cドライブ容量不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

cドライブ容量不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

現在のWindowマシンにとってCドライブとはOSやプログラムが入っているところです。HDD(ハードディスクドライブ)が主流ですが、最近ではSSD(ソリッドステートドライブ)も多くなってきました。その昔フロッピーディスクにOSやプログラムが収まるほど小容量だったころはAドライブに…

cドライブ容量不足とは

現在のWindowマシンにとってcドライブとはOSやプログラムが入っているところです。HDD(ハードディスクドライブ)が主流ですが、最近ではSSD(ソリッドステートドライブ)も多くなってきました。その昔フロッピーディスクにOSやプログラムが収まるほど小容量だったころはAドライブに起動用フロッピーディスク、Bドライブにデータ用フロッピーを入れて運用していました。

その後HDDが普及して、データ保存用として利用されたためにBの次のcドライブが当てられましたが、HDDにOSやプログラムを全部入れるようになってもcドライブのまま運用されています。よって追加のHDDやCD/DVD/BDドライブなどは、D以降のアルファベットがつけられています。

現在では、Windowsマシンでは、cドライブから立ち上がるのが標準でcドライブが何らかの理由で読み込めないとするとコンピュータが一切使えないということになるわけです。HDDも大容量化していますので、要領不足(記録するためのスペースが足りない)ということは昔のような使い方であれば、あまりおきにくくはなったのです。

インターネット等の高速化により、扱うファイルが、文章ファイルから画像へさらには動画へさらに高画質動画(最近は4k画質の実験配信も行われています。)により、保存したいファイルの要領が飛躍的に伸びているためにHDDの大容量化を超えてしまうことも多いようです。

cドライブ容量不足の特徴(症状)や原因

なぜ容量不足が起こるかというと、単に記録しているものの容量が多いからです。身もふたもないですが、原因はこれです。実際には本当に記録できないくらいに満タンに記録する前にさまざまな問題(症状)が起きるために容量不足が引き起こす特徴を知らないと「まだ記録できるはずなのに」容量不足が原因で起こるトラブルにあったときに「原因不明」で困ることになります。

容量不足によって起こる症状で一番多く、厄介なのが「速度低下」です。データの保存の時のみならずプログラムの実行のざまざま名段階でコンピュータの実行速度の低下を引き起こします。単にネットサーフィン時でもプログラムを実行していますので、速度低下を招きます。

コンピューターが古くなったので遅くなったという事案の半分はこれだと思います。HDDに開きスペースが十分にあると連続した領域に書き込めるためHDD本来のスピードで読み書き可能ですが、追加削除を繰り返した挙句に容量不足になると1つのファイルであっても(コンピュータに表示される上では1つであっても)実際には細切れでHDDに記録されるため読み書き時の速度が低下します。

今のWindowsマシンは本体メモリが足りないとHDDに肩代わりさせてプログラムを動かすためHDDの読み書きが低下すると全体の速度が著しく低下するのです。速度は人の体感なのですが、「最近遅い気がするな」と思ったら容量不足が原因だったということが少なくありません。

cドライブ容量不足の対策

仕事用でも私用でも保存しておきたいファイルの容量は増える一方ですので、HDD(またはSSD)の容量を増やすのが解消法です。しかし、前述のような速度低下を引き起こさないためにはcドライブの容量を増やすだけでは対応できません。cドライブの容量がいくら多くても、ファイルの読み書き数が多ければ結局HDDのファイルが断片化してしまい速度を低下させます。

さらにOSやプログラムが入っているcドライブを交換するのは、新規にPCを買って入れ替えるより手間がかかることを覚悟しなければなりません。なので、追加のデータ保存用のドライブを用意するのがベターな方法です。cドライブには、OSやプログラムのインストールだけにします。

OSやプログラムは一度保存されるとアップデートなどを除くとほとんど追加削除がないため、断片化が起こりにくく、HDD要因による速度低下を抑えることができます。では、それ以外のデータはどこに保存すればよいでしょうか。第一候補はUSB接続のHDD(SSD)です。デスクトップ、ノートともに使用することができますし、用途に合わせて複数用意することは可能です。

