吠え癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吠え癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近所迷惑にもなりますので飼い主が一番困る悩みの一つでもあります。人が来たらワンワン吠えるといった悩みや、散歩の途中で人に向かって吠えるなどといったように、吠え癖のある犬は飼い主を手こずらせていることが…

吠え癖とは

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近所迷惑にもなりますので飼い主が一番困る悩みの一つでもあります。人が来たらワンワン吠えるといった悩みや、散歩の途中で人に向かって吠えるなどといったように、吠え癖のある犬は飼い主を手こずらせていることが多いのです。

ですからできるだけ人に会わないようにすることが、かえって吠え癖を助長させることもあります。また、自分の要求を通そうと吠える場合もあります。ご飯や散歩の要求をするときはしばらく吠え続けますので、それを回避するために犬の要求に従ってしまう飼い主も多く見られます。犬の中でもおとなしい犬や元気な犬、恐がりの犬といったように、人間と同じようにさまざまな性格の犬がいることをご存じでしょうか。

それぞれの性格が違うことにより、いろいろな癖が出てしまうことがあるのです。ですからまず犬の性格を知ることも大事です。特に人に向かって吠える犬は、それなりに原因があるから吠えるのです。その理由や性格をよく理解すれば、犬の気持ちがわかるようになり、その犬にあったしつけの仕方で吠え癖を直していけばよいのです。

飼い主にとって吠え癖が直るとすれば、こんなにうれしいことはないでしょう。ただ叱りつければよいというものではありません。犬にも心があり、人間と同じように感情をもった動物なのです。飼い始めたからには、最後まで責任をもって育てることが飼い主の役割でもあります。

吠え癖の特徴(症状)や原因

吠え癖の特徴や原因は、いろいろ理由がありますが、人が来て吠える犬は恐がりタイプだと言えるでしょう。人が近くに来るのが怖くてたまらないのです。ですから自宅に訪ねてくる人がいれば、「早く帰れ。」と言わんばかりに吠え続けるのです。気が狂ったように吠える犬もいますが、怖さがマックスに達してしまい、どうしようもない状況に陥ってしまう犬さえいるのです。

こういった性格の犬は、犬の知らないところへ連れ出せば、すぐに抱っこをせがんだり、その場から動けなくなったりするのでよくわかります。またご飯が欲しいときや散歩に連れて行ってもらいたいときに吠える犬は、わがままで吠えている場合が多いのです。

吠えると近所迷惑になるとか、鳴き声がうるさいといった理由から、犬の要求通りに動く飼い主も多いのですが、犬にとってみれば飼い主は自分のいうことを聞く家来のような存在でしかありません。ですから要求吠えに対して、犬の言うとおりにしてはいけないのです。このように吠え癖といってもいろいろな理由があります。

人間のように言葉が話せない分、吠えることでしか相手に伝えることができないのです。ですから人間が犬の気持ちを理解して、それに応じた対応をしていかなければならないのです。しかしなかなかそれは難しいことで、飼い犬に手こずっている人が多いのも事実です。しつけをしなければならないのはわかっていても、どのようにしつけたらいいのか悩んでいる人も多いのです。

吠え癖の対策

吠え癖の対策としては、来客時や散歩途中で吠える犬に、人と接点を持たせないようにする人がいますがこれは逆効果です。ますます人を怖がるようになり、吠え続けるでしょう。犬にさまざまな経験をさせることが大事なのです。子犬のうちにしつけをしておく必要があるのはこのためです。

成犬になってからではなかなかしつけをし直すのは難しいのですが、決して無理ではありません。根気強く繰り返すことが大事です。またご飯や散歩などの要求吠えに対しては、しばらく無視しておくことが大事です。相手にしたり要求通りにしてはいけません。しばらく泣き止むまでうるさいかもしれませんが、放っておくことが大事なのです。

放っておかれることで、自分の要求が通らないと言うことを学ぶからです。かわいそうと思う気持ちが愛犬をだめにしてしまうのです。かわいがっている愛犬だからこそ、きちんとしつけていきましょう。犬は賢い動物なので、理解するのも早いのです。しかし甘やかす人もよく知っています。自分の都合のよいところへ逃げようとしますから、しつけがぶれるようではいけないのです。

初めからしつけをし直すのであれば、家族全員でしつけに取り組みましょう。特に家のリーダーが毅然とした態度で犬に接していく必要があります。犬を家族のリーダーにしてしまうと後々しつけも大変になってきますから、犬にとって誰がリーダーかきちんと理解させておくことはとても大事なことなのです。

