解消法 登山の冷え性を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 登山の冷え性を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

最近山登りは趣味の一つとして注目されています、富士山が世界遺産に登録されるなどの出来事もあり、更に山への注目は強くなっているといえます。しかし登山には様々な注意点があり、その中の一つとして体の冷えがあげられます。普段の生活環境と比べ登山の冷え性というのは…

登山の冷え性とは

最近山登りは趣味の一つとして注目されています、富士山が世界遺産に登録されるなどの出来事もあり、更に山への注目は強くなっているといえます。しかし登山には様々な注意点があり、その中の一つとして体の冷えがあげられます。普段の生活環境と比べ登山冷え性というのは、大変危険な場合もあるのでよく注意しなければいけません。

登山の冷えが何故注意しなければいけないかというと、それはケガの原因になり得る可能性を秘めているからです。本来人体のメカニズムとしてウォーミングアップをして柔軟し体を温める事で筋肉など体を解して上げるのですが、体を動かしながら徐々に冷えていく登山中に関しては、動いているにも関わらず体が冷えにより強張り間接の動きを中心に、様々な箇所に影響が出てきます。

本来発揮されるはずであったパフォーマンスが出せない体というのは、頭で考えているよりも動かないので、意図せぬ怪我の原因になる事も多々あります。そのような事がないようにする為、登山家は様々な準備注意を怠る事なく万全を期す事で登山を成功させます。

登山中の冷えというのは個人差もありますが、外的な要因で防げる事に関しては、完璧にする事が重要です。趣味で登山を始めた方がつまずく第一歩として上げられるのが、山中の体の変化だと言う方も少なくありません、必ずしっかりとした準備をして、楽しい登山を行えるように冷えに対しての知識と準備を整えておきましょう。

登山の冷え性の特徴(症状)や原因

登山の冷えの特徴として最初はそうでもなかったのに中盤や後半、急に体調の変化が起こり冷えていたという事例が多くあります。何故そういった事例が多発するのか、それには登山のリズムによる部分も大きいです。体力に自身の無い方は途中で休み、その分を取り返そうとピッチを上げて進んでしまいます。その上下の幅が大きな問題となります。

休止状態と活動状態の落差は加圧トレーニングのように大量の発刊を促します、しかしそれに気がつかず山頂を目指していると、やがて体は冷え切り体のあちこちが鈍り始め、やがては熱を出すという現象がおきます。登山の最中は人をカバーできる程の体力がある人は少ないので、自力もしくは救助の必要がでてきてしまいます。

そのような大事にならないように体へのサインで現在の状態を把握する必要があります。まずは体温を測ることです、人は正常状態であれば口の中の温度が37度を保っています。そこから下ると、疲労感を覚えバテた時と同様の体調不良の感覚に際悩まれます、やがて記憶力が低下し歩く事も覚束ないといった状態です。

これが35度程度になると、体の振るえが止まらなくなり、立ち上がる事すら不可能な状態に陥ります。それ以下の体温では意識を保つのも難しくなるでしょう。こういった低体温の状態にならないように冷えない事が最重要となります。汗などで濡れる事や雨や風なども冷えの原因として挙げられます。こういった低体温状態に対しどのような対策ができるのでしょうか。

登山の冷え性の対策

登山中の冷えは危険であり、それを防ぐため登山前に出来る事といえばインナーの選択も一つのアプローチとなります。汗をかいても濡れないという雨が降っても濡れないという対策が必要です、汗対策としてはドライ加工のある通気性のあるものを選択しましょう。乾燥に特攻のあるTシャツなどが、良い選択になるでしょう。

雨に関してはレインウェアを準備する事が必要です、これらにかんしても汗を逃がすタイプのものがあるのでよく吟味して選びましょう。そして登山中は汗を感じたら、熱を逃がすように着脱を繰り返しましょう。面倒な事ではありますが、こういった行動が数時間後の体調に対して大きな効果を及ぼします。

登山中の風は一見濡れる事が無く軽視されがちですが、風自体は体力を奪います。風が吹いてきた時、程度によっては風を避けて進むなどの選択が強いられます。風邪は体温を奪うので、体調の変化をよく確認して、レインウェアなどで体を防護するといった事も場合によっては必要になってきます。

休憩時の風に関しても対策が必要です、熱を奪われるようであれば、小休止して食べ物を口に含むといった行動も臨機応変にしていかなければいけません。様々な低温対策をし、体がエネルギーを作る妨げをしないようにしながら登山中はしのぐ事が重要です。どうしても喉が渇き水分を欲してしまいますが、体内から冷やしてしまうのは危険なので、できれば暖かい飲み物をとるようにしましょう。

登山の冷え性の解消方法

万が一登山の最中に冷えを感じ始め震えが起こり始めたら、テントなど簡易休憩施設を設置し、体を温めましょう、火も炊ければ尚良いです。服が濡れているなど原因がはっきりしている場合は着替え防止や防寒着などで保温しましょう、さらに暖かい砂糖水を摂取する事が必要です。この時にカフェイン等を摂取すると欠陥を縮小していまし、余計に危険なので注意が必要です。

