解消法 中途覚醒を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 中途覚醒を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

中途覚醒とは、せっかく眠ったのにもかかわらず、眠っている途中で目が覚めてしまう状態の事を言います。この状態を「隠れ不眠」とも言いまして、眠ってから3時間ほど、ひどい人の場合は1時間ほどで目が覚めてしまう人もいます。目が覚めるのにもかかわらず、体の疲れや精神的な疲れは…

中途覚醒とは

中途覚醒とは、せっかく眠ったのにもかかわらず、眠っている途中で目が覚めてしまう状態の事を言います。この状態を「隠れ不眠」とも言いまして、眠ってから3時間ほど、ひどい人の場合は1時間ほどで目が覚めてしまう人もいます。目が覚めるのにもかかわらず、体の疲れや精神的な疲れは取れていないため、昼間に眠たくなってしまうこともあります。

そのため、仕事や学業などの集中力が欠けてしまい、周囲の人によっては「たるんでいる」「怠けている」と思われ、さらに辛い立場となってしまう人も少なくありません。しかし中途覚醒を起こす人のほとんどはたるんでいる人ではなく、神経質の人が多く、仕事のこと、勉強のこと、人間関係のことでストレスをためて緊張感を高めてしまっている。

夜眠ることに対しても「ちゃんとぐっすりと眠ることができるだろうか」と気にしてしまい、そのためなかなか眠りにつきにくくなったり、眠りに入っても途中で目が覚めてしまう現象が起きてしまうようになります。ぐっすりと眠るために睡眠薬を使って眠ろうとする人もいますが、あまり体に良いことではありません。

自然にぐっすりと眠れるようになるために、そのような体作りを行なうために、生活習慣の改善から始めなければならないケースもあります。中には病院に通って薬を処方してしまうケースもありますが、そこまでひどくなる前に独自で改善できることは、今からでも始めなければなりません。

中途覚醒の特徴(症状)や原因

中途覚醒の原因となるものの1つは、最近流行しているスマートフォンやパソコンからつながって交流をしていくソーシャルネットワーク、そのほかオンラインゲームなど、そのようなものに夢中になってしまい、寝る前になっても画面を見っぱなしという人が現代問題となるほど、多くなっております。

パソコンやスマートフォンの画面を暗い部屋の中で見てしまったりしますと、そこで脳が明るい画面から刺激を受け、画面を見終わってから約1時間ほど経たなければ眠りに入りにくくなるという研究データがでています。ソーシャルネットワークで誰かから返信されれば、そこからまた誰かに返信をする、この繰り返しを続けていることにより眠る時間を削ってしまいます。

スマートフォンやパソコン以外にも原因となるものがあります。それはストレスです。現代がストレス社会と呼ばれる時代でもありまして、仕事や学業、人間関係でのストレスによって緊張感から解放できず、常に神経が張った状態となって眠りに入りにくくなり、布団やベッドで横になっても目が覚めたままの状態がずっと続いたり、眠ったとしても中途覚醒で目が覚めてしまったりなどが続き、結果、不眠症となってしまう人もいます。

そのような状況が続き、不眠症となり、ソーシャルネットワークやストレスでの緊張での生活のような状況をさらに続けてしまいますと精神疾患やうつ病などを発症してしまう可能性が出てくるようになるため、注意が必要となってきます。

中途覚醒の対策

中途覚醒を何とかしたいと思うのであれば、少し辛く感じる人が多くいるかもしれませんが、なるべく朝早く起きて、外に出てまず散歩をすることで、夜になると良い眠りにつくことができるようになってきます。太陽の光は、紫外線のこともありましてあまり浴びると日焼けをしてしまい、体に良くないといわれていたりもしますが、日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりなど日焼けを避ければ、実は日光を浴びることで脳の活性を良くしてくれる効果があります。

筆耕を浴びますと脳の中でセロトニンが分泌され、緊張で張っている神経をほぐしてくれる効果があり、精神的にも安定し、自律神経を整えてくれます。日光の中でも朝日は特にセロトニンの分泌を良くしてくれる効果があり、早起きは三文の徳という言葉も出てくるほど良いことです。

夜、眠っている途中で目が覚めてしまいますと、そこから眠りにつくまでまた時間がかかってしまう人もいますし、たとえすぐに眠りに入ることができたとしましても、途中で目が覚めてしまうことで前日の疲れが、朝起きても取れていない感じがする人が、世の中には多く存在しております。

なかなか深い眠りに入ることができないのに早起きをして仕事や学校に行く前に散歩をするのはしんどいと感じる人もいるかもしれませんが、辛いのは最初だけでして、毎日継続して早起きをし、外に出て散歩をしていくことで徐々に夜になると眠たくなり、ぐっすりと深い眠りにつくことができる体となっていきます。

中途覚醒の解消方法

朝早く起きて散歩をし、そして必ず行なうこととして大事なことは、朝食をとることです。食べることは良い眠りをとるためにとても大切なことです。そして食べるものも気をつける必要があります。野菜や魚など、体に栄養を与えることができるものを意識して用意し、食べることが重要です。

