解消法 秋バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 秋バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏バテを知っている方はいっぱいいますが、秋バテという症状も実在しています。秋バテは夏の終わりから秋の初めにかけて気温の差が激しい日が何日も続いた結果、神経系のバランスが崩れて調子を悪くさせるという症状を指しますが、基本的に食欲がなくなるなどの症状がメインなので…

秋バテとは

夏バテを知っている方はいっぱいいますが、秋バテという症状も実在しています。秋バテは夏の終わりから秋の初めにかけて気温の差が激しい日が何日も続いた結果、神経系のバランスが崩れて調子を悪くさせるという症状を指しますが、基本的に食欲がなくなるなどの症状がメインなので、夏バテの症状と酷似しています。

こういった症状以外にも消化不良を起こしたり、頭痛を起こしたりするという症状が出てくるという事実も報告されていて、夏に夏バテを起こさなかった者はとりわけ気を付けておかなければならないとされています。またこういう症状には前兆が実在していて、例として言われているのは、倦怠感に襲われたり、めまいを起こしたり、睡眠をとれていないために朝起きるのがつらく感じたりするといった前兆であり、こういった前兆が起こっている場合は秋バテの疑いが高いです。

なお、とある機関が行なったアンケート調査では夏より秋のほうがそういった症状になりやすいという結果が明確になっていて、とりわけ肩こり、疲れやすいといった症状を抱えている回答が目立っているとされています。

また、今では秋のシーズンになっても気温が高い日が続いているので、夏と変わらない生活スタイルを送っている者も少なくなく、アイスクリームなどの氷菓子を食べたり、冷たいジュースを飲んだりする機会がいっぱいあるので、そうした生活スタイルを送ったがために胃の調子が悪くなるという事態も少なくないです。

秋バテの特徴(症状)や原因

原因は既述したような、夏と変わらない、冷たいアイスクリームとジュースなど口にする生活スタイル、寒暖の差が激しい日が続くという現象以外にも、過度の量を食べたり、気圧の変化が繰り返されたり、疲れを抱えたまま秋へとシーズンが変わったりするという現象も秋バテをもたらす要因になっています。

冷たい食事を頻りに摂取するのは胃の温度を下げる要因になっていて、胃の温度が下がると胃液の消化作用が鈍くなるので消化しにくくなります。また過度の量を食べるというのは胃に負担をかけさせる行為です。アイスクリームを食べたり、冷たいジュースを食べたりするというのも胃に負担をかけさせる行為であるのに、さらに食べ過ぎると消化が間に合わなくなり、消化不良を起こしたり、下痢が出たりします。

とりわけ蛋白質、脂肪が豊富にある料理を食べた場合に過度の量の胃液を出すので、結果として胃が凭れたり、胸はむかむかしたりする症状が出やすくなるので、気を付けておいたほうがベターです。気圧の変化の場合、暑い日が続く場合は高気圧で覆われているのですが、秋になって涼しくなると低気圧が次第に覆うようになり、酸素の濃度も薄くなった結果、神経系統のバランスが崩れて不調になります。

また気圧だけではなく、気温の急激な変化も神経系統のバランスを崩す要因になります。夏はクーラーをかけて室内の温度を下げて、外気温との差を大きくさせているきらいがあり、そういう行為が引き起こしやすくさせています。

秋バテの対策

秋バテも放置しておくと重大な疾患になる場合が高いので、そうならないよう対策を講じておくのが大切になります。秋バテにならないようにする手段としては、お風呂の温度を40度前後にしてお湯に浸かるという部分、スポーツを適度に行うという部分、栄養バランスが取れた食事を摂るという手段が列挙されています、40度前後の湯に浸かれば、全身を温め、血のめぐりを良好にしてくれます。

またリラックスをさせる作用を持っているので全身の疲れを癒す上でも有効な手段です。ただ、お風呂の温度を上げすぎると血圧が急に上がって逆効果になるので、40度前後にするのがベストです。スポーツに関して、行なうスポーツで最適なスポーツといえばウォーキングです。

ウォーキングでも少しシビアだと感じられるウォーキングがベターだとされていて、そういうスポーツを行なえば神経の作用を良好にしてくれます。食事のメニューも栄養バランスが取れている食事にする以外にも、暑いからといって冷たいメニューばかりではなく温かいスープを飲むというのも大切です。

お酒を飲む場合は冷やしたお酒ではなく、常温のお酒を飲みます。以上の手段以外にも、睡眠をとる場合には若干重ね着をして寝たり、掃除と洗濯といった家事を全くしないという日を設けて休みをとったりするというのも秋バテにならなくさせる手段として列挙されています。シーズンの節目こそ、休息をきちんと取るという行為が大切な行為です。

秋バテの解消方法

秋に倦怠感に襲われたり、消化不良などを起こしたりした場合は、次の手段を講じるのがベターな手段です。メインとしてはお茶またはコーヒーを飲むという手段、睡眠をとるという手段、秋バテに効果的な食材を使ったメニューを食べるという手段が列挙されています。お茶またはコーヒーを飲むと神経の作用が活発になり、倦怠感を抑えてくれます。

