解消法 靴下のむれを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 靴下のむれを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人が他の動物と異なる部分としては服を着ているところがあります。他の動物の多くは体に体毛があります。人にも体毛がありますが、頭髪など一部の部分に限られています。服などによって体毛が不要になってきたからでしょう。服においては体を覆うものとしてありますが…

靴下のむれとは

人が他の動物と異なる部分としては服を着ているところがあります。他の動物の多くは体に体毛があります。人にも体毛がありますが、頭髪など一部の部分に限られています。服などによって体毛が不要になってきたからでしょう。服においては体を覆うものとしてありますが、身に付けるものはいくつかのパーツに分かれます。

バラエティなどで見られるように全身タイツであればひとつの服ですべてをカバーすることができますが日常的に着ている人はほとんど見かけませんし実用的ではありません。服においては寒さなどを防ぐ目的以外に外部からのスレを防ぐために着用するものがあります。下着においてはその一つかもしれません。

直接服を着る下に柔らか目の生地の服を着ておくことで服と体とのスレを防いでくれます。服の素材が広がるようになりました。昔においては足元は裸足が多かったとされます。江戸時代などでは裸足に草履などを履くのが一般的だったようです。貴族などが足袋を履くくらいです。しかし今では多くの人が靴の着用をします。

靴を直接履くとスレが起こりやすいですからそれを防ぐ服としては靴下を履くことがあります。こうすることで靴と肌のスレが少なくなって痛みなどは起こりません。スレは起こりませんが靴の中は密閉の状態になりやすいためにむれが発生することがあります。元々は靴から発生した状態ですが、靴を脱いだ時においては靴下むれとして認識されます。臭いが気になることがあります。

靴下のむれの特徴(症状)や原因

靴下むれとしては、まずは出やすい季節があります。春において暖かくなる頃から夏、そして秋が深まるくらいまでは出やすくなります。理由はまさに気温が暖かくなり、靴の中が蒸れやすくなるからでしょう。その他にむれやすい靴をはくことがあります。男性においては革靴を履くことが多いですがあまり通気性が良いタイプのものがありません。

そのことからむれやすくなる場合があります。女性は清潔なのでむれることはないかですがそうでもありません。女性が冬に履くことが多いのがブーツです。ロングブーツからショートブーツまでありますが、靴の中の細菌を調べると男性の革靴よりも女性のブーツのほうが多いと言われています。

見た目からすると男性の靴よりもより通気性は悪そうです。だからこそ冬でも寒くないのでしょうが、靴の中の環境、靴下の中の環境から見るとあまりよい状態とは言えません。靴においても通気性を考えたものであればましになることがあります。男性の革靴において革底と呼ばれるタイプがあります。比較的高級な靴に多いです。

ゴムそこでないのでそこから通気性を得ることができます。しかし雨の日や濡れた場所などを通るとすぐに染み出してきますから気をつけなければいけません。原因の第一はやはり靴にありそうです。密閉性の高い靴を暑い季節に履くとどうしてもむれやすくなります。靴を履いている状態から少し臭うことがありますが、脱いだあとは更に臭いが強くなります。

靴下のむれの対策

靴下むれの対策としては履く靴を考えるようにします。男性に比べて女性は靴などを選びやすいです。男性は夏でも同じような革靴を履く必要があります。むれない、通気性がいいとある商品もありますが靴のポイントとしては雨の時に濡れない事が必要になります。雨で濡れないのとむれの両方を解消しようとするとかなり高度な技術が必要になってきます。

女性の場合はヒールなどであればそれほど足を中に入れなくてもよく肌の部分も多くなります。サンダル等であれば足先がないものがありますから、足裏などが足に接していてむれやすくなる以外はそれほどむれなくなります。サンダルを通勤に使えるかどうかはありますが、男性よりは選択肢としては増やすことが出来るかもしれません。

また女性においては通勤とオフィスとで履くものを変えられる場合があります。オフィスに居るほうが長くなりますから、ここで通気性にいい靴を履くようにすると良いとされます。男性社員は革靴で一日を過ごさないといけない事が多いですが、ソフトウェアの開発会社などにおいては外出することがない社員などには革靴以外で仕事ができるように取り決めをしていることもあります。

むれだけでなく圧迫をさせないことで仕事がやりやすいようにしてくれているようです。会社を選ぶときにどのような対応をしてくれているかを考えるのも必要でしょう。靴下の中がむれた状態になると不快感がありますから、日常生活にも影響します。

靴下のむれの解消方法

靴下むれの解消方法として靴下を選ぶことがあります。一般的には綿素材の靴下を選ぶと良いとされています。汗の吸収が良いからですが、いくら吸収してもすべてを吸収できるわけではありません。吸収して乾いてくれないとそれ以降吸収できなくなるのでどんどんむれを促進してしまいます。良いタイプの靴下としては5本指タイプがあります。

