解消法 鼻づまりからの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 鼻づまりからの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

秋になった、冬になったと感じることはあります。秋においては金木犀の匂いがしてくると感じることがあります。食欲がある人は美味しいものがお店に並ぶようになって感じるかもしれません。冬になったと感じるのは気温もありますが静電気のぱちぱちがあります。空気が乾燥してきて…

鼻づまりからの頭痛とは

秋になった、冬になったと感じることはあります。秋においては金木犀の匂いがしてくると感じることがあります。食欲がある人は美味しいものがお店に並ぶようになって感じるかもしれません。冬になったと感じるのは気温もありますが静電気のぱちぱちがあります。空気が乾燥してきて、冷たい風が吹くようになってきたと感じます。

これらの冷たい風が吹くようになると体に対してもいろいろな症状が出てくることがあります。その一つとしては鼻水があります。夏や秋などはほとんど出ません。クーラーが効きすぎるようなところで出るくらいです。しかし冬になると一気にズルズルと出てくることがあります。外の寒い空気にさらされると出るのですが、室内の温かいところに入るとすぐに止まります。

これは寒さによるものになるでしょう。鼻水に関しては気温の変化以外にも病気の症状として出ることがあります。風邪であったりインフルエンザ等になると出るようになります。そういった病気になると体の中で免疫力が戦ってくれるからです。

たくさん鼻水が出てもそれは免疫力が戦ってくれた結果の場合があります。しかしあまりに鼻水が出ると困ります。更には鼻水からの頭痛が出ることがあります。鼻をかむたびに頭の方に痛みが走ります。鼻をすすったりするときに痛みが出ることがあります。あまりに痛いので鼻をそのままにしておきたいと感じることもあります。そうすると鼻水がどんどん流れでて困ります。

鼻づまりからの頭痛の特徴(症状)や原因

鼻づまりからの頭痛に関しては、まずは鼻づまりの症状があります。特に病気ではなくて気温の差による鼻づまりの場合、風邪やインフルエンザの鼻づまりの場合、花粉症で鼻づまり状態になっている時の場合があります。その他においては慢性鼻炎の状態のことがあります。これは日常的に鼻炎の状態になるもので、1年を通して鼻づまりが起きている場合があります。

鼻水は鼻において作られますが、不要なものはどんどん出てこなくてはいけません。でもあまり過剰に作られるようになると体の中にたまってしまうことがあります。慢性鼻炎になるとこのようになる場合があります。溜まる場所としては鼻の上の部分であったり、頬の辺り、目のあたりや耳の辺りまで達することがあります。

この時に頭痛に関する神経などに当たるようになると鼻づまりの時に頭痛として痛みが出ることがあります。鼻水がすべて出てくれれば問題はありません。また、鼻水が過剰に出ないような状態であっても問題はありません。通常は鼻づまりぐらい大したことはないとそのままにしているケースが多いようです。

そして病院で見てもらってたまっている状態を知らされることがあります。場合によっては手術によって鼻水を取り出さないといけない場合もあるようです。ですから異常があると感じたときには病院などに行って措置をしてもらう必要があるでしょう。鼻づまりが原因になりますから、まずは耳鼻科に行くのが良いでしょう。

鼻づまりからの頭痛の対策

鼻づまりからの頭痛に関しては、対策としては鼻水の除去です。簡単な方法としては鼻水をかむことです。ハンカチであったりティッシュペーパーを鼻に当てて空気を出すようにします。そうすると溜まっていた鼻水が出てきてくれます。一度で出てくることもありますが、たくさんたまっているときは一度では出きらないこともあります。

そのときには何度かかむ必要があります。鼻づまりに関しては両方詰まっている事もあれば左右のどちらかだけのこともあります。両方一度に行うこともあれば片方ずつ行うこともあります。きれいに出そうとするなら片方ずつ行うほうが確実です。一方の鼻をおさえて出したい方の鼻に空気を集中させると出すことができます。

それを左右行うことで出すことができます。鼻炎がひどい時になると鼻をかんだだけでは対応できないこともあります。出しても出してもどんどん出てくるからです。このときには鼻炎を解消するための薬を飲むことがあります。こちらは鼻水を抑えてくれるものになります。鼻水が出るのは何らかの理由があることがあり、それを止めてしまうのは本来は問題です。

でも仕事をしている時や、あまり出すぎて眠ることができない場合は薬などに頼るしかありません。鼻づまりを解消することが出来ればそこから発生する頭痛については感じることを抑える事ができます。鼻づまりの原因がわかっていないとせっかくの対策も意味が無いこともあるので、対策がうまく行かなければ病院に行きます。

