解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹のふくらみを感じる人は多いです。スリムな人であっても、この出っ張りを感じる人は多いです。スリムであるがゆえに、ここだけ出ていると感じてしまう人も…

加齢による下腹ポッコリとは

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹のふくらみを感じる人は多いです。スリムな人であっても、この出っ張りを感じる人は多いです。スリムであるがゆえに、ここだけ出ていると感じてしまう人もいます。加齢によるもので、筋肉の低下や、運動が減ってきたことによって起こってきます。

中には病気を患って、それが元でちょっとでてしまったという人もいます。30代後半から40代にかけて、この症状はでてきます。全く出てないようなすごく綺麗なおなかの持ち主もいます。そういう人は常日頃から運動もしていて、そして、食生活も気をつけている人です。

どうしても、立って生活していると、いい姿勢で立つ事が少なくなってくると、でてしまう現象です。なかなかこれをやり過ごして、生きていくのは難しいです。女性に多い現象で、男性でこういうことになる人はあまりいません。体の作りが違うというのも一つです。

男性と女性では、筋肉のつき方も異なってくるので、このおなかのところを集中的にトレーニングしても、男性のほうがすっきりとした、おなかになってきます。やはり女性は脂肪が多いので、ここは思うような筋肉がつかないです。おなかではなくて、へそから下の下腹部というところが特に出ている人が多いです。高齢になって、ここが出てない人はいないぐらいの状況となっています。年をとると出てしまう物です。

加齢による下腹ポッコリの特徴(症状)や原因

年をとってきたら、どうしても、昔のように筋肉トレーニングをするということも減ってきます。しても、なかなか筋肉がうまくつかないので、ぽこっと下腹がでてきます。女性には男性にない、臓器があるので、これが年齢とともに、下に下がっていくので、でてしまうという事です。

若いときは、体の色々な機能がまだ若いので、これを上に引っ張っていたのですが、年とともに、下がっていってしまいます。ひっぱりあげる力というのがなくなっていきます。そこは仕方ないところです。子供を生んだ女性なら、一度大きく子宮がなっているので、それによって、内臓の位置も多少ずれてきています。うまく産後に、修復できないままだと、この子宮の位置が下がったままになってしまいます。

それが年齢とともに、徐々に下がっていき、体はそんなに太ってなくても、ここだけぽっこりと出ているということが起こってきます。この周辺の臓器の病気を患ってしまってから出てしまったという人も存在します。ホルモンの関係も大きく影響してきます。

やはり、男性にはない臓器を持っているということで、女性は、このおなかが出てしまうのは避けることができない状況にはなっています。正しく整復していくと、多少は抑えることができます。ただし、男性が行うようには効果がすぐにはでてこないというのも難点です。普段からの注意というのが必要になってきます。病気のサインということもあるので、出すぎてきたら要注意です。

加齢による下腹ポッコリの対策

下腹がでてきたら、そのままになってしまう人もいるのですが、洋服をきると、やはり気になるところです。他はきれいに着こなすことができるのに、ここだけぽこっとでているのは、ちょっと残念です。若いときのように、ぺったんこのおなかにするには、かなりに努力が必要となってきます。普段から運動を取り入れて、特に、女性は筋肉が落ちやすいので、筋肉トレーニングも日課のように行っていきます。

そそて、ストレッチも併用して行っていくといいです。なかなかそこが毎日続かないという人がおおいです。これをしていると、ぽこっと出る下腹とはおさらばできます。毎日続けることが大事になってくるので、ちょっと休んでしまうと、又おなかは出てきます。後は便秘にならないことも大事です。

腸にある老廃物を綺麗に毎日出していくことで、すっきりとした腸を取り戻すことができます。下腹にある臓器というと、ここがメインの臓器になってきます。余分なものがあると、ふくらみもでてきてしまうので、毎日すっきりとだしていくことも大事です。

そのためには食生活の見直しというのも大事です。肉の多い食事ではなくて、良質のたんぱく質をとるようにするといいです。繊維質もたくさん摂取して、すっきりとした状態にしてから、筋肉をつけていくといいです。そうすると、体全体も軽くなってくるので、この下腹だけよくなるのではなくなってきます。体全体が綺麗になっていけるので、ここは見直すべきです。

加齢による下腹ポッコリの解消方法

下腹がでてきてしまったら、即座にダイエットするのではなくて、その原因を探っていくといいです。太ったことが原因なのか、臓器が下にさがってきてるのか、または隠れた病気があるのかもしれないです。その原因によって、対策は考えていくほうがいいです。加齢が原因というのであれば、ここは腹筋と、インナーマッスルを鍛えていくことが重要です。

