負け癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

負け癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

負け癖とは、選択や決定を間違えやすく不利益を被る機会が多い事や、勝負事や競争等で中々勝てない事を言います。スランプの様な一時的不調と異なり、文字通り癖として、負けるように動く傾向が続ききます。例えば、人付き合いが上手くできず他人と敵対しやすい、または、行動が…

負け癖とは

負け癖とは、選択や決定を間違えやすく不利益を被る機会が多い事や、勝負事や競争等で中々勝てない事を言います。スランプの様な一時的不調と異なり、文字通り癖として、負けるように動く傾向が続ききます。例えば、人付き合いが上手くできず他人と敵対しやすい、または、行動が裏目に出やすい、他にも、物事を自分の希望する方へ進めにくい等が挙げられるでしょう。

こうした負け癖は、医療や科学の分野で明確に定義されている訳ではありません。しかし、自己評価をする際に自分は物事を上手く解決できない事が多いと思う事や、他人から失敗の多さを指摘される事等で自覚する場合があるものです。一度身に付けてしまうと物事がスムーズに進みにくくなり、面倒が増えてしまいます。

しかし、病気とは違いますから、解決法も意外と簡単です。当人の心がけや行動次第で意外と簡単に早く解消していけるでしょう。負け癖はあくまで癖であり、物事に対する、悪い取り組み方を身に付けているだけの問題です。ほんの少しのきっかけで解消され始めますから、自分に負け癖があると思っている方は、解消法を探して試してみる価値があると言えます。

現在、自分や自分に近い人が負け癖がついていると考えている場合も、解消の糸口は必ずあるものです。できる事から少しずつ始めれば、やがて解消されていき、物事への向き合い方も良い形に変わっていくでしょう。負け癖は一度身につくと取れにくいとはいえ、解消すれば物事を上手く動かしやすい勝ち癖へと転換もできますので、解消に向けて努力をする価値は十分にあります。

負け癖の特徴(症状)や原因

負け癖の原因は、当人の感じ方や考え方にあります。例えば、人付き合いで負け癖がついている方であれば、自分に魅力が無いと思い込んでいたり、酷い場合には自分が人に避けられる存在だと決めつけていたりするのが特徴です。行動が裏目に出やすい方ならば、自分の思考が正しいのかわからず、決定する前に悩んだり迷ったりする特徴があります。

物事を悪い方へ進めてしまいがちな方は、大切な決定を他人に任せて傍観しがちな特徴を持っているものです。つまり、外的な要因で妨害されるのではなく、成功しやすい方法を取れない心理的な要素が当人の中にあります。人付き合いが苦手な方は、人から理解されない事を前提に言動を決めてしまう事で、逆に他人から理解されにくくなっています。

行動が成功に結び付きにくい方は自分の能力に自信を持てない状態にあり、行動中も迷ったり躊躇したりしがちなので、チャンスを逃してしまう事が多いものです。物事に自分の意思が反映されにくい方は、自分の考えが間違っているかもしれないと心配したり、悪い価値観を持っているのだろうと決めつけたりするので、自分の意見を話せないまま終わってしまいがちでしょう。

こうした負け癖を解消していくには、失敗要素を1つずつ取り除いていくのが大切です。しかし、全てを取り除く必要はありません。1つでも取り除ければ物事を成功させやすくなりますので、状況が良くなり、気持ちも楽になります。最初から難しい事をする必要もなく、簡単な事から始めれば良いのです。

負け癖の対策

負け癖の対策として当面行える方法には、いつもと違う考えや行動を取る事があります。ただし、常識を外れるような変わった行動をする必要はありません。いつもと違う道を歩いたり、意識的に考え方を変えてみたりするだけでも十分です。問題は成功しにくい行動パターンを身に付けている点にあり、癖として続くのは、変化を望まない姿勢にあります。

そこで、まずは行動パターンを変える事に慣れるのが有効な対策になるのです。根本的な対策は行動パターンの改善にありますが、最初からハードルを上げる事はありません。行動パターンを変えるのに慣れてきてから、現状に良い意味での不満や疑問を持つ事を始めます。負け癖がついている方は、癖の影響がありますから、置かれている状況が良くありません。

しかし、その状況に慣れているので、そのままでいいと思っている事があります。この為、癖として続くのを止めるには、自分の置かれた状況を変化させたいと希望する意志が必要です。現状改善の意志を持つ上で大切になのは、理想的な自分や将来像を持つ事にあります。

理想と比較して、今の自分はどういう存在なのかを考えるのは、変化の意志を生じる良い意味での不満を持つきっかけになるでしょう。また、これからずっと似たような状況にあって満足なのかと考える事は、現状に疑問をもつきっかけになります。こうしたきっかけが元になり、心理的な変化の転機が生じるものです。変化という方向性が生じれば、ある程度意識的に行動を決めるだけで解消は自然と進んでいきます。

負け癖の解消方法

負け癖の具体的な解消方法として有効なものは様々にありますが、多くの方に共通して使える方法の1つは、現実を直視する事です。手段としては、パソコンやノートを使って、自分の良い所や悪い所を書き出していくと良いでしょう。こうすると、現実の自分はそんなに悪い存在ではないのではないかと、良い疑問を持つ事ができます。

