解消法 蓄膿症の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 蓄膿症の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

蓄膿症とは、鼻の奥が詰まった状態になる症状です。鼻の奥というのは、正確に言うと副鼻腔と呼ばれる箇所です。蓄膿症という文字の通り、鼻の中で膿が発生して、副鼻腔に膿が溜まってしまいます。膿が溜まった状態ですから、正常な呼吸がしにくいため、軽い酸欠状態における頭痛が…

蓄膿症の頭痛とは

蓄膿症とは、鼻の奥が詰まった状態になる症状です。鼻の奥というのは、正確に言うと副鼻腔と呼ばれる箇所です。蓄膿症という文字の通り、鼻の中で膿が発生して、副鼻腔に膿が溜まってしまいます。膿が溜まった状態ですから、正常な呼吸がしにくいため、軽い酸欠状態における頭痛が伴われることも多いです。

蓄膿症頭痛とは、呼吸の不具合による軽い酸欠状態による痛みの他にも、副鼻腔に溜まった膿が原因で炎症が発生したことによる痛みもあります。炎症が慢性化してしまうと、常に鼻の中に傷が生じていることになるため、炎症による傷の痛みが鼻からの神経を通じて頭にも影響し、頭痛になります。

どことなくスッキリしないなどの不快感で済む場合もあれば、耐え難い頭痛に感じてしまうこともあるため、頭痛薬や鎮痛薬がほしくなることもあります。薬によって鎮痛作用は得られますが、蓄膿症の原因である膿を放置しておくと、どうしても薬の効果が切れたときに痛みが再び感じられるようになってしまいます。炎症の程度が重くなってしまうと、鼻の中が腫れてきますから、ますます鼻呼吸がしづらくなります。

炎症の程度が軽いときならば、副鼻腔を洗浄することで清潔さを維持し、炎症を鎮めることも可能です。炎症の程度を軽くすることで、痛みは軽減します。アレルギー性の鼻炎による蓄膿症の場合は、どうしても慢性化してしまうため、炎症を軽くすることは容易ではないのですが、耳鼻咽喉科に備え付けられている医療機器を利用した副鼻腔の洗浄を定期的に行うことで、頭痛の軽減を期待できます。

蓄膿症の頭痛の特徴(症状)や原因

蓄膿症頭痛の代表的なものとして挙げられるものには、二種類の症状があります。ひとつは、鈍い痛みです。鈍痛と呼ばれています。静かに、しかし確実に、ずしりと重く、頭蓋骨に響くような痛みです。もうひとつは、連続的かつ断続的に続く痛みです。ズキズキする感じの痛みです。症状が異なるように、どのような痛みが発生するのかの要因も、かなり違っていることが多いのも特徴です。

蓄膿症頭痛の原因となる膿と炎症に関しては、上段でも挙げていますが、鼻呼吸がしづらくなるというのがポイントです。風邪の症状としての鼻水や鼻づまりであれば、風が治ることで症状も直りますが、蓄膿症の場合は慢性化してしまっているというのが難点です。

鈍い痛みは静かに、骨格に響くように、ずしりと現れやすいです。そのかわり、いつのまにか痛みが治まっているということもあります。鈍い痛みに関しては、突発性に感じられことが多く、痛み出してからの継続性が短い時間で済むことが多いのが特徴です。痛みそのものに大小の程度の差があるため、大きな鈍い痛みの後は、小さくて軽い痛みは慣れていることもあるためです。

それに対して、ズキズキと連続的で断続的に発生する頭痛ですが、こちらは痛み始めると、なかなか止まらないことも多く、苦しく感じられてしまいます。日常生活の、なにげない動作であっても中断さぜるを得ないような痛みに感じられることも多いですし、無理せず横になったからといって痛みがすぐに軽減されるともかぎりません。ズキズキと痛みが発生することが多くなってきたときは、耳鼻咽喉科に診察してもらい、適切な鎮痛薬を処方してもらっておくと良いでしょう。

蓄膿症の頭痛の対策

蓄膿症頭痛が発生してしまったら、まずは静かに様子を見ることが大切です。痛みが治まる予感があるのか、あるいはズキズキと、どんどん大きくなってきているのかを自分で感じ取ることが重要です。座ったり、横になれる環境であれば、目を閉じてリラックスを心がけましょう。蓄膿症頭痛は、鼻呼吸が困難な状態になってしまっているため、軽い酸欠状態で頭痛を引き起こしていることもあります。

安静にし、座ったり、横になって、とりあえず口呼吸だけでも、しっかりと整えましょう。深呼吸するイメージが良いでしょう。口を開けて、呼気と吸気を適切に取り入れて吐き出します。はたから見ると、口をポカンと開けているため、だらしなく感じられてしまうことがありますので、なるべく休憩や仮眠のタイミングに合わせるのが理想的です。

しかし突発性で頭痛が発生することもありますので、そんなときは、あくびを手で隠すときのような仕草をしながら、口を大きく開けて、深く呼吸してみましょう。頭痛が発生してしまっている時に深呼吸するコツは、まず肺の中の空気をすべて吐き出してしまうことが重要です。

からっぽになった肺に、新鮮な空気を取り入れるイメージで、今度は息を吸います。この動作で深呼吸を繰り返すことで、軽い酸欠状態による頭痛を緩和させることが可能です。車の運転中や、眠気も伴ってしまっている時などに、しっかり口だけで深呼吸をしてみると、頭痛そのものが消えなくても痛みが弱まり、眠気を抑制させられる効果に繋がります。

