解消法 女性の体脂肪率を減らす為の悩みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 女性の体脂肪率を減らす為の悩みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

ダイエットをするときには体重を減らすように気にすることがあります。体重計やヘルスメーターであれば体重を測定することができるのでそれが増えたか減ったかでチェックをすることができます。体重に関しては比較的簡単に落とすことができることがわかりますが本当にそれで…

女性の体脂肪率とは

ダイエットをするときには体重を減らすように気にすることがあります。体重計やヘルスメーターであれば体重を測定することができるのでそれが増えたか減ったかでチェックをすることができます。体重に関しては比較的簡単に落とすことができることがわかりますが本当にそれでダイエットができているかです。実際には体の水分などが抜けただけでダイエットにはなっていないと言われます。

実際においては体脂肪を減少させないとダイエットしたとは言えないとされます。ダイエットといえば女性が行うことが多くなります。女性の体脂肪率を測定してそれを減らすようにするのがダイエットといえるでしょう。体脂肪率の計算方法としては、自分自身の体重の中で脂肪の重さを測りその割合で計算されます。

40キロの体重の人で8キロの脂肪があれば20パーセントになります。脂肪の重さでなく体脂肪率でダイエットを見るのは、脂肪自体は不要なものではないからです。一定量は必要とされます。特に女性の場合は母体保護として元々脂肪がつきやすくなっています。子供を生むため、育てるためには必要とされています。

ただしそれが多すぎる状態になると問題になるとされています。体脂肪そのものだと体重が40キロの8キロと50キロの8キロとなり、割合としては50キロの人のほうが少なくなります。多すぎる場合には割合のほうが問題になってきます。体重のように重さでチェックするのではなく率絵チェックをします。

女性の体脂肪率の特徴(症状)や原因

女性の体脂肪率の特徴としては、男性よりも適正値は高めになっています。男性の場合は場合によっては0パーセントに近くても問題はないのでしょう。スポーツ選手だと5パーセントやそれ以下の人もいます。標準としては15パーセントから20パーセント程度とされます。女性の場合は5パーセントとなると少し問題が出てきます。10パーセントでも少なすぎる数値です。

標準としは20パーセントから25パーセント程度で、30パーセントを超えてくると多いとされます。体脂肪率が高くなってきた時の症状としては、見た目に丸みを帯びてきます。ぽっちゃり体型と言われるようになります。男性は内臓に脂肪がつくことがあり、隠れ肥満になることがありますが、女性の場合は皮下脂肪が多くなります。

そのために体脂肪率が高くなると表面にすぐ現れやすくなります。少しぽっちゃりしてきたと言われれば体脂肪率が増えていることがあります。適正範囲内であれば特に病気などの問題はないでしょうが、30パーセントを超えるようになると太っていることによって動きづらくなったり、血液中に脂肪分が出る高脂血の問題などが出てきます。

それらが原因で生活習慣病になることがあります。原因としては食事が多くなったり、運動を余りしなかったりがありますが、男性との違いとしては出産があります。出産時には子供のためにと食事をします。そのためにその時に一気に上がります。子育てで忙しいとそのままキープされます。

女性の体脂肪率の対策

女性の体脂肪率を適正範囲にする対策としてはまずは自分自身の体脂肪率を知ることです。そして適正値に対してどの辺りにあるかを知ることです。適正値にあるのであれば今の生活を維持するように心がけます。今は体脂肪計、体組成計と呼ばれる器具があります。体重計の進化系の家電製品で、体重を測るときに同時に体脂肪率も表示してくれます。

こちらに関しては体脂肪について性格に測っているわけではありません。体に微量の電流を流し、電流の流れ方で平均的な値から割り出す方式になります。そのために体調であったり水分の摂取、お風呂に入った後、起きてすぐなどに測定するとかなりバラバラの数値が表示されます。毎日同じ時間や同じ状態で測定するようにすると毎日の変化を知ることができます。

それをキープするようにすることで適正値を維持することができるでしょう。もし適正値を超えてくるようなことがあれば、何らかの生活習慣が原因ですからそれを見つけて改善するようにします。食事の量が少し多くなった、運動をする、体を動かす量が少し減るなどがあります。体重にも関連することなので、季節による変動がある値になります。

夏場は汗をかきますし体脂肪も減ることが多いですが、冬場は寒さに備えるために体脂肪を蓄えることがあります。冬に夏の値を無理してキープしないようにします。夏は20パーセント前後、冬は25パーセントを超えるぐらいでも問題ありません。30にならないようにします。

女性の体脂肪率の解消方法

女性脳体脂肪率で適正範囲を超えてしまっている時の解消方法としては、まずは体脂肪率を測定する器具を購入して毎日測定します。そして体重と一緒に記録をしたりグラフを書いたりします。レコーディングダイエットと言われる方法で、毎日記録をするだけで適正値にすることが出来る方法です。女性で体脂肪率が35パーセントとすれば少し多めの状態です。

