確認癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

確認癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

確認癖という症状をご存じでしょうか。不安で何度も確認しなければ気が済まない症状です。確認したはずなのに、もう1度また確認しなくては心配で仕方がありません。自分でも面倒ですし、人から見たら何をやっているんだろうと思われるでしょう。慎重というには度が過ぎたほど確認を…

確認癖とは

確認癖という症状をご存じでしょうか。不安で何度も確認しなければ気が済まない症状です。確認したはずなのに、もう1度また確認しなくては心配で仕方がありません。自分でも面倒ですし、人から見たら何をやっているんだろうと思われるでしょう。慎重というには度が過ぎたほど確認を何度もしなくては気になって仕方がないのです。

たとえば確認癖がある人は、家の玄関の鍵を閉めたかどうか心配になったりします。玄関のカギを閉め忘れていたら泥棒に入られてしまう危険がありますので、確かに閉まっているかもう一度玄関にもどってドアノブを引っ張り確認しなくては心配になるのです。

確認癖ではない人でも家の玄関の鍵をするのはあまり意識せずにしていることも多く、鍵を閉めてカバンにしまうという動作をしても、いちいち覚えていないこともあるでしょう。しかし確認癖がある人は、鍵がしまったかどうかを確認したとしても、また気になると戻って確認しなくては不安になります。確認癖がひどすぎると、外出するにも確認に時間がかかってしまいます。

そして一度家を出ても戻ってまた確認したくなります。家の玄関だけでなく窓のカギ、ガスの元栓など締め忘れていないかということを確認せずにはいられません。もちろん外出する前にはこれらの確認をすべきですが、確認癖の人は、一度確認してもまた気になります。本当にカギは閉まっていたか、元栓はしまっていたか、とまた再度確認をしなくては不安がおさまらないのです。

確認癖の特徴(症状)や原因

確認癖は強迫性障害の症状の1つです。または強迫神経症とも呼ばれます。出かける前に家の鍵を閉めたか、ガスの元栓を閉めたか等、何度も確認しなくては気がすみません。何度も確認しなくてはいけないことを自分でもばかばかしいと感じていても確認しなくては気になって外出できないのです。

確認も1度で済むならそれほど時間もかからないでしょうが、重症の人になると何回も確認しなくては不安になります。確認したことを忘れるのではなく、確認したのにまたもう一度確認しないと不安なのです。同じことを何回も繰り返さないと気が済まないので仕事にも支障をきたす恐れがあります。何度も確認しなくては気が済まない本人も疲れてしまいます。

強迫性障害の確認癖について原因ははっきりわかっていないようですが、セロトニンなど神経系の異常や脳の前頭葉の異常、強いストレスが原因として考えられるそうです。また几帳面な人や完璧主義の人もなりやすいです。強迫性障害は確認癖の他に手を何度も洗わなくては気が済まない不潔恐怖という症状や、数にこだわる数唱強迫といった症状もあります。

確認をするという行為はある程度なら慎重を期すという点で好ましいことですが、一般的な限度を超えて何度も何度も確認しなくては気が済まないなら確認癖を疑ってみるのがよいでしょう。単なる心配性の域を超えた確認の癖は精神的にも肉体的にも疲れるでしょうから、解消する方法を試してみてはいかがでしょうか。

確認癖の対策

周囲から見れば、何度も確認を繰り返す確認癖の人は、ただの心配性に見えるかもしれません。しかし本人は何度も繰り返し確認をしなくてはいけない癖をなんとかしないと疲れてしょうがないでしょう。一度確認したのにまた確認しなくては心配ということなので、対策としては確認した後にメモを取っておくというのもよいでしょう。

面倒かもしれませんが、ドアのカギを閉めたらメモ用紙や手帳にチェックをしておきましょう。鍵をしめた時など声に出して確認するのも効果的です。ただ何となく鍵を閉めるのと、鍵を閉めたことを声に出して確認するのとでは記憶の残り方が違います。しかし確認癖の症状がひどい人はそれでも気になるかもしれません。

その点証拠としてメモを残しておけば目に見えます。確認したことが証拠として残っているので安心感があるのではないでしょうか。メモを残しておいても心配でまた確認した場合は、再度メモを残しておきましょう。そうすれば、自分が何回確認をしたかということが、目に見えます。