しかし、飲み方には少し気を付けておかなければならず、冷たいタイプではなく温かいタイプの飲料で飲んだり、おなかがすいている場合に飲むのは避けたりするように工夫はしておきます。睡眠に関しては既述した重ね着を行なうという以外に下半身を温めるために、靴下、長ズボンをはくというのも有効です。

とりわけ、下半身が冷えやすい部分だとされているので、そういう部分を優先的に温めるのが秋バテにならなくさせる第一歩です。食事を作る際に秋バテに有効な食材を加えておけば、早く治ります。勧められる食材はショウガ、キウイフルーツだとされています。ショウガは全身の温度を上昇させる作用を持っていて、全身の冷えを抑えるにはうってつけの食材です。

ショウガを使ったメニューは豚肉のショウガ焼き、はちみつまたは紅茶にショウガを入れたメニューなどとバリエーションに富んでいます。キウイフルーツはビタミンCがあるのみならず、胃液による消化を促進させる効能を持っているので豚肉ショウガ焼きと一緒に食べれば効果が大きくなります。

秋バテのまとめ(未然に防ぐ方法など)

秋バテになる要因は、上記で述べたように冷たい飲料、食事のメニューを摂りすぎたり、室内の気温と室外の気温の差が大きすぎたり、生活リズムが乱れるような生活スタイルを送っていたりするのが要因です。なので、夏が暑いからといって冷たいジュースおよびアイスクリームばかり食べたり、スポーツをしないでダラダラしたりするのではなく、暖かいスープ、ショウガを使った料理などを食べ、適度にスポーツを行うのが大切です。

また、室内の気温と室外の気温の差が大きいのは、クーラーなどの冷房機器を利用する際に低い温度設定にしているのが主な要因です。夏の場合、猛暑日が続くので、冷房を利用する場合に低い温度設定にしがちですが、そうすると秋バテを起こす要因になるので、冷房を利用する場合には外の気温に可能な限り近くさせるような高い温度設定にするのがベストです。

夏になると、夜になっても俗に言われる熱帯夜のために気温が高い気候が続きますが、シャワーだけでお風呂を済ませたり、布団をかけないで睡眠をとったりするのは全身を冷やす要因になり、倦怠感などの症状を引き起こす要因になりますし、クーラーを付けながら寝るというのもなりやすくさせますので、寝る前にきちんと全身を温めて、冷えないうちに早めに寝ます。

不調な者がなりやすいとされている夏バテとは違う部分は、丈夫な者でも秋バテはかかりやすいという部分です。ただ、生活スタイルをきちんとすればかかりにくくなります。

2-0130-0342

解消法 妊娠中の胃の圧迫感を解消する対処方法や対策・原因・特...

妊娠中、お母さんの体には色々な変化が表れてきます。お腹がどんどん大きくなったり、つわりで食べ物の好みが変わってしまったり...

2-0396-0021

姻族関係を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

婚姻関係とは、法律上夫婦と認められた関係であり、戸籍法により、届出することが要件です。結婚式を挙げたり、事実上夫婦として...

m

男性の浮気癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男性の浮気癖は今に始まったものではなく、古い時代から女性を悩ませる癖のひとつです。男性は女性が好きですが、浮気を繰り返し...

2-0196-0213

解消法 手の冷えを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

寒さを感じるときとしては主に冬になるでしょう。外の気温が都市部でも10度を切るようなことがあります。これくらいになると寒...

2-0072-0237

解消法 食べ物でむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

一般的にむくみとは足の部分で見受けられることが、多くあります。これは長時間に渡り立ち続けている場合や、座り続けて同じ姿勢...

2-0344-0315

解消法 低気圧からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

気圧の変化によって気象が大きく変わることがあります。よく言われるのは低気圧は雨をもたらす、高気圧は晴れをもたらすなどです...

2-0182-0086

解消法 のどのイガイガを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夏といいますとそれなりに湿度があります。一方冬になると湿度が低くなります。湿度に関しては高くなるとジメッとしますが、低く...

2-0258-0091

解消法 ひどい肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

肩が重く感じたり、肩全体に痛みを感じたりしたことはありませんか。それはもしかして肩こりのサインかもしれません。肩こりは多...

A

食べ物でイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

イライラとは自分が思い描いていたように物事が進まず、気が焦ってしまうことです。人間が何かに対して、苛ついている状況を指し...

2-0314-0219

解消法 首のこりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

首のこりを感じる時、その痛みが首自体から出ているものなのか、肩こりや頭痛から来ているものなのかの判断が、難しいこともあり...

2-0306-0195

解消法 左の腰が痛い...

健康管理では、自分の体がどのように変化していくかというこ...

Pretty blonde sleeping on couch at home in the living room

解消法 睡眠疲れを解...

睡眠は心身ともにリラックスさせるということで、健康を維持...