解消法 休みボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 休みボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏休みや冬休み、お正月やゴールデンウィークなど長期のお休みが入ると、どうしても休みボケになります。特に海外旅行に行った時などは時差の違いもあって、しばらくは正常な生活が営めないでしょう。大人も子供もこのボケ方はあり、学校や職場で少しの間不思議な空気が…

休みボケとは

夏休みや冬休み、お正月やゴールデンウィークなど長期のお休みが入ると、どうしても休みボケになります。特に海外旅行に行った時などは時差の違いもあって、しばらくは正常な生活が営めないでしょう。大人も子供もこのボケ方はあり、学校や職場で少しの間不思議な空気が生まれます。周りは普通に生活しているだけに、ボケている人はかなり浮いてしまうわけです。

あまり長くぼーっとした状態が続くと、日常生活でもさまざまな面で支障が出てしまうので、早めに解消し元に戻るのが理想です。単純に長期の休みをとっただけと、日常生活からかけ離れた休みをとった時では休みボケの長引き方が違います。

休んでいるようで休んでいない長期旅行のような場合は、家に帰ってから本格的に体や脳が休もうとするので、正確にいえば休みが休みになっていません。日本人は日常生活から離れて好きなことをしようと考える時、あえていつもいかない場所にいったり、パーティやライブイベントなどストレスのたまることを好みます。そのため、休むことができず、長期の休みが終わる間際に本当の意味で休める時間がきてしまいます。

もちろんすべての人がこのようなボケ方をするわけではありません。スポーツのしすぎで体がだるくなったり、筋肉や脳の疲労がたまりすぎて、それが日常生活に戻ってもなかなかとれないことがあります。休みにいかにしっかりと体を休めるか、ボケない工夫をするかが重要で、自分の性格がはっきりと影響します。

休みボケの特徴(症状)や原因

休み明けになるとボーっとして仕事や勉強に集中できず、失敗を繰り返すなど、休みボケにはかなり深刻な影響が伴います。特に重要なプロジェクトを任されている人や責任ある立場にいる人がぼやっとしていたら、周囲に対しての悪い印象を与えてしまうでしょう。しかし、日常的な生活パターンから離れ、自律神経がおかしくなり、副交感神経がはたらいている状態ではリラックスモードから抜けるのは難しいです。

一時的に休暇をとった場合や仕事や勉強をしないでいい状態を作った場合、この状況から抜けるのは容易ではありません。なぜなら、交感神経が活性化するまでにはかなりの反復が必要になり、強い意識が必要だからです。

とにかく集中できないとか、何をするにもけだるく億劫になってしまう休みボケは、いつもばりばりと仕事をしたり勉強に集中する人ほど起こりやすいです。これはメリハリがついていないからで、モードの切り替えがきちんとできていれば旅行などが終わり、日常生活に戻った瞬間にモードが切り替わって集中できます。

朝起きられなくなるなど、細かい所から見ていけば、自分のモードが切り替わっているかそうでないかすぐにわかります。日曜日など休日の場合はリラックスモードでいる期間がそう長くないので、モードは容易に切り替わりますが、長期の休みをとった場合は緊張モードを体が忘れてしまいます。これをあらかじめ意識しておき、休みが終わった時にあわてないように心の準備をしましょう。

休みボケの対策

品行方正できちんと生活を律している人ほど、息の抜き方を知っています。これは、羽目をはずしすぎたらもう二度と同じ日常生活に戻れなくなることを熟知しているからです。休みボケは毎週の定期的なお休みでも実は起こっており、日曜日に特定のテレビ番組を見るとさびしくなったり落ち込んだりするのはその表れです。

しかし、社会人として長く活躍するのならこれをできるだけ早く克服しなくてはなりません。休みボケの対策としてポピュラーなのは、一日休みを多くとり、その日だけは家にいてどこにもいかず、何もせずにすごすことでしょう。これならば体も妙なストレスを溜め込んだまま日常生活に戻らずに済み、社会生活に戻るのが容易です。

ただ、これもあまりにのんびりしすぎるとリラックスしすぎの状態になります。だんだんと仕事や勉強にモードを切り替えていき、いつもの状態に戻すのが肝心です。急にスイッチを切り替えようとすると、どこかしら無理が出ます。これを回避するためには、やれることからやる、無理なことは最初から手をつけないなどの工夫が必要です。

会社でも学校でも、休み明けですぐに日常的な流れが襲ってきて、そのストレスにさらされます。それを正面から受けていると、いつもならたいしたダメージはありませんが休み明けの無防備な状態だともろにダメージを受け、精神的につらくなります。これを回避するには、とにかく自分の状況を悪くせず、できることをこなすしかありません。

休みボケの解消方法

ストレスを急激に受けることで精神的に追い詰められるケースもありますが、休みボケは適度な刺激によってだんだんと解消されていきます。いつも車や電車で通う通勤路を自転車で行ったり、体を動かして交感神経を活発にしていけば、いずれ体は正常な状態を取り戻します。

