解消法 ゴルゴラインを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 ゴルゴラインを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔に出来るシワは、その人の見た目年齢を大きく変えてしまいます。その有無によって10歳程度違う事も珍しくありません。その一つがゴルゴラインです。目頭の少し下からほほの方まで続く線の事で、ぱっと見るとくまなのか影なのか何かわからないと思っている人も…

ゴルゴラインとは

顔に出来るシワは、その人の見た目年齢を大きく変えてしまいます。その有無によって10歳程度違う事も珍しくありません。その一つがゴルゴラインです。目頭の少し下からほほの方まで続く線の事で、ぱっと見るとくまなのか影なのか何かわからないと思っている人もいる物です。ミッドチークラインと呼ばれる事もあるので、その名前で知っている人もいます。

ゴルゴラインはマンガの主人公から名づけられました。原因となっているのはたるみです。それによってそれまでは上に引き上げる力が働いていたのですが、いつの間にか引き上げられることなく下に肉が動いて行ってしまいます。そのため、斜めに線が入ってしまう事があります。

10代、20代位で感じる人は少なく、30代に入るとなんとなく気になると言う人が少しずつ出てきます。ほうれい線の方が注目されやすいのでどうしても軽視されがちですが、実際には40代位になるとそれで悩む人も珍しくありません。顔には筋肉がありますが、笑ったり誰かと話をする機会が減ってしまうと、その筋肉自体を動かさなくなってしまいます。

そのため、次第に肌は衰えて行きたるみが出てきます。また肌自体の弾力も低下するのも影響しているので注意が必要です。ゴルゴラインが出来てしまうと、その人の見た目年齢は10歳以上上に見えてしまう事も有ります。アンチエイジングを意識する人が多くいる昨今、このラインを解消する為にはどうすれば良いかという事を調べて解消法を実践している人も少なくありません。

ゴルゴラインの特徴(症状)や原因

ゴルゴラインは加齢に伴って出てきてしまう物です。また、日頃誰かと会話をする機会がない、パソコンやスマートフォンばかり見ているという人はどうしても少しうつむき加減となってしまいます。表情を変える必要がなくなってしまうと、表情筋が衰えてしまいます。それによって顔にたるみが出てきます。

小鼻の横から口角の方に向かって線が出て行くとほうれい線、目の下からほほに向かって線が出るとゴルゴラインとなります。人によって顔のたるみ方が違うので、線の濃さも大きく違ってきますが濃くなればなる程解消しにくくなってしまうので注意が必要です。出来るだけ早く解消する為には、軽いうちに何らかの対処をしておく事が重要です。

目の脂肪が少ない人や、パソコンを使っている時間が長い人にできやすい傾向にあります。疲れが貯まったままにしておくのは良くないので、マッサージをしたり適度に温めたりして血行を良くしておく必要があります。また1回できてしまうと簡単に解消する事は残念ながらできません。

そのため、できてから何らかの対処をするのではなく、できれば出来る前からゴルゴライン対策をしておく必要があります。ただマッサージ自体はとても効果的ですが、上から下に顔を触る感じでマッサージをしてしまうと結果的に悪化させてしまう事もあります。またクマができやすい人は、クマの部分からゴルゴラインが出てしまう事もあるので注意が必要です。肌の色が違うとより目立ちやすくなってしまいます。

ゴルゴラインの対策

ゴルゴライン対策として効果的な事はいくつかあります。その一つが血行を良くする事です。表情を変えないとどうしても血流がとどこってしまう事があります。冷やす・温めるを繰り返し行う事によって、顔の血行を改善する事は可能です。そうすれば顔の疲れ・コリを感じにくくなるのでゴルゴライン自体もできにくくなります。

一般的なシワと同様で、保湿も効果的です。肌のハリが低下してしまう時にもできやすくなるので、しっかりと保湿をする必要があります。さらに紫外線が乾燥の原因となるので、日頃からUV対策をしっかりと行うのも重要です。保湿効果がある日焼け止めを利用すれば、より効果的が期待できます。

日頃から良くパソコンやスマートフォンを利用していると、どうしても同じ表情で過ごす時間が長くなってしまいます。顔を良く動かす運動をするのも効果的です。運動と言っても長時間行う必要はなく、仕事の合間などに3分程度行うだけでも大きく違います。口を大きく開ける、目を大きく開くと言った日常的に行わない動きをするのも効果が期待できます。

ただ、一度ゴルゴラインが出来てから行っても即効性があるわけではないので、なるべくできないように予め対策を行っておく事がポイントです。大体40代位から気になる人が増えてくるので、20代後半から30代前半位から対策を行っておくと安心です。ただ40代に入ってからでも効果は期待できるので、ゴルゴラインを意識したその時から対策を行うようにします。

ゴルゴラインの解消方法

一度出来てしまったゴルゴラインは、すぐにきれいに消す事はできません。これはほうれい線と同じです。まずはマッサージと保湿によって解消する必要があります。また耳を引っ張ったりするだけでも肌に良い影響があり、一定の効果が期待できます。普段からあまり表情を変えていないと感じている人は、顔をよく動かす運動をします。

