足を組む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

足を組む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

自然に出てしまう足を組む癖足を組む癖は意識せずにやってしまうことが多いので、なかなか止めることができないようです。何か明確な目的があって組んでいるわけではなく、姿勢が安定したり落ち着くことがやってしまう要因です。意識していない部分を改善することはとても難しく…

足を組む癖とは

自然に出てしまう足を組む足を組む癖は意識せずにやってしまうことが多いので、なかなか止めることができないようです。何か明確な目的があって組んでいるわけではなく、姿勢が安定したり落ち着くことがやってしまう要因です。意識していない部分を改善することはとても難しく、一度止めることができてもちょっとしたきっかけでまた行ってしまうことがあります。

なぜ足を組んでしまうのかというと、人の体が左と右とで対象になっていないことが大きく関係しています。行うこともそれぞれ異なり、自然と重心はどちらかに偏ります。組む方向は利き腕や日頃の姿勢、日常的に行っている事柄などで変わり、どちらか一方に重心を置く癖が発生します。

重心が一方にずれると、人は安定を確保しようとして自然に安定感のある姿勢を行うようになります。これが足を組む癖につながり、左右の非対称を悪化させます。足を組むことの多い人は、確認してみるとどちらか一方にばかり組んでいることが少なくありません。これでは歪みを誘発して体に良くありませんので、バランスを見直す必要があります。

長年続けてきた人はすぐには止めることができないかも知れませんが、足を組まなくても安定を得られる方法は他にもあります。癖の矯正というと大変なイメージがありますが、少しずつ意識することで頻度が減っていき、それを継続することでなくなります。周りを見回してみると多くの人が行っている行為ですので問題ないように感じてしまいますが、これは止めた方が良い癖です。

足を組む癖の特徴(症状)や原因

なぜ足を組んでしまうのかなぜ足を組んでしまうのかは、日常生活の中にヒントが隠されています。いつも行っている動作によって、重心が左か右のどちらかに偏ってしまい、偏ることによって安定感が失われます。人は自然と安定を求めるものですので、体の一部を動かすことによって調整をします。

それが足を組むことであり、体がどのように歪んでいるかによっても組む方向が変わってきます。足を組むと左右のバランスが更に悪化してしまい、余計に組まないと安定しなくなります。この悪循環に陥るとなかなか抜け出すことができませんので、意識して改善する必要があります。また、足を組むのは精神的な面を表しているケースもあります。

強い緊張感を感じている時に組んでしまうことが多く、逆にリラックスしている時には足を伸ばしたりぶらぶらとさせます。その他、椅子の高さが合っていない場合や、安定化の悪い椅子を使用している場合にも足を組んでしまうことがあります。これらは全て日頃の生活に関わってくる部分です。

これらの原因に思い当たるものがある時には、どの程度足を組んでいるのかをチェックしてみることが大切です。意識せずにやってしまう行為ですので、自分で考えているよりもずっと長い時間、足を組んでいる可能性があります。骨盤の位置が左右対称でなかったり、足を組まないと安定感が得られない人は、既にかなりの歪みが発生していますので、早急に適切な対処が必要です。

足を組む癖の対策

足を組んでしまう人に有効な対策とは足を組まないようにするための一番の対策は、日頃から常に意識することです。ダイエットをしている時に食べ物に気を配るのと同じように、日頃から姿勢に注意します。意識しないでいると自然に行ってしまうものですので、歪みを誘発するような姿勢をしていないかをこまめにチェックすることが大切です。

意識の改革だけでもかなりの改善につながり、その後の歪みの予防にもなります。また、安定した姿勢を保つことでも組む回数が減りますので、バランスの良い安定感のある座り方を模索することも大切です。現代人は椅子に座る機会が多く、その椅子が体に合っていないとついつい足を組んでしまいます。

しかし、高さを合わせて正しい姿勢で座るようにすれば、自然と良いバランスをキープすることができますので、そのようなちょっとした工夫を積み重ねることが大切です。体の筋力を鍛えるという方法もあります。筋力が弱いと一定の姿勢を維持することが難しくなり、体勢を変えることでバランスを保とうとします。

少しずつでも筋力がついてくれば、姿勢を維持することが楽になり、体勢を変える必要がなくなります。日頃から運動をしない人はどんどん筋力が落ちてしまい、日常生活の様々な面において問題が生じます。それが筋力不足によるものだとは気付いていないケースも多々ありますので、以前に比べて不調が増えてきた、体力が落ちたと感じたら、筋力不足を疑ってみる必要があります。

足を組む癖の解消方法

足を組む癖の解消法として有効なのは足を組む癖が不安定な姿勢からきている場合には、足を組むこと以外で安定性をもたせる方法を考えます。椅子の選び方や座り方、腕などのパーツの動かし方で大分変わってきますので、日頃の動作を見直してみるようにします。精神的なストレスを抱えていたり緊張感がある場面では、足を組むことで自分を落ち着かせようとする人もいます。

