幼児の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の癖とは小学校に入学する以前の子どもが、普段無意識のうちに出る癖のことをいいます。幼児の癖には いろいろありますが、特に多いのが爪噛みや指しゃぶりといった癖ではないでしょうか。 癖を持つ幼児期の子どもは、幼稚園や保育園などで友達と遊んでいる時よりも…

幼児の癖とは

幼児とは小学校に入学する以前の子どもが、普段無意識のうちに出るのことをいいます。幼児には いろいろありますが、特に多いのが爪噛みや指しゃぶりといったではないでしょうか。 を持つ幼児期の子どもは、幼稚園や保育園などで友達と遊んでいる時よりも、一人でいるときなどに大抵現れてくることが多いのです。

大人に「爪を噛んだらだめ。」とか「指をしゃぶったらだめよ。」と注意されても一時的にやめることはあっても、時間が経つとまた同じ行動を繰り返していることが多いのです。幼児は何も爪噛みや指しゃぶりといったことだけではありません。例えば、まばたきの回数が多いとかやたらと咳払いのような声を出していることがあったら、それはチックの症状かもしれません。

こういった幼児が出ると、ほとんどの親は「何かあったのではないだろうか。」と心配になる人も多いでしょう。もちろん、子どもの心の叫びが体の異変として現れてくる場合もあります。しかし成長過程のものである場合も多いので、一概に子どもからのSOSとは限らないのです。

しかし、そのまま放っておくのもよくありません。子どもがどんなときにそのが出てくるのか、よく観察しておくことも大事なことでしょう。そのままにしておくと、後々とんでもないことになってしまう場合も考えられるからです。意外と幼児期に多いでもあるので、ほかのお母さんたちと情報交換するのもいいかもしれません。

幼児の癖の特徴(症状)や原因

幼児の特徴や原因とは、だいたい幼児が現れるのは何かぼーっと考え事をしているときです。遊びに夢中になっている時やおしゃべりをしているときには、爪噛みや指しゃぶりといったはあまり見られません。一人で一点を見つめるように何か考え事をしているように見えるときにが出てきてしまうのです。

チックの場合はその逆の場合があり、一人遊びをしているときはチックの症状が見られないのに、人前に立つと途端にまばたきの回数が増える子供も見られます。幼児の爪噛みや指しゃぶりといったは、心のどこかで寂しいという感情が出てきたときにとなって現れることが多いようです。

例えば、母親が仕事で忙しくあまりかまってもらえないとか弟や妹が生まれたといったときなどに症状が現れることが多いのです。またチックの場合は、緊張状態のときに出てくる場合も多く、人と会話をしたりみんなの前で発表したりしなければならないときにチックが出ることが多いのです。ですから、これらのは成長過程というよりは心理的に大きく左右されていることも多いので特に注意が必要でしょう。

たかがだと侮ってはいけません。そのが何か心理的なサインかもしれないからです。特にうまく説明することができない幼児期の子どもは、無意識のうちにストレスを抱え込んでいる場合があります。ですから大人が子どもの異変に気付き、いち早くその原因となるものを突き止め、排除していかなければならないでしょう。

幼児の癖の対策

幼児の対策としては「いけません。」とか「やめなさい。」といった言葉をかけてはいけないことです。子どもは爪噛みや指しゃぶりをしることでストレス発散しているとも言えますので、そのストレスのはけ口をうばってしまってもまた別の形で現れてくるからです。だからといって、爪噛みや指しゃぶりを放っておきなさいということでもありません。

例えば、「爪の中にはばい菌がいるんだよ。」とか「手にはばい菌がたくさんついているから、指をしゃぶっているとおなかが痛くなるんだよ。」といったように具体的に声をかけて、やめるように促していくことが大事です。そのを見かけたら、優しく声をかけ続けることで自然と出なくなる場合もあります。

チックの場合は体に表れている症状なので、指摘してもよくなりません。まばたきを我慢することはできませんし、かえって注意することで症状がひどくなることもあるのです。これらのを「いけないこと」と捉えさせてはいけません。「自分がやっていることはいけないことなんだ。」と思わせることはを直すことにはつながらないからです。

特にを注意してなかなかよくならないからと言って、激しく叱りつけることだけは絶対にやってはいけません。子どもの心にふたをしてしまうのと同じことだからです。声をかけるとしても、優しく声をかけていきましょう。ストレス発散はほかの遊びを通してもできることなので、うまくを矯正する方向にもっていかねばなりません。

幼児の癖の解消方法

幼児の解消方法とは、そのものを直すことももちろん大切ですが、子どもがどんな理由からそのが出てしまっているのか、ありとあらゆる視点で考える必要があります。こういったが出始めると、とにかく他人のせいにしてしまうことがあります。

