解消法 朝起きれないのを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 朝起きれないのを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

朝起きれない人はこの世の中の大部分の人がこの人に当てはまるのではないでしょうか。朝起きることが得意ですという人はあまり聞いた事はありませんが、稀に朝早起きは得意という人もいたりします。良く年を取ってくると朝目が自然と覚めてしまうようですが、これは基本的に睡眠が…

朝起きれないとは

朝起きれない人はこの世の中の大部分の人がこの人に当てはまるのではないでしょうか。朝起きることが得意ですという人はあまり聞いた事はありませんが、稀に朝早起きは得意という人もいたりします。良く年を取ってくると朝目が自然と覚めてしまうようですが、これは基本的に睡眠が浅いことを意味します。

脳の動きが悪くなると眠りも浅くなり、深い眠りなどが作れなくなってしまうようです。これではあまり健康的とはいえません。早起きになってもこれでは体を壊してしまいます。起きれない人達が口をそろえて主張している事は自分は低血圧の為、一般の人よりも起きるのが苦手だというセリフです。家族に起こされてもまた眠ってしまったり、目覚ましを掛けていても止めた直後にめちゃ眠くってしまったり。

起きたかと思えば一言も話せないようなご機嫌斜めな態度で準備をしたり等と少しも良い印象がありません。起きてから数時間たたないと頭がすっきりせず、暫くの間はボーっとしてしまいがちのようです。これは血圧が低いために脳への血流がうまくいかず、起こってしまう現象のようですが、少し低血圧だからといってその主張が通じるのであれば誰でも使いたくなってしまうようなセリフです。

ただ、そうは言っていても何も改善はされません。このままずっと布団の中で眠っていたいと願う気持ちと、起きる時のあの辛い気持ちをこれから毎日経験するかと想像しただけで、本当にウンザリして悲しくなってしまいます。この朝の弱い自分から強い自分に変えられるように工夫をしていくことが大切です。

朝起きれないの特徴(症状)や原因

朝の弱い人の特徴はとにかく寝起きがかなり悪いとい一言でしょう。ただ、血圧が低いが為に良い起き方が出来ないという人は一度生活のすべてを見直すことをお勧めします。一度自分の生活をじっくりと見直してみると案外色々な原因を見つけること事も大事ではないでしょうか。夜遅くまでテレビを見ていたり、ゲームをしていたりしていないでしょうか。

また、12時を過ぎてもスマートフォンなどを弄りながら布団の上でゴロゴロしていたりしていないでしょうか。スマートフォンなどから出るブルーライトは睡眠の妨げとされています。気づかない所で十分な睡眠を取れないような生活をしてしまっているのかも知れません。

また不健康な生活をしているとそれも影響してよい睡眠をとることが出来なくなります。基本的に人間の体は暗くなると当時に寝て、日が昇り始めるのと同時に起きる仕組みになっています。夜遊びすぎてしまい、朝に寝て夜起きるような生活を送っていては体内時計が狂ってきてしまい正しいリズムのある生活を送れなくなってしまうという結果になってしまいます。

朝起きるのがつらいからといって何も改善しないのであれば一生朝辛いなという気持ちで起きなくてはいけません。よってそうならない為にも小さな事を改善してすっきりとした気分で起きれるように工夫することを是非お勧めします。体に良いことをすれば必ず体も調子が良くなり、スムーズに起きれる仕組みを作ることができるようになります。

朝起きれないの対策

対策としてはまずは早く寝ること。何時間も練れるという人も大抵10時間寝たら自然と目が覚めて起きれるはずです。10時間とまではいかないにしても早く寝れば寝ただけ、時間を長く使って眠ることが出来るので普段よりも寝たとき気持ちになり少しは楽な気分で起きられるはずです。そして適度な運動をする事。

運動をするとかえって疲れてしまい疲労が溜まってしまうのではと心配する人もいるかも知れませんが、適度な運動をした方が体の神経がほぐれ、筋肉もリラックスすることが出来るので質の良い睡眠をとることが出来ます。その結果時間が短くてもおもいっきり寝たという気持ちになることが多いはずです。

いくら寝ても寝た気分にならない人は睡眠時間ではなく、睡眠の質にも問題があるのかもしれませんので両方の目線で見直すことが必要です。また、自分の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠の二つから成り立っています。レムというのは英語のかしら文字を取ったもので、休息眼球運動の事を指しています。この時間帯はまぶたの下で眼球が急速に動いている時間帯であり、このときは脳も浅い睡眠状態だといいます。

ノンレムはこの逆で睡眠が深い時間帯のことをさします。このレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す事によって我々は眠りのサイクルを行っていることになります。このサイクルを上手に利用して眠りの浅い時に目が覚めるように目覚まし等を設定しておけば、目覚めも良く、以前と比べると楽に起きることが出来るようになります。

朝起きれないの解消方法

または前の日に殆ど食べないで寝ると朝お腹をすいた状態で起きることが出来、朝からおいしいご飯を食べることが出来ます。お腹がすき過ぎて眠れないよという人はカロリーのないものやお腹に負担のないものを軽く食べることをお勧めします。朝食を取れるということは脳に糖分を送ることで体全体の動きを良く出来ることは間違いありません。

