解消法 昼寝から来る頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 昼寝から来る頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

保育園などにおいては昼寝の時間が設けられています。しかし小学校などになると昼寝はありません。会社などにおいてもありません。昔であれば農業など自分で自由に仕事をすることが出来ましたから、昼に自宅に帰って昼寝をしたこともあるようです。現代においては会社などに…

昼寝から来る頭痛とは

保育園などにおいては昼寝の時間が設けられています。しかし小学校などになると昼寝はありません。会社などにおいてもありません。昔であれば農業など自分で自由に仕事をすることが出来ましたから、昼に自宅に帰って昼寝をしたこともあるようです。現代においては会社などに勤めることが多く昼寝をしたりするとサボっているように見られてしまいます。

眠たくてもなんとか我慢をして仕事をしなければいけないとされています。その中でも自由時間などがあれば昼寝をするのも何をするのも自由になります。学校であれば授業と授業の間に休みがありますし会社であれば昼休みがあります。これらの時間を利用して昼寝をすることがあります。

この時にはどのような体勢を取るかですが、人によって違いはあるでしょうが多くは机などにうつ伏せになるでしょう。学校やオフィスにおいては自分の机と椅子があります。さすがに寝るスペースは用意されていません。座ったまま寝ることもありますがそれだと寝顔を見られてしまってあまり良くありません。

うつ伏せであれば人に寝顔を見られることもありませんし、姿勢としてもそのほうが楽です。起きれば眠気も取れて頭もスッキリと行きたいところですが昼寝から来る頭痛が来ることがあります。せっかく眠気がとれたのに頭痛が起きてまた難題が増えて困ることがあります。この痛みに関しては通常夜に寝ているときなどには起きません。朝起きた時はスッキリ目覚めることができます。

昼寝から来る頭痛の特徴(症状)や原因

昼寝から来る頭痛の特徴としては昼寝から覚めた時に起きるもので通常の睡眠時から起きた時に起きないことです。つまりは寝たことによって起きたものではないと考えられます。症状としては主に頭の後ろの方が痛むことがあります。うつ伏せで寝るとき、手を重ねたりしてその上におでこなどを乗せます。ですから後頭部に関してはフリーの状態です。

その状態から起きた時、フリーのはずの後頭部の部分が少し感覚がないような状態があり、その後に少し痛みが残ることがあります。原因としては姿勢があるようです。まずはうつ伏せの時においては一見頭が手で支えられているように感じますがそれ以外には首においても支えられています。

この部分が緊張することによって起こるとされています。更に机などがないときに昼寝をする時、首が前に下がった状態で寝ることがあります。あごがかなり落ちて体につくぐらいになっています。この時には首が大きく曲がってはやり緊張した状態になります。首の緊張が強くなって、血管であったり筋肉に影響すると考えられます。

これにより頭の後頭部のあたりに痛みとして残るとされます。比較的起こりにくいのはリクライニングなどがしっかり出来る椅子で頭を椅子にあずけて寝る時です。この場合は夜に寝ている時と近くなります。それでも横になるよりは首が不安定になるので動いてしまうと頭痛が発生することもありますが、前に行ったりすることがないので緊張しにくいようになっています。

昼寝から来る頭痛の対策

昼寝から来る頭痛に関して対策をするにはまずは体勢について気をつけることです。よく行う前にうつ伏せになる時においては手で支えるようにすると傷みやすくなります。可能であればクッションなどを用意するのが良いかもしれません。それも少し高さがあるタイプです。そうすることで首の緊張が幾分和らぎます。

これによっておでこなど手と接する部分の圧迫も少なくすることができるのでその部分の血流についても滞りを防ぐことができます人によっては手を使わずに直接机に頭を載せる人がいます。そして顔を左右どちらかに向けるなどしています。一応これでも支えられていますが、首が曲げられた状態なので起きた時の痛みとしては大きくなることがあります。

5分から10分ぐらいの非常に短い時間であれば悪い姿勢であっても痛みが出るほどではないかもしれませんが、時間が長くなればなるほど緊張する時間が増えるので痛みが増す場合があるので気をつけなければいけません。椅子に持たれて昼寝をする場合においてはアイテムを使うと良い場合があります。

これは鉄道や飛行機などで寝るとき使うアイテムを利用します。首を固定するタイプのクッションがあります。首のあたりに巻いて寝るようにします。これによって首が椅子についた状態で固定されます。前後に動きにくく、左右にも動きにくくなります。緊張しにくくなるので痛みを軽減できるとされます。空気を入れるタイプならコンパクトに持ち運べます。

昼寝から来る頭痛の解消方法

昼寝からくる頭痛においては、一般的に言われる頭痛の中では緊張型頭痛に該当するタイプになります。解消方法としてはこちらの解消法を取ることで痛みが取れる場合があります。偏頭痛は血管が拡張することで起こることで起こるとされますが、緊張型の場合は収縮して起きるとされています。血流の流れの滞りがあるとされます。

