幼児の噛み癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の噛み癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の噛み癖とは、おもちゃやタオル、人形などの身の回りにある物や、親の指や肩、そして遊んでいる最中にお友達の手や腕などを噛んでしまうことです。ケンカをしているわけでもないのにお友達を噛んでしまったり、身の回りにあるものなら何でも口に入れてなめたり噛んだりすることを…

幼児の噛み癖とは

幼児噛み癖とは、おもちゃやタオル、人形などの身の回りにある物や、親の指や肩、そして遊んでいる最中にお友達の手や腕などを噛んでしまうことです。ケンカをしているわけでもないのにお友達を噛んでしまったり、身の回りにあるものなら何でも口に入れてなめたり噛んだりすることを幼児噛み癖と呼んでいます。

噛んでいる幼児本人は悪気を持って噛んでいるわけではなく、無意識に口に入れてしまって噛んでいることがほとんどです。噛み癖は、大人になっても爪を噛む人がいるように、誰にでも起こりうることで、幼児噛み癖は子供の発育過程においては一時的ですが、どんな子供でも起こりやすくなります。

特に乳幼児期はおしゃぶりを常に行っているので、子供は何でも物を口の中に入れてしまう傾向があります。成長して幼児となると歯が生えていますから、おしゃぶりをするよりも噛むことが日常的になると、口の中に入れたものを噛む癖がついています。噛まれると痛いですから、攻撃的に感じますが、幼児にとってはおしゃぶりをしているのと延長のようなもので、悪気はありません。

また、幼児噛み癖はひとり遊びの一種ともいえますから、過度に気にする必要がありません。しかし幼稚園などでお友達を噛んでしまうことが頻繁に起こってしまうようなら、問題にもなることもあるでしょう。その場合は、噛み癖の原因について考えることが大切です。幼稚園の先生に相談をして、対処法を話し合っておきましょう。

幼児の噛み癖の特徴(症状)や原因

幼児噛み癖には、おしゃぶりの延長で何となく行っているものや、生活環境、子供の性格によるものなどさまざまな原因があります。おしゃぶりの延長で口に入れて噛んでいるのであれば、成長と共に噛み癖は無くなるでしょう。しかし中には、外的な要因で幼児噛み癖を起こすことがあります。その原因の1つが、愛情不足な生活環境です。

親が十分に愛情を注いであげなかったり、もしくは幼児に弟や妹が出来た場合に、愛情を妹や弟に取られたような気がして噛み癖が起こることがあります。幼児はまだ心で感じていることを言葉でははっきり表すことができません。寂しさを表すために、注目してほしいという気持ちが噛み癖となって現れてしまいます。

また、厳しいしつけや我慢を強いるなどをして場合、幼児は心にストレスをためてしまうので噛み癖が出ることがあります。嫌いな食べ物を食べなさいと厳しく言ったり、ゲーム時間やテレビ時間を制限したりすると、子供は欲求がたまったり抑圧された気分になってストレスをためてしまいます。

大人であればストレスがたまったら適当にはけ口を見つけることができますが、幼児の世界はまだ狭いですから、なかなかストレスを発症することができません。目では見えなくても抑圧された気分が噛み癖として現れてしまいます。しつけも大事ですが、子供の気持ちを考えることも重要になります。ただ噛むことで幼児はストレスを発散し、心を穏やかにするという効果もありますから、噛んでも頭ごなしに叱りつけてはいけません。

幼児の噛み癖の対策

幼児は噛むことでストレスを解消している部分もあるので、悪いことだとはっきり判断することはできません。しかしお友達などを噛んだ場合は、相手のお子さんが怪我をしてしまいますし、人間関係を良好に築くためにもできる限りの対策をとる必要があります。幼児噛み癖を改善する方法として、噛もうとする前に防ぐようにしましょう。

噛むときは子供の表情を見ていればある程度判断できますから、噛もうとする前に、別のことで気を紛らわすようにしましょう。お外に遊びに行こうと提案したり、ゲームをしようと遊びに誘ったり、気を紛らわすことで、噛むことを防ぎます。噛むという表現手段を使わないようにさせることで、噛み癖もつかなくなります。

また、噛もうとしているときに、話しかけて会話をするようにしましょう。会話をすることで、幼児が噛むという表現で気持ちを伝えるのではなく、言葉で気持ちを表現できるようにすることができるようになります。幼児噛み癖は、物事に夢中になっているときはほとんど起こりませんから、公園へ遊びに連れていったり、積極的に身体を動かすような遊びを行うのもいいでしょう。

噛み癖は欲求不満と愛情不足が原因のことが多いですから、子供が家にいるときは思いっきり甘やかせてあげたり、ひどいわがままでなければ寛容な態度を取ることも必要です。噛んでしまっても怒鳴りつけるのではなく、目線を合わせてどうしてこんなことをしたのか、痛いよと悲しい表情を見せて、幼児が自分で考える時間を作るのも大事です。

