吠え癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吠え癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近所迷惑にもなりますので飼い主が一番困る悩みの一つでもあります。人が来たらワンワン吠えるといった悩みや、散歩の途中で人に向かって吠えるなどといったように、吠え癖のある犬は飼い主を手こずらせていることが…

吠え癖とは

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近所迷惑にもなりますので飼い主が一番困る悩みの一つでもあります。人が来たらワンワン吠えるといった悩みや、散歩の途中で人に向かって吠えるなどといったように、吠え癖のある犬は飼い主を手こずらせていることが多いのです。

ですからできるだけ人に会わないようにすることが、かえって吠え癖を助長させることもあります。また、自分の要求を通そうと吠える場合もあります。ご飯や散歩の要求をするときはしばらく吠え続けますので、それを回避するために犬の要求に従ってしまう飼い主も多く見られます。犬の中でもおとなしい犬や元気な犬、恐がりの犬といったように、人間と同じようにさまざまな性格の犬がいることをご存じでしょうか。

それぞれの性格が違うことにより、いろいろな癖が出てしまうことがあるのです。ですからまず犬の性格を知ることも大事です。特に人に向かって吠える犬は、それなりに原因があるから吠えるのです。その理由や性格をよく理解すれば、犬の気持ちがわかるようになり、その犬にあったしつけの仕方で吠え癖を直していけばよいのです。

飼い主にとって吠え癖が直るとすれば、こんなにうれしいことはないでしょう。ただ叱りつければよいというものではありません。犬にも心があり、人間と同じように感情をもった動物なのです。飼い始めたからには、最後まで責任をもって育てることが飼い主の役割でもあります。

吠え癖の特徴(症状)や原因

吠え癖の特徴や原因は、いろいろ理由がありますが、人が来て吠える犬は恐がりタイプだと言えるでしょう。人が近くに来るのが怖くてたまらないのです。ですから自宅に訪ねてくる人がいれば、「早く帰れ。」と言わんばかりに吠え続けるのです。気が狂ったように吠える犬もいますが、怖さがマックスに達してしまい、どうしようもない状況に陥ってしまう犬さえいるのです。

こういった性格の犬は、犬の知らないところへ連れ出せば、すぐに抱っこをせがんだり、その場から動けなくなったりするのでよくわかります。またご飯が欲しいときや散歩に連れて行ってもらいたいときに吠える犬は、わがままで吠えている場合が多いのです。

吠えると近所迷惑になるとか、鳴き声がうるさいといった理由から、犬の要求通りに動く飼い主も多いのですが、犬にとってみれば飼い主は自分のいうことを聞く家来のような存在でしかありません。ですから要求吠えに対して、犬の言うとおりにしてはいけないのです。このように吠え癖といってもいろいろな理由があります。

人間のように言葉が話せない分、吠えることでしか相手に伝えることができないのです。ですから人間が犬の気持ちを理解して、それに応じた対応をしていかなければならないのです。しかしなかなかそれは難しいことで、飼い犬に手こずっている人が多いのも事実です。しつけをしなければならないのはわかっていても、どのようにしつけたらいいのか悩んでいる人も多いのです。

吠え癖の対策

吠え癖の対策としては、来客時や散歩途中で吠える犬に、人と接点を持たせないようにする人がいますがこれは逆効果です。ますます人を怖がるようになり、吠え続けるでしょう。犬にさまざまな経験をさせることが大事なのです。子犬のうちにしつけをしておく必要があるのはこのためです。

成犬になってからではなかなかしつけをし直すのは難しいのですが、決して無理ではありません。根気強く繰り返すことが大事です。またご飯や散歩などの要求吠えに対しては、しばらく無視しておくことが大事です。相手にしたり要求通りにしてはいけません。しばらく泣き止むまでうるさいかもしれませんが、放っておくことが大事なのです。

放っておかれることで、自分の要求が通らないと言うことを学ぶからです。かわいそうと思う気持ちが愛犬をだめにしてしまうのです。かわいがっている愛犬だからこそ、きちんとしつけていきましょう。犬は賢い動物なので、理解するのも早いのです。しかし甘やかす人もよく知っています。自分の都合のよいところへ逃げようとしますから、しつけがぶれるようではいけないのです。

初めからしつけをし直すのであれば、家族全員でしつけに取り組みましょう。特に家のリーダーが毅然とした態度で犬に接していく必要があります。犬を家族のリーダーにしてしまうと後々しつけも大変になってきますから、犬にとって誰がリーダーかきちんと理解させておくことはとても大事なことなのです。

吠え癖の解消方法

吠え癖の解消方法としては、犬と飼い主の主従関係をしっかり理解させることから始まります。この主従関係がしっかりできていれば、犬は「いけない。」ということをしっかり理解し、リーダーの指示に従うようになるからです。反対に主従関係ができていなければ、犬は飼い主の指示には従いません。自分の好き放題に行動するようになります。

