい、寝る前に布団でできる簡単な運動やストレッチを取り入れると続けやすく長期的な効果を得られます。上記でも挙げた「ヨガ」から気軽にトライしてみましょう。

Woman with headache against lightning bolt

解消法 前頭部の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

日常生活では、色々なことが起こり、人間社会に住んでいるので、色々な人達がいることも確かで、そのことがそのまま人間関係のト...

Young  woman with stomach issues

解消法 残便感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な生活は適度な運動や正しい食事を心掛けて、毎日規則正しい生活を営むことが大切です。そして規則正しい生活のリズムの中...

s

解消法 テレビを見ながら二段尻を解消する対処方法や対策・原因...

顔であったりプロポーションの基本としては前になります。ですから顔の見た目であったり、正面から見た時によく見えるようにする...

2-0065-0227

解消法 春の眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

春眠暁を覚えずとの故事があります。これは春は非常に心地がよく、本来朝になったら起きていたのに朝になったのにも気が付かずに...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹...

2-0351-0333

解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なも...

2-0274-0116

解消法 わき肉を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体は皮膚で覆われています。その皮膚の下に体のいろいろな組織があります。人によって異なるので、それによっては見え方も多く異...

2-0287-0150

解消法 乾燥収縮のひび割れを解消する対処方法や対策・原因・特...

秋の終わりから冬、春にかけては空気が乾燥して寒くなります。これらの季節においては、若い頃はただ寒いので寒さ対策のみをして...

Close up of a doctor testing his patients blood at the hospital

解消法 糖尿病のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

ストレスは普通の人(健常者)でもあります。逆にストレスがないほうがおかしいくらいです。将来不安や人間関係のストレスは代表...

mature hispanic woman smiling at camera

解消法 顎のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

若いころの肌は張りがあります。若いころにそのようなことを意識することは少ないですが、年齢が上がってくると余計にあの頃は張...

2-0251-0073

解消法 ツボでストレ...

ストレス社会の今、普段の何気ない生活の中でたくさんの精神...

Insomnia

解消法 不眠症を解消...

不眠症とは、床に付いてからも、一時間から2時間が経っても...