解消法 頭の回転を速くする為の悩みを解消する対処方法

解消法 頭の回転を速くする為の悩みを解消する対処方法

世の中には、頭の良い人といわれる人が多く存在します。高学歴の人を指すこともありますが、やはり一番は「頭の回転」が早い人のことを指すことが多いでしょう。では頭の回転が早いとは、どういうことをいうのでしょうか。数学が得意で、計算が得意というのも1つでしょう。あるいは…

頭の回転って?

世の中には、頭の良い人といわれる人が多く存在します。高学歴の人を指すこともありますが、やはり一番は「頭の回転」が早い人のことを指すことが多いでしょう。では頭の回転が早いとは、どういうことをいうのでしょうか。数学が得意で、計算が得意というのも1つでしょう。あるいはIQも1つの指標になりそうです。

しかしそれだけでは頭の回転が早いといえるかというと、疑問が残ります。微分積分が大得意で、非常に難解な数式であっても、らくらく解けるという人がいたとします。しかしそれ以外に特に目立った特性もなく、物覚えも悪くて、愛想も悪くて、いつもトラブルばかり起こすという人がいたとしたらどうでしょうか。

あるいはIQ160で、子どもの頃から神童と呼ばれているが、集中力がなく、簡単な仕事であってもミスばかりしているといった人がいたとしたらどうでしょう。頭の回転が早い人とは言いがたい気がしませんか。頭の回転が早く、賢い人というのは、1つの条件では言い表せないものなのでしょう。

ある程度の共通項はあるでしょうが、複数の能力を組み合わせ、上手に物事に取り組める人こそが、頭の回転が早いといわれるわけです。人間をパソコンにたとえるとわかりやすいかもしれません。より高機能なCPUを積んでおり、マルチタスクが得意です。通常のパソコンよりも、処理速度が早いです。様々なソフトに対応し、適応能力に優れています。ちょっと抽象的なので、もう少し具体的にみていきましょう。

頭の回転が早い人の特徴

頭の回転が早い人の特徴には、どのようなものがあるでしょうか。まず一番に浮かぶのは、仕事が早いという点でしょうか。頭の回転が早いといわれる人は、十中八九仕事が早いです。仕事が早いので、自分がした仕事について見直したり、推敲したりする時間も十分に取れるので、精度も非常に高いことが多いです。相手の言いたいことを素早く理解できる人が多いのも、大きな特徴でしょう。

1から10を知るといったら言い過ぎかもしれませんが、行間を読む力に優れている人が多いです。また要点をつかむのが非常に上手です。これは前述した「相手の言いたいことを素早く理解できる」という点にも繋がっています。相手の話を聞いたり、本や論文を読んだりして、結論はなんなのか、要約するのが得意です。

情報の取捨選択に長けているので、頭の回転が早い人は、問題解決のためのヒントを見つけるのも早いです。ここまで長所ばかり書いていたので、超人のような印象を受けるかもしれませんが、もちろん短所がある場合もあります。

相手に何かを話すときに自分を基準に考えてしまい、うまく伝えられない人もいます。また他人に無理難題を振ってしまうこともあるかもしれません。そしてその場合、本人には自覚がないことが多いでしょう。また思考するスピードが速いためか、早口の人も少なくありません。話していると、短い時間でも話題が次々に変わるなんてこともあり、人によってはあまり良い印象は受けないかもしれません。

頭の回転を早くするための対策

さて、頭の回転の早さは、生まれもってのものでしょうか。それとも訓練で身に付けることができるのでしょうか。これはどちらも正解といえるでしょう。生まれた時点での差があることは否定できません。子どもの頃、学校の勉強をらくらくこなす人もいれば、家で長時間勉強をして、やっと授業に付いていくことができるという人もいたはずです。

しかし後天的に身に付けることも十分に可能です。また生まれもって頭の回転が早い人であっても、その後に努力を怠れば、能力は低下していきます。多くの場合、影で努力をしていることがほとんどです。ただし本人はそれを自然なことだととらえ、努力だと考えていない場合もあるので、周りには余計、頭の構造が違うといった印象を与えるのかもしれません。

ここまで頭の回転の早い人の特徴を数多く挙げましたが、もっと大雑把に大きく分けると次の2点になります。(1)情報の要点を押さえるのが早い。これは情報の取捨選択の能力として発揮され、相手の意を汲み取ったり、調べ物を素早くこなしたりといった特徴に繋がります。

