解消法 足のだるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 足のだるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

若い頃は通勤の時に階段を一段とばしで走ったり二段飛ばしにすることもあるでしょう。しかし徐々にそのようなこともなく一段ずつ丁寧に歩くようになることがあります。これは年齢だけでなく足の方に疲れであったりだるさを感じることがあるからです。足は毎日のように使いますが…

足のだるさとは

若い頃は通勤の時に階段を一段とばしで走ったり二段飛ばしにすることもあるでしょう。しかし徐々にそのようなこともなく一段ずつ丁寧に歩くようになることがあります。これは年齢だけでなく足の方に疲れであったりだるさを感じることがあるからです。足は毎日のように使いますが、その日によって疲れが異なります。よく歩いた時はそれなりに疲れます。

では全く歩かないと問題ないかですが歩かなくても疲れやすくなります。筋肉が大きい部分ですから、あまり使わないとその分痛みが出てしまうことがあります。毎日無理をしない程度に使わないといけないのでしょう。足のだるさに関しては朝に感じることもありますが、夕方などに感じることが多いです。

立つこと、歩くことが多い仕事の場合は特に感じやすくなります。一歩一歩が踏み出すことができない場合もあり、なかなか行動し難いこともあります。気持ちなどが張っているときはその場所まで行くことができますが、少し気が抜けたりすると足が進まなくなります。

今日はよく歩くことができた、今日はあまり使っていないなどを把握しながら足をいたわるようにすれば問題も少なくなるのかもしれません。急にだるさを感じるようになってくるとその反動で更に歩かなくなってきたりすることがあるので、しっかりと歩く癖はつけるようにしておかないといけないでしょう。だるいからといって歩いたり立ったりをしないでいると余計にだるさを感じてしまいます。

足のだるさの特徴(症状)や原因

足のだるさの特徴としては部位によって多少異なります。たくさん歩くことによって起こるだるさに関してはふくらはぎ辺りに出ることがあります。歩くときによく使う部分だからかも知れません。また足首などもだるく感じることがあります。走ったりした時にだるさを感じるのが太ももです。足を大きく使って移動したりするときにだるく感じやすくなります。

どうしてもだるくて前に出ないような場合には立ち止まって屈伸などをすることによって解消することがあります。歩く以外にはずっと立ったままであったり座ったままの状態でだるく感じることがあります。座ったままでだるさを感じるのは使わないことによるだるさなのかもしれません。

足は第二の心臓と言われ、特にふくらはぎに関しては静脈の血流を心臓に押し返す重要な役割があるとされます。ずっと座っているとふくらはぎを使うことが少なくなるので、その影響でだるくなる可能性があります。症状としてはだるさですから特に痛みはありません。しかし一度立ち止まると歩けなくなるようなことがあります。

ですから歩き続けないといけない場合には立ち止まらないようにしなければいけません。原因は足の使いすぎと使いなさすぎがあります。歩き続けた、立ち続けたことによって筋肉に疲労がたまりだるさを感じます。座り続けて足を全く使っていないと血流が滞ることによってだるさを感じるようになります。適度に足を使うとだるさも感じにくいようです。

足のだるさの対策

足のだるさの対策としては靴、靴下、ストッキングをうまく利用することがあります。男性に関してはストッキングを履くことはないでしょうが、冬であればロングタイツのようなものを履くことがあります。それらの中には足の血流を改善するタイプがあります。靴下においてはよく女性社員が履いているロングタイプのハイソックスがあります。

これはエコノミック症候群の対策としても使われる靴下でこれを履くことでふくらはぎを適度に締め付けたり緩めたりしてくれます。そのことで血流の改善が期待できるようです。座っている人は特に血流が出にくくなりますから、こちらを履くようにすることで対策ができます。

女性としてはソックスを履くことで足をスッキリ見せることができるメリットもあるようです。ストッキングにおいても同じような作用を持つものがあるので、業務上靴下を履けないような場合はそちらを利用します。タイツタイプにおいては筋肉を保護するタイプのものがあります。スポーツ選手が利用することが多いもので、筋肉の疲れを軽減してくれます。

長く歩くことが多くてだるさを感じるのであれば、ズボンの下などに着用しておけばだるさを感じにくくなるかもしれません。靴選びも大事になります。男性の場合はビジネスシューズがありますが一般のものは疲れやすいです。そこがクッション素材になっているものやウォーキングシューズタイプになっているものであれば長く歩いてもだるさを感じにくいです。

足のだるさの解消方法

足のだるさの解消方法としては、歩く人立ち続ける人の場合は休憩を適度に取ることでしょう。使いすぎることによって筋肉疲労がたまることでだるさを感じている可能性があります。それであれば休みを取れば疲労も軽減することができます。販売員などで1日立っていけないといけない場合があります。立っているのが休憩のようなものですからなかなか座って休憩などはできません。