腹筋は、おなかの外の筋肉を鍛える事です。インナーマッスルとは、おなかの中の筋肉を鍛えていく物です。つい外側の筋肉を鍛えることばかりに目が言ってしまうのですが、この内面の筋肉を鍛えることが重要です。内面の筋肉をきたえるには、やり方が色々とあるので、これは病院にいって、きちんと教えてもらうほうがいいです。

やっていても、効果がでてこないという人もいるので、それは、やり方が間違っているという物です。内面の筋肉を鍛えていくには、じっくりと時間がかかります。じわじわとゆっくりと中の筋肉に働きかけることによって、普段の生活のなかでも、眠っていてた筋肉が活性化されてきて、同じ動作でも、そこの筋肉がついてくるということになります。

今はこの内面の筋肉が見直されてきてるんで、関連した書物も多く登場しています。そういうものを参考にして、自分にあったものを取り入れて、内面の筋肉の強化を図っていくことが重要となってきます。とその側の腹筋もあわせて鍛えていくことは、忘れないようしていかないといけないです。

加齢による下腹ポッコリのまとめ(未然に防ぐ方法など)

どうしても、年をとるとおなかの出っ張りというのはでてきます。どんなに気をつけた生活をしていても、アスリートでないかぎり、ちょっと出てきてしまいます。そこを出ないようにするには、やはり、普段から気をつけて生活していくことが重要になってきます。インナーマッスルというところを注目して、外の筋肉だけ出なくて、うちに眠っている筋肉を呼び覚ましていくことが大事です。

なかなか普段の生活では、そこのところを鍛えていくことはできないです。定期的に、毎日少しずつ、ストレッチや、トレーニングといったものをしていくことで、どんとでてしまったおなかを徐々に押さえていくことはできます。短時間で、すっきりすると言うのは難しいです。

でも、毎日続けることで、かなりへっこんでくることは間違いないです。全身運動も取り入れて、普段から運動はとりこんだ生活を送っていくことが大事です。そして、筋肉トレーニングというのも忘れないことです。女性は子供を生んだ後の。産後も大事になってきます。

骨盤の矯正を行って、ずれてしまった臓器を元の位置に戻しておくことで、としをとったときに、下腹がどんどん出て行くことも防いでくれます。ちょっとしたケアで、加齢とともにでてくるおなかを、最小限までひっこめることができます。毎日にケアや、後は、運動を忘れない生活というのが大事です。中でのトレーニングもいいですが、外に歩きにいくのも、気分的にいいので、これも取り入れていくといいです。

2-0425-0015

婚約を慰謝料で解消する対処方法や対策・原因・特徴について

婚約とは文字通り結婚の約束のことです。お互いに誠意を持って将来結婚しようという約束をすれば、婚約は成立します。しかし法律...

Asian baby boy bite toy

幼児の噛み癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の噛み癖とは、おもちゃやタオル、人形などの身の回りにある物や、親の指や肩、そして遊んでいる最中にお友達の手や腕などを...

2-0387-0018

レシピで夏バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏バテとは一般的に、四季のうちの夏のシーズンに起こる症状です。1年のうちでも、最も温度の上がる夏の時期には、温度上昇に伴...

Mischievous Little Girls

解消法 主婦のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

主婦には、たくさんのストレスがあります。毎日の家事や、育児などは重労働です。家計のやりくりも、しなければいけません。頑張...

Cute smiling baby boy in bed lying on his belly in bedroom

解消法 幼児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

小さなお子様でも便秘をする事があります。幼児はまだ排便能力が大人のようにまだ発達していません。その為、乳幼児期は便秘にな...

2-0055-0202

解消法 仕事疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

仕事をするうえでの疲れというものには、二つの種類があります。その一つは物理歴な体の疲れがあげられます。仕事が忙しい時には...

Beautiful woman and bodycare

解消法 ツボマッサージでメタボリックを解消する対処方法や対策...

かつては成人病と言われていましたが現在は生活習慣病に名称が変わりました。成人病といえば成人ですから20歳以上の人がなる可...

F

解消法 鼻づまりからの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特...

秋になった、冬になったと感じることはあります。秋においては金木犀の匂いがしてくると感じることがあります。食欲がある人は美...

2-0027-0144

解消法 夏疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

日本には四季があります。夏は6月から8月までで北海道でも30度を超えることがあります。南に行くほど暑いイメージがあります...

2-0244-0059

解消法 しわ・たるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

年齢と共に増加してしまう”しわ・たるみ”。顔だけではなく、手やひざや首など体全体に出てしまい、ぱっと見た感じ相手に対して...

Anxious and sick woman lying on sofa in the living room

解消法 腹痛と腰痛を...

頭痛・腹痛・腰痛という言葉があるように、体の一部には特に...

2-0056-0203

解消法 子供の鼻づま...

小学校低学年までの子供は風邪をひくと、鼻づまりを起こすこ...