解消法 夏太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 夏太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

気温が上がる夏になると一般的に食欲が落ちる傾向があります。そして何事に対してもやる気が起きなくなったり、疲労が蓄積されて体がだるくなったりしがちです。こうした夏に体がなまってくる現象を夏バテといい、夏にあまり食べていないのに体重が増えてくる現象を…

夏太りとは

気温が上がる夏になると一般的に食欲が落ちる傾向があります。そして何事に対してもやる気が起きなくなったり、疲労が蓄積されて体がだるくなったりしがちです。こうした夏に体がなまってくる現象を夏バテといい、夏にあまり食べていないのに体重が増えてくる現象を夏太りといいます。食欲がないにもかかわらず、なぜか体重が増えてくるのが夏太りの特徴です。

夏太りは7月~9月にかけて起こる夏特有の症状です。8月の猛暑や残暑になると特に起こりやすく、1ヵ月近く夏休みがある学生などは、夏休みの間にいつのまにか体重が増えていき、夏休み明けに体重計に乗ったら5キロ以上太っていたなんてこともあります。

夏に夏バテの疲労感から食欲が落ちてしまい、朝ごはんを抜いたり、少量のランチや夕食で済ませるかわりに、水やジュースなどの水分をごくごく飲んで水分補給していると、それが原因となって水太りになります。夏はクーラーが効いた屋内はいいですが、屋外にいると猛烈な暑さがあるため、それを和らげるために冷たいものばかり飲んでしまう傾向があります。

そしてそれが原因となって内蔵を冷やしてしまいます。内蔵が冷えてしまうと代謝が落ちます。そのため、カロリー消費がうまくできなくなります。また、内蔵が冷えてしまうといつも以上に体に脂肪がつきやすくなるそうです。様々なことが原因となって起こるのが夏太りです。次に夏太りの原因についてもっと詳しく記述していきます。

夏太りの特徴(症状)や原因

夏太りになる原因については、様々な要因が挙げられます。ひとつめの要因は「水分の取り過ぎ」です。猛暑に体温を下げようとのどを潤すために水分を大量に摂取すると、上記でも述べたように内蔵が冷えてきます。内蔵の冷えはさまざまな病気にも繋がっていきますが、ダイエットにも大敵です。カロリーが上手く消費できなくなり、どんどん蓄積されていくからです。

夏に高カロリーなアイスを沢山食べるのも夏太りになってしまう要因のひとつです。また、夏になると暑くて夏バテになり、体を動かしたくなくなります。それも夏太りになる要因です。それまでしていたジョギングやエクササイズをやめて、クーラーが効いた家の中でゴロゴロしていると、もともとカロリー消費がうまくできない体質になっているのに輪をかけて体重が落ちにくくなります。

つまり悪循環が起こります。夏に屋外にいると何もしていなくてもダラダラ汗をかきますが、汗をかくこととエネルギーを消費することは違います。夏は気温が高くなるので、エネルギーを放出する必要がないため、脂肪が内蔵付近にどんどん溜まっていきます。

熱を放出するエネルギーを使用しない分、夏は冬に比べて代謝の効率が悪くなります。そして体重が増えていきます。「汗をかいているのに痩せない」という現象が起こるのは、汗はあくまでも体内にたまった老廃物を排出しているだけであって、決してエネルギーを使用しているわけではないからです。

夏太りの対策

上段では夏に太りやすくなる様々な要因についてあげてきました。夏に太りやすくなる要因がしっかりわかっていれば、夏太りの予防や対策もできます。気温の上昇で体がだるくなり食欲が落ちてしまったとしても、三食しっかり食べることは基本です。これは夏に限らずオールシーズン通して大事なことです。ご飯をしっかり食べていれば、間食をする習慣が減っていきます。

夏におやつで高カロリーなアイスを食べるよりも、栄養バランスがとれたご飯を食べることで、自然と体重の現状維持や減少に繋がっていきます。また、体を適度に動かすことも大事です。体を動かすのが面倒になる夏ですが、体を動かさないことで脂肪が落ちにくくなります。

他の季節よりもエネルギー効率が悪くなり、代謝が悪くなる夏だからこそ、特に頑張ってエクササイズや運動をするべきです。特に激しく体を動かすスポーツをしなくても、腹筋運動や前屈運動などの軽いエクササイズを夜寝る前にやるだけでも違います。また、毎日散歩をしたり、ウォーキングをしたりするのも効果的です。

しかし、夏にジョギングやマラソンなどをする場合は、日射病に気を付けて水分補給をしっかりする必要があります。クーラーが効いた屋内で日中過ごしていると、ますます体がだるくなっていきます。しかし、健康的に体を動かして汗を流し、エネルギーや代謝を上げる努力をすることでご飯が美味しく食べれるようになり、自然に夏太りが解消されていきます。