この場合においては立ったままそれぞれの足を休憩させるようにします。片足で立てばもう一方の足を休ませることができます。次は別の足で立って片方の足を休ませるなどです。お客さんが来ているときにはできませんが、1日中接客していることは少ないですから、ちょっとした合間をみて片足ずつ休ませるような対策をすることができます。

座ることによって起こるだるさについては対策は比較的簡単です。適度に歩くことです。1時間に1度は立って休憩をしたりすればそれによって足の血流を改善ずることができます。だるくなると冷えたりしますが、歩くことによって血流が良くなると冷えの問題も少なくすることができるので複数の問題を解決することができます。

座ったままで行う方法もあります。ふくらはぎを上げたり下げたりして力をかけるようにします。それによってふくらはぎの血流が良くなる場合があります。気がついた時に行うことでやはりだるさのための解消につなげることができます。事前に行うようにすればいいでしょう。

足のだるさのまとめ(未然に防ぐ方法など)

足のだるさを未然に防ぐ方法としては、マッサージをすることがあります。運動をするときにウォーミングアップをします。それと同様に今から歩くなどの時に少しマッサージをして筋肉が疲れにくくするようにする場合があります。また筋肉の炎症を抑えてくれるスプレーなどを利用すると良いことがあります。

だるさを感じてからスプレーする場合がありますが、すぐにきくわけではありません。歩く前にスプレーをしたり、一定時間が立った時にスプレーするようにしておけばだるくなる前に効果を得ることができます。座っている人にとってもマッサージをすることの効果はあります。1時間に1回ほどふくらはぎを中心にしてマッサージをしておきます。

そうすれば仕事が終わった時にもだるさを感じにくくなります。だるくなってから行うと時間がかかることがありますが、1時間に1回ぐらいの時はほんの数回マッサージするぐらいで仕事終わりの感覚が異なることがあります。便利なグッズとしては足の裏のツボ押しをするサンダルやインソールを使うこともあります。

足裏から刺激をして血流が改善できるようになっています。座っている場合にはそれほど刺激をかけることはありません。足の裏へのツボはあまり刺激し過ぎると良くないとされています。座りながらであれば少し力を入れるくらいなら大きな刺激にはならないでしょうから問題はないでしょう。履いているだけで気持ちよく感じるので、だるさも防げます。

s

解消法 自宅で簡単に出来る運動不足を解消する対処方法や対策・...

今の高齢者が子供の頃にはどこの家庭でも畑を耕して自給自足していても食べるものが不足していたし、炭水化物主体の食事だったの...

Woolen socks

解消法 足先のひえを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

冬に寝るときにはどのような格好で寝るでしょうか。寝るときの服装としてはパジャマを着ることが多いかもしれません。比較的汗を...

2-0279-0126

解消法 右側の腰の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

腰に痛みを感じた場合、老化や加齢のことを気にするケースが圧倒的に多いです。考えられることとしては、体が弱っていたり、運動...

2-0451-0078

肉離れの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

肉離れに限らず、捻挫やアキレス腱炎などは怪我の中でも癖になりやすいとされています。トップアスリートの中にも肉離れが癖にな...

2-0263-0100

解消法 マッサージで首こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

長時間デスクワークなどで同じ姿勢をしている時や、普段の何気ない時、首に痛みを感じた事はありませんか。肩全体が重く感じてし...

A

食べ物でイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

イライラとは自分が思い描いていたように物事が進まず、気が焦ってしまうことです。人間が何かに対して、苛ついている状況を指し...

Stressed woman sitting in office

解消法 緊張型の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

湿布には温湿布と冷湿布があります。それぞれどういったときに使うかわかっていないと逆効果になることがあるので注意しなければ...

2-0023-0137

解消法 下腹ぽっこりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

赤ちゃんは人間の姿においては可愛らしい状態の一つでしょう。動物でも赤ちゃんの時が可愛いと言われることがあります。すべての...

2-0409-0048

ディスク領域不足解消を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

パソコンを長期間使っているとデータやプログラムの数や量が増え、ハードディスクのドライブの容量が不足することをディスク領域...

T

解消法 目の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

生活するときに必要な機関として目があります。ものを見るときに使いますが、人によっては視力があまり良くない人がいたり、見え...

2-0079-0249

解消法 寝言を解消す...

寝言は文字で書かれているように睡眠をとっている様子で意識...

2-0210-0319

解消法 吐き気や頭痛...

体が元気で健康であることがありがたく感じるのは病気であっ...