(2)自分の知識を組み合わせ、適切な答えを導くのが早い。これは仕事が早いという特徴にダイレクトに繋がっていきます。つまりこの2点の能力を高めていくことが、頭の回転を早くしていく上で重要になります。情報の要点を上手に押さえるための訓練と、知識を組み合わせる訓練をすれば頭の回転は、ぐんぐんと早くなっていきます。

頭の回転を早くする方法

前述の2つの能力を高める、もっとも簡単で、いつでもできる気軽な方法の1つは、とにかく本を読むことです。情報の要点を押さえる訓練としては、読んだ本の要約をするとよいでしょう。自身のブログを持っている方は、書評を書くと、非常に良い訓練になります。ある程度文字数を決めてやると効果的です。本にもよりますが、1冊の文字数はだいたい10万字前後です。

それを2,000~3,000文字程度に要約してみましょう。比率でいうと、2~3パーセントになるので、かなり大変に思えるかもしれませんが、慣れればそれほど難しくありません。多くの場合、本の中で本当に大事な情報というのは極一部であって、残りの部分は、その大切な部分の補足に過ぎないからです。

ポイントは、本のどの部分がその大切な部分にあたるかを理解することです。もしあなたが、その本の10ページ分だけコピーすることを許可され、その後その本を処分しなければならないとしたら、どのページをコピーするでしょうか。そんなイメージで考えると捉えやすいかもしれません。

書評を書くのに慣れてきたら、次は速読に挑戦するとよいでしょう。速読といっても、難しく考える必要はありません。要するに、短い時間で重要な部分だけを拾い読みするわけです。15分など、時間を決めて本を読み、それを元に書評を書くのもおもしろいでしょう。こういったことを繰り返していると、確実に情報の取捨選択能力、要点を押さえる能力は向上します。

頭の回転を早くするまとめ

要点を上手に押さえられるようになると、自然と知識を組み合わせるのも上手くなります。知識を組み合わせるためには、それだけ多くの知識が必要になりますが、人が常に取り出しが容易にできる情報の量には限界があります。そこで要点を押さえ、情報を上手に圧縮してあげることで、より多くの情報にアクセスできるようになるわけです。

頭の回転を早くするためには、情報の要点を素早く押さえる能力と、自分の持っている能力を上手に組み合わせる能力が必要になると前述しましたが、どちらの能力も、本を読むことで身に付けることができるわけです。また本の読み方にも、少し工夫するようにしましょう。ただ読むのではなく、著者と会話するように読みます。

ただ何となく読んでいても、知識は身に付きません。著者が言っていることに同意できるのか、できないのか、あるいはもっと改善できる点はないか、自分ならどうするかなどを考えながら読むと、読書の効果は何倍にも膨れ上がります。そしてこの著者との会話や自問自答が、実生活での思考能力に繋がっていくことになります。

社会人の方であれば普段から使っている人も多いかもしれませんが、フレームワークというものがあります。これはある問題について、解決法を導く思考法を、誰でも使える形に落とし込んだもので、SWOT分析や4P分析など様々なものがあります。本を読むことで、自分独自のフレームワークのようなものが自然と増えていき、頭の回転が早くなっていくはずです。

2-0422-0116

嘘をつく癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

誰しもちょっとした嘘をついてしまう可能性はあります。たとえば、本当のことを言ってしまうと自分に都合が悪くなってしまう場面...

2-0460-0105

考える癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

物事を深く考えすぎて、なかなか結論が出せなかったり行動に移れないという人がいます。考えることは悪いことではありませんが、...

Stressed Asian woman

解消法 生理前のイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

生理前のイライラとは、月経が始まる1週間前ぐらいに精神的に不安定になり、他の人に対して攻撃的になったり、意味不明に悲しく...

2-0097-0288

解消法 足首のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ダイエットをしている女性のなかには足が太いことを悩みにしていることがあります。しかし、いくらダイエットをしてもなかなか足...

A

食べ物でイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

イライラとは自分が思い描いていたように物事が進まず、気が焦ってしまうことです。人間が何かに対して、苛ついている状況を指し...

c

耳を触る癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

耳を触る癖がある人は甘えん坊であるという見解が多いですが、そのほかにも様々な心理を表すシグナルとしても捉えることができま...

