ゴルフアイアンのダブリを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

ゴルフアイアンのダブリを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

ゴルフアイアンのダブリとはボールの手前で地面を打ってしまうことです。初心者の方、上達途上の方なら一度は悩まされたことがあるでしょう。地面を打ってしまうので、地面を打った際にスイングスピードが減速し、ボールに当たったとしても、ボールへ伝わるエネルギーが少なくなって…

ゴルフアイアンのダブリとは

ゴルフアイアンダブリとはボールの手前で地面を打ってしまうことです。初心者の方、上達途上の方なら一度は悩まされたことがあるでしょう。地面を打ってしまうので、地面を打った際にスイングスピードが減速し、ボールに当たったとしても、ボールへ伝わるエネルギーが少なくなってしまい、大きな飛距離のロスが起こってしまいます。

また、地面を打った際にスイングの軌道が変化してしまうために、ボールへのクリーンヒットが難しくなり、トップしたりもします。例えば地形的な問題で、右打ちの方が左足下がりだったりした場合にはボールの後方が前方より高くなっているので、初心者の方はこの地形に対応できず、ダフッたりすることはよくあります。

また、スイングが原因でダフリが起こることもよくあります。ダフるということは、バックスイングの軌道よりも、下方向にスイング軌道が落ちているということなので、何らかの原因で体が前方に突っ込んでしまったり、手首の位置が下方向に落ちてしまったりしているのです。

また、ひざの曲げ伸ばしが大きい方にもダフりが起こりやすいです。これは体が上下動するということなので、クラブがボールにヒットするタイミンングあたりでひざが曲がってしまい、体が下方向に沈むと、スイング軌道も下方向に落ちてしまい、ダフります。いずれにせよ、このダフりぐせを解消しなければいいスコアは見込めません。その解消のため、ここではダフリの原因やそれの解消法を解説します。

ゴルフアイアンのダブリの特徴(症状)や原因

まずダフるスイングの1つの特徴として、クラブのリリースのタイミングが早いことが挙げられます。つまり、ボールにヒットするだいぶ手前の段階で手首を返してしまい、そのせいで早く地面の高さに到達してしまうのです。このように手首が早く返ってしまう人のスイングでは右腕(右打ちの場合)が伸びてしまっている場合があります。

右腕が伸びてしまうと、手首までの制御が困難となり、手首が返ってしまいます。また、ダフる人のスイングの特徴として、アウトサイドインのスイングをするということです。アウトサイドインとは、文字通り、トップの位置から振り下ろす際には平均的なスイングより外側の軌道を通り、その後内側の軌道に戻ってくるという軌道を描くスイングです。

こういうスイングをする人の軌道を体の正面から見ると、トップの位置からフォロースルーにかけてVの字の軌道を描きます。一方、インサイドアウトのスイングをする人の軌道を同様に体の正面から見てみると、Uの字の軌道を描きます。Uの字を描くということは、ボールのインパクトゾーンが広くなります。

一方、Vの字になると、インパクトゾーンは狭くなり、一点でボールをとらえる必要が出てきます。こうなるとミスが多くなりやすいので、ひざや手先で調整しようとして、ダフりやトップを繰り返すのです。もう1つ、地形的な適応能力の低さが挙げられます。前述の通り、右足上がり(右打ちの場合)だったりすると地面を叩きやすくなります。

ゴルフアイアンのダブリの対策

手首の返りを遅らせるためには、前述の通り、右腕が伸びきってしまわないようにスイング矯正することです。まずはクラブを右手で持って、右ひじを曲げ、トップより少し低い位置に置きます。その右ひじを左手で持ち、左手で右ひじを左方向へ引っ張っていきます。すると右ひじが曲がったまま、ダウンスイングがとれるようになり、インパクト付近に達しても手首が返らず、タメの効いたスイング動作ができるようになっています。

これをしっかり反復練習して、この動きを体に染み込ませるようにしましょう。またアウトサイドインのスイングの矯正法に関してですが、まず練習の際にゴルフボールを自分が打ちたい位置の右寄りに置いてみて下さい。

それで慣れるまでそれをずっと打ち続けて下さい。そして、それに慣れて来たら9番アイアンでボールを体の中央よりボール2個分右側に置き、打ちます。この時、アドレスではグリップを右太ももの内側の正面に置くようにします。また、ダウンスイングの際には右手のひらを早めに地面方向に向けるイメージで振ってみてください。

これできれいなドローボールが打てるようになるまで反復練習します。いくら打ってもドローボールが打てない場合にはグリップを変える必要があります。これに慣れて来たらインサイドアウトのスイングができてきている証拠です。そうしたらボールを中央方向に戻していき、インサイドアウトからインサイドインの打ち方に直していきましょう。