シェラフなどの緊急施設を用意できるのであれば、事前にその他の人が暖めた状態のものに入るようにすれば万全です。状況が落ち着き、食べ物を口に出来るようになれば、暖かい食べ物を摂取し回復に努めましょう。このように緊急時の対象法が色々ありますが、そこまで危険な状態になる手前で、事前に防ぐ事がより大切です。

出来れば緊急シートやツェルトは軽く携帯でき、いざと言う時に熱を維持できるものとして常備しておくといいでしょう。高価な登山グッズ、またはウェアは吸汗速乾機能が高いですが、限界を超えるとそれほど一般品と変わらないので過度な期待は持たず、小まめな汗拭きなど面倒な手間を回数で重ねる努力をする事を忘れてはいけません。

登山中の冷えは自分の自身の体に起こる事ではありますが、山との戦いと言っても過言ではありません。どのように登山を捉え、冷えに関して重要度を持って挑むのかが登山中の冷えに対しての真の解消方法と言えるでしょう。二度手間、三度手間を惜しまずにしっかりと準備をしましょう。

登山の冷え性のまとめ(未然に防ぐ方法など)

登山中のトラブル、冷えに関してどのようなスタンスで挑むかを真剣に考えると、未然にどこまでの事を想定して挑めるかという事に他なりません。様々な登山用品の準備は勿論の事ですが、持ちすぎない事も重要です。あまりにも多い荷物は過度な発刊を促してしまいます。重量は軽く尚且つ、必要最低限のものを携帯して登山に挑みましょう。

登山中に汗をかかないという事は、人間であれば不可能でありいかに汗をかいた時の対処、もしくは汗の量を減らす事ができるかそれが大切な事となってきます。登山中のペースは焦らずに負荷のかからない歩き方で長く動ける形が理想です。少しでも距離を稼ぎつつ発汗を防止する、それが理想的な登山と言えるでしょう。

また登山中は場合によっては熱を逃がせるように着脱が必要です、冷えすぎない程度に熱を拡散する事で汗をまとって行動する事を防ぎます。登山前、登山中の飲食に関してはペースが大事です、登山前から満腹ではそれが発汗の原因になってしまいますしまた、登山中でも満腹感を持ったままもいけません。

自分自身が身がるに動け、空腹を感じない程度がベストと言えます。飲みものに関しては飲むようにしたいのですが、冷たいものはなるべく控えるようにしましょう、体内から体を冷やしてしまうのは登山中の行動の中では賢い選択とは言えません。様々な行動に注意が必要なのが登山ですが、冷えに関しての知識を持って望めて楽しい登山ができることでしょう。

2-0049-0188

解消法 高齢者の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

便秘というのは、日本内科学会の定義によると「三日以上排便が無い状態、又は毎日排便があっても残便感がある状態」とされていま...

pixta_4568473_S

解消法 オフィスで足先のひえを解消する対処方法や対策・原因・...

体が冷えやすいことを冷え性と言いますが特に病名としてあるわけではありません。周りの人に比べると寒いと感じやすいなどがあり...

2-0109-0305

解消法 地味にストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

ストレスは現代社会には欠かせない問題や課題でもあり、この社会を生きていく上で、非常に重要な内容を含んでいるということです...

Colonic bulb and toilet paper

解消法 頑固な便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

健康であることはだれもが望むことでしょう。早期に体の異常を知り、改善して病から遠ざかることはとても大切です。では、どうす...

2-0376-0398

解消法 目の下のたるみ解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

目の下のたるみというものはかなり誤解されていることも多い症状です。実際こういったものはかなり多くの人がなっているのですが...

SONY DSC

解消法 全身の体のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

体のむくみと聞いたとき一番最初に出てくるのが手のむくみです。手というものは多くの人に見られてしまう機会があります。そのた...

0019-0066

解消法 ストレッチで秋バテを解消する対処方法や対策・原因・特...

夏バテと言う言葉は良く聞きますが、実は”秋バテ”があるのを知っていますか。秋は天候の変化が著しく、夏のように暑い日が続い...

2-0367-0379

解消法 腹部の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事の時にはどんどん口の中でかみ砕きそれを飲み込みます。噛むまでは自...

2-0165-0386

解消法 歩く事で便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

基本的に便通というものは、毎日定期的にあるというのが健康な状態といえます。理想を言えば、毎朝の大体決まった時間にあるとい...

2-0349-0331

解消法 二の腕のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

女性に良く見られる肥満の特徴というのがありますが、女性の場合下半身に脂肪がたまるということがあります。また下半身以外にも...

SONY DSC

髪を触る癖を解消する...

髪を触る癖というのは、よく女の人に見られるものとして知ら...

2-0396-0021

姻族関係を解消する対...

婚姻関係とは、法律上夫婦と認められた関係であり、戸籍法に...