そこで血流を取り戻すために温めるようにすると良いです首から肩のあたりが緊張によって血流が減っていたのでこの辺りを温めます。そうすると血流が回復して緊張の度合いがとれてきて痛みも少なくなってきます。注意としては偏頭痛の解消方法をとらないことです。偏頭痛の場合は冷やすことで治そうとしますがこれは逆効果になってもっと痛みがましてしまいます。

更に簡単な解消方法としてはそのまま我慢することです。緊張状態があるから痛みがありましたが、緊張状態がなくなれば自然に痛みもとれてくるとされています。会社などでは最初は少し痛みを持ちながら仕事をしますが、しばらくするとその痛みも減ってきます。

どうしても痛みが出てどうしようもない場合は鎮痛剤などの薬を利用することを考えます。昼寝のあとに飲むとよく効く薬をおいておくようにします。頭痛薬のタイプは頭痛によって分けられています。自分に合ったものを選ぶ必要があります。頭痛があるから飲むのはいいですが、あまり飲み過ぎないようにしなければいけません。薬ばかりに頼るのはよくありません。

昼寝から来る頭痛のまとめ(未然に防ぐ方法など)

昼寝から来る頭痛を未然に防ぐ方法として時間を短時間にすることです。これは一般的にも言われていることです。昼間の昼寝は頭をスッキリさせるには必要な事とされています。でもあまり長く寝てしまうとその後の生活に影響するとされます。特に夜の睡眠の質を悪化させると言われているので短くします。長くても15分程度とされています。

また、寝るときにはきちんと寝ようとしすぎないことも必要です。寝る目的としては脳を休ませることにあります。そのためには体に情報が入らないようにすれば寝ている状態に近くなります。うつ伏せになって目を閉じれば目からの情報が入ってこないので頭を休めることができます。

音が気になるのであれば耳栓などをすることでその音もシャットアウトできます。実際に寝ていない状態だと首がある程度は意識的にホールドされるので、寝入ってホールドされていないよりは頭痛に繋がりにくいとされています。うつ伏せになって瞑想状態に入るくらいの気持ちが良いかもしれません。昼寝に関しては昼寝用のアイテムがあります。

昼寝専用の枕と言われているもので、見た目は普通のクッションです。でも真ん中にくぼみがあります。この真中の部分に顔を入れます。すると鼻や口は圧迫されないので息ができます。目も圧迫されません。おでこなどの顔の外周で支える形になっています。昼寝専用のグッズを利用すれば通常感じるよりかは痛みが軽減出来て、未然に防げます。

2-0075-0240

解消法 食べ物で疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

毎日仕事をしていて、目が疲れたなと感じたことはありませんか。誰でも一度や二度、そんな経験をした事があるのではないでしょう...

Stressed woman sitting in office

解消法 緊張型の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

湿布には温湿布と冷湿布があります。それぞれどういったときに使うかわかっていないと逆効果になることがあるので注意しなければ...

2-0064-0226

解消法 秋バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏バテを知っている方はいっぱいいますが、秋バテという症状も実在しています。秋バテは夏の終わりから秋の初めにかけて気温の差...

Grimacing Woman Suffering a Painful Headache.

解消法 蓄膿症の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

蓄膿症とは、鼻の奥が詰まった状態になる症状です。鼻の奥というのは、正確に言うと副鼻腔と呼ばれる箇所です。蓄膿症という文字...

Man massaging the leg of a woman in a room

解消法 膝の外側痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

近年のマラソンブームや健康志向による運動のやり過ぎ、誤ったスポーツ動作によって、膝の外側痛みを訴える運動愛好家が増えてき...

2-0439-0100

失言癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

失言というのは、悪意を持って言う悪口とは少し違う意味合いを持っています。たとえば、政治家などが人がたくさん集まっているパ...

m

男性の浮気癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男性の浮気癖は今に始まったものではなく、古い時代から女性を悩ませる癖のひとつです。男性は女性が好きですが、浮気を繰り返し...

2-0130-0342

解消法 妊娠中の胃の圧迫感を解消する対処方法や対策・原因・特...

妊娠中、お母さんの体には色々な変化が表れてきます。お腹がどんどん大きくなったり、つわりで食べ物の好みが変わってしまったり...

2-0025-0142

解消法 夏バテを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夏バテとは、夏に食欲がなくなってしまう状態や、何もやる気が起きないといった、体の不調全体のことを指します。気がつくと、食...

0030-0113

解消法 リンパマッサージで足のむくみを解消する対処方法や対策...

水太りとの言葉を聞くことがあるかもしれません。水を飲むと太るような意味合いで使われるようですが通常は水を飲んで太ることは...

2-0251-0073

解消法 ツボでストレ...

ストレス社会の今、普段の何気ない生活の中でたくさんの精神...

2-0192-0189

解消法 黒ずみを解消...

昔の子供といえば外を駆けずり回って遊んでいたといわれてい...