2-0452-0080

頭をかく癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

頭をかく癖というのは、特に頭がかゆいという症状が出ているわけでもなく、気がつくと頭をポリポリとかいてしまう癖のことです。...

}œr_ù§28xdÂì'Ȩ"&•BG¾lb¬”’{¸ä™à“f®Ã·Ñ˜SÈ.‹•íi&»mH`RBò.>~QˆØVX¡‚[Yâ’42éÓ©ŠWcýÛWmŽôß6X2ÇúQq2FϓÕm55¹õîKX܍ˆâÄtÜxæÃa”ïÉǔ8ÉN«æ…Ú™6Ieìì"ŒÒGeS¨%¨3!SɚCiöÍuQ<xíZûr³(ñŸS®â£M.¤¯p°§Ù¥?erŸF`(ëÞsú”Qi0úÍã°cü±´~Ÿ³—Y„uiðEÙJtjIïï.%§:ˆãJRŠÄªÇ1ã”ݶðŠE*ܦ«)ˆŠ8ÂÜPÕ~%#Ù¹S#0x¶å^¤ÄŠÝ¦j3¼ž›·'Œòå×<¤Ê6øÐ碶àæp‹Сnä¥ŠÍЎý¹¥{@W&ð•ÈìZ8زuÙÎÀ}'@„dJg´¹X=}AÕ˜¨Æ•¯ò֛Ó2Åôh4ò¯4E%ÌîåZàuۘ?Ì?˜xfÃ8¹9¤Ö.ÍûÇêۜɉkMáœ<rÐX‹ŽþXS©Ú¹?˜ðÚ£józœ=NSu5û(ÎFrLB¸ó+J@îNcÛx’ÿÓk¼‰¯PGBŸ5ÈÞå›hÐ}[Y¼†CXùƒôHD‘šý4ÂEJ’93)ÖnH),‘„ǿ(ÇöZ¿g2¤GF Yµ¥Ò‰EÍ¿s3/ú‡Á½Úýœ¢XH-‚`²+7p€MZõÛà>àö̼V9†™ïÉmöŸêÆÆ	8±ý‡Ü}ù9â‘c÷¤Miz‹Â@¼ƒ¤Ò…©µi€æ™Qcz֓}rY.…Á§Xr{½7̘ši`þd²Òä[#w S,s BK'-åЮdÀ´È1«›K;g’8Ñe…á cÍû?eǏ¹—[I	}Ù6òðmš‚«àH閉0!.¢êDo3ŠŠôQݎVÒãÓNy¬Ç©'¹ÇŠ–š;{•e¹ R¿1ŠRàÓøb¶¹&5ûF¸i/ÿÔ7¾ÖíÒÕØ=H†4[æƒÃ|Ûª½Þ¦æµPHP̌­¢hº–µ¨C§i°™®§4tQݘöUÆRS§<ä+Ê0¶·P÷Òooøä~ûöQû#0'Ë›µÅˆ@PG]N+^َK’féÁ/!ÙFE²ŠTچ£BM¡à?h²ã†Ã)EÝÌîçà(	ÜV£UÝum9%µ¹1Ê[áŒý’;ä†è‘ –Zè×w÷ž¶©}"ïûµI]@ÿb_Ã,°Á Y6K+:.“mja‡WŒÎjğr¹&Å$3ØO„Ç'©ÝH=²(P,м‹ÎNj±ƒÑy0ˆö혹9¢Eé:®¢ÃIŒG.ÖÜ=SÔº)ï®FS<5ÜÑ[ªé¶‚P¥iÊ«§‡%Ó!^¦@ìšj¾[±Õ-ó£	­öyí)]ƒûKã—Q¾±k3£ïK®4rlmä,¦pŸU•ÆêÔ'Òo¤|9¡Åzýñ,„¨¢|»z÷öÚêA–kVôšUþò”Ø7óS'ŒÜj]?Ó"[	¼Z„Éj‚ÊH5;V¨hfª=<•Gû™òðŠdÒiœ,Ù¸—/štë$[y¬ÚŸ'÷‹òÄka¨ÅN	¶Õߙ´éœjJŽ¯U¯ó&͕äÕ¿س†£ô“½Ð,‚ksû@£³xeQÌo¼30Nní,o-"B|PH~ÔgØø{foˆ+“Gï-󞕬Z4†â!5¹¼2õŒ¼j~%o·jÉÃ`ŽÚâö%d@ü€ç±:šÔžÁ³'Œ€ÓûÖ/ÊNîO«+±ãþSƒè̈šŠ)}bÍÊy7•ýü°ÉZ)}¼Å›‘b*ˆõ©ÐáµTŽBÄW"SB¬L¦H$?