確認のメモを残しておくことでスムーズに安心感が増せばよいのですが、人によってはそれでも何度も確認したくなるかもしれません。最初は何回も確認してしまったとしても、徐々に確認の回数を減らすことができるように努力しましょう。それでもなかなか心配がおさまらず確認の回数を減らすことができない人は、こんなに確認したのだからもう大丈夫と思うようにしてはいかがでしょうか。

確認癖の解消方法

確認癖の解消法は、確認の回数を徐々に減らしていくのがよいでしょう。今まで何回も繰り返し確認していた人がいきなり全く確認をしなくなるというのは難しいでしょう。しかし今まで確認していた回数よりも少しずつ減らしていくというのであれば、可能ではないでしょうか。

いきなり大きな目標をたてずに少しずつ減らしていき、何度も確認しなくても自宅に帰ってみればちゃんと鍵はしまっていた、ガスの元栓もしまっていた、というように自信をつけていくことができるでしょう。また何度も確認したくなる心配を気にしすぎないようにするのも大切です。確認癖が重症でどうしても何度も確認しなくては落ち着かない人は、精神科を受診して治療をしてもらうという方法もあります。

病院では認知行動療法や薬物療法といった治療法があります。どうしても何度も確認しなくては気がおさまらないほど重症化している人は、病院で医師に相談してみるのもよいでしょう。自分でも嫌になるほど何度も確認しなくては安心できない確認癖は、1人で悩んでいる人も多いでしょう。

誰かに話すことで気持ちもスッキリするかもしれません。専門家のカウンセリングを受けて、適切な治療法を選んでもらうのもよいのではないでしょうか。ドアの鍵が閉まったかどうかの確認は1~2度ならよいでしょうが、3回も4回も確認せずにはいられない確認癖は本人も周囲の人も大変です。確認癖で悩んでいる人は、解消法を試してみてはいかがでしょうか。

確認癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

外出しようとするたびにもう1度玄関に戻って鍵がきちんと閉まっているか確認しなくては心配でしょうがないというような人は意外といるでしょう。しかし何度も何度も繰り返し確認しなくてはいけないような確認癖は、強迫性障害の症状の1つです。確認癖がある人は、物事がスムーズに進まないので毎日大変でしょう。

確認癖の原因は神経系や脳の機能異常などが考えられますが、まじめで几帳面な人もなりやすいです。大きなストレスが原因になることもあります。治さなくてはいけないと必死になると、またそれがストレスになってしまう可能性もあります。完璧主義の人や神経質な人もなりやすい傾向です。肩の力を抜いて、気楽に考えるようにするのも解消法の1つでしょう。

またこれまで何度も確認を繰り返さなくては気が済まなかった人は、無理せず少しずつでも確認の回数を減らしていくことで、徐々に何度も確認をしなくても不安になることが減ってくるでしょう。しかし重症になってしまっている場合は、病院を受診するという方法がよいかもしれません。

精神科やメンタルクリニックを受診すると、認知行動療法や薬物療法で治療をしてもらえます。それほど重症でない方は、症状が軽いうちに解消法を試してみてはいかがでしょうか。何度も何度も同じことを繰り返して確認しなくては不安感を抑えられないようになると大変です。少しずつ改善するようにもっと気楽にかまえて何度も確認する癖を解消しましょう。

i

悪い癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

一般に悪い癖と呼ばれるものは多くありますが、イメージとしては自分の健康に悪い癖であったり、他者に迷惑をかけてしまう癖であ...

2-0359-0349

解消法 脳酸素不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

勉強をしようとしても頭がぼーっとしてうまくいかない、またはデスクワーク等頭脳に重きを置く労働の際に考えてられない。そんな...

2-0325-0255

解消法 新生児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

新生児の便秘と聞いて、驚く人もいるのでは無いでしょうか。実際に小さい赤ちゃんでも、なかなかうんちが出なくて、困るときもあ...

Two girls portrayed vampire and the sacrifice

大人の噛み癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

大人の噛み癖とは、成人した大人の人間が、無意識のうちに何かを噛んでしまう癖のとこを指しています。何かを噛むのが癖になって...

2-0019-0129

解消法 運動でぽっこりお腹を解消する対処方法

日本人の生活は戦後から非常に豊かになり、食べ物に困るようなこともほとんどないと言えるでしょう。また、食生活の欧米化も進み...