手袋は指の一本一本を入れるタイプがあります。指で何かをすることがあるためにそのほうが便利です。でも足の場合は通常は指で何かをすることは少ないです。多くの場合は特に分かれていません。すると足の中がどうなるかですが親指と人差指などがくっついた状態になります。

くっつけばお互いに汗がつき合い、菌なども繁殖しやすくなります。これが臭いの元になります。ムレも促進します。5本指タイプの場合は指にそれぞれ入れるために足にフィットします。足の指と指同士がくっつきませんから、ベトベトしたりすることはありません。これによって菌の繁殖も多少抑えられるようです。

一度履くとその快適さから手放せなくなる人が多いとされています。非常に履きづらいので履きたいと考えている人は少ないようですが、一般的な靴下と比べて足がバラバラに動き、臭いも少なく、むれた感じもほとんどありません。実際には汗で濡れていたとしても足同士がくっつかないことで、不快な感触がなくなります。靴を脱いだ時に少し恥ずかしいのが問題の一つです。

靴下のむれのまとめ(未然に防ぐ方法など)

靴下むれの対策としては消臭系のスプレーをかけたり天花粉を利用すると良いことがあります。これらについては臭いの成分を吸収してくれたり汗を吸収してくれたりします。しかし永久に効くわけでは無く、夏などは1時間もこの効果があればいいほうでしょう。会社につく頃にはベトベトしてくることがあります。

靴下むれますから、靴下を幾つか持っておく方法があります。出勤用、会社での仕事用などと幾つか持っておけばそのたびに快適な状態で過ごせます。社内は空調がきいているところが多いですからむれると言っても外にいるよりかはマシです。靴下自体の工夫では通気性がいいものを選ぶことがあります。メッシュ地になったものは非常に通気性が良くなります。

通気性は良くなりますが汗をよく吸い取る力としては落ちることがあります。靴において最近見かけるようになったのがかかとのない靴です。前から見ると普通の靴ですが後ろを見るとかかとがありません。スニーカーのようなタイプもあればビジネスシューズタイプもありました。

社内においてそういった靴をはくことが許されるかどうかですが、通常の靴に比べると蒸れにくくなりますから靴下の中もそれほどむれないかもしれません。大きめの靴を履くことによって蒸れにくくすることがあります。あまり歩くのには勧められませんが、社内にいる時だけ出ればよいでしょう。大きめなので自然に風が入り込みます。むれを防ぐことができます。

2-0002-0014

解消法 アロマでイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

これと言って理由がないのにイライラしてしまう。そのような悩みを抱えている人も多くいます。とくに女性に多いようで、周囲の人...

2-0156-0407

解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1...

2-0304-0193

解消法 骨盤の歪みを直し便秘を解消する対処方法や対策・原因・...

ひどい便秘が続いてしまい、何日も便が出ない状態が続いてしまうと苦しくて大変です。実はそんな便秘は骨盤の歪みからもなってし...

Shocked student finding her boyfriend cheating in school

浮気癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

浮気癖というのは、繰り返し浮気をしてしまうことが、もはやクセになってしまっている状態です。通常人間には、誰にでも何かしら...

2-0155-0406

解消法 夜間多尿を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な睡眠時間としては7時間から8時間とされています。理想としては寝ている時間中は目が覚めずに、一旦寝たら起きるまでは...

2-0307-0199

解消法 残尿感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

残尿感とはトイレで排尿をした後にも関わらず、まだ体内に尿がたまっている感覚があることです。これは年齢を重ねられた方の場合...

2-0274-0116

解消法 わき肉を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体は皮膚で覆われています。その皮膚の下に体のいろいろな組織があります。人によって異なるので、それによっては見え方も多く異...

i

悪い癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

一般に悪い癖と呼ばれるものは多くありますが、イメージとしては自分の健康に悪い癖であったり、他者に迷惑をかけてしまう癖であ...

2-0494-0093

赤ちゃんの抱き癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

生後間もない赤ちゃんは、お腹が空いたりオムツが濡れて気持ち悪い時以外、ほとんど眠っています。しかし、お腹がいっぱいでオム...

2-0154-0402

解消法 目元のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

目元のたるみとは、誰もが鏡を見て悩みと感じてしまう部分であります。こういったものは、若いお肌の状態を持ち合わせている限り...

Woolen socks

解消法 足先のひえを...

冬に寝るときにはどのような格好で寝るでしょうか。寝るとき...

2-0109-0305

解消法 地味にストレ...

ストレスは現代社会には欠かせない問題や課題でもあり、この...