吠え癖の解消方法

吠え癖の解消方法としては、犬と飼い主の主従関係をしっかり理解させることから始まります。この主従関係がしっかりできていれば、犬は「いけない。」ということをしっかり理解し、リーダーの指示に従うようになるからです。反対に主従関係ができていなければ、犬は飼い主の指示には従いません。自分の好き放題に行動するようになります。

そこへ飼い主が注意でもしようものなら、「うるさい。」とばかりに噛もうとしたり実際に噛んだりする犬もいるのです。主従関係を築くためには時間がかかります。特に今までわがままし放題だった犬にとっては、飼い主がリーダーになることを好ましく思わないからです。時間はかかっても飼い主がリーダーだということを犬にはっきりと理解させることが大切です。

主従関係ができてくると、犬はリーダーの指示に従うようになります。ですから例え吠えたとしても、「いけない。」と注意すれば吠えるのをやめるようになるはずです。これが大事なのです。これは何も吠え癖に限ったことではありません。犬のしつけ全般にかかわることなのです。

ですから、おとなしくしている犬は飼い主との主従関係がしっかりできているということで、わんわん吠える犬は主従関係がまだ完全に築けていないということになるのです。特に何か道具を使ったり、食べ物で釣ったりする必要はありません。人間と犬との信頼関係が何よりも大事なのです。ですからまずは主従関係から築いていくことが解消法なのです。

吠え癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

吠え癖を未然に防ぐ方法やまとめとしては、人間と犬との主従関係をはっきりさせることです。主従関係がはっきりしたら犬は飼い主の言うことに従うようになるからです。主従関係ができたら、吠え癖を直しましょう。人を怖がって吠えていることが多いので、人を避けようとする人がいますがそれは逆効果になります。

積極的に外へ連れ出して人や車の存在を知らせることです。少しずつ恐怖心を無くしていくことで、犬も人間や車を怖いと思わなくなるでしょう。そうすればあとは飼い主が注意するだけで、吠えるのをやめるようになるはずです。犬にとって犬自身がリーダーになることがいいような気がしますが、それはまったく逆なのです。

犬にとってリーダーになるということは、家族を守らなければならないと言う責任感からストレスが溜まりやすくなります。ストレスが溜まった犬は、怒りっぽくなり表情も険しくなります。犬にとっても飼い主がリーダーになることの方が落ち着いてゆったりした日々を過ごすことができるのです。

単に吠え癖を直すことだけではなく、犬との主従関係を見直すことが最も大事なことなのです。主従関係をはっきりさせればその後のしつけも簡単になるでしょう。人間と犬との信頼関係をしっかり築くことで、飼い主と犬との絆も強まるでしょう。主従関係ができている犬は、ほかの人にも迷惑をかけることのない利口な犬へと生まれ変われるはずです。あきらめずに主従関係を築いていきましょう。

2-0376-0398

解消法 目の下のたるみ解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

目の下のたるみというものはかなり誤解されていることも多い症状です。実際こういったものはかなり多くの人がなっているのですが...

2-0417-0089

足を組む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

自然に出てしまう足を組む癖足を組む癖は意識せずにやってしまうことが多いので、なかなか止めることができないようです。何か明...

2-0063-0215

解消法 手足のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

むくみとは、細胞組織の液体と血液の圧力バランスが崩れ、細胞組織に水分が溜まってむくれている状態のことを指しています。血漿...

Woman with headache against black background

解消法 偏頭痛を治し方や解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

身近に起こる病気や症状に対してはそれに対する市販薬も多くなっています。病気になったり何らかの症状になった時は病院に行かな...

2-0096-0286

解消法 足むくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

靴を購入する時朝や午前中よりも午後、夕方が良いとされます。朝は起きたところの場合があります。寝ていたときには全身の血流が...

pixta_6320920_S

解消法 お風呂で突発性発疹を解消する対処方法や対策・原因・特...

人の肌は他の動物に比べると体毛などは少ないです。細かく見ると産毛などが生えていることはありますが、それで体温を維持してい...

nightmare

解消法 眠たいを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

高校生から大学生になったり、学生から社会人になったり、生活のリズムが大きく変わる春はまた睡眠の問題を生じる人が増える時期...

s

解消法 テレビを見ながら二段尻を解消する対処方法や対策・原因...

顔であったりプロポーションの基本としては前になります。ですから顔の見た目であったり、正面から見た時によく見えるようにする...

2-0213-0362

解消法 鼻が詰まるを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

冬には風邪やインフルエンザがありますから油断することはできません。早く春になってほしいと考えます。では春になったら何も問...

w

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の...

2-0005-0041

解消法 カリウムでむ...

むくみとは、血液中の成分が水分とともに浸透することによっ...

2-0306-0195

解消法 左の腰が痛い...

健康管理では、自分の体がどのように変化していくかというこ...