解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1皿分の野菜料理が、だいたい70グラムくらいになります。つまり、1日に小皿5皿分の野菜料理を食べなければ、十分な量の野菜を摂取しているとはいえず…

野菜不足とは

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1皿分の野菜料理が、だいたい70グラムくらいになります。つまり、1日に小皿5皿分の野菜料理を食べなければ、十分な量の野菜を摂取しているとはいえず、野菜不足だということになります。

サラリーマンであれば、昼食はほぼ外食だという人も少なくないでしょう。ここ1週間の昼食のメニューを振り返ってみてください。ファミリーレストランなどの定食系メニューであれば、栄養価的には良いほうでしょうか。多少なりとも、野菜を含むメニューになっているでしょう。しかし小皿1皿分にも満たないことがほとんどなのではないでしょうか。

忙しい日は、牛丼やハンバーガーなどのファーストフードや、コンビニのおにぎりに頼ってしまうこともあるでしょう。この場合、野菜はほぼ皆無でしょう。ではお弁当を持参している人の場合はどうでしょうか。外食の人よりは栄養バランスが良い場合が多いでしょうが、お弁当箱のスペースにも限界があります。

どうしても野菜は少なめになってしまいがちではないでしょうか。いずれにしても、昼食は野菜不足になってしまうことがほとんどです。つまり朝食と夕食では、それぞれ最低でも小皿2皿分の野菜料理を食べなければならないことになります。どうでしょうか。十分に野菜を食べていると胸を張っていえますか。多くの人が野菜不足の状態に陥っている可能性が高いわけです。

野菜不足の特徴(症状)や原因

では、野菜不足になると、どのような弊害が起こるのでしょうか。ご存知のとおり、野菜にはビタミンやミネラルなど、人体に必要な栄養素が多く含まれています。これらが不足すると、免疫力が低下し、病気になりやすくなります。人の身体は免疫力によって、ウイルスや病原菌などの外部からの攻撃から身を守っています。

免疫が落ちると、日常生活に様々な問題が生じます。今自分が満員電車に乗っているとイメージしてください。満員電車には多くの乗車客がおり、その中には風邪をひいている人もいるでしょう。健康な身体であれば、免疫ではじき返せるものでも、野菜不足が原因で免疫が落ちていると、風邪をうつされてしまう可能性が大きく上昇します。

社会人や大学生であれば、毎日電車に乗って通勤あるいは通学をしている人も、決して少なくないはずです。免疫力がどれだけ大切なものかがわかるでしょう。また子どもについても、野菜不足は重大な問題を引き起こしてしまいます。子どもの成長には、カルシウムが必要です。そしてその調整にはビタミンDが深く関わっています。

野菜が不足すると、ビタミンDが足りなくなり、子どもの成長を著しく阻害してしまうわけです。子どもは野菜を嫌う傾向があります。ハンバーグやから揚げが大好物であり、それらをたくさん与えると、子どもたちは大喜びするかもしれません。しかし子どもたちの身体のためにも、心を鬼にして、野菜を十分に摂取できるようにしてあげてください。

野菜不足の対策

前述したとおり、わたしたちは野菜不足に陥りやすい環境で生活しています。では野菜不足に陥らないためには、どうすればよいでしょうか。その1つのポイントとなるのが、野菜をどう食べるかです。生野菜が好きだという人は多いでしょう。特に女性に人気があるようです。生のまま野菜を食べれば、調味料も最低限で済みますし、ヘルシーだというイメージがあるのでしょう。

またかさが大きく、おなかが膨れやすいので、ダイエットに効果的だと考えているのかもしれません。しかし野菜には食物繊維が多く含まれており、食物繊維が不足すると、便秘を引き起こしてしまいます。食べる量を減らしたことで便秘を引き起こしてしまい、結果的に体重が増えてしまう原因になってしまうこともあるわけです。

野菜は加熱すれば、かさが減り、食べやすくなります。野菜の種類にもよりますが、ものによっては10分の1までかさが減るものもあるですから、驚きです。しかし加熱すると、栄養価が減少してしまうのではないかという声も聞かれます。たしかにそのとおりです。

加熱することでビタミンCなどの水溶性ビタミンは流れ出てしまうことがあります。しかしビタミンCは、一般的な食生活をしていれば、他の食品からも十分に摂取でき、不足することは少ないといわれています。一方で脂溶性ビタミンや食物繊維は、加熱しても十分に残るので安心です。生の野菜に必要以上にこだわらず、上手に野菜を摂取することが大切です。

野菜不足の解消方法

加熱すればかさが大幅に減るといっても、毎日350グラムもの野菜を取ることは、難しいかもしれません。朝食は忙しく、ゆっくり取っている時間はないかもしれません。昼食は前述のとおり、ほとんどの場合、野菜不足になってしまいます。仕事が忙しい時期になると、帰宅するのは深夜になり、夕食も十分に食べられないなんてときもあるでしょう。