幼児の噛み癖の解消方法

幼児噛み癖に対処するには、癖づけしないように事前に気をそらしたりすることが重要でしたが、完全な噛み癖の解消法としては、愛情をしっかり伝えることが1番重要になります。子供は親が思っているよりも物事を理解していて驚くこともありますが、愛情のような目に見えないものには自信がありません。

弟や妹が出来てお兄ちゃんやお姉さんになった幼児噛み癖を持っている場合は、愛情を弟たちに取られたと思うだけでなく、自分に関心がないのではないかと不安になっています。不安な気持ちを解消してあげるために、子供と2人きりの時間を作るといいでしょう。親を独占するということが子供にとっては最大の安心を得られるだけでなく、満足にもつながります。

2人きりの時間を作って、話をするときは子供の目線に合わせて、目を見ながら会話をしましょう。そして抱きしめたり、なでたりといったスキンシップを積極的に行い、子供が一番愛されているという自信を持つような時間にしましょう。

噛み癖はストレス発散の他に、関心を引きたいという心理が働いていますから、そんな気持ちにならないくらい愛情で満たしてあげると、落ち着いて噛み癖も解消されるでしょう。幼児噛み癖がほとんどが一時的なものですから、いつかは治るだろうと放置せずに、その都度対処することで、早く噛み癖は治りますし、子供に愛情を伝えることでこれからの成長過程にも良い方向に働くようになるでしょう。

幼児の噛み癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

幼児噛み癖は、愛情不足や欲求抑圧などで作られたストレスを、言葉で表現できないかわりに行動で示したものです。一般的に幼児噛み癖は一時的なものですし、噛むことでストレスを解消する働きがあるので、過度に気にする必要がありません。しかしあらゆるものを噛んでしまうので、お友達などを噛んでしまった場合は、注意が必要です。

その場合にも、頭ごなしにしかりつけるのではなく、どうして噛んでしまったのか、噛んだら痛いということを、幼児を同じ目線になって穏やかに言い聞かせましょう。噛もうとする素振りを見せたら、気をそらして癖づけされることを防ぐようにします。

幼児噛み癖は無意識に行っていることが多いですから、噛もうとする機会を与えないように、外で思いっきり遊ばせてあげたり、親と2人っきりの時間を作って甘やかせたあげたりしましょう。幼児に、自分が特別だということを言葉でもスキンシップでも伝えれば、心が安定して不安になることもありませんから、次第に噛み癖は改善されていくでしょう。

幼児噛み癖がひどいので、育て方が悪いのではないかと悩んでしまうと、さらに状況を悪化させてしまいます。子供はまだ情緒が安定していませんから、気持ちをコントロールできないのは当然です。ゆっくりと穏やかな心を持つように導いてあげればいいのですから、過度に悩まずに、温かく見守りながら子育てをしていくと、きっと噛み癖も治って優しい子に育つでしょう。

2-0055-0202

解消法 仕事疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

仕事をするうえでの疲れというものには、二つの種類があります。その一つは物理歴な体の疲れがあげられます。仕事が忙しい時には...

diet concept. frightened girl in the stress and flying around th

解消法 食べ物でストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

現代社会を生き抜いていくためには、降りかかるストレスを如何に処理し、対処していくかということが重要になり、その対処が巧み...

2-0011-0065

解消法 ストレッチで肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

ボールを投げるスポーツにおいては肩が強い、肩が大事と言われることがあります。実際に使っているのは腕のようですがなぜそう言...

2-0489-0079

二重まぶたの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

二重まぶたの癖というのは、意図せずまぶたが、いつの間にか二重になってしまい、それが癖となっているパターンです。もともと天...

Closeup portrait of a smart young businessman smiling and his co

解消法 休みボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏休みや冬休み、お正月やゴールデンウィークなど長期のお休みが入ると、どうしても休みボケになります。特に海外旅行に行った時...

2-0134-0354

解消法 肌のくすみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

肌がくすんでしまうと、肌全体が黒っぽく見えてしまい、老けた印象に見えてしまいます。くすみのないきれいな透き通った肌はとて...

2-0456-0094

唇を触る癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

唇を触る癖というのは、日常的に自分でも気がつかないくらい自然に、手が唇の触っている癖のことです。誰かと一緒にいるときでも...

0019-0066

解消法 ストレッチで秋バテを解消する対処方法や対策・原因・特...

夏バテと言う言葉は良く聞きますが、実は”秋バテ”があるのを知っていますか。秋は天候の変化が著しく、夏のように暑い日が続い...

Casual pregnant businesswoman touching her bump at her desk in her office

解消法 職場で妊婦のいらいらを解消する対処方法や対策・原因・...

現代は女性が社会進出している時代になっていますので、独身から仕事をしている女性は結婚をしたり妊娠そして出産も経験すること...

2-0117-0318

解消法 天然ボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

天然ボケという言葉がありますが、職場や日常生活でも、そのような人たちに出会うことがあります。天然ボケということでは、例え...

2-0265-0103

解消法 マッサージで...

今の日本の飽食の時代では、どうしても胃腸に負担がきてしま...

P

解消法 臨月の腰痛を...

もうすぐ出産。臨月になると体も出産の準備に為に、様々な変...