「幼稚園や保育園の先生が厳しすぎるからでは。」とか「友達からいじめられているのかも。」などといったように、外部に理由を求めたがるのは仕方がないことなのですが、一度家族の生活を振り返ってみるのも大事かもしれません。両親のどちらか一方やまたは両方とも子どものしつけに厳しすぎたり、忙しいあまり子どもとゆっくり触れ合う時間がなかったりすることも原因となることもあります。

また、夫婦げんかが日々耐えないと、子どもが不安に思って落ち着いていられないといったことも理由として考えられるのです。ですから解消法としては、子どもにとって何が原因なのかじっくり考えてみる必要があるでしょう。そして思い当たる節は一つずつ取り除いてあげることが大切です。

常に子どもが落ち着いて過ごすことができるように配慮してあげることで、平常心を取り戻し心が安定してくるのです。そうすれば気になるも解消されるでしょう。また、チックのように緊張が原因の場合も子どもに自信を持たせることです。やればできるといった自信につながる声かけをしてあげることが大事なのです。そうすることによりチックの症状も出なくなっていくでしょう。

幼児の癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

幼児期のを未然に防ぐ方法やとまとめとしては、気になるが目につくようになったら無理にやめさせないことです。少しずつ言葉をかけてあげ、ほかのことに集中できるような環境作りをしてあげましょう。幼児は心のサインの場合も多いので、「うちの子はいつまでも赤ちゃんみたいだから。」と放っておいてはいけません。

あまり過剰に気にしすぎるのもよくありませんが、子どもの様子を見守って行くことが何よりも大事です。子どもは「自分は愛されている、自分はやればできる。」といった自己有用感を感じることにより心もぐんと成長します。周りの大人が自立を促しながら、子どもを見守りその手を離してはいけないのです。

幼児がストレスを発散させる成長過程の一つとして現れる分はいいのですが、中には子どもの頃の心のストレスが発散できないまま思春期を迎え、手をつけられない状態になってしまうこともあるのです。ですから、周りの大人は子どもを温かく見守り、常に子どもが平常心でいられる場所をつくっておくことが大事なのです。

子どもがよりどころとなる場所があれば、もしストレスを感じるような場面に遭遇しても必ず乗り越えられます。一番身近にいる親が、一番に子どもを理解し支え、認めていくことが何よりも大事なことでしょう。子どもがその困難を乗り越えられたとき、が見られなくなるのです。それは子どもの成長の一つであり大変喜ばしいことでもあるのです。

2-0484-0060

勉強癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

勉強癖とは文字通り勉強を続けて時間を大きく費やしてしまう一種の病気に近い現象のことを言います。しかし最近の教育ではこうし...

2-0161-0416

解消法 腕を太くする為の悩み解消する対処方法や対策・原因・特...

多くの男性にとって、鍛えあげられた肉体を手に入れる事は憧れの1つでもあります。割れた腹筋なども理想的な体の1つとしてよく...

2-0359-0349

解消法 脳酸素不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

勉強をしようとしても頭がぼーっとしてうまくいかない、またはデスクワーク等頭脳に重きを置く労働の際に考えてられない。そんな...

2-0043-0173

解消法 肩こりからのめまいを解消する対処方法や対策・原因・特...

肩がこる人が大変多い今、実は肩こりからめまいが起きてしまう事を知っていましたか。肩こりは誰でも起こる症状です。長時間のデ...

2-0333-0277

解消法 即効で二重顎を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

鏡を見ていてなんだか最近顎周りにお肉がついたなと感じたら、それは”二重顎”のサインかもしれません。顎の周りの肉がだぶつい...

2-0098-0292

解消法 体がだるいを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

熱っぽいとかやる気が出ない、なんとなく体を動かすのが億劫な時があります。体のだるさは体調が悪い時や風邪を引いている時、ス...

T

解消法 頭痛や吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

頭痛や吐き気というと風邪などの病気の症状としても知られており、病気ではなくても普段の生活の中で頭痛や吐き気の症状をうった...

2-0487-0076

髪をいじる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

気が付くと髪をいじっている。他人に指摘されて気が付く。髪をいじる癖のある人は意外と多いものです。そもそも、なぜ髪をいじる...

sad little girl sitting near a door on the background of an bric

小学生のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

小学生のストレスとは、子どもによってさまざまです。昔は子どもがストレスなど感じることはないといった考え方が一般的でしたが...

2-0395-0020

慰謝料で同棲を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

同棲とは結婚していない男女が、一つの家に共に住み、生活することを言います。厳密には単純に同じ家に住むことのみを指しますが...

Female face with the wrinkles on her forehead

解消法 おでこが広い...

10代からやけに髪の毛が薄く、おでこ広い人は意外に多いで...

Blank notepad paper for your recipes and food

解消法 料理レシピで...

今の時代は食べるものなどに困ることはなく、好きな時に好き...