解消法 体を柔らかくする為の悩みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 体を柔らかくする為の悩みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

子供の頃には体が柔らかく柔軟性があったとしても、人間は年齢と共に段々と筋肉や関節などが固くなってしまいます。こういった固くなる現象というのは、当たり前に思っていると、そのまんま放っておいてしまいますが、少しでも柔軟性を持っていた方が生活でも楽になります。体の…

体の柔軟性とは

子供の頃には体が柔らかく柔軟性があったとしても、人間は年齢と共に段々と筋肉や関節などが固くなってしまいます。こういった固くなる現象というのは、当たり前に思っていると、そのまんま放っておいてしまいますが、少しでも柔軟性を持っていた方が生活でも楽になります。体の柔軟性というのは先天性ももちろんありますが、やはり普段のライフスタイルによって大きく変わってくるといえます。

運動習慣のある人ではストレッチ体操やヨガなどをやっていると、筋肉に対する刺激や関節などを大きく使うことで柔軟性も増してきます。特に筋肉というのは呼吸によって弛んだり締まったりしますので、呼吸をコントロールする事によって、柔軟な動きが出来るようになります。

ヨガなどはこういった呼吸をコントロールしながら、普段は出来ない様な関節の動きを可能にするので、健康にはとても効果があります。そしてヨガでは呼吸に使われる呼吸筋と呼ばれる「肋間筋」や「横隔膜」などの動きを作りだすので、実は自律神経の安定も図ることができると言われています。

例えば仕事や家庭でのストレスや、スポーツでは緊張によって体を上手く使うことができないということは、筋肉の緊張というよりも神経緊張からきていることが多く、横隔膜などは自律神経をコントロールする事から、体の柔軟性もそうですがストレスから解放されるように作用してくれるので、ヨガなどの特殊なスポーツでは効果的に働きます。

体の柔軟性の特徴(症状)や原因

そして体の柔軟性を求める為にヨガをやっていることによって、精神的に安定して仕事などのストレス解消にもなりますし、自立神経などの影響から集中力も増してきますので、ミスの多かった人では集中して仕事をするようになり、ビジネスでも上手くいくことが多いです。

体が柔らかくなるだけではなく、ビジネスでも成功出来るようになるということから、ヨガというのは日本だけではなく、フィットネス業界ではアメリカでも人気があります。そしてヨガなどの特殊なスポーツでは無くても、効果的なのはストレッチになります。フィットネスクラブでやっている有酸素運動でもあるエアロビクス運動では、長時間の運動をメインでやりますが、ストレッチなどもじっくりとやりますので、関節の柔軟性を高めることができます。

高齢者などは楽しく体を動かしてストレッチをすることによって、心地よい汗と基礎代謝も上がってくるので脂肪燃焼の他にも、ストレス解消する事が出来ます。上記のヨガなどと違ってストレッチでは、特殊なポーズをすることがないので、より一般的な運動となり自宅でも簡単にできるというのが魅力のひとつになっています。

今ではホームセンターでストレッチマットなど売っているので、自宅でもフィットネスクラブに行ったつもりでストレッチをしながら、体の柔軟性を高めることができます。女性では体の悩みとして股関節の柔軟性がないことから、お産の時に苦労をするというのがあります。

体の柔軟性の対策

股関節の動きが制限されている人では、通常の可動範囲よりも狭くなっている為に、妊娠して子供を産む時に大変なことがありますので、股関節の柔軟性を高めておくことが健康に子供を産む為にも必要なことになります。男性と違って気質的には女性の方が関節が柔らかいことが多いですが、その中でも柔らかいというよりも、関節が緩いという症状の人もたくさんいます。

これは肩関節など大きく可動範囲が動くために脱臼したりすることが挙げられます。このように関節が柔らかいというのと、緩いというのを履きちがえてしまうと、運動でも生活でもケガをしてしまうことがあり、特に重い荷物を運ぶ時に肩関節が抜けてしまったりすることによって、脱臼癖がついてしまうこともあります。

脱臼などをする人は関節が固い人がなりにくく、むしろ柔らかいと呼ばれるような人がなりやすいです。こういった人では筋肉の柔軟性というよりも強さを作るようにしていかなくては、改善する事がありません。筋力トレーニングもいいですが、女性に向いているということではピラティスなどの、自分のボディバランスを作る運動で筋力をつけながら、関節の強さを作る方が理想的です。

ピラティスでは、重いウエイトを使う訳ではないので自分の体重をコントロールしながらバランスよく体を支える筋力を補ってくれるので、見た目ではメリハリのあるボディに変えてくれるので、美容業界だけではなくモデルでもやっている人が多くいます。

体の柔軟性の解消方法

そしてピラティスでも先程のヨガやストレッチなどと大きく違うのは、体幹を重視した運動をすることによって、柔軟な体の他にも力強い体を作ることができます。階段を上ったりする事が辛くなってきた人では、筋力不足と単純にとらえずに、力を使うバランスが崩れてきたという捉え方もできます。