それを記録して34、33と下がってくれば何らかの効果が出ていることがわかります。このときには自然に食事を減らしたり、運動をしたりしています。もっと続ければ32や31と減らすことができると続けますから効果が出てきます。ただ食事を制限したり運動をしてもその効果がわからないと継続するのが難しくなります。

レコーディングダイエットは実際には記録するだけで体脂肪率が下がっているわけではなく何らかの行動をしています。食事制限、運動などです。そちらを効果的に行うことでより適正値にしやすくすることができます。食事に関しては総カロリーや炭水化物、脂質の量のコントロールをします。注意としてはタンパク質はあまり減らさないことです。

これらを減らすと筋肉量が減って効果が下がる可能性があります。脂肪に変わりやすい炭水化物や脂肪を減らすようにして、脂肪に変えようにします。全く抜く方法がありますがそれもよくありません。栄養分はそれなりに必要ですから、少しは取るようにします。負担にならない程度でとる必要があります。

女性の体脂肪率のまとめ(未然に防ぐ方法など)

女性の体脂肪率を高くしないために未然に防ぐ方法としては、なんといっても自分の体脂肪率を知ることにつきます。自宅のヘルスメーターが体重しか測れないタイプならば体脂肪率を測ることができるものに変えます。今はほとんどがそのタイプかもしれません。高機能なものもありますが、最も安いものでも十分です。それで知ることで増えているか、適正か、減りすぎていないかを知ることができます。

出産のときにはどうするかですが、子供のことを考えるなら一時的には忘れることも必要でしょう。あまり考えすぎると食事の偏りが出てしまう場合があります。体脂肪率が高くなったから食事を抜く、無理な運動をするなどすると子供に影響を与えます。医師などに相談して体脂肪率をどれくらいまでにキープすればいいか聞いておきます。

そして出産後にダイエットをするなどして調節するようにします。食事が好き、甘いモノが好きのような人はどうすればいいかです。女性は甘いモノが好きな人が多いです。もし制限をして全く食べなくなればそれがストレスになって別の所に反動が出てしまうことがあります。そのようにならないように適度に食べるようにします。

ケーキが好きな人はケーキを食べないようにするのではなく量を減らします。毎日複数食べていたなら1つにしたり毎日食べていた人は2日に1つ、1週間に3つなどにするようにします。ケーキを食べたあとは必ず1時間ウォーキングをして消費するなどでも未然に防ぐことができます。

2-0009-0050

解消法 グッズで足むくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

仕事柄一日中立ち続けている人や、デスクワークでほぼ椅子に腰掛けたままで仕事を行う人などにとりまして、足むくみは悩みの種に...

s

解消法 体操で便秘を解消する対処方法

便秘と一言で申しましても、人それぞれ定義が異なりますので、はっきりとこういった症状が出たら便秘だとは言い切れません。です...

2-0174-0022

解消法 エステでクマを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

体においては皮膚で覆われています。肌の色に関しては以前は肌色と言われていましたが現在は色鉛筆などでは肌色が少なくなってい...

SONY DSC

おなかぽっちゃりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男女は関係なく体のパーツで気になる部位といえば、おなかのまわりです。手足は細くても、以外にいるのは、おなかぽっちゃりのタ...

2-0040-0168

解消法 筋肉太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

筋肉太りというは、簡単に言えば、脂肪が筋肉に入り込んだときの状況です。筋肉というのは、鍛えますと太くなります。太くなった...

Stressed Asian woman

解消法 生理前のイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

生理前のイライラとは、月経が始まる1週間前ぐらいに精神的に不安定になり、他の人に対して攻撃的になったり、意味不明に悲しく...

childhood obesity

幼児肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児肥満とは標準体重よりどれくらい体重が上回っているかによって決まりますが、幼児肥満には2種類の肥満があります。一つは単...

2-0051-0192

解消法 腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

腰痛とは、その名の通り、腰が痛くなる事を指しますが、原因には様々なものがあげられます。特に女性は、男性に比べますと、全身...

2-0372-0394

解消法 眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

眠いのに今はどうしても眠ってはいけない、っていうシチュエーションは、誰もが一度は経験していることですよね。忙しい現代人に...

2-0306-0195

解消法 左の腰が痛いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

健康管理では、自分の体がどのように変化していくかということで判断しながら、対処をしていくということも大切ですが、その場合...

2-0333-0277

解消法 即効で二重顎...

鏡を見ていてなんだか最近顎周りにお肉がついたなと感じたら...

2-0245-0061

解消法 スープで便秘...

現代社会では飽食の時代という背景から、なんでも好きなもの...