会社関係の人との付き合いで、居酒屋での夕食になることだってあります。ここまで書いてきたとおり、野菜はどうしても不足しがちです。では市販の野菜ジュースはどうでしょうか。パッケージをみると、1本に1日に必要な野菜が含まれているといったことが書かれているものもあります。もちろん、うそは書いていないはずです。

しかし実際には、そんなに簡単な話ではないわけです。どういうことかというと、前述のとおり、加熱すると水溶性ビタミンは流れ出てしまう上に、野菜ジュースを製造する段階や流通の過程で、その他の栄養素も破壊されてしまう可能性が高いです。もちろん取らないよりはずっと良いです。

しかしそれだけを頼りにして、野菜を食べないなんて行為は、非常に危険だということです。そこでお勧めしたいのが、ミキサーで作る自作野菜ジュースです。ミキサーで野菜ジュースを作れば、加熱することはないので、水溶性ビタミンも取れますし、他の栄養素も壊れてしまうことはありません。生の野菜を食べるのと同じ効果が得られるわけです。

野菜不足のまとめ(未然に防ぐ方法など)

ここまで野菜不足に陥りやすいことを書きましたが、やはりもっとも現実的な対策は、ミキサーで自作の野菜ジュースを作ることではないでしょうか。ミキサーは家電量販店で数千円で売っている、安価なもので十分です。料理をすることと比較すれば、忙しいときでも、短い時間で作業を終えることができるはずです。

また使用する野菜も、その時々で変更することができます。野菜だけでなく、果物も入れると飲みやすいかもしれません。インターネットで検索すると、様々なレシピが見つかるので、参考にするとよいでしょう。ちょっとした工夫で、様々なテイストを味わえます。野菜不足を補う手段としてだけでなく、楽しんでもらえるはずです。

野菜不足を防ぐには、日々の意識がもっとも大切です。そしてそのためには、野菜の役割や重要性について、正しく理解しておくことが必要不可欠です。そういう意味では、家庭や学校で、子どもたちにも十分にも教育していかなければならないことでもあります。いくら親が子どもに野菜を食べさせていても、彼らはいつか大きくなって自立していきます。

そのときに、野菜の重要性を理解していないと、だんだん野菜を食べない生活に陥ってしまうかもしれません。実際に、一人暮らしの社会人や学生は、かなりの高確率で野菜不足に陥ってしまっているのが現実です。現在、野菜ジュースや健康食品、サプリメントなど、様々な商品が市販されていますが、野菜そのものを食べることが一番効果的です。野菜を食べ、健康な身体をつくりましょう。

2-0218-0375

解消法 風邪からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

風邪を引き始めるのは早ければ秋の始めころのことがあります。ちょうど夏から秋へ季節が変わる頃急に気温が下がることがあります...

2-0031-0154

解消法 簡単に肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

肩こりとは、肩だけではなく、後頭部から肩甲部にかけての筋肉の緊張などによって鈍痛や違和感や不快感を感じる症状を言います。...

2-0455-0091

舌を出す癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

舌を出す癖とは、無意識に舌をペロッと出す仕草のことです。ちょっとしつこい印象では、唇を舐めまわすような仕草もあります。女...

2-0051-0192

解消法 腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

腰痛とは、その名の通り、腰が痛くなる事を指しますが、原因には様々なものがあげられます。特に女性は、男性に比べますと、全身...

2-0124-0329

解消法 頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体の中に何らかの症状があるときは痛みとして出てくることがあります。体の中には沈黙の臓器と言われる部分もあり、かなり進行し...

2-0244-0059

解消法 しわ・たるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

年齢と共に増加してしまう”しわ・たるみ”。顔だけではなく、手やひざや首など体全体に出てしまい、ぱっと見た感じ相手に対して...

Stressed woman sitting in office

解消法 緊張型の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

湿布には温湿布と冷湿布があります。それぞれどういったときに使うかわかっていないと逆効果になることがあるので注意しなければ...

m

男性の浮気癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男性の浮気癖は今に始まったものではなく、古い時代から女性を悩ませる癖のひとつです。男性は女性が好きですが、浮気を繰り返し...

2-0104-0300

解消法 短期間で二重あごを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

顔は大事な部分ですから見た目を良くしたいと考えます。昔はぽっちゃりが美人の条件と言われていたようですが、現在はスッキリし...

2-0339-0290

解消法 足裏のツボで即効で便秘を解消する対処方法や対策・原因...

便秘とは、腸に便が長い間留まってしまう状態を指します。通常、摂取した物は、大腸に来た段階で水分が吸収され、硬くなってきま...

Brunette suffering from stomach pain at home in the bedroom

つぼで胃もたれを解消...

食べた物が胃の中にたまった感じがして胃が重く感じたり、む...

0028-0102

解消法 マッサージで...

便秘というのは、一般的に排泄回数が少ないことや、排泄物が...