解消法 夏太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 夏太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

気温が上がる夏になると一般的に食欲が落ちる傾向があります。そして何事に対してもやる気が起きなくなったり、疲労が蓄積されて体がだるくなったりしがちです。こうした夏に体がなまってくる現象を夏バテといい、夏にあまり食べていないのに体重が増えてくる現象を…

夏太りとは

気温が上がる夏になると一般的に食欲が落ちる傾向があります。そして何事に対してもやる気が起きなくなったり、疲労が蓄積されて体がだるくなったりしがちです。こうした夏に体がなまってくる現象を夏バテといい、夏にあまり食べていないのに体重が増えてくる現象を夏太りといいます。食欲がないにもかかわらず、なぜか体重が増えてくるのが夏太りの特徴です。

夏太りは7月~9月にかけて起こる夏特有の症状です。8月の猛暑や残暑になると特に起こりやすく、1ヵ月近く夏休みがある学生などは、夏休みの間にいつのまにか体重が増えていき、夏休み明けに体重計に乗ったら5キロ以上太っていたなんてこともあります。

夏に夏バテの疲労感から食欲が落ちてしまい、朝ごはんを抜いたり、少量のランチや夕食で済ませるかわりに、水やジュースなどの水分をごくごく飲んで水分補給していると、それが原因となって水太りになります。夏はクーラーが効いた屋内はいいですが、屋外にいると猛烈な暑さがあるため、それを和らげるために冷たいものばかり飲んでしまう傾向があります。

そしてそれが原因となって内蔵を冷やしてしまいます。内蔵が冷えてしまうと代謝が落ちます。そのため、カロリー消費がうまくできなくなります。また、内蔵が冷えてしまうといつも以上に体に脂肪がつきやすくなるそうです。様々なことが原因となって起こるのが夏太りです。次に夏太りの原因についてもっと詳しく記述していきます。

夏太りの特徴(症状)や原因

夏太りになる原因については、様々な要因が挙げられます。ひとつめの要因は「水分の取り過ぎ」です。猛暑に体温を下げようとのどを潤すために水分を大量に摂取すると、上記でも述べたように内蔵が冷えてきます。内蔵の冷えはさまざまな病気にも繋がっていきますが、ダイエットにも大敵です。カロリーが上手く消費できなくなり、どんどん蓄積されていくからです。

夏に高カロリーなアイスを沢山食べるのも夏太りになってしまう要因のひとつです。また、夏になると暑くて夏バテになり、体を動かしたくなくなります。それも夏太りになる要因です。それまでしていたジョギングやエクササイズをやめて、クーラーが効いた家の中でゴロゴロしていると、もともとカロリー消費がうまくできない体質になっているのに輪をかけて体重が落ちにくくなります。

つまり悪循環が起こります。夏に屋外にいると何もしていなくてもダラダラ汗をかきますが、汗をかくこととエネルギーを消費することは違います。夏は気温が高くなるので、エネルギーを放出する必要がないため、脂肪が内蔵付近にどんどん溜まっていきます。

熱を放出するエネルギーを使用しない分、夏は冬に比べて代謝の効率が悪くなります。そして体重が増えていきます。「汗をかいているのに痩せない」という現象が起こるのは、汗はあくまでも体内にたまった老廃物を排出しているだけであって、決してエネルギーを使用しているわけではないからです。

夏太りの対策

上段では夏に太りやすくなる様々な要因についてあげてきました。夏に太りやすくなる要因がしっかりわかっていれば、夏太りの予防や対策もできます。気温の上昇で体がだるくなり食欲が落ちてしまったとしても、三食しっかり食べることは基本です。これは夏に限らずオールシーズン通して大事なことです。ご飯をしっかり食べていれば、間食をする習慣が減っていきます。

夏におやつで高カロリーなアイスを食べるよりも、栄養バランスがとれたご飯を食べることで、自然と体重の現状維持や減少に繋がっていきます。また、体を適度に動かすことも大事です。体を動かすのが面倒になる夏ですが、体を動かさないことで脂肪が落ちにくくなります。

他の季節よりもエネルギー効率が悪くなり、代謝が悪くなる夏だからこそ、特に頑張ってエクササイズや運動をするべきです。特に激しく体を動かすスポーツをしなくても、腹筋運動や前屈運動などの軽いエクササイズを夜寝る前にやるだけでも違います。また、毎日散歩をしたり、ウォーキングをしたりするのも効果的です。

しかし、夏にジョギングやマラソンなどをする場合は、日射病に気を付けて水分補給をしっかりする必要があります。クーラーが効いた屋内で日中過ごしていると、ますます体がだるくなっていきます。しかし、健康的に体を動かして汗を流し、エネルギーや代謝を上げる努力をすることでご飯が美味しく食べれるようになり、自然に夏太りが解消されていきます。