}œr_ù§28xdÂì'Ȩ"&•BG¾lb¬”’{¸ä™à“f®Ã·Ñ˜SÈ.‹•íi&»mH`RBò.>~QˆØVX¡‚[Yâ’42éÓ©ŠWcýÛWmŽôß6X2ÇúQq2FϓÕm55¹õîKX܍ˆâÄtÜxæÃa”ïÉǔ8ÉN«æ…Ú™6Ieìì"ŒÒGeS¨%¨3!SɚCiöÍuQ<xíZûr³(ñŸS®â£M.¤¯p°§Ù¥?erŸF`(ëÞsú”Qi0úÍã°cü±´~Ÿ³—Y„uiðEÙJtjIïï.%§:ˆãJRŠÄªÇ1ã”ݶðŠE*ܦ«)ˆŠ8ÂÜPÕ~%#Ù¹S#0x¶å^¤ÄŠÝ¦j3¼ž›·'Œòå×<¤Ê6øÐ碶àæp‹Сnä¥ŠÍЎý¹¥{@W&ð•ÈìZ8زuÙÎÀ}'@„dJg´¹X=}AÕ˜¨Æ•¯ò֛Ó2Åôh4ò¯4E%ÌîåZàuۘ?Ì?˜xfÃ8¹9¤Ö.ÍûÇêۜɉkMáœ<rÐX‹ŽþXS©Ú¹?˜ðÚ£józœ=NSu5û(ÎFrLB¸ó+J@îNcÛx’ÿÓk¼‰¯PGBŸ5ÈÞå›hÐ}[Y¼†CXùƒôHD‘šý4ÂEJ’93)ÖnH),‘„ǿ(ÇöZ¿g2¤GF Yµ¥Ò‰EÍ¿s3/ú‡Á½Úýœ¢XH-‚`²+7p€MZõÛà>àö̼V9†™ïÉmöŸêÆÆ	8±ý‡Ü}ù9â‘c÷¤Miz‹Â@¼ƒ¤Ò…©µi€æ™Qcz֓}rY.…Á§Xr{½7̘ši`þd²Òä[#w S,s BK'-åЮdÀ´È1«›K;g’8Ñe…á cÍû?eǏ¹—[I	}Ù6òðmš‚«àH閉0!.¢êDo3ŠŠôQݎVÒãÓNy¬Ç©'¹ÇŠ–š;{•e¹ R¿1ŠRàÓøb¶¹&5ûF¸i/ÿÔ7¾ÖíÒÕØ=H†4[æƒÃ|Ûª½Þ¦æµPHP̌­¢hº–µ¨C§i°™®§4tQݘöUÆRS§<ä+Ê0¶·P÷Òooøä~ûöQû#0'Ë›µÅˆ@PG]N+^َK’féÁ/!ÙFE²ŠTچ£BM¡à?h²ã†Ã)EÝÌîçà(	ÜV£UÝum9%µ¹1Ê[áŒý’;ä†è‘ –Zè×w÷ž¶©}"ïûµI]@ÿb_Ã,°Á Y6K+:.“mja‡WŒÎjğr¹&Å$3ØO„Ç'©ÝH=²(P,м‹ÎNj±ƒÑy0ˆö혹9¢Eé:®¢ÃIŒG.ÖÜ=SÔº)ï®FS<5ÜÑ[ªé¶‚P¥iÊ«§‡%Ó!^¦@ìšj¾[±Õ-ó£	­öyí)]ƒûKã—Q¾±k3£ïK®4rlmä,¦pŸU•ÆêÔ'Òo¤|9¡Åzýñ,„¨¢|»z÷öÚêA–kVôšUþò”Ø7óS'ŒÜj]?Ó"[	¼Z„Éj‚ÊH5;V¨hfª=<•Gû™òðŠdÒiœ,Ù¸—/štë$[y¬ÚŸ'÷‹òÄka¨ÅN	¶Õߙ´éœjJŽ¯U¯ó&͕äÕ¿س†£ô“½Ð,‚ksû@£³xeQÌo¼30Nní,o-"B|PH~ÔgØø{foˆ+“Gï-󞕬Z4†â!5¹¼2õŒ¼j~%o·jÉÃ`ŽÚâö%d@ü€ç±:šÔžÁ³'Œ€ÓûÖ/ÊNîO«+±ãþSƒè̈šŠ)}bÍÊy7•ýü°ÉZ)}¼Å›‘b*ˆõ©ÐáµTŽBÄW"SB¬L¦H$?ÿÕ&óźiZwÃ!/ҕë˜ÒË"˜ÀŠü˜ò­¾‘åhõ)GR_Uä#âXÏØAôf¿6K>çk¦ÇÃë&ew~Š–ùæ9.H	EΣùgl{V×lP‚Î")â,[SüÀÓ¢ªíØqRGߒ¶¹et¸šÕ.l©@ò;ø7ÙQôo˜ÙfLrZÝgXk?Nå"7¶òª˜U•6ëAã™Ŋe·üyÖâä+ØéѤlhÍZՆƼ¨rшõfeŒ)ÝùÃ̳†Š-f-³r%@‰¯ìí’ð@æZǯé8ÒnµµA¨Æ°Èßbê¾À3(²`v+oç‹ë)"Ðq¡4ñ¹‹’¸I)¥ÝýÚÚKÈ°Šá8+Ò Ž†žùˆIvô!