これも気付かないうちに行っている動作なのですが、緊張感をほぐす方法は他にもありますし、ストレスは上手な発散方法を見つけなければなりません。精神的な面は常に一定ではなく短いスパンでも変化するものですので長引かないケースもありますが、継続した問題を抱えている場合には取り除くために行動することが大切です。

意識して組まないようにしていることが困難だという人は、足の間にタオルなどをはさんでおきます。そうすることで足を組みそうになるとタオルが落ちますので、気付かないうちに行ってしまうことがなくなります。足の間に何かをはさんでおくと、多少は意識がそちらにいきますので、意識改革の面にも効果があります。

長年足を組んでいる人は、骨盤が歪んでしまっている可能性があります。その場合には骨盤矯正を行わなければ根本的な解決には至りません。骨盤矯正はベルトやクッションなどで行うことができますので、日常生活の中に取り入れることができます。症状が酷い時にはストレッチも行うと効果的です。

足を組む癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

足を組む癖を止めるには日常生活の見直しを足を組む癖がいつしか体の歪みにつながり、その結果内臓の不調や血流の悪化を招きます。体の不調につながっているなどと考えている人は多くないと思いますが、長年続けることでリスクは高まります。しかし、癖は意識していない時間帯にでも自然に行ってしまうものですので、止めるのはとても大変です。

特に、既に歪みが発症している場合には矯正をしなければ改善されません。解消法を考える時には、日常生活を見直してみることが大切です。日頃から正しい姿勢でいるか、どちらか一方ばかり使っていないか、椅子の使い方は正しいかなどを確認してみます。

そして、筋肉のつき方はどうか、骨盤の位置は正常かなども同時にチェックし、体の状態と合わせて考えることが重要です。解消するには、その問題を取り除く必要があります。問題を抱えながら癖だけを矯正しようとしても、結局は組みやすい要因というものを排除できていないので再び行ってしまう可能性が高くなります。

足を組むことは、見た目の美しさを損なうだけでなく、体の様々な部分にも影響を与える行為です。下半身がむくんだり冷え症になったりといった表立った問題が発生している場合には、既に影響が大きくなっています。そのようなケースでは早急に改善するための方法と予防策を同時に行わなければなりません。下半身だけでなく、全身に影響を及ぼすことですので、なるべく早くに止めるべきです。

2-0160-0414

解消法 老人の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

高齢になると、足腰の弱りとともに、便秘で悩む人が増加します。老人になると、足腰などといった体を動かす機能が弱まりますが、...

Woman having a stomachache in the living room

ガスだまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

ガスだまりとは腸にガスが溜まって大きなガスのかたまりになります。それが腹部を圧迫することで、お腹が張り痛みを伴うこともあ...

Close-up photo of a beautiful red female lips

爪をむしる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

爪を対象とした癖を持っている人がいます。他の人に迷惑をかけるわけではありませんが、爪を噛んだりむしったりする姿は幼稚な印...

2-0016-0095

解消法 ほうれい線を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

ほうれい線とは、鼻の横から、口角にかけて八の字の形に広がったシワのことです。小さな子供の頃から存在するものですが、加齢に...

Pretty brunette suffering from stomach pain at home in the bedroom

解消法 ひどい便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

毎朝出かける前には家でトイレを済ませ、おなかをすっきりさせてから学校や仕事に行けたらどんなに気持ちがよいでしょうか。そん...

2-0031-0154

解消法 簡単に肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

肩こりとは、肩だけではなく、後頭部から肩甲部にかけての筋肉の緊張などによって鈍痛や違和感や不快感を感じる症状を言います。...

childhood obesity

幼児肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児肥満とは標準体重よりどれくらい体重が上回っているかによって決まりますが、幼児肥満には2種類の肥満があります。一つは単...

2-0182-0086

解消法 のどのイガイガを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夏といいますとそれなりに湿度があります。一方冬になると湿度が低くなります。湿度に関しては高くなるとジメッとしますが、低く...

2-0183-0093

解消法 ふくらはぎのだるさを解消する対処方法や対策・原因・特...

体の中で心臓は非常に重要な役割をしています。それは血液を全身に送る役割です。血液に関してはただ流れているだけでなく、栄養...

2-0464-0005

顔のほてりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔のほてりとは、顔や身体が熱っぽくなったり赤く紅潮した状態のことをいいます。ほてりを感じるときは顔や手足などの部分的や全...

Beautiful woman and bodycare

解消法 ツボマッサー...

かつては成人病と言われていましたが現在は生活習慣病に名称...

2-0264-0101

解消法 マッサージで...

健康的な子供の象徴としてほっぺたがりんごのように赤い子が...