そこへ飼い主が注意でもしようものなら、「うるさい。」とばかりに噛もうとしたり実際に噛んだりする犬もいるのです。主従関係を築くためには時間がかかります。特に今までわがままし放題だった犬にとっては、飼い主がリーダーになることを好ましく思わないからです。時間はかかっても飼い主がリーダーだということを犬にはっきりと理解させることが大切です。

主従関係ができてくると、犬はリーダーの指示に従うようになります。ですから例え吠えたとしても、「いけない。」と注意すれば吠えるのをやめるようになるはずです。これが大事なのです。これは何も吠え癖に限ったことではありません。犬のしつけ全般にかかわることなのです。

ですから、おとなしくしている犬は飼い主との主従関係がしっかりできているということで、わんわん吠える犬は主従関係がまだ完全に築けていないということになるのです。特に何か道具を使ったり、食べ物で釣ったりする必要はありません。人間と犬との信頼関係が何よりも大事なのです。ですからまずは主従関係から築いていくことが解消法なのです。

吠え癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

吠え癖を未然に防ぐ方法やまとめとしては、人間と犬との主従関係をはっきりさせることです。主従関係がはっきりしたら犬は飼い主の言うことに従うようになるからです。主従関係ができたら、吠え癖を直しましょう。人を怖がって吠えていることが多いので、人を避けようとする人がいますがそれは逆効果になります。

積極的に外へ連れ出して人や車の存在を知らせることです。少しずつ恐怖心を無くしていくことで、犬も人間や車を怖いと思わなくなるでしょう。そうすればあとは飼い主が注意するだけで、吠えるのをやめるようになるはずです。犬にとって犬自身がリーダーになることがいいような気がしますが、それはまったく逆なのです。

犬にとってリーダーになるということは、家族を守らなければならないと言う責任感からストレスが溜まりやすくなります。ストレスが溜まった犬は、怒りっぽくなり表情も険しくなります。犬にとっても飼い主がリーダーになることの方が落ち着いてゆったりした日々を過ごすことができるのです。

単に吠え癖を直すことだけではなく、犬との主従関係を見直すことが最も大事なことなのです。主従関係をはっきりさせればその後のしつけも簡単になるでしょう。人間と犬との信頼関係をしっかり築くことで、飼い主と犬との絆も強まるでしょう。主従関係ができている犬は、ほかの人にも迷惑をかけることのない利口な犬へと生まれ変われるはずです。あきらめずに主従関係を築いていきましょう。

耳をふさぐ白人女性

解消法 耳鳴りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

犬笛と呼ばれるものがあります。吹いても音はしません。でもこの笛で慣らされた犬がやってくることがあります。聞こえないのにど...

young woman with headache holding hands on head

解消法 昼寝から来る頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

保育園などにおいては昼寝の時間が設けられています。しかし小学校などになると昼寝はありません。会社などにおいてもありません...

2-0369-0383

解消法 便秘を解消し足のむくみを解消する対処方法や対策・原因...

健康管理では、体自体の状態を自分で観察する必要があり、自分の人生をほんとうの意味で幸福にするためにも、健康管理は非常に重...

P

解消法 即効で妊娠の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

女性は男性と違って妊娠をして出産をします。遺伝子としては男性のものも子供に影響させることができますが、今のところは男性が...

2-0097-0288

解消法 足首のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ダイエットをしている女性のなかには足が太いことを悩みにしていることがあります。しかし、いくらダイエットをしてもなかなか足...

2-0041-0170

解消法 金縛りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

金縛りという現象は昔から有名で、日本だけではなく世界的にも起こっていることなので、人間では誰にも起こりうる現象ということ...

2-0334-0279

解消法 即効で便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

今、10代後半から20代以上の女性が悩む症状の一つが便秘です。通常、人はほぼ毎日排便があります。その量は大体バナナ2本分...

2-0175-0034

解消法 お茶で即効に便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

病気と言われるときには慢性と急性と言われることがあります。病気ではなくてもちょっとした症状として言われる場合には慢性と一...

2-0440-0104

考え方の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

同じことが起きてもポジティブにとらえることができる人もいれば、ネガティブに考えてしまう人もいます。これは考え方の癖による...

L

解消法 寝不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康管理が日常生活での重要な課題になっているということでは、健康管理に役に立つ効果的な方法を実践するということが重要にな...

2-0488-0077

捻挫の癖を解消する対...

捻挫の癖というのは何度も同じ場所を捻挫してしまうことをい...

2-0034-0160

解消法 気圧による頭...

骨折などをした人に関してはある不思議な現象があります。そ...