同様に、これまでの人生を振り返って、良い出来事や悪い出来事を思い出してみると良いでしょう。負け癖がついている人は自信が無く、悪い出来事ばかりだったと勘違いしているものです。冷静になって客観的に思い返せば、自分が意外と能力があったり、物事を上手くやれたりする人間だと見直せます。

自分を見直す際に悪い所を見て自信を無くしたり、嫌な事を思い出して不愉快になったりするかもしれません。しかし、変化を望む意志が生じていれば、自分にはこういう良い所もあるし、自分の人生にはこういう良い事もあったと思い直せます。この様にして現実を直視さうれば、自信を取り戻す第一歩にできます。

成功しにくい行動の基礎や基本となっている、悲観的な思考パターンが変われば、言動の内容やタイミングも変わるものです。現実世界での言動が変われば、物事への対処もやり方が変わり、他人からの印象も違ってきます。これまでと違った事を言ったり行ったりするのは、最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、それを乗り越えれば負け癖はもう解消したも同然になります。

負け癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

負け癖は誰にでも起き得るものであり、また、誰でも解消できるものです。癖がついた方は、たまたま自分は劣っていると誤解していて、他人に対して一歩も二歩も無理に引いた状態にあります。解消して苦しくなる事はなく、むしろ楽になる為の変化をするのが負け癖の解消です。ただし、解消が進む中で必ず起きる、負け癖に引き戻そうとする心理には注意しましょう。

自分を楽な状態へ変化させるとはいえ、現状の変化自体には少なからずエネルギーを使います。これを忌避して悪い状態へと引き戻そうとする事があります。例えば、失敗の記憶が思い返される時は、逆に成功した事を思い出しましょう。

自分の良い所を見直した時や、自分の現状や将来を考え直してみた時を考えれば、引き戻しには負けないはずです。また、アドバイスとして、負け癖を解消する変化を継続させるにはコツがいります。例えば、これまでと違うタイプの人達と付き合うのは効果的な方法の1つです。もし、自分が憧れていた人達がいるのなら、思い切って話しかけてみると良いでしょう。

負け癖がある頃はとても話せない相手と思っていても、現実では相手の方が、より多くの人と交流してみたいと考えているものです。自分にとっても、相手にとっても良い刺激になりますので、お互いにとって良い変化が得られます。また、責任ある活動に立候補してみるのも効果的です。誰かがやる必要があるものの、皆が避けるような事を積極的に行うと、他人がそれを見て自分に興味を持ってくれますので、自身の置かれた状況に変化が現れるものです。負け癖は最初の1歩を踏み出せば意外と簡単に早く解消されるので、難しい事は何もありません。

Senior having back pain at home

解消法 右の腰が痛いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

忙しい生活を送っていると、知らないうちに体に無理がきてしまい、肩こりや腰痛などを発症してしまうこともあります。最初は気に...

Close up mid section of businesswoman suffering from neck ache in office

解消法 首の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人の体は他の動物とはいろいろな面で異なります。まずは二足歩行を日常的に行うことがあります。それによって頭が一番上にあり、...

2-0395-0020

慰謝料で同棲を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

同棲とは結婚していない男女が、一つの家に共に住み、生活することを言います。厳密には単純に同じ家に住むことのみを指しますが...

Stressed businesswoman with hands on head against painted blue wooden planks

心と体のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

心と体のストレスとは、心の疲れと体の疲れが表に現れてきている状態です。インターネットも普及して、情報を入手するにも便利な...

businesswoman in anger

解消法 ストレスに強くなる為の悩みを解消する対処方法や対策・...

日本の社会では、ストレスも日本の社会独特の形があり、その中で日常生活を一生送らなければならないということになると、日本の...

Female face with the wrinkles on her forehead

解消法 おでこが広いを解消する対処方法

10代からやけに髪の毛が薄く、おでこ広い人は意外に多いです。これは遺伝などもありますが、髪の毛が薄い状態が恒常化し本人も...

2-0332-0275

解消法 即効でおなかの張りを解消する対処方法や対策・原因・特...

食事をしたときにもうこれ以上食べられない位になることがあります。いつもよりたくさん食べた時であったり飲んだ時にあるかもし...

s

解消法 仕事でのイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

仕事を進めるということは技術職、研究職、あるいは事務職や営業職のような職種に関わりなく、多くの人の連携作業です。いくら、...

2-0063-0215

解消法 手足のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

むくみとは、細胞組織の液体と血液の圧力バランスが崩れ、細胞組織に水分が溜まってむくれている状態のことを指しています。血漿...

2-0199-0223

解消法 首周りのベタベタを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

夏になると汗をかきます。夏は非常に暑くて体温もどんどん上昇させてしまいます。人は42度以上になると生きていられませんし、...

2-0038-0165

解消法 強い不安を解...

人間は誰でも日常生活を行なう上で、対人関係や将来への漠然...

Woman undressing brassiere

解消法 胸のたるみを...

10代の女性の胸は張りがあってぷるんぷるんしています。こ...