£½Ñ­'ˆÖhÓf>Ýe˜ƒÚÁ¢É4kàÅe]™¾	ž¤Q–à•2ÆÅ+iVñÌóÛ¯ú=ÆÓÛ²Šÿ)ÉÏD¸£Ê_TC!#„ôþ$®Kx5’#Hæ¾'ª²ž†žÇ)^M¤ž¯VµKIoa·ã7ÁªAâ{åsÅÃ#GfPijê–2G®£'"U¤ª€jîPHå"ÙG¢Ñ ßÚÝ4r°p~(gá’3òïٗ)–šQ–ÿ鿜˜ä2'Iuc"T 4‘OòŸ‘ÌÍ>"7kË O$Zk#?ð9–8èF™ˆðí’B¢ÎGCŠQËÜáTdR…5ñ钪÷dlH1moUW®ù oÿÖåzïš%Õ­äi´˜e°5k­$q’º¡?ë0Ç v€[ê_¯‹Kmí…Dª(6P3LM»ñ[QóÜrŸP{ábK¾ót• j1ØPÒù,õ[¹’’©~>Ô®ù<…‰‘&n@µu­H£àŠÝDjÌ|ä$\š€v“g’c^;ùAqÎé}ȞÐ05îA‰fžN¿†KCnÑ»Y&…öâێQ·PÁxÿÁeR¡¿6l×B·0—q Þ¡žUˆF«/ü	jeP™‰?6d[Ñ,õH﬒hwwƒÖ ŠæÊøãý'XøO’DóAÅÁTNܝ[uV‰§zÁ–P	èäšIu[—’ÞHâQp±¢ ‘H5fj;ŠS¾Br"?Îe»´oNHˇRG]è(݉­	33#fúz‡,’ybÝ®[Ԟ9)»MÒ£6XexÕ8“d5ʓ™.¢·º[)ôgQʤ_æS^õÌ£FWRi$Tº&‘[¨žÞeY¡qözõÌÜf2w4ÁÂAq䵎ñ.ìݘDy*+|B¿²Aë÷å3Òméݲ9÷õ¡ZrvÙ0À¨«žT=zdŠ†_‡~Ù „A™¸ƒAR–莿vM­I£Z×&ÿ×óÍ´ŒC-v'0‹pFÚ3D|$Cÿ2$lÈs}-ӐŽ¥A¯Ìf‘è/™b¸nd3S¸n˜k§]¶¢8ÖJ8¹æl$lÁãÝèfæ"@¬ˆ#eíҝsW˜6‰…ãr"œ¿wÌô¦cÑ"ËcÔ㻆åãhɇ‘Vï·p2üTG=ÑȦ>WÒԁ䎐¡¨÷§s“‘evQRŸ/kbî3þôÙ¹Žµ¡d­¾Yll{܍V”ã5.äf‹¤i–´V éS‚r¶ˆDV¯ªéÖè2+ڙ]3”ÀaÚ¦¬ÍñFá¥yb%ëÐO¶N8ïÜÐfÌ?-^÷Ò»¸“d†ŠW¢»»·Oˆe9ˆ¡»Ó'ÔÒÚX '£È€ÜÕ_þ%Å3ƒ*H¯ÔÜLËYŒlHð&«ÿf9&öl™g“î͖ÂsýÒ`)_Ç.Òdá²Xe¥úåãFbºޞێ‡+Èz¦#¢ª2EoMÈ.Ê:±c–@l-ö6Q^IÔaªYX¨Ü­9+mÜW'(Æ&¤E‡B¶ˆ9Kh[”Dt;Ó+ˆä$ž½ìž+ˆÂåQvÐôŸ1hޝÚñ•~(nÒH¤e•»S.ž[Ô1ѧË÷–.,µ{Ñ4ª.íÔ©‰‚«HvÕÈÞ>'“«µ—c€g,?S±¿Yå¢"ÞdYV@UZð*Ou㙆¢‚U=òTůJbª²OHþY`bJiÃÇòɆ%&Ô}Rµ#ÄeÑ`_ÿÐó•¤ëMó†ÐQ‰r¢X©×šÿĆDòdï§c÷ßkú³Bô,S^Ü0ë]éŠC=ŒEx¢‰§r îMú–á‘£(ÙM&¹ÑeQ+'*ZîÔùd|>!Iât¨¸7ë$‹H£M€ô‡8k£l®ÕfßH¼A‚CÉM:ùÁ¹«êvš^…' Á.eONwØ·û—ÀY§kÙº_ 5éÔò©¯æ´5£•”Ÿ‰‡lÚBÍÎí1	,Úm¯«Ié¡<¦v¼k@XÓ~´Ê"éõ}˜pÀHËyw¨ù[S·E7w§!Rª(w¦Sâ_à‘ÍGJÒÀÔR29#7ÅâÔí«6Z¢kòß1‚£¢‚¼Ùê+UÌc2U±ëËۍKÌÑÛے݌—,:A]ÏÌå@[&bºbØirÞKþô]‘Å{¤IEæßhãÏ<ÁäãXåE'Ô/4ˆîR‘‘ØL(ž$0÷ý“šìÙ!pïþõËÇ	‘hÈþ¤Ð€R7w V¯A҄ìrè˜J=	j)…­¤‘±D=BUÈØûR£2qa1Þ½-3È׺Iæ$ŠGÔ·éÃ/JoÇ0µ±ˆÇø›ôĘÑ蓍ZææÖâÚcûä.