解消法 睡眠不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 睡眠不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

社会に高齢者が増えるに従い、寝床へ入ってから朝までに何回もトイレに起きなければならない夜間多尿により睡眠を妨げられて困る人が増えてくることは避けられないようです。従って今後益々、我が国では就寝後のトイレに起こされる人が全国で増えていくわけです。もちろん、高齢者以外の…

睡眠不足とは

社会に高齢者が増えるに従い、寝床へ入ってから朝までに何回もトイレに起きなければならない夜間多尿により睡眠を妨げられて困る人が増えてくることは避けられないようです。従って今後益々、我が国では就寝後のトイレに起こされる人が全国で増えていくわけです。

もちろん、高齢者以外の人でも寝る前に水分をたくさん取れば就寝後、朝になる前にトイレに行きたくなって起きることがありますが、平常時であれば朝まで起きないで済むので悩まされることはないわけです。但し、中には若くても夜間にしばしばトイレに起きる人がおり、腎臓機能低下など、病気の発症の疑いも考えられることもあります。

夜間多尿の原因としては歳をとるに従い、男女を問わず、膀胱の尿を溜めておける容量が減少したり、あるいは、腎臓等、内臓機能の機能低下によって尿が日中の内に作られず、膀胱に尿を溜める時間帯が遅くなるため等が考えられます。このため、寝る前にトイレへ行って膀胱を空にした積りでも残尿感のあるまま寝床へ入り、朝までもたないため、ぐっすり眠れない症状が続き、睡眠不足に悩まされるようになります。

夕食の場合、消化するのに時間のかかりやすい高齢者では食べ物に含まれる水分が多いですから尿の作られる時間帯が夜間になりやすいです。こうして、夜間に睡眠を十分に取れない日々が続く結果、日中に眠気を催すことが多くなり、日常生活や買い物等の外出に影響を与えてしまったり、睡眠不足から夜間多尿に至るケースも多いようです。夜間多尿が続くと、眠りが浅くなり、食欲不振や体調不良につながってしまうことも珍しくありません。

睡眠不足の特徴(症状)や原因

歳の若い時には膀胱の容量が大きく膨らむので腎臓機能等が健康であれば膀胱は大きく膨らむことができて容量が大きくなり、尿を十分に溜めることができます。こうして満杯状態になってトイレで排尿すると膀胱平滑筋が十分に機能して膀胱を空の状態にしてくれます。従って、就寝後、膀胱に尿が溜まりだしても満杯状態になり、目を覚ますまでに時間が十分あるので、その間に睡眠をむさぼることができます。

ところが、年齢を重ねるに従い、膀胱機能や腎臓等の内臓機能が徐々に低下してきます。すると、平常時でも膀胱が収縮気味となって尿を溜めこむ容量が少なくなり、更に、腎臓機能が低下すると尿を作る時間が遅れてくるので、夕食時の飲食で取った水分が膀胱に溜まる時間が遅れ気味になります。

従って、就寝前にトイレで膀胱を空にした積りでも膀胱平滑筋の機能が低下していて若い時代のように排尿しきれなくなり、膀胱に一部が残ったまま寝床に入っているわけです。このため、寝床に入っても就寝した頃から膀胱に尿が溜まりだして排尿したいと気付くまでに長時間待てず、眠りについても熟睡する前にトイレに行きたくなり、夜間多尿の原因となります。

このように浅い眠りとトイレへ行く回数の増加を毎日繰り返していけば熟睡して体力を回復することもできなくなって睡眠不足が起こり、昼夜関係なくぼーっとした状態になってしまいます。この状態がひどくなれば昼夜を分かたず睡魔に襲われて、寝たり起きたりする中途半端な生活に陥ってしまう症状が表れてしまうこともあるでしょう。

睡眠不足の対策

夜間多尿対策を考える前に、夜間にトイレへ行く回数が増える現象は高齢化と共にある程度は誰にでも起こる現象なので、完全な対策があるわけでないことと割り切る方が良いようです。そうすれば楽な気持ちで眠りにつくことができるので、頻尿軽減につながるはずです。

その気持ちを持ったうえで、寝る前の水分摂取量を減らすことが夜間多尿対策として第一に必要なことですが、食生活のなかでは水分摂取や果物を食べる時間を早めにすること及び、食べ物にも水分含有量が多いので、夕食時間を早めにする見直しが必要です。更に、コーヒーやお茶には利尿作用があるので、就寝前には飲まないことです。

次に、生活習慣を規則正しく続けるために起床時間を一定にすることをスタート台として、昼間の時間帯には買い物や外出で動き回り、運動したり、日光を浴びることを心がけることです。また、夕方から夕食後の時間帯に散歩や軽いジョッギングを続けることで毎日の生活全体に規則正しさを持つことが夜の睡眠を熟睡型にするのに有効な対策になります。

冷え性気味の人は寝る前の入浴と寝室の室温を高めにしておくことも睡眠対策の一つです。次の対策として漢方薬や健康食品で体の冷えを抑えることで睡眠中にトイレへ行く回数を減らせることも知られていますが、販売されている数多くの商品のうち、どの商品がどのくらい効果を示すかに関しては個人差があり、一概には言えないそうです。その他に、ストレスやイライラが募ると神経の緊張感につながり、睡眠不足になるので、夜間多尿の人は就寝時には楽な気持ちで就寝し、睡眠不足を減らすべきです。