USBケーブル1本で電源供給するものもありますので、非常に使いやすいです。最近はネット上に保存できるクラウドサービスも大容量化が進んでいますので、用途と容量によって使い分けるのが賢明です。OSやプログラムをインストールするドライブとデータ用のドライブの分離が対策になります。

cドライブ容量不足の解消方法

データ用のドライブが用意できたら、cドライブのドキュメント、ピクチャ、ミュージックなどのフォルダは全部移動してしまいましょう。移動先のフォルダ名はなるべく変えないのがお勧めです。変えてしまうとファイルが迷子になりやすいです。ファイル保存のときにファイル保存先を指定する必要があるときは忘れずに追加したデータ保存用のドライブを指定しましょう。

プログラムが、データ保存先をcドライブの特定のフォルダにしている場合は、単に移動してしまうと「ファイルがありません」といわれて、動かなくなってしまうためプログラムごとに設定してあげる必要があります。一度指定するとその後は追加したドライブを参照してくれるものも多いのでそれほどわずらわしいことは多くありません。

プログラムのインストールは今までのまま、cドライブに行います。通常のインストールプログラムはcドライブをインストール先を指定しているはずなので、こちらは変わりません。

現時点で速度低下などの問題が起きていない状態で、データ用のドライブへの引越しができた場合は、そのまま利用することができますが、現時点で速度低下を引き起こしている場合は、データファイルの引越しを済ませた上でデフラグを行うことで問題が解消する場合があります。windowボタン(画面左下のマーク)からコントロールパネル、システムとセキュリティ、管理ツールと進み、「ハードドライブの最適化」を行ってください。状況によっては数時間PCの速度が低下するため夜間などPCを使わない時間帯に行ってください。

cドライブ容量不足解消のまとめ(未然に防ぐ方法など)

cドライブ容量不足によるトラブルとしては速度低下が多いのですが、そのまま使用することにより最悪OSクラッシュ、もあります。そこまでいかなくても再起動を繰り返す、固まる(フリーズ)、ファイルが開けないなどの症状を起こすことがあります。理想はPCを購入した時点でOS用とデーター用を分けてしまうのが理想です。

容量不足によるトラブルを未然に防ぐことができますし、ほかにも多くのメリットがあります。PCを買い換える際に引越しの手間が最小限で済みます。必要なデータはPCとは別にありますので、データの引越しの手間がまったくありません。加えてPCが壊れてしまったときもデータドライブ自体が無事であれば最小限度の被害で済みます。

実はHDDは1つのドライブの容量が大きくなればなるほど速度が低下します。データドライブを外付けにすればドライブを追加購入することで容量は無限に増やせます。もちろんデータファイル用のドライブ(HDD)も機械ですから壊れる可能性はありますのでバックアップが必要ですし入れ替えも必要ですが、OSと同じドライブよりも壊れる危険が少ない。

丸ごとファイルコピーするだけでまったく同じものが作れるためOSと分離させることでメンテナンス性、安定性が格段に向上します。cドライブ容量不足のメッセージが出たときにはすでにcドライブ内にさまざまな問題を抱えている場合がほとんどです。そうならない前に対応することは貴重なデータや時間を失わずにすむ有効な方法です。