夏太りの解消方法

夏に体重が増加する要因と対策については前の段で述べました。しかし、要因と対策がわかっていてもどうしても夏バテ・夏太りになってしまうこともあります。夏バテになるとやる気が落ちてきて一日中ダラダラ過ごしたり、食欲が落ちてきて朝ごはんを抜いたり、喉の渇きを潤すために水分補給に走ってしまい、エネルギー効率が悪くなり夏太りになります。

夏太りを予防するには、夏バテにならないようにすることです。夏バテはクーラーが効いた涼しいオフィスや部屋の中で過ごしているとなりがちです。クーラーの設定温度を少し下げるだけで、夏バテ対策にもなりますし、電気料金の節約にも繋がります。クーラーの設定温度は夏の場合28度が理想的と言われています。

これは政府が推進している節電対策に繋がるというベストな温度ですが、27度、26度と温度が下がることによってさらなる節電になります。そして体温と外気温との差がなくなることで、代謝がアップし、エネルギーが消費しやすくなります。つまりクーラーの温度を下げることによって夏バテ解消・そして夏太りの解消に繋がっていきます。

また、冷凍庫の中にアイスなどのカロリーの高い物を入れておかなりことです。アイスはあるとどうしても食べてしまうので、夏太りになりたくなかったら買いだめは控えることをお勧めします。また、夏は冷たい飲みものよりも熱い緑茶を一杯飲んだほうが体の渇き抑えて夏バテの予防ができるそうです。

夏太りのまとめ(未然に防ぐ方法など)

これまで夏太りの要因や対策、解決方法などをいろいろと記述してきました。夏太りは出来ればなりたくない現象です。特にダイエットをしている女性にとっては避けたい現象です。しかし、夏はダイエットをする格好のチャンスととらえることもできます。冬はクリスマスや忘年会や新年会などの飲み食いするイベントが目白押しで太りやすくなりますが、夏はそうしたイベントが少ないため痩せるチャンスと言えます。

ただし「痩せよう」「ダイエットしよう」と思うのではなく、夏バテの予防を心がけることが大切です。さきほども述べましたが、夏バテを予防することで夏太りをかなり高い確率で予防することができます。肥満になって後悔する前に、夏バテ対策をしっかりすることをお勧めします。

暑いからといってクーラーが効いた家の中に閉じこまらずに、外に出て活動をすることで健康的にダイエットができます。また、早寝早起きを心がけて生活のリズムを整えることで、朝昼夕の三食をしっかり食べられるようになります。それが習慣になると、ダイエットはもちろんですが、美容と健康にもプラスに繋がっていきます。

特に夜更かしは美容の大敵です。徹夜や睡眠不足などが続いてターンオーバーが乱れてくるとしみやたるみが助長されます。ただでさえ加齢になると体重が落ちにくくなり、ターンオーバーのサイクルが遅くなります。生活のサイクルを整えることは、夏バテや夏太りを予防するのみならず、肌のトラブルを予防することにも繋がっていきます。

2-0065-0227

解消法 春の眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

春眠暁を覚えずとの故事があります。これは春は非常に心地がよく、本来朝になったら起きていたのに朝になったのにも気が付かずに...

colorful manicure

爪を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

爪を噛む癖というのは、いつの間にか無意識に、自分の爪を噛んでしまうのがクセのなっている状態です。子供の頃であれば、爪を噛...

2-0049-0188

解消法 高齢者の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

便秘というのは、日本内科学会の定義によると「三日以上排便が無い状態、又は毎日排便があっても残便感がある状態」とされていま...

Happy siblings playing video games on floor at christmas time

ゲームでストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

現代社会において、ストレスを感じない人はほぼいないでしょう。少なくとも社会人であれば、誰もが感じながら仕事をしているはず...

2-0032-0155

解消法 簡単に猫背を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

多くの陸上の哺乳類は四足歩行をしています。人で言う手も足で前足、後ろ足で歩行をします。人のように二足歩行を日常的に行って...

2-0156-0407

解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1...

Pretty brunette suffering from stomach pain at home in the bedroom

解消法 便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男性女性問わず、”便秘”で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。特に女性は便秘になりやすいと言われており、何日間も出な...

Young beautiful woman with snowy skin

解消法 肩冷えを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

肩冷えとは、その名の通り、肩が冷えてしまうという症状です。ですが、そのままにしておきますと、身体に悪影響を及ぼしてしまう...

Female face with the wrinkles on her forehead

解消法 おでこが広いを解消する対処方法

10代からやけに髪の毛が薄く、おでこ広い人は意外に多いです。これは遺伝などもありますが、髪の毛が薄い状態が恒常化し本人も...

2-0174-0022

解消法 エステでクマを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

体においては皮膚で覆われています。肌の色に関しては以前は肌色と言われていましたが現在は色鉛筆などでは肌色が少なくなってい...

2-0069-0231

解消法 笑いでストレ...

学校などにいる時はそれほど緊張感がなかったかもしれません...

2-0124-0329

解消法 頭痛を解消す...

体の中に何らかの症状があるときは痛みとして出てくることが...