ÿÕ&óźiZwÃ!/ҕë˜ÒË"˜ÀŠü˜ò­¾‘åhõ)GR_Uä#âXÏØAôf¿6K>çk¦ÇÃë&ew~Š–ùæ9.H	EΣùgl{V×lP‚Î")â,[SüÀÓ¢ªíØqRGߒ¶¹et¸šÕ.l©@ò;ø7ÙQôo˜ÙfLrZÝgXk?Nå"7¶òª˜U•6ëAã™Ŋe·üyÖâä+ØéѤlhÍZՆƼ¨rшõfeŒ)ÝùÃ̳†Š-f-³r%@‰¯ìí’ð@æZǯé8ÒnµµA¨Æ°Èßbê¾À3(²`v+oç‹ë)"Ðq¡4ñ¹‹’¸I)¥ÝýÚÚKÈ°Šá8+Ò Ž†žùˆIvô!£½Ñ­'ˆÖhÓf>Ýe˜ƒÚÁ¢É4kàÅe]™¾	ž¤Q–à•2ÆÅ+iVñÌóÛ¯ú=ÆÓÛ²Šÿ)ÉÏD¸£Ê_TC!#„ôþ$®Kx5’#Hæ¾'ª²ž†žÇ)^M¤ž¯VµKIoa·ã7ÁªAâ{åsÅÃ#GfPijê–2G®£'"U¤ª€jîPHå"ÙG¢Ñ ßÚÝ4r°p~(gá’3òïٗ)–šQ–ÿ鿜˜ä2'Iuc"T 4‘OòŸ‘ÌÍ>"7kË O$Zk#?ð9–8èF™ˆðí’B¢ÎGCŠQËÜáTdR…5ñ钪÷dlH1moUW®ù oÿÖåzïš%Õ­äi´˜e°5k­$q’º¡?ë0Ç v€[ê_¯‹Kmí…Dª(6P3LM»ñ[QóÜrŸP{ábK¾ót• j1ØPÒù,õ[¹’’©~>Ô®ù<…‰‘&n@µu­H£àŠÝDjÌ|ä$\š€v“g’c^;ùAqÎé}ȞÐ05îA‰fžN¿†KCnÑ»Y&…öâێQ·PÁxÿÁeR¡¿6l×B·0—q Þ¡žUˆF«/ü	jeP™‰?6d[Ñ,õH﬒hwwƒÖ ŠæÊøãý'XøO’DóAÅÁTNܝ[uV‰§zÁ–P	èäšIu[—’ÞHâQp±¢ ‘H5fj;ŠS¾Br"?Îe»´oNHˇRG]è(݉­	33#fúz‡,’ybÝ®[Ԟ9)»MÒ£6XexÕ8“d5ʓ™.¢·º[)ôgQʤ_æS^õÌ£FWRi$Tº&‘[¨žÞeY¡qözõÌÜf2w4ÁÂAq䵎ñ.ìݘDy*+|B¿²Aë÷å3Òméݲ9÷õ¡ZrvÙ0À¨«žT=zdŠ†_‡~Ù „A™¸ƒAR–莿vM­I£Z×&ÿ×óÍ´ŒC-v'0‹pFÚ3D|$Cÿ2$lÈs}-ӐŽ¥A¯Ìf‘è/™b¸nd3S¸n˜k§]¶¢8ÖJ8¹æl$lÁãÝèfæ"@¬ˆ#eíҝsW˜6‰…ãr"œ¿wÌô¦cÑ"ËcÔ㻆åãhɇ‘Vï·p2üTG=ÑȦ>WÒԁ䎐¡¨÷§s“‘evQRŸ/kbî3þôÙ¹Žµ¡d­¾Yll{܍V”ã5.äf‹¤i–´V éS‚r¶ˆDV¯ªéÖè2+ڙ]3”ÀaÚ¦¬ÍñFá¥yb%ëÐO¶N8ïÜÐfÌ?-^÷Ò»¸“d†ŠW¢»»·Oˆe9ˆ¡»Ó'ÔÒÚX '£È€ÜÕ_þ%Å3ƒ*H¯ÔÜLËYŒlHð&«ÿf9&öl™g“î͖ÂsýÒ`)_Ç.Òdá²Xe¥úåãFbºޞێ‡+Èz¦#¢ª2EoMÈ.Ê:±c–@l-ö6Q^IÔaªYX¨Ü­9+mÜW'(Æ&¤E‡B¶ˆ9Kh[”Dt;Ó+ˆä$ž½ìž+ˆÂåQvÐôŸ1hޝÚñ•~(nÒH¤e•»S.ž[Ô1ѧË÷–.,µ{Ñ4ª.