úr½~ŒÅ蔮2æݓ‡þhi’Íz.ŸÐizü$„}ÝHû[­›M,Í89£»Ìn~©2ZÄk7ŸÖAƒ‹*/Ãé±!x~ÏÚ͈7ïqM|Ìn2¦Aö¸ŠíC¾Ù``V;ñAâ2AK«¢"4;åÑ	@ýqÌf†„dÄX’¡óP«Šƒ–p±ÿÑòÒ:ô9V‹²¹-w“ÖTðã!8ìYD٫Áaíé¨ü3šêô}Þ¬*IìFØU‰j’}Vœ¯4VdñSý¹Y›tië‡çL3w°©ô7°»_Z>òàkPvêÊg³` òO̗òYEeÏèF*OV=zïí˜3Ëü=G{Mü¿¤‹[q3|r1õ&ÿ*N òTo—ÄílK0Ômà»ÐmYyH¥8—p`jk—äŒey´Ä‘"º]ŒZ5‚ÊÈÊCJ|E‰Ì|Qݶ[ìʒÖ²±‚rwa$âÎyü(¹³ #~§ˆ’HäŒmR	/¥·ìPÌã§M€ú_ Ï†?ç"8ˆQÕ5ÈDÄP«ýN[•Ì8¶²–^ÁêP±Ì#€öµ˜™bQîoÇ#Â}êW

女装癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

女装癖とは、様々な弾性がある時女性的な装いに目覚め、それ以来女性がするのと同じようにメイクをしたりファッションを女性らし...

2-0230-0019

解消法 インフルエンザを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

日本の社会では色々な病気の話題も多いのですが、例えばメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の話題から、ダイエットなどの...

2-0366-0373

解消法 浮腫みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

最近男性にも増えつつある「浮腫み」、なんだか太ったなと感じる事や目が腫れぼったく見える事、靴下や下着の跡がくっきりついて...

2-0153-0401

解消法 目の疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

スマートフォンやパソコン等の普及にともなって、目の疲れを感じることが非常に多くなってきています。自分ではあまり意識してい...

2-0193-0196

解消法 左足付け根の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

歩くときにおいて左右のどちらに力を入れているかがあります。特に意識をしないことが多いですが、知らないうちにどちらかにかけ...

2-0460-0105

考える癖を解消する対...

物事を深く考えすぎて、なかなか結論が出せなかったり行動に...

2-0350-0332

解消法 二重あごを解...

なんとなく鏡を見ていると、二重あごになってしまっているよ...