}œr_ù§28xdÂì'Ȩ"&•BG¾lb¬”’{¸ä™à“f®Ã·Ñ˜SÈ.‹•íi&»mH`RBò.>~QˆØVX¡‚[Yâ’42éÓ©ŠWcýÛWmŽôß6X2ÇúQq2FϓÕm55¹õîKX܍ˆâÄtÜxæÃa”ïÉǔ8ÉN«æ…Ú™6Ieìì"ŒÒGeS¨%¨3!SɚCiöÍuQ<xíZûr³(ñŸS®â£M.¤¯p°§Ù¥?erŸF`(ëÞsú”Qi0úÍã°cü±´~Ÿ³—Y„uiðEÙJtjIïï.%§:ˆãJRŠÄªÇ1ã”ݶðŠE*ܦ«)ˆŠ8ÂÜPÕ~%#Ù¹S#0x¶å^¤ÄŠÝ¦j3¼ž›·'Œòå×<¤Ê6øÐ碶àæp‹Сnä¥ŠÍЎý¹¥{@W&ð•ÈìZ8زuÙÎÀ}'@„dJg´¹X=}AÕ˜¨Æ•¯ò֛Ó2Åôh4ò¯4E%ÌîåZàuۘ?Ì?˜xfÃ8¹9¤Ö.ÍûÇêۜɉkMáœ<rÐX‹ŽþXS©Ú¹?˜ðÚ£józœ=NSu5û(ÎFrLB¸ó+J@îNcÛx’ÿÓk¼‰¯PGBŸ5ÈÞå›hÐ}[Y¼†CXùƒôHD‘šý4ÂEJ’93)ÖnH),‘„ǿ(ÇöZ¿g2¤GF Yµ¥Ò‰EÍ¿s3/ú‡Á½Úýœ¢XH-‚`²+7p€MZõÛà>àö̼V9†™ïÉmöŸêÆÆ	8±ý‡Ü}ù9â‘c÷¤Miz‹Â@¼ƒ¤Ò…©µi€æ™Qcz֓}rY.…Á§Xr{½7̘ši`þd²Òä[#w S,s BK'-åЮdÀ´È1«›K;g’8Ñe…á cÍû?eǏ¹—[I	}Ù6òðmš‚«àH閉0!.¢êDo3ŠŠôQݎVÒãÓNy¬Ç©'¹ÇŠ–š;{•e¹ R¿1ŠRàÓøb¶¹&5ûF¸i/ÿÔ7¾ÖíÒÕØ=H†4[æƒÃ|Ûª½Þ¦æµPHP̌­¢hº–µ¨C§i°™®§4tQݘöUÆRS§<ä+Ê0¶·P÷Òooøä~ûöQû#0'Ë›µÅˆ@PG]N+^َK’féÁ/!ÙFE²ŠTچ£BM¡à?h²ã†Ã)EÝÌîçà(	ÜV£UÝum9%µ¹1Ê[áŒý’;ä†è‘ –Zè×w÷ž¶©}"ïûµI]@ÿb_Ã,°Á Y6K+:.“mja‡WŒÎjğr¹&Å$3ØO„Ç'©ÝH=²(P,м‹ÎNj±ƒÑy0ˆö혹9¢Eé:®¢ÃIŒG.ÖÜ=SÔº)ï®FS<5ÜÑ[ªé¶‚P¥iÊ«§‡%Ó!^¦@ìšj¾[±Õ-ó£	­öyí)]ƒûKã—Q¾±k3£ïK®4rlmä,¦pŸU•ÆêÔ'Òo¤|9¡Åzýñ,„¨¢|»z÷öÚêA–kVôšUþò”Ø7óS'ŒÜj]?Ó"[	¼Z„Éj‚ÊH5;V¨hfª=<•Gû™òðŠdÒiœ,Ù¸—/štë$[y¬ÚŸ'÷‹òÄka¨ÅN	¶Õߙ´éœjJŽ¯U¯ó&͕äÕ¿س†£ô“½Ð,‚ksû@£³xeQÌo¼30Nní,o-"B|PH~ÔgØø{foˆ+“Gï-󞕬Z4†â!5¹¼2õŒ¼j~%o·jÉÃ`ŽÚâö%d@ü€ç±:šÔžÁ³'Œ€ÓûÖ/ÊNîO«+±ãþSƒè̈šŠ)}bÍÊy7•ýü°ÉZ)}¼Å›‘b*ˆõ©ÐáµTŽBÄW"SB¬L¦H$?ÿÕ&óźiZwÃ!/ҕë˜ÒË"˜ÀŠü˜ò­¾‘åhõ)GR_Uä#âXÏØAôf¿6K>çk¦ÇÃë&ew~Š–ùæ9.H	EΣùgl{V×lP‚Î")â,[SüÀÓ¢ªíØqRGߒ¶¹et¸šÕ.l©@ò;ø7ÙQôo˜ÙfLrZÝgXk?Nå"7¶òª˜U•6ëAã™Ŋe·üyÖâä+ØéѤlhÍZՆƼ¨rшõfeŒ)ÝùÃ̳†Š-f-³r%@‰¯ìí’ð@æZǯé8ÒnµµA¨Æ°Èßbê¾À3(²`v+oç‹ë)"Ðq¡4ñ¹‹’¸I)¥ÝýÚÚKÈ°Šá8+Ò Ž†žùˆIvô!£½Ñ­'ˆÖhÓf>Ýe˜ƒÚÁ¢É4kàÅe]™¾	ž¤Q–à•2ÆÅ+iVñÌóÛ¯ú=ÆÓÛ²Šÿ)ÉÏD¸£Ê_TC!#„ôþ$®Kx5’#Hæ¾'ª²ž†žÇ)^M¤ž¯VµKIoa·ã7ÁªAâ{åsÅÃ#GfPijê–2G®£'"U¤ª€jîPHå"ÙG¢Ñ ßÚÝ4r°p~(gá’3òïٗ)–šQ–ÿ鿜˜ä2'Iuc"T 4‘OòŸ‘ÌÍ>"7kË O$Zk#?