夏太りの解消方法

夏に体重が増加する要因と対策については前の段で述べました。しかし、要因と対策がわかっていてもどうしても夏バテ・夏太りになってしまうこともあります。夏バテになるとやる気が落ちてきて一日中ダラダラ過ごしたり、食欲が落ちてきて朝ごはんを抜いたり、喉の渇きを潤すために水分補給に走ってしまい、エネルギー効率が悪くなり夏太りになります。

夏太りを予防するには、夏バテにならないようにすることです。夏バテはクーラーが効いた涼しいオフィスや部屋の中で過ごしているとなりがちです。クーラーの設定温度を少し下げるだけで、夏バテ対策にもなりますし、電気料金の節約にも繋がります。クーラーの設定温度は夏の場合28度が理想的と言われています。

これは政府が推進している節電対策に繋がるというベストな温度ですが、27度、26度と温度が下がることによってさらなる節電になります。そして体温と外気温との差がなくなることで、代謝がアップし、エネルギーが消費しやすくなります。つまりクーラーの温度を下げることによって夏バテ解消・そして夏太りの解消に繋がっていきます。

また、冷凍庫の中にアイスなどのカロリーの高い物を入れておかなりことです。アイスはあるとどうしても食べてしまうので、夏太りになりたくなかったら買いだめは控えることをお勧めします。また、夏は冷たい飲みものよりも熱い緑茶を一杯飲んだほうが体の渇き抑えて夏バテの予防ができるそうです。

夏太りのまとめ(未然に防ぐ方法など)

これまで夏太りの要因や対策、解決方法などをいろいろと記述してきました。夏太りは出来ればなりたくない現象です。特にダイエットをしている女性にとっては避けたい現象です。しかし、夏はダイエットをする格好のチャンスととらえることもできます。冬はクリスマスや忘年会や新年会などの飲み食いするイベントが目白押しで太りやすくなりますが、夏はそうしたイベントが少ないため痩せるチャンスと言えます。

ただし「痩せよう」「ダイエットしよう」と思うのではなく、夏バテの予防を心がけることが大切です。さきほども述べましたが、夏バテを予防することで夏太りをかなり高い確率で予防することができます。肥満になって後悔する前に、夏バテ対策をしっかりすることをお勧めします。

暑いからといってクーラーが効いた家の中に閉じこまらずに、外に出て活動をすることで健康的にダイエットができます。また、早寝早起きを心がけて生活のリズムを整えることで、朝昼夕の三食をしっかり食べられるようになります。それが習慣になると、ダイエットはもちろんですが、美容と健康にもプラスに繋がっていきます。

特に夜更かしは美容の大敵です。徹夜や睡眠不足などが続いてターンオーバーが乱れてくるとしみやたるみが助長されます。ただでさえ加齢になると体重が落ちにくくなり、ターンオーバーのサイクルが遅くなります。生活のサイクルを整えることは、夏バテや夏太りを予防するのみならず、肌のトラブルを予防することにも繋がっていきます。

2-0454-0088

怠け癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

怠け癖は身につくと厄介な癖の1つであり、癖によって生じるトラブルは様々にあります。代表的なものの1つが、何事も後回しにし...

2-0226-0008

解消法 O脚を治す為の悩みを解消する対処方法や対策・原因・特...

自分の足を真っ直ぐにくっつけることを意識して立ってみましょう。その時に、ぴったりつかないで、離れてしまっている状態のこと...

耳をふさぐ白人女性

解消法 耳鳴りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

犬笛と呼ばれるものがあります。吹いても音はしません。でもこの笛で慣らされた犬がやってくることがあります。聞こえないのにど...

s

解消法 体操で便秘の解消する対処方法

身体の不調は日常生活でも重大な問題で、身体の状態が良くないと、日常生活でも仕事でも、非常に不快感を感じてしまい、なかなか...

2-0001-0006

解消法 40代のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

年齢と共になんとなく顔がたるんできている気がするというのは、気のせいではありません。毎日化粧をしている時に、なんとなく顔...

2-0186-0121

解消法 飲み物でむくみを解消する対処方法

冬は水分は控えめになることが多くなります。一方で夏にはどんどん水分を取るようになります。冬に飲む水分としては温かい水分が...

2-0138-0364

解消法 鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

田舎の子供のイメージとして鼻水を垂らしている様子を想像することがあります。もちろん田舎に住んでいる子供だけでなく都会の子...

woman writer

妄想癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

妄想癖とは、合理的に実現困難な想像を現実にも起こりうると強く思いこむ癖のことを言います。他者からの訂正や検証によって妄想...

Stressed woman sitting in office

解消法 緊張型の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

湿布には温湿布と冷湿布があります。それぞれどういったときに使うかわかっていないと逆効果になることがあるので注意しなければ...

2-0111-0310

解消法 朝起きれないのを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

朝起きれない人はこの世の中の大部分の人がこの人に当てはまるのではないでしょうか。朝起きることが得意ですという人はあまり聞...

gym girl

解消法 運動で痩せる...

人がダイエットを考える場合、それはどんな時なのでしょう。...

0025-0089

解消法 ビールでイラ...

人は社会で生活する時、いろいろな人とと関わりながら、いろ...