一度リラックスモードに入るとなかなか元の状態に戻らないので、早めに交感神経を活性化するようエクササイズをしたりストレッチをして血行をよくするのもアリです。血糖値を少しだけあげるチョコレートなど、おやつの存在は大事です。休みボケの状態だといつもより血糖値が低く、食事を食べても目が覚めないため、おやつを食べてちょっとだけ満足感を得ましょう。

ある程度の間食なら、血糖値をあげて交感神経を活発にすることができます。食べすぎや飲みすぎなど、リラックスモードの時の食生活を続けてはいけません。具体的には旅行先でのホテルの食事などですが、これは明らかに豪華で食べすぎになります。カロリー計算をした日常生活での質素な食事に戻し、早めに慣れましょう。

寝る時間も夜10時を過ぎたら必ずベッドに入るなど、もともと日常的にやれていたことを元に戻すだけでいいです。逆にいえば、これができないといつまでもリラックスモードから抜けることができず、日常生活や仕事に支障が出てしまいます。休暇の最後の日を一日あけておくのは、この調整時間を作ることです。これをするのとしないので相当な違いが生まれます。

休みボケのまとめ(未然に防ぐ方法など)

いかに精神力を強く持っている人でも、長期的に休みをとってぼやーっと過ごしていると体がそれに慣れてしまい、緊張した毎日に戻ることができなくなります。休みボケにならないためには、休みの間でも常に日常に戻ったことを想定しておくのが大事で、食生活から睡眠時間まですべてにおいて休みモードに徹しないことです。

子供の頃は圧倒的な体力で生活バランスの崩れをカバーすることができます。また、学校での勉強などは時間さえかければなんとかなります。しかし、社会人の場合は休み明けだろうが何だろうが待ったなしです。重要なプロジェクトを抱えていたり、責任ある立場の人がぼーっとしていたのでは、周りも不安がり、上司も心配するでしょう。

そのため、社会人になったら早めにモードを切り替えられる技術を身につけておくことが肝心です。逆にいえば、これができれば休みボケを怖がる必要はなくなります。一日は24時間と決まっており、時間をどう使うかは自分の自由です。仕事をするのに必要な緊張感は短時間では戻ってきませんので、自分のペースをつかむため、休みをめいっぱい遊んでしまわずに、モード切替の余裕を持ちましょう。

普段から難しい仕事をこなしている人ほどオフの日は羽目をはずしたがるものですが、ここをあえて我慢するのも手です。ある程度日常生活を送れば、体は自然にリズムを取り戻してくるので、それまでにボケ状態をだんだんと解消できれば問題はまったくありません。

2-0216-0368

解消法 貧血からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

怪我をすると出血をすることがあります。子供の頃といいますと走り回ることがありその時にこけたりすれば膝や肘に擦り傷ができる...

massage of female body

解消法 ツボで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

便秘とは便がコンスタントに出ない状態の事を言います。良く1日に1回はでなければ便秘だと言われてしまう事がありますが、実は...

2-0314-0219

解消法 首のこりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

首のこりを感じる時、その痛みが首自体から出ているものなのか、肩こりや頭痛から来ているものなのかの判断が、難しいこともあり...

2-0046-0183

解消法 効果的なストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

生きている限り逃れられないストレスに負けてはいけないので、我々は夫々、好きな趣味やスポーツあるいはハイキングや旅行などに...

2-0228-0013

解消法 あしのむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

あしのむくみとは、簡単に言うと体の中の老廃物が足に溜まった状態のことを言います。そもそもむくみには、大きく分けて2種類あ...

2-0243-0055

解消法 コロコロウンチを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

フンは食品に実在している蛋白質、ビタミン類、脂肪分などの成分を消化器官で吸収し、食品を消化した後に発生する残り滓を指して...

2-0134-0354

解消法 肌のくすみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

肌がくすんでしまうと、肌全体が黒っぽく見えてしまい、老けた印象に見えてしまいます。くすみのないきれいな透き通った肌はとて...

G

解消法 寝るときの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特...

寝ている時に鼻づまりを感じた事はありませんか。寝ていても息苦しくなってしまって起きてしまったり、いびきをかいてしまった経...

2-0181-0081

解消法 テニスボールで首こりを解消する対処方法や対策・原因・...

体がまっすぐになっているかゆがんでいるかについて分かる人がいるでしょうかおそらく多くの人は自分がどのような状態なのか意識...

2-0124-0329

解消法 頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体の中に何らかの症状があるときは痛みとして出てくることがあります。体の中には沈黙の臓器と言われる部分もあり、かなり進行し...

2-0025-0142

解消法 夏バテを解消...

夏バテとは、夏に食欲がなくなってしまう状態や、何もやる気...

little crying boy portrait

子供のストレスを解消...

子供が日常の生活を送っていく過程のなかで、生きていくため...