解消法 ちりめんじわを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 ちりめんじわを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

毎日お手入れをかかさないお顔でも年齢を重ねるともっとも気になるのが「シワ」「シミ」ではないでしょうか。シミやシワの原因は一つに絞られません。例えばシワなどは、お肌の乾燥や紫外線だけでなく、極度のダイエットやまちがったスキンケア方法などもあり、他にも筋肉のゆるみや…

ちりめんじわとは

毎日お手入れをかかさないお顔でも年齢を重ねるともっとも気になるのが「シワ」「シミ」ではないでしょうか。シミやシワの原因は一つに絞られません。例えばシワなどは、お肌の乾燥や紫外線だけでなく、極度のダイエットやまちがったスキンケア方法などもあり、他にも筋肉のゆるみや表情によるものもあります。

シワには「ちりめんじわ」や「表情じわ」など顔の中の場所によって呼ばれ方なども違うのをご存知でしょうか。どの様なシワにしても嫌なものにかわりはありませんね。しかし加齢を感じるちりめんじわ」は、女性にとって深刻な問題です。久しぶりにじっくりと鏡を見ると自分の顔に小さなシワがいっぱいあるのを見つけてしまったときに落胆は表現のしようがありません。

そうならないためにも「ちりめんじわ」がどのようにしてできるのが、いったいどういうものなのかを知って置く必要があります。「ちりめんじわ」は、こじわに分類される表皮性シワです。表皮性シワは、皮膚の薄い目元や口元に現われる傾向にあります。シワには表皮性シワの小ジワと、真皮性シワの深いシワがあります。

この真皮性シワは、加齢が進み弾力が低下することで刻まれるケースが多く、表皮性シワに比べるととても深刻なものでちょっとやそっとでは改善しません。対して表皮性シワは、大抵乾燥から来るものが多いので、しっかりとしたケアを心掛けるだけで改善することが出来ます。このことからもわかるように「ちりめんじわ」を見つけても、諦めずにケアしてあげればお肌はきっと元気に生まれ変わります。

ちりめんじわの特徴(症状)や原因

上記にもあるように「ちりめんじわ」の原因は乾燥です。このシワは、お風呂上がりなど湿度が高く水分量が豊富なお肌の状態なら薄く、消えているときもありますね。しかしひとたび乾燥状態になると浮き出てくると言う特徴があります。このことからわかるのは、乾燥が原因と言うことでしょう。もちろん他にも紫外線のよる原因、弾力の低下ということもあります。

皮膚をぷるぷるに保つ主な成分は、エラスチンとコラーゲンです。このエラスチンとコラーゲンは、紫外線に弱い成分ですので、お肌にケアをせずにさらには、帽子やサングラスといった予防対策もせずに日の降り注ぐ場所に行けば、数分で破戒されてしまうといった特徴があります。

10代、20代の間は、ダメージを受けても回復する力がありますが、年齢を重ねるとその力が衰えてきます。そうするとハリと弾力を保つことが出来なくなり、シワといった形で表われることになります。「ちりめんじわ」は、口元や目元といった顔の中で比較的皮膚の薄い場所には要注意です。

化粧のりが悪い、お肌がかさかさすると感じたらすぐにシワをチェックして見ましょう。保湿で改善できるとはいえ、放置すると深刻なシワになりかねません。真皮性のシワに比べて、保湿などの対策で改善する軽度のシワと言えますが、放っておけば簡単なケアでは治らなくなるので早めの手当が必要です。若い年齢なら未来のために、年齢を重ねているなら今のお肌のためにスピーディーかつしっかりとケアをしなくてはなりません。

ちりめんじわの対策

ちりめんじわの原因は、紫外線によるお肌の成分エラスチンとコラーゲンが破戒されて、ハリや弾力が低下することと乾燥です。このふたつのことを起こさせないための対策を知っておく必要があります。まずは乾燥の対策です。お肌が水分を失い乾燥してくると、柔らかかった皮膚が硬くなり表情などで動いた箇所にシワとなって表われます。

これを解消するには一にも二にも保湿あるのみです。お風呂から上がったらなによりもまず保湿しましょう。お風呂上がりはもっともお肌に水分が豊富なときです。しかし着替えたり髪を乾かしたりと色々なことをやっているうちにお肌はどんどん乾燥してきていると自覚しましょう。どんなことよりもまず保湿を一番に行うのがオススメです。

基本的なスキンケアをしたら保湿効果の高く油分性の美容液やクリームを塗りましょう。寝る前にもう一度たっぷりと塗って寝るのが効果的です。また紫外線対策も忘れずに行いましょう。春や夏などは紫外線対策を行っていても秋や冬には行わないという声を良く聞きます。しかし乾燥を伴うこの季節こそ、より丁寧な対策が求められます。

サングラスや帽子、お天気によっては日傘も必須でしょう。日焼け止めは、一年を通して使用するのがオススメです。シワのないお肌は永遠のテーマです。いまさら遅いかもやまだ早いと決めつけずにおもいたったが吉日です。その毎日の積み重ねが一週間後や一年後、また数年先の自分のお肌を作ることに繋がります。