人間の体は日常生活の疲れというのは重労働ではない限り、そんなに筋肉的に出るものではないですが、バランスが悪かったり柔軟性の低下によって、本来は使うことが大事になっている筋力が使われていなかったり、無理な態勢で日常の動作をしていることによって疲労が溜まってきます。こういったことを解消するには、ピラティスなどのバランス能力を整える運動をすることで、女性らしい体付きを維持する事が出来ます。

そして今ではランニングを主とするランナーも増えてきましたが、実はウォーキングでも柔軟性を高めることができます。ただのウォーキングでと思うかもしれないですが、実はしっかりとフォームを作ったウォーキングであれば、有酸素運動としても脂肪燃焼や基礎代謝が上がりますし、固くなってしまった体を改善する事が出来ます。

ウォーキングというのはただ歩けばいいというものではなく、まず姿勢を正して股関節の可動域を大きくとるようにして、上半身では腕を振ることが重要になります。これが股関節もそんなに使わないで腕もあまり振らないような動きでは、たんなる歩くということになります。

体の柔軟性のまとめ(未然に防ぐ方法など)

ウォーキングを極めることによって体の柔軟性が増してくるのは、このようなフォームをチェックして運動をするからになります。特に肩関節などは肘を90度に曲げて肩甲骨を意識して肘を引くことによって、胸も張りますし首や肩こりなどをおこしていた人では、柔軟性が出てくることによって解消してきます。

そしてお腹周りでは股関節を安定させるために姿勢を正すので、自然と腹筋を使うようになってくるのでいいです。腹筋を使うようになるとお腹を引っ込める方に体が働きますので、上手な人では腹式呼吸と胸式呼吸を使い分けることで、酸素供給量を上手に変換することができます。

そして股関節を大きく使うには、ウォーキングによる脚の接地の仕方があり、踵から接地するように心掛けると大きく股関節が使えるようになります。こういったフォームチェックをしてウォーキングをすることで、健康的に血液が体内に巡るのと運動をした後には、体も温まっていて関節などが柔らかく使えるようになってきます。

人間の体は自然と緊張と弛緩を繰り返していますが、今までに上げたヨガ・ストレッチ・ピラティスなどの体操の他にも、ウォーキングを上手にこなせるようになることで体の柔軟性が向上します。年齢が高い人でも諦めることなく続けていると、必ず神経改善して向上しますのでやってみる価値は大いにあります。特に高齢者にとって柔軟性の欠如はケガの予防という観点からも見逃すことができないので、健康の秘訣にはこれらの運動を取り入れるといいです。

2-0023-0137

解消法 下腹ぽっこりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

赤ちゃんは人間の姿においては可愛らしい状態の一つでしょう。動物でも赤ちゃんの時が可愛いと言われることがあります。すべての...

2-0080-0251

解消法 寝不足からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

夜更かしなどをして寝不足になることがあります。最近はスポーツ中継などはライブ放送を楽しめます。ヨーロッパやアメリカなどで...

Suicidal Tendences

自傷癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

自傷癖とは、自分の体を意図的に傷つける行為を言います。日本ではリストカットと言われる、カッターナイフや剃刀などを使用した...

2-0176-0044

解消法 くすみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

憧れの肌の色、理想の肌の色としては白があります。美白と言われる言葉があります。しろければ白いほど美しく見えるとされていま...

Suffering woman with glass of water

解消法 二日酔いを食事で解消する対処方法

二日酔いはお酒を頻りに飲むという者にとっては、身近な症状です。こういう症状はお酒に実在しているアルコールが肝臓などの器官...

2-0056-0203

解消法 子供の鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

小学校低学年までの子供は風邪をひくと、鼻づまりを起こすことがよくあります。子どもの鼻づまりとは、日常茶飯事の症状で、昔は...

2-0346-0326

解消法 頭痛が続くのを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

普段の生活でも健康管理には注意を怠れないものですが、大体は何らかの体の異常が起こってから、動き出すもので、健康管理でも同...

2-0156-0407

解消法 野菜不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか。一般的に、350グラムだといわれています。あくまでイメージに過ぎませんが、小皿1...

s

解消法 仕事でのイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

仕事を進めるということは技術職、研究職、あるいは事務職や営業職のような職種に関わりなく、多くの人の連携作業です。いくら、...

2-0016-0095

解消法 ほうれい線を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

ほうれい線とは、鼻の横から、口角にかけて八の字の形に広がったシワのことです。小さな子供の頃から存在するものですが、加齢に...

2-0305-0194

解消法 骨盤後傾を治...

骨盤後継とは、正常な姿勢から骨盤が後方へ傾くことを意味し...

2-0367-0379

解消法 腹部の膨満感...

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事...