なるべくスムーズに動かす事が出来る様に努力するだけでも、ゴルゴラインは変わって行きます。ただ運動や化粧品などによって解消しようとしても、なかなか即効性はありません。そのため、自分で出来る努力以外にもゴルゴライン解消の為に行う事があります。それがヒアルロン酸の注射です。

ほうれい線を解消する為にも利用されるヒアルロン酸ですが、これはゴルゴラインにも同様の効果が期待できます。ただ自分で行う事は出来ないので、美容外科などに行って施術を受ける必要があります。注射自体はそれほど腫れる事はありません。またメイクも可能です。しかしヒアルロン酸自体は次第に体内に吸収されてしまいます。

そのため、注射を1回すればずっとゴルゴラインが解消されるかと言ったらそうではなく、定期的に注射をする必要があります。しかしこの方法は他の方法とは大きく違って即効性があるので、すぐに治したいと言う人にも人気がある方法です。

またメイクで隠す事も可能です。手軽に出来るのがハイライトを利用する方法となります。光をうまく使う事によって、軽くシワが出来ている程度であれば十分見た目的には目立ちにくくする事が可能です。ただこれは根本的な解消方法ではないので、それを併用してマッサージや保湿等を行う必要があります。

ゴルゴラインのまとめ(未然に防ぐ方法など)

加齢に伴って人の顔にはいくつものシワが出来て行きます。それによって見た目年齢にも大きな影響を及ぼす事は少なくありません。どれだけ肌を綺麗にしていたとしても、シワが一つできてしまうだけで実年齢よりも10歳以上年上に見えてしまう事も有ります。その一つがゴルゴラインです。目の下からほほに出来る線なので目立ちやすく、さらに1回出来るとなかなか解消する事が出来ません。

そのため、実際に出来てから如何しようと困るのではなく、未然に防ぐ必要があります。まず日頃から血行を良くしておく事が必要です。さらにメイクが残っているのは良くないので、丁寧な洗顔を心掛けます。日焼け対策、マッサージ、保湿も必要です。ヒアルロン酸はハリのある肌を手に入れる事が出来るので、利用する価値はあります。

肌の事を考えた食生活も重要です。例えばビタミンCの摂取を心掛けるのも必要となります。ただビタミンC自体は水溶性で、さらに過熱によって破壊されてしまいます。摂取し過ぎても過剰症に陥る心配はありませんが、加熱調理をすると実は全く摂取できていないと言う事にもなりかねないので注意が必要です。出来れば生の野菜を摂取したり、フルーツを食べます。

またサプリメントを毎日利用するのも一定の効果が期待できます。一度出来てしまうとなかなか解消する事が出来ないので、未然に防ぐ事がとても重要です。30代位になったら肌ケアを丁寧に行う事、さらに乾燥を防ぐ事が必要です。表情筋を動かすエクササイズを毎日行う事によって、次第にできたゴルゴラインを薄くする事もできるので、自分の現状に合っている対処法を行う事が最も効果が期待できます。

s

解消法 自宅で簡単に出来る運動不足を解消する対処方法や対策・...

今の高齢者が子供の頃にはどこの家庭でも畑を耕して自給自足していても食べるものが不足していたし、炭水化物主体の食事だったの...

Anxious and sick woman lying on sofa in the living room

解消法 腹痛と腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

頭痛・腹痛・腰痛という言葉があるように、体の一部には特に痛みを伴いやすい箇所があります。痛みというのは体を守るために基本...

2-0339-0290

解消法 足裏のツボで即効で便秘を解消する対処方法や対策・原因...

便秘とは、腸に便が長い間留まってしまう状態を指します。通常、摂取した物は、大腸に来た段階で水分が吸収され、硬くなってきま...

pixta_16272110_S

解消法 食べ物で夏バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夏バテというのは、暑気あたりや、暑さ負け、夏負けとも呼ばれています。夏の暑さによって食欲が減退したり、冷たい飲み物を沢山...

Cute smiling baby boy in bed lying on his belly in bedroom

解消法 幼児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

小さなお子様でも便秘をする事があります。幼児はまだ排便能力が大人のようにまだ発達していません。その為、乳幼児期は便秘にな...

0029-0106

解消法 マリッジブルーを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

最近マリッジブルーという言葉を時々聞きますが、言葉の中にブルーという単語が入っているので、大体は感じがわかります。この言...

Y

舌を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

舌を噛む癖というのは、無意識のうちに自分の舌をかんでしまう行為が、癖になってしまうことです。意識せずに、ガリッと噛んでし...

2-0380-0409

解消法 離乳食で便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

可愛い赤ちゃんはいつも元気いっぱいです。そんな赤ちゃんが便秘で苦しがっていたらとても大変です。実は赤ちゃんも大人と同じ様...

2-0002-0014

解消法 アロマでイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

これと言って理由がないのにイライラしてしまう。そのような悩みを抱えている人も多くいます。とくに女性に多いようで、周囲の人...

2-0045-0179

解消法 午後の眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

1日のうちで眠たい時刻としてはまずは起きた時があります。スッキリ起きることが出来れば眠気を感じることは少ないですが、睡眠...

2-0023-0137

解消法 下腹ぽっこり...

赤ちゃんは人間の姿においては可愛らしい状態の一つでしょう...

2-0075-0240

解消法 食べ物で疲れ...

毎日仕事をしていて、目が疲れたなと感じたことはありません...