ð9–8èF™ˆðí’B¢ÎGCŠQËÜáTdR…5ñ钪÷dlH1moUW®ù oÿÖåzïš%Õ­äi´˜e°5k­$q’º¡?ë0Ç v€[ê_¯‹Kmí…Dª(6P3LM»ñ[QóÜrŸP{ábK¾ót• j1ØPÒù,õ[¹’’©~>Ô®ù<…‰‘&n@µu­H£àŠÝDjÌ|ä$\š€v“g’c^;ùAqÎé}ȞÐ05îA‰fžN¿†KCnÑ»Y&…öâێQ·PÁxÿÁeR¡¿6l×B·0—q Þ¡žUˆF«/ü	jeP™‰?6d[Ñ,õH﬒hwwƒÖ ŠæÊøãý'XøO’DóAÅÁTNܝ[uV‰§zÁ–P	èäšIu[—’ÞHâQp±¢ ‘H5fj;ŠS¾Br"?Îe»´oNHˇRG]è(݉­	33#fúz‡,’ybÝ®[Ԟ9)»MÒ£6XexÕ8“d5ʓ™.¢·º[)ôgQʤ_æS^õÌ£FWRi$Tº&‘[¨žÞeY¡qözõÌÜf2w4ÁÂAq䵎ñ.ìݘDy*+|B¿²Aë÷å3Òméݲ9÷õ¡ZrvÙ0À¨«žT=zdŠ†_‡~Ù „A™¸ƒAR–莿vM­I£Z×&ÿ×óÍ´ŒC-v'0‹pFÚ3D|$Cÿ2$lÈs}-ӐŽ¥A¯Ìf‘è/™b¸nd3S¸n˜k§]¶¢8ÖJ8¹æl$lÁãÝèfæ"@¬ˆ#eíҝsW˜6‰…ãr"œ¿wÌô¦cÑ"ËcÔ㻆åãhɇ‘Vï·p2üTG=ÑȦ>WÒԁ䎐¡¨÷§s“‘evQRŸ/kbî3þôÙ¹Žµ¡d­¾Yll{܍V”ã5.äf‹¤i–´V éS‚r¶ˆDV¯ªéÖè2+ڙ]3”ÀaÚ¦¬ÍñFá¥yb%ëÐO¶N8ïÜÐfÌ?-^÷Ò»¸“d†ŠW¢»»·Oˆe9ˆ¡»Ó'ÔÒÚX '£È€ÜÕ_þ%Å3ƒ*H¯ÔÜLËYŒlHð&«ÿf9&öl™g“î͖ÂsýÒ`)_Ç.Òdá²Xe¥úåãFbºޞێ‡+Èz¦#¢ª2EoMÈ.Ê:±c–@l-ö6Q^IÔaªYX¨Ü­9+mÜW'(Æ&¤E‡B¶ˆ9Kh[”Dt;Ó+ˆä$ž½ìž+ˆÂåQvÐôŸ1hޝÚñ•~(nÒH¤e•»S.ž[Ô1ѧË÷–.,µ{Ñ4ª.íÔ©‰‚«HvÕÈÞ>'“«µ—c€g,?S±¿Yå¢"ÞdYV@UZð*Ou㙆¢‚U=òTůJbª²OHþY`bJiÃÇòɆ%&Ô}Rµ#ÄeÑ`_ÿÐó•¤ëMó†ÐQ‰r¢X©×šÿĆDòdï§c÷ßkú³Bô,S^Ü0ë]éŠC=ŒEx¢‰§r îMú–á‘£(ÙM&¹ÑeQ+'*ZîÔùd|>!Iât¨¸7ë$‹H£M€ô‡8k£l®ÕfßH¼A‚CÉM:ùÁ¹«êvš^…' Á.eONwØ·û—ÀY§kÙº_ 5éÔò©¯æ´5£•”Ÿ‰‡lÚBÍÎí1	,Úm¯«Ié¡<¦v¼k@XÓ~´Ê"éõ}˜pÀHËyw¨ù[S·E7w§!Rª(w¦Sâ_à‘ÍGJÒÀÔR29#7ÅâÔí«6Z¢kòß1‚£¢‚¼Ùê+UÌc2U±ëËۍKÌÑÛے݌—,:A]ÏÌå@[&bºbØirÞKþô]‘Å{¤IEæßhãÏ<ÁäãXåE'Ô/4ˆîR‘‘ØL(ž$0÷ý“šìÙ!pïþõËÇ	‘hÈþ¤Ð€R7w V¯A҄ìrè˜J=	j)…­¤‘±D=BUÈØûR£2qa1Þ½-3È׺Iæ$ŠGÔ·éÃ/JoÇ0µ±ˆÇø›ôĘÑ蓍ZææÖâÚcûä.úr½~ŒÅ蔮2æݓ‡þhi’Íz.ŸÐizü$„}ÝHû[­›M,Í89£»Ìn~©2ZÄk7ŸÖAƒ‹*/Ãé±!x~ÏÚ͈7ïqM|Ìn2¦Aö¸ŠíC¾Ù``V;ñAâ2AK«¢"4;åÑ	@ýqÌf†„dÄX’¡óP«Šƒ–p±ÿÑòÒ:ô9V‹²¹-w“ÖTðã!8ìYD٫Áaíé¨ü3šêô}Þ¬*IìFØU‰j’}Vœ¯4VdñSý¹Y›tië‡çL3w°©ô7°»_Z>òàkPvêÊg³` òO̗òYEeÏèF*OV=zïí˜3Ëü=G{Mü¿¤‹[q3|r1õ&ÿ*N òTo—ÄílK0Ômà»ÐmYyH¥8—p`jk—äŒey´Ä‘"º]ŒZ5‚ÊÈÊCJ|E‰Ì|Qݶ[ìʒÖ²±‚rwa$âÎyü(¹³ #~§ˆ’HäŒmR	/¥·ìPÌã§M€ú_ Ï†?ç"8ˆQÕ5ÈDÄP«ýN[•Ì8¶²–^ÁêP±Ì#€öµ˜™bQîoÇ#Â}êW