ゴルフアイアンのダブリの解消方法

ただゴルフ場でのラウンド中に大きくスイングを変更することは逆効果です。そこでゴルフ場でダフりを応急処置で解消する方法を解説します。まずはいつも構えている位置よりもボールが少し右寄り(右打ちの場合)に来るように構えます。そして、スタンスは左足を少し背中側に引くような形、つまりオープンスタンス気味に構えます。

こうすることにより、ダウンスイング時に手首が返ってしまう前にボールにヒットするようになり、手首の返りが早くなることによって起こるダフりを解消することができます。また重心の位置をスイングが始まってから終わるまでなるべく左足に置いておくことも1つの対処法です。

こうすることにより、重心移動の際に起こる上下運動を抑える効果があり、重心が下方向に落ちることで起こるダフりに効果を発揮します。頭を一定の位置に保つことを意識するのも重要です。ダフる時には、頭の位置が下がってしまったり、右方向に移動してしまったりすることがあります。ダフりやすい人は調子が悪くなった時にこれをチェックポイントとするのもいいかもしれません。

そして重心の位置がつま先になりやすい方もダフりやすいです。重心がつま先だと体の前方に体重が自由に動きやすくなります。それによりダウンスイングに入った時、上半身が前方にスライドしてしまい、ボールとの距離が近くなりダフることとなります。ですから、ダフる時はなるべくかかと重心を心がけましょう。

ゴルフアイアンのダブリ解消のまとめ(未然に防ぐ方法など)

これらをまとめると、ゴルフによるダフりの原因には、クラブのリリースのタイミングが早く手首が早いタイミングで返ってしまうこと、アウトサイドインのスイングをしているためにスイングがVの字軌道となり、インパクト範囲が狭くなってしまい、ミスが多くなってしまい、ひざや手先でスイングの上下を調整してしまおうとすること、ゴルフ場の地形に対応できない、などが挙げられます。

練習場においては手首の返りを遅らせるために右ひじを曲げたタメを作れるスイングに矯正すること、インサイドアウト、もしくはインサイドインのスイングに矯正することがダフりの解消には有効です。しかしこのようなスイングの矯正はゴルフ場ではできません。

ゴルフ場においては、ボールの位置がいつもより右側に来るように構え、左足を背中側に引いたオープンスタンスの構えにすること、上下運動の原因となる重心移動を減らすために最初から重心を左足側にかけておき、左足重心のままバックスイングからフォロースルーまでの一連の動作を行うことが有効でしょう。

また簡単なチェックポイントとして頭の位置を動かさず一定の位置に保てているか、またつま先体重ではなく重心がややかかとよりにあるかなどがあり、これらをチェックして意識するだけでも修正効果があります。何よりゴルフはメンタルのスポーツとも言われています。ラウンド中には疲労も出て、最初から最後まで同じパフォーマンスをするのは難しいことです。しかしこのように対処法を知っているだけでもミスした時のメンタル的な余裕が生まれます。ぜひ参考にしてみてください。

2-0325-0255

解消法 新生児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

新生児の便秘と聞いて、驚く人もいるのでは無いでしょうか。実際に小さい赤ちゃんでも、なかなかうんちが出なくて、困るときもあ...

2-0405-0041

おなかの張りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

おなかの張りとは、その呼び名のとおり、おなかが妙に張っているような感覚を感じる症状です。例えば妊婦さんであれば、妊娠中に...

Back pain - Athletic woman rubbing her back

筋肉痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

朝起きたら身体が痛い、重く感じるという経験を持つ方はたくさんいます。これは筋肉の疲労が原因となっている場合が多く、放って...

2-0496-0098

収集癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

物を集めるのがやめられない収集癖をもっている人がいます。コレクションの対象は人それぞれで、お金が全くかからないようなもの...

2-0153-0401

解消法 目の疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

スマートフォンやパソコン等の普及にともなって、目の疲れを感じることが非常に多くなってきています。自分ではあまり意識してい...

colorful manicure

爪を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

爪を噛む癖というのは、いつの間にか無意識に、自分の爪を噛んでしまうのがクセのなっている状態です。子供の頃であれば、爪を噛...

2-0056-0203

解消法 子供の鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

小学校低学年までの子供は風邪をひくと、鼻づまりを起こすことがよくあります。子どもの鼻づまりとは、日常茶飯事の症状で、昔は...

Alluring female lips

唇をなめる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

口元は人間の顔のパーツのでも、よく目に付く部分です。人との会話では、常に口元は動いていますし、話を聞いている時にも、人の...

Closeup portrait of a smart young businessman smiling and his co

解消法 休みボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏休みや冬休み、お正月やゴールデンウィークなど長期のお休みが入ると、どうしても休みボケになります。特に海外旅行に行った時...

2-0175-0034

解消法 お茶で即効に便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

病気と言われるときには慢性と急性と言われることがあります。病気ではなくてもちょっとした症状として言われる場合には慢性と一...

barking dog

吠え癖を解消する対処...

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近...

2-0470-0019

リソース不足を解消す...

リソース不足とは、コンピュータのOSが利用しているメモリ...