íÔ©‰‚«HvÕÈÞ>'“«µ—c€g,?S±¿Yå¢"ÞdYV@UZð*Ou㙆¢‚U=òTůJbª²OHþY`bJiÃÇòɆ%&Ô}Rµ#ÄeÑ`_ÿÐó•¤ëMó†ÐQ‰r¢X©×šÿĆDòdï§c÷ßkú³Bô,S^Ü0ë]éŠC=ŒEx¢‰§r îMú–á‘£(ÙM&¹ÑeQ+'*ZîÔùd|>!Iât¨¸7ë$‹H£M€ô‡8k£l®ÕfßH¼A‚CÉM:ùÁ¹«êvš^…' Á.eONwØ·û—ÀY§kÙº_ 5éÔò©¯æ´5£•”Ÿ‰‡lÚBÍÎí1	,Úm¯«Ié¡<¦v¼k@XÓ~´Ê"éõ}˜pÀHËyw¨ù[S·E7w§!Rª(w¦Sâ_à‘ÍGJÒÀÔR29#7ÅâÔí«6Z¢kòß1‚£¢‚¼Ùê+UÌc2U±ëËۍKÌÑÛے݌—,:A]ÏÌå@[&bºbØirÞKþô]‘Å{¤IEæßhãÏ<ÁäãXåE'Ô/4ˆîR‘‘ØL(ž$0÷ý“šìÙ!pïþõËÇ	‘hÈþ¤Ð€R7w V¯A҄ìrè˜J=	j)…­¤‘±D=BUÈØûR£2qa1Þ½-3È׺Iæ$ŠGÔ·éÃ/JoÇ0µ±ˆÇø›ôĘÑ蓍ZææÖâÚcûä.úr½~ŒÅ蔮2æݓ‡þhi’Íz.ŸÐizü$„}ÝHû[­›M,Í89£»Ìn~©2ZÄk7ŸÖAƒ‹*/Ãé±!x~ÏÚ͈7ïqM|Ìn2¦Aö¸ŠíC¾Ù``V;ñAâ2AK«¢"4;åÑ	@ýqÌf†„dÄX’¡óP«Šƒ–p±ÿÑòÒ:ô9V‹²¹-w“ÖTðã!8ìYD٫Áaíé¨ü3šêô}Þ¬*IìFØU‰j’}Vœ¯4VdñSý¹Y›tië‡çL3w°©ô7°»_Z>òàkPvêÊg³` òO̗òYEeÏèF*OV=zïí˜3Ëü=G{Mü¿¤‹[q3|r1õ&ÿ*N òTo—ÄílK0Ômà»ÐmYyH¥8—p`jk—äŒey´Ä‘"º]ŒZ5‚ÊÈÊCJ|E‰Ì|Qݶ[ìʒÖ²±‚rwa$âÎyü(¹³ #~§ˆ’HäŒmR	/¥·ìPÌã§M€ú_ Ï†?ç"8ˆQÕ5ÈDÄP«ýN[•Ì8¶²–^ÁêP±Ì#€öµ˜™bQîoÇ#Â}êW

女装癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

女装癖とは、様々な弾性がある時女性的な装いに目覚め、それ以来女性がするのと同じようにメイクをしたりファッションを女性らし...

w

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の...

Alluring female lips

唇をなめる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

口元は人間の顔のパーツのでも、よく目に付く部分です。人との会話では、常に口元は動いていますし、話を聞いている時にも、人の...

Woman lying on sofa looking sick in the living room

解消法 害のない便秘...

日常生活でも健康管理は重要な項目ですが、誰でも実行しなけ...

2-0011-0065

解消法 ストレッチで...

ボールを投げるスポーツにおいては肩が強い、肩が大事と言わ...