鼻づまりからの頭痛の解消方法

鼻づまりからの頭痛の解消方法としてはアレルギーの発見があります。アレルギー性の病気の代表とも言えるようになってきたのが花粉症でしょう。花粉は本来は人の害ではありませんが、アレルギー反応が出ているためにそれを排出しようとする働きが起こります。ひどくなってくるとどんどん鼻水が出てくることがあります。

花粉だけがアレルギー物質ではなく、食品などにおいてもアレルギー反応が出ることがあります。もし鼻水が止まらなくてそれに対する頭痛も続くようであればアレルギーを調べてもらうようにします。病院に行くとアレルゲンを見つけてもらうことができます。それがわかればそれらを食べないようにすることでアレルギー反応を出さないようにすることができます。

鼻水もおさまって頭痛もしなくなる場合があります。花粉症による鼻水の対応については手術によって除去できる場合があるようです。花粉に反応する部分を焼くことでその部分が反応しなくなり鼻水としてでなくなります。そうすれば頭痛もなくなります。

花粉症の時は鼻水がどんどん出ることで頭痛の症状がひどくなることがあります。どうしても我慢できないような痛みが続くときにはこの手術をしてもらいます。鼻水が止まると花粉症の症状としてもかなり楽になります。花粉症の治療についてはこれからも新しい方法がどんどん出てくることがあるようなのでそれに期待するのもいいでしょう。手術なしでも治療できる方法があります。

鼻づまりからの頭痛のまとめ(未然に防ぐ方法など)

鼻づまりからの頭痛において少し怖い病気としては副鼻腔炎があります。顔面の骨の中に副鼻腔と呼ばれる空洞があります。これは鼻とつながっています。副鼻腔に細菌が侵入して増殖することによりそこに膿がたまることがあります。この膿に関しては排出されることがないのでどんどんたまることがあり、それが三叉神経を刺激するようになります。

これが頭痛となって出てきます。頭痛だけでなく顔に痛みが発生することもあります。この病気においては、まずは副鼻腔にたまった膿を取り除く必要があります。副鼻腔炎自体は色々なことが原因で起こります。風邪が原因で起こるのは急性と言われます。こちらは風邪が治れば次第に症状も回復します。

鼻水と一緒に出てきてくれます。しかし慢性の副鼻腔炎になると蓄膿症とも言われるものになり、どんどんたまることがあります。薬などで治療することもありますが、実際に出さないと治らないこともあります。副鼻腔炎の治療についてはすぐに出来る場合もあれば治療に時間がかかることもあるので医師と相談しながら進めていく必要がります。

これが原因の頭痛の場合には副鼻腔炎があるかぎりには頭痛もありますから日常的に頭痛が発生している状態の場合もあります。簡単に治る副鼻腔炎であればそのまま治療を続け、時間がかかるようであれば治療方法を考えながら対応していく必要があります。自己判断で簡単に治すことができるタイプの病気ではありません。

2-0231-0021

解消法 うつ伏せで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

便秘とは排便の回数が少なく、あってもすっきりしない・何となく残っているという症状を言います。しかし排便の回数は人によって...

2-0346-0326

解消法 頭痛が続くのを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

普段の生活でも健康管理には注意を怠れないものですが、大体は何らかの体の異常が起こってから、動き出すもので、健康管理でも同...

2-0263-0100

解消法 マッサージで首こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

長時間デスクワークなどで同じ姿勢をしている時や、普段の何気ない時、首に痛みを感じた事はありませんか。肩全体が重く感じてし...

2-0119-0322

解消法 冬に目が乾燥を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

夏といいますと梅雨を始めとしてある程度の湿気があります。台風の時などもかなりジメジメすることがあり蒸し暑さを感じます。そ...

2-0437-0075

髪を抜く癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

誰でも必ず一つや二つは癖を持っているものです。「髪を抜く」という行為も行き過ぎなければ、その癖の一つに過ぎないのでさほど...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹...

0033-0136

解消法 下腹の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

下腹の太り、男性と女性では違いがあります。男性は、リンゴ腹と言われる形態になる傾向で、胃の下からお臍を含めながら丸くお腹...

2-0351-0333

解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なも...

2-0192-0189

解消法 黒ずみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

昔の子供といえば外を駆けずり回って遊んでいたといわれています。今の子供はどうかですが、いろいろな事情があってなかなか遊べ...

2-0006-0045

解消法 グッズで運動不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

起きていると寝ている時があります。寝ているときはベッドなどに横たわっていて記憶は何もない状態です。多くの場合はベッドに横...

pixta_13441691_S

解消法 お菓子で便秘...

食事をしたらそれは栄養分として吸収されていきます。そして...

2-0380-0409

解消法 離乳食で便秘...

可愛い赤ちゃんはいつも元気いっぱいです。そんな赤ちゃんが...