蓄膿症の頭痛の解消方法

蓄膿症頭痛を解消するには、できるだけ耳鼻咽喉科の診察に基づいた処方を試みることが第一と言えます。というのも、原因が疲労による頭痛とは根本的に異なりますので、頭痛の要因を正確に把握して、的確な対処法を心がけることがポイントとなるからです。緊急の頭痛には、市販の頭痛薬でも良いのですが、慢性的な頭痛には、鎮痛を目的とする薬の服用よりも、鼻の奥の炎症を治療することのほうが効果的です。

上段でも挙げてあるように、軽い酸欠状態による頭痛の場合もあります。蓄膿症は、鼻での呼吸が困難な状態です。深呼吸をして、まずは二酸化炭素をしっかりと吐き出して、肺をからっぽにするイメージを持ってみましょう。

新鮮な空気すなわち酸素を、しっかりと適量を吸い込むことで、脳の活動が正常に戻れば頭痛そのものが解消されることも多いです。時間のあるときには、耳鼻咽喉科で診察してもらい、蓄膿症が慢性化していないかどうかをチェックしてもらうと、より効果的です。

炎症の程度が大きいと、深呼吸や鎮痛薬の服用だけでは解決しにくいですが、炎症そのものを抑制させられる効果の薬を服用したり、あるいは場合によって鼻の奥を洗浄して薬を直接塗ることで炎症を治療することで頭痛が解消します。鼻の奥、すなわち副鼻腔ですが、膿が溜まっている場所でなくても、副鼻腔の手前の鼻の中に炎症が発生してしまっていることもあり、そのような炎症は塗り薬で早く適切に治療することが可能です。

蓄膿症の頭痛のまとめ(未然に防ぐ方法など)

蓄膿症頭痛は、一過性のものではなく、慢性化している可能性が高いのが特徴です。慢性化しているものの、過労が原因で炎症が大きくなることもあります。そんなときは、休憩することも大事です。適切に薬を服用することで、蓄膿症頭痛を緩和させることが可能ですが、どの症状のときに、どの薬を服用したほうが、より効果的なのかは、耳鼻咽喉科の医師による処方が重要です。

薬の適切な処方だけでなく、耳鼻咽喉科では鼻の中の洗浄も可能です。蓄膿症の症状を持つ人が鼻の中を洗浄する場合に気をつけたいのは、自分で顔を洗うような感覚で洗おうとしないことです。膿を飲み込んでしまうトラブルもあるからです。

耳鼻咽喉科では、説決で適切な洗浄が可能な医療機器が備わっているので安心です。定期的に鼻の奥を洗浄することで、炎症を緩和させる効果もあります。炎症が抑制されれば、膿の発生量が減ってきますので、結果的に蓄膿症頭痛の予防効果にもなっていきます。上段で挙げてあるように、鼻呼吸が困難でも口呼吸で酸素を、しっかりと吸入していれば、軽い酸欠状態が原因となる頭痛は予防できます。

可能な範囲で頭痛を予防することで、自分ひとりでは対処できない場合の頭痛が明確になり、耳鼻咽喉科での診察と処方も、より具体的で的確な指示が得られるようになります。蓄膿症は、慢性的な炎症を小さくしていくことで、膿の発生量が減りますから、劇的に頭痛の改善に繋がっていきます。

2-0062-0214

解消法 恋人と手をつなぐ為の悩みを解消する対処方法

誰もが好きな人と両想いになった後には、これから毎日が楽しいという状況になります。告白をするタイミングなど恋愛には難しいこ...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹...

Portrait of woman suffering from headache while man quarreling at home

解消法 イライラで頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

解決法 風邪をひいたり、ストレスをためたり、単純に頭をぶつけるなどの理由で頭痛が発生することは多いです。ただ、それが頭の...

2-0233-0025

解消法 オフィスでの足のむくみを解消する対処方法や対策・原因...

むくみというのは、皮膚のある部分が異常に膨張する状態を言います。皮膚以外の部分がふくらむ場合もあって、内臓の臓器やリンパ...

worried woman biting her nails

指を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

子供の頃には良く見かけた、そして大人になっても時に見かけることのある指を噛む癖、心当たりがある方もいるかもしれません。そ...

pixta_2533150_S

解消法 3段腹を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

3段腹とは中年太りと呼ばれる体型になると、かなり体重も重くなり、動きが全体的ににぶくなります。子供の頃は活発に活動するの...

Close up mid section of businesswoman presenting your product with hands

解消法 両手のしびれを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

一口に手足のしびれと言っても、その原因や症状には色々なパターンが存在しています。例えば、びりびりとした正座した後に足がし...

woman writer

妄想癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

妄想癖とは、合理的に実現困難な想像を現実にも起こりうると強く思いこむ癖のことを言います。他者からの訂正や検証によって妄想...

2-0454-0088

怠け癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

怠け癖は身につくと厄介な癖の1つであり、癖によって生じるトラブルは様々にあります。代表的なものの1つが、何事も後回しにし...

Y

舌を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

舌を噛む癖というのは、無意識のうちに自分の舌をかんでしまう行為が、癖になってしまうことです。意識せずに、ガリッと噛んでし...

massage of female body

解消法 ツボで便秘を...

便秘とは便がコンスタントに出ない状態の事を言います。良く...

Pregnant woman kneeling on mat

解消法 妊婦のむくみ...

妊娠すると女性の体は出産する為に様々な準備を始めます。そ...