栄養の高いものを食べることで肉体的にもエネルギーを与えることができますし、精神的にも落ち着きを得ることができるようになります。最近よく伝えられているオメガ3脂肪酸という成分があります。その成分は脳の活性を良くしてくれる働きがあり、テレビの情報番組でも取り上げることがあるほど、注目される成分となっており、一時期はその成分が入っている食材はスーパーやコンビニなどで売り切れるほど人気を呼んだことがありました。

オメガ3脂肪酸は、青魚やくるみ、緑黄色野菜のほか、えごま油、亜麻仁油、しそ油などにも含まれるものでして、朝食に魚と野菜を使った料理を食べることで、さらに脳に良い成分を与えることができるようになります。

脳に良い成分を与えることで自律神経のバランスを整え、集中力を挙げてくれるようになり、バイオリズムも正常にしようと脳が働くようになるため、0時が近くなりますと眠たくなるようになります。時間がないから朝食をとらないで仕事や学校に行く人は最近多いとテレビの情報番組でも伝えられておりましたが、それは本当に体にも精神にも良くないことなので、朝食は絶対に食べなければなりません。

中途覚醒のまとめ(未然に防ぐ方法など)

中途覚醒は現代問題となるほど、悩む人が多くなってきています。現代人のほとんどは1日のおおよその時間は仕事を行なっているか学業を行なっているかとなってしまっております。そのため仕事に追われ、勉学に追われ、そのうえ人間関係にまで悩まされてしまっては、ストレスを解消するにもなかなかできないと感じる人は多いのも致し方ないのかもしれません。

しかし、少しの事を止めることだけで、解消できる問題もたくさんあります。まず、眠る1時間前はスマートフォンやパソコンの画面を見るのをやめる習慣をつけること、その眠る前の1時間をスマートフォンやパソコンの画面を見るのではなくヒーリング音楽を聴いたりアロマセラピーを楽しむ時間にするのも良いかもしれません。

そして先ほども述べましたように、早起きの習慣をつけていくこと、朝ごはんをしっかりと食べる習慣をつけていくこと、そのような事を身につけるだけでストレスを緩和させることは可能となります。そのような習慣をつけようとする人の中には、パソコンやスマートフォンから離れた人も存在しています。

さらにレベルが高い人では、デジタル関連のものからはなれるためにお寺で修行を行なう人もいます。そこまでやりなさいとは言いませんが、ほんの少しの習慣を行なうことで、中途覚醒から解放される体に治していくことができます。自分の体が一番大事な事を意識し、良い生活習慣を身につけていくことで、中途覚醒だけでなく心も体も健康的になっていきます。

Muesli with milk and honey

解消法 食材で便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

日常生活では衣食住が快適に利用できる時に幸福感や充実考えられるものですが、その中でも食べるということは非常に重要な要素に...

s

解消法 3キロダイエットの悩みを解消する対処方法

ダイエットをする時は、後3キロ減れば違うのにと思う事がしばしばあります。また無理せずに痩せる事が出来る重さも大体3キロく...

2-0075-0240

解消法 食べ物で疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

毎日仕事をしていて、目が疲れたなと感じたことはありませんか。誰でも一度や二度、そんな経験をした事があるのではないでしょう...

2-0005-0041

解消法 カリウムでむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

むくみとは、血液中の成分が水分とともに浸透することによって、血管やリンパ管の外にしみだしてしまっている状態のことを言いま...

Caucasian woman's leg.

解消法 太ももを細くする為の悩み解消する対処方法

雑誌を開くとモデルさんがミニスカートを履いてポーズをとっています。どの人もみな、太ももから足先まですらりと細く伸びていて...

2-0245-0061

解消法 スープで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

現代社会では飽食の時代という背景から、なんでも好きなものを食べることができ、食生活というのは乱れているのが現状になります...

2-0304-0193

解消法 骨盤の歪みを直し便秘を解消する対処方法や対策・原因・...

ひどい便秘が続いてしまい、何日も便が出ない状態が続いてしまうと苦しくて大変です。実はそんな便秘は骨盤の歪みからもなってし...

2-0137-0359

解消法 疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

疲れ目と眼精疲労とは厳密に言うと違いあります。目に疲れを感じた時に、休憩ととったり、眠ることで疲れが回復するゆであれば疲...

2-0339-0290

解消法 足裏のツボで即効で便秘を解消する対処方法や対策・原因...

便秘とは、腸に便が長い間留まってしまう状態を指します。通常、摂取した物は、大腸に来た段階で水分が吸収され、硬くなってきま...

2-0063-0215

解消法 手足のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

むくみとは、細胞組織の液体と血液の圧力バランスが崩れ、細胞組織に水分が溜まってむくれている状態のことを指しています。血漿...

2-0243-0055

解消法 コロコロウン...

フンは食品に実在している蛋白質、ビタミン類、脂肪分などの...

2-0244-0059

解消法 しわ・たるみ...

年齢と共に増加してしまう”しわ・たるみ”。顔だけではなく...