睡眠不足の解消方法

高齢化するに従って腎臓や心臓機能の低下が伴ってくると、多くの高齢者には夜間頻尿が起こりやすいといわれています。従って、歳の若い時代には就寝したら朝、起きるまで目を覚ますことのなかった人でも1年間くらいのスパンで夜中に起きる回数を数えてみると高齢になるに従い、就寝中にトイレへ行きたくなる日数が徐々に増えてくることが把握できます。

このような状態はやむを得ないことと割り切っておくだけでなく、夜間頻尿で悩まされなくてもその寸前になっている人が多いことを知っておきたいです。その上で、日常生活では規則正しい生活を送りながら、昼間には買い物や外出で体を動かしたり、日光を良く浴びること及び夕食前に散歩や軽いジョッギングを励行することが夜間頻尿を解消する第一の対策となります。

次いで、夕食時には水分摂取を減らすこと及び、食べ物にも水分含有量が多いので夕食時間を遅くしないことが夜間頻尿解消法の一つです。また、別の解消法として漢方薬や健康食品が挙げられますが、効果は個人差が大きいので、医師や薬剤師等、専門家に相談して処置した方が良いようです。

その他に、夜間頻尿が続くと睡眠不足になり、日常生活を満足に送れなくなって精神的に不安定化しがちですから、ひどい状態であれば専門家に相談して睡眠薬の処方等を頼むことも解消法と考えられます。従って、できるだけ時間に追われるような作業を避けたり、イライラしたり、ストレスのかかることをせずにのんびりと生活することも睡眠不足を緩和する対策の一つになります。

睡眠不足のまとめ(未然に防ぐ方法など)

殆どの人は歳の若い時には規則正しい生活を無視して、暴飲暴食したり、バランスの取れた食事をとらずに乱れた食生活を続けていても熟睡し、夜中にトイレに起きることが時々あっても日中に時々睡魔に襲われる程度の睡眠不足で多忙な日常生活を送っています。

ところが、中高年となり、健康状態が徐々に衰えてきて定期健診受診結果などで何かのきっかけがあって夜中にトイレに起きる回数の増えていることに気づいたりします。このような段階は腎臓や心臓など、内臓機能の低下が始まっている人であれば夜間頻尿の一歩手前の症状になっていることが考えられます。

そこで、就寝前に水分摂取を減らしたり、夕食でも水分の多い食べ物を減らしても夜間にトイレに起きる回数が減らないようであれば夜間頻尿を疑うことになります。夜間頻尿がひどくなれば睡眠不足が必ず起こり、日中でも連日、睡魔に襲われる回数が増えてくることで状態の悪化が分かってきます。

従って、昼夜の区別のつかない生活になっては困るので、日常生活では時間的に規則正しい生活と日中に良く動き回ったり、外出して昼間の疲れで夜には熟睡しやすい体にすることと夕方以降にはコーヒーやお茶等、利尿作用のある水分摂取を控えめにすること及び、イライラしたりストレスのかかる生活は熟睡の妨げになりやすいので避けること等の対策をとって暮らすことが必要です。

しかしながら、高齢になるにつれて内臓機能の低下がある程度避けられないので、夜間頻尿を克服することは難しいようです。夜間頻尿と睡眠不足の緩和策として漢方薬や健康食品を試してみることも解消法の一つですが、効果については個人差があるので、医師や薬剤師等の専門家に相談する方が良いでしょう。

Closeup mid section of a fit woman with stomach pain against tree in green field

便が硬いを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

便が硬いと、長時間踏ん張る必要がありますし、痛みもあるので、毎回出すのに苦労することになります。あまりにも踏ん張りすぎる...

2-0089-0264

解消法 生理前の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

生理前に頭痛を感じた事はありませんか。頭痛持ちの人はいつもの事と思ってしまうかもしれませんが、生理前に頭が痛くなってしま...

2-0284-0140

解消法 夏のだるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

一年の中で最も熱い季節”夏”。この夏に体調の変化やだるさを感じてしまう人も多くいるのではないでしょうか。夏のだるさといえ...

2-0252-0074

解消法 ツボで肩凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

仕事をしている時に、なんとなく無意識の内に肩に手をやってしまっているという人も多いのではないでしょうか。そんな肩凝りには...

Mature Businesswoman in office .

解消法 更年期の眠いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

更年期とは男女ともにある時期で、45歳から55歳位の時期を指します。この時期は男女ともに性ホルモンの分泌が変化し、ホルモ...

2-0351-0333

解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なも...

Grimacing Woman Suffering a Painful Headache.

解消法 こめかみからの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特...

体においては一応はそれぞれ正しい位置、正常な位置があります。その位置にあれば見た目も整っています。しかし間違った姿勢を取...

Closeup portrait of a smart young businessman smiling and his co

解消法 休みボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏休みや冬休み、お正月やゴールデンウィークなど長期のお休みが入ると、どうしても休みボケになります。特に海外旅行に行った時...

2-0229-0015

解消法 イチゴ鼻を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

鼻の毛穴の部分に脂分、古くなった角質などが溜まっていて黒ずみが出てくる症状をイチゴ鼻と呼ばれています。黒ずみが出てきてい...

Asian baby boy bite toy

幼児の噛み癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の噛み癖とは、おもちゃやタオル、人形などの身の回りにある物や、親の指や肩、そして遊んでいる最中にお友達の手や腕などを...

2-0451-0078

肉離れの癖を解消する...

肉離れに限らず、捻挫やアキレス腱炎などは怪我の中でも癖に...

2-0045-0179

解消法 午後の眠気を...

1日のうちで眠たい時刻としてはまずは起きた時があります。...