朝ご飯を食べないという人が多いと以前テレビで見たことがありますが、これは一番体にしてはいけないことです。何一つ体に良いことはありません。良く若い人たちが朝ご飯を抜けばその分夜に食べられるし、ダイエットになると考えているようですが、基本的に朝ご飯を抜いても体重は減りませんし、むしろ減りにくい体になってしまいます。

体も朝から重く、一層寝起きの悪い朝になってしまいます。朝の強い人間になるためには少しでも朝ご飯を食べる事をお勧めします。また、寝起きの良い音楽を掛けて少しでもリラックスした気分で起きるようにする事も工夫の一つです。リラックスしすぎてまた眠ってしまうようでは問題ですが、朝に脳を動かすためにもリラックスできる曲はとてもお勧めできます。

おもいっきり背伸びをした後、ゆっくりと体を起こすことで体に負担を掛けることなく起きることが出来ます。また、起きてもジャキッと出来ない人はシャワーを浴びることもお勧めします。朝から体をすっきりさせることが出来ますし髪の毛は洗う必要はありませんが、体から目を覚ましてあげることができます。

朝起きれないのまとめ(未然に防ぐ方法など)

このように色々な事を少しでも試していけば確実に今よりも楽に朝を迎えることができるはずです。適度な運動をして、体にとって健康的な食べ物を摂取し、なるべく早くに寝ることを心がけることです。睡眠時間もとても大切ですが、質の良い睡眠を取れるように寝る前の少なくとも1時間前にはスマートフォン等の使用はしないことです。

そしてリラックスできるようなハーブティを飲むこともお勧めです。体にフィットしているベットや布団で眠ることも大切です。暑すぎず、心地の良い体温を保てるものをかけて寝ると良いです。床や狭いソファー等で寝てしまう事もあるかもしれませんが、それでは体は休むことが出来ず、そのような場所で寝てしまうと、朝起きた時は疲れたと感じることが多いはずです。

しっかりとした場所で眠ることも大事です。また電気を付けたまま寝ることもお勧めできません。しっかり電気は消して寝ることです。そして、レム睡眠の時間を利用し、体が起きやすい時間に目覚ましを設定し、起きるときにはリラックスできる曲を掛けて背伸びをしてゆっくりと起きることです。

天気の良いときには窓を大きく開け、新鮮な空気を沢山体に取り入れてあげることも大切です。それでもあまり目が覚めない時にはシャワーを浴びて目を覚ますこともでき、朝御飯は必ずとるようにし、この流れを書いているだけでも十分に今までよりも良い朝を迎えられる気がします。朝は時間に余裕を持ってのんびりと準備が出来るように心がけることも大切です。

2-0488-0077

捻挫の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

捻挫の癖というのは何度も同じ場所を捻挫してしまうことをいいます。捻挫というのは関節に無理な力がかかってしまうことで骨と骨...

Asian woman sleeping on bed

解消法 短時間での睡眠で解消する対処方法

偉人においては短い睡眠で財を成したり成功をした人がいます。短時間での睡眠で得られるメリットとしてはまずは時間を有効に使え...

2-0050-0190

解消法 腰の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人間の体を支える大切な部分である「腰」は、重い上半身を支えるがゆえに痛みや疲れを感じやすい場所でもあります。腰に負荷がか...

Single woman in frustration

負け癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

負け癖とは、選択や決定を間違えやすく不利益を被る機会が多い事や、勝負事や競争等で中々勝てない事を言います。スランプの様な...

s

食べ物でだるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

最近、身体が何となくだるいと感じている方は多いことでしょう。身体がだるいのを改善してくれる栄養剤なども多く販売されていま...

Senior having back pain at home

解消法 右の腰が痛いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

忙しい生活を送っていると、知らないうちに体に無理がきてしまい、肩こりや腰痛などを発症してしまうこともあります。最初は気に...

2-0325-0255

解消法 新生児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

新生児の便秘と聞いて、驚く人もいるのでは無いでしょうか。実際に小さい赤ちゃんでも、なかなかうんちが出なくて、困るときもあ...

2-0291-0158

解消法 顔のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

顔や体というのは年齢を重ねていくと下へ下へと下がっていき、顔やお腹そしてお尻などがたるみとなって表れていきます。若い年代...

Close up of annoyed tradeswoman covering her ears against chalkboard on brown wallpapered wall

解消法 嗅覚障害を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

風邪をひいてしまい、鼻が詰まるとニオイもわかりにくくなります。体調が回復したのに、ニオイの感覚が戻らないといった、風邪を...

Stressed woman sitting in office

解消法 緊張型の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

湿布には温湿布と冷湿布があります。それぞれどういったときに使うかわかっていないと逆効果になることがあるので注意しなければ...

Cute smiling baby boy in bed lying on his belly in bedroom

解消法 幼児の便秘を...

小さなお子様でも便秘をする事があります。幼児はまだ排便能...

2-0215-0367

解消法 肘の黒ずみを...

子供の頃は肌のことなどを意識することはほとんどありません...