女装癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

女装癖とは、様々な弾性がある時女性的な装いに目覚め、それ以来女性がするのと同じようにメイクをしたりファッションを女性らし...

pixta_13481908_S

解消法 40代のダイエットの悩みを解消する対処方法

若い人が太っているのは少し見苦しいとされますが、ある程度年齢のいった人が太っているのはかなり見苦しいと世間では評価されて...

E

解消法 あごの痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

体においては生活の中でよく使う部分もあれば意識的にはほとんど使わない部分もあります。よく使う部分についてはよく使うからか...

pixta_4742566_S

解消法 お尻のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

お尻がキュッと引き締まっているとかっこいいです。でもそういうことは長続きしないです。全身を映す鏡に映る自分の姿にほれぼれ...

2-0038-0165

解消法 強い不安を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人間は誰でも日常生活を行なう上で、対人関係や将来への漠然とした不安などが原因となりストレスを感じ、それで大きな不安を感じ...

2-0467-0010

パソコン容量不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

パソコンには画像や動画、ゲームのデータを保存することができるハードディスクというものが搭載されており、このハードディスク...

B

解消法 足汗を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

足汗はその文字の通り足にかく汗ですが、あまり聞いたことがない方もいることでしょう。しかし、足の汗で悩んでいる人は少なくあ...

2-0366-0373

解消法 浮腫みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

最近男性にも増えつつある「浮腫み」、なんだか太ったなと感じる事や目が腫れぼったく見える事、靴下や下着の跡がくっきりついて...

2-0137-0359

解消法 疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

疲れ目と眼精疲労とは厳密に言うと違いあります。目に疲れを感じた時に、休憩ととったり、眠ることで疲れが回復するゆであれば疲...

0034-0032

解消法 お正月太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

4月になると新しい年度なので健康診断や身体測定などがあります。誰でも必ず測ったりするのが身長と体重でしょう。子供であれば...

2-0425-0015

婚約を慰謝料で解消す...

婚約とは文字通り結婚の約束のことです。お互いに誠意を持っ...

Woman lying on the sofa in the living room with upset stomach

解消法 生理中のむく...

生理になると、どうしても身体がむくみやすいという女性が多...