ちりめんじわの解消方法

上記にもあるように「ちりめんじわ」の解消法は何よりも保湿にあるでしょう。保湿効果の高いクリームなどを使用し、乾燥しないように心掛けることが必要です。しかしただ塗るだけよりももっと効果の高い方法があります。まずは顔に保湿クリームをのせます。そのあと暖かくした蒸しタオルを顔にのせます。

この時あまり厚くすると低温火傷の恐れがあるので温度を確かめのせて下さい。2分から3分を目安に行います。その後は、ゲルやクリームでマッサージすれば完成です。お風呂上がりなど皮膚が柔らかく成分が吸収しやすい状態の時に行うようにしましょう。しかし基本的に化粧水や保湿クリームがお肌に入っていかない、化粧乗りも悪いという状態ならその改善から行う必要があります。

どんなに効果の高い成分をもってしてもお肌に浸透しないのならムダになってしまいます。ストレスや干すモンバランスの乱れによって角質が厚くなって今っているならピーリング剤で角質を柔らかくするのがオススメです。また酵素洗顔料なども効果が期待できるので自分のお肌に合うものを見つけておきましょう。

最近では化粧水や乳液の浸透を手助けするブースター美容液なども効果的です。同時にサプリメントも有効な方法です。体の内側からのケアと外側からのケアを同時に行うことで効率を良くすることが出来ます。お肌をぷるぷるに保つためのコラーゲンにはサプリメントがあります。このコラーゲンを接種する場合は、ビタミンCが不可欠です。

ちりめんじわのまとめ(未然に防ぐ方法など)

ここまでの内容を読んでいただいたなら何が「ちりめんじわ」の原因になるかまたどの様なところに気をつければよいかが簡単に頭に入ったかのではないでしょうか。しかし年齢があがるにつれてそのリスクは高くなり、避けられないのならと諦めるのはやめましょう。まずは自分お肌を深く知ることから始めましょう。

乾燥肌、混合肌、脂性肌などお肌にはそれぞれ個性があります。乾燥肌の方はもともとケアをしているという方も多いでしょう。反対に混合肌や脂性肌の方などは乾燥してないから、とあまり保湿をしないという意見をよく聞きます。しかし混合肌の方や脂性肌の方こそ気をつけなければなりません。お肌の中には潤っている部分とそうでない部分があります。

脂性肌用のケアや乾燥肌用のケアではすべてをケアすることが出来ません。目元の乾燥には保湿クリーム、小鼻には引き締め効果の高いケアなどを心掛けるようにしましょう。「ちりめんじわ」は早めのケアで解消することが出来ますが、最初から出来ないのがベストです。自分のお肌の性格を知って適切なケアをするだけでも予防することが出来ます。

お肌のお手入れは、多かれ少なかれだれもが行っている毎日の習慣です。同じするなら効果が高い方法で行うほうがよいに決まってます。未然に防ぐ方法には、紫外線対策も同じことが言えます。少しの間だから、曇っているからと日傘や帽子をせずに日の下に立つのは辞めましょう。数分間、紫外線を浴びただけでもその日のうちにコラーゲンを破戒する酵素が生まれます。このように毎日の習慣を見直すだけでハリのある若々しいお肌を手に入れることが出るでしょう。

Woman plucking her eyebrows while looking into a mirror

眉毛を抜く癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

眉毛を抜く癖というのは、自ら眉毛を抜いてしまう行為がクセになってしまう症状です。ボサボサの眉毛を整えるのとは違い、何の気...

2-0451-0078

肉離れの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

肉離れに限らず、捻挫やアキレス腱炎などは怪我の中でも癖になりやすいとされています。トップアスリートの中にも肉離れが癖にな...

SONY DSC

おなかぽっちゃりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男女は関係なく体のパーツで気になる部位といえば、おなかのまわりです。手足は細くても、以外にいるのは、おなかぽっちゃりのタ...

2-0015-0094

解消法 ブルドッグ顔を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

同窓会のイベントが開かれることがあります。最初は卒業して1年目など比較的早くに行われるのでほとんど見た目は変わりません。...

C

解消法 肩の後ろの痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

毎日の体の負担ということでは、目や肩の負担と胃腸などの内臓への負担をもっとも意識しますが、そうなると、それらの部分の不快...

2-0481-0055

幼児の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の癖とは小学校に入学する以前の子どもが、普段無意識のうちに出る癖のことをいいます。幼児の癖には いろいろありますが、...

w

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の...

2-0216-0368

解消法 貧血からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

怪我をすると出血をすることがあります。子供の頃といいますと走り回ることがありその時にこけたりすれば膝や肘に擦り傷ができる...

2-0223-0002

解消法 1分でできる肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

肩こりとは、基本的には肩から背中にかけての筋肉が固くなっていることで起きることです。実はアジア人の特有と言われていること...

businesswoman in anger

解消法 ストレスに強くなる為の悩みを解消する対処方法や対策・...

日本の社会では、ストレスも日本の社会独特の形があり、その中で日常生活を一生送らなければならないということになると、日本の...

2-0078-0248

解消法 寝起きの頭痛...

頭痛とは色々なパターンと種類があります。その種類大きく分...

2-0500-0114

咳払いの癖を解消する...

咳払いの癖とは、あまり場所や状況を考えずに咳払いをしてし...