遅刻癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

遅刻癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

遅刻癖と言うのは、文字通り、頻繁に遅刻をしてしまうことです。人間と言うのは色々な部分にルーズになりがちな生き物ですが、多くの人が陥ってしまう定番とも言えるものが、この遅刻癖です。なお、遅刻癖にも色々とパターンがあり、仕事や学校だと時間に遅れずに行くことができるのに…

遅刻癖とは

遅刻癖と言うのは、文字通り、頻繁に遅刻をしてしまうことです。人間と言うのは色々な部分にルーズになりがちな生き物ですが、多くの人が陥ってしまう定番とも言えるものが、この遅刻癖です。なお、遅刻癖にも色々とパターンがあり、仕事や学校だと時間に遅れずに行くことができるのに、プライベートの用事だと遅れてしまうと言う人もいれば、どんな用事だろうと遅れてしまうと言う人もいます。

また、その派生タイプとして、遅刻はしないのですが、時間ギリギリに職場に着いたり、待ち合わせの場所に着いてしまうと言う人もいます。遅刻をしたら印象が悪くなるのは言うまでもありませんが、ギリギリになってしまうのも決して印象は良くありません。

なお、遅刻癖は解消しないままでいると、良いことがないと言うことも言うまでもありません。大事な用事に遅れてしまったら一大事ですし、通常の用事であっても、遅刻を繰り返すことで、周りからの信用が落ちてしまうことにつながります。ちなみに、遅刻をすることで自分が困るのはもちろんですが、周りの人に迷惑をかけることにもなってしまうと言うのも大きな問題です。

周りの人は何も悪くないのに迷惑を被るわけですから、こんな理不尽な話はありません。こういったことを起こしてしまわないためにも遅刻癖の特徴や原因を把握して、解消法を見つけ出し、行動を改めることが必要です。まずは、解消することをしっかりと意識することが大事です。

遅刻癖の特徴(症状)や原因

遅刻癖の特徴としてよくあるのが、リズムの取り方がおかしいと言うものです。具体的な話をしますと、12時に駅の改札の前で待ち合わせをした場合に、12時に家を出る人がいます。時間を守って行動する普通の人には、とても理解できない行動ですが、遅刻癖の人と言うのはこういったリズムが体に染みついてしまっているものです。

また、もう一つよくあるパターンが、家を出る前の準備の仕方です。これもリズムの取り方に関することですが、朝起きる時間は普通に余裕のある時間なのですが、ここからゆっくりとご飯を食べたり、細々としたことをやり、その後に着替えたり化粧をするなど、身だしなみを整える行為に入って行きます。

こうすることで、ギリギリになってしまうと言うことがよくあるのです。先に着替えたりして、せめて直前までやることをやって、それからゆっくりすれば後からいくらでも調整できますから問題ないわけですが、それが分かっていない、もしくは分かっていてもできないと言うのが、遅刻癖の人の特徴です。

そして、もう一つありがちなのが、そもそも起きる時間が遅いと言うパターンです。目覚まし時計をセットして寝たとしても、二度寝をしてしまったりして、起きる時間が遅くなってしまうのです。こうすると時間に余裕がなくなり、当然家を出るのが遅れ気味になってしまいます。このように、遅刻癖と一言で言っても色々なパターンがありますので、自分のパターンを把握して、それに合った対策を立てていくことが大切です。

遅刻癖の対策

遅刻をしないようにするためには、それ相応の対策が必要になってきますが、朝スムーズに起きることができず、慌てて身支度をすることになってしまう人がやるべき対策の定番と言えば、目覚まし時計のセットです。目覚まし時計のセットをしていても起きられない人もいますが、だからと言ってそのままではいけません。

大切なのは、セットの仕方を変えることです。携帯電話を使用すれば、とても便利な設定の仕方ができるものです。5分経ったらまた鳴るようにしておけば、二度寝してしまった時も安心ですし、それでも寝てしまうことがあるようなら、また5分後に鳴るようにしておけば良いだけです。これを繰り返して、もしもの時に備えるわけです。

なお、5分あると十分深い眠りに入ってしまう、と言う人であれば、間隔を狭めて、3分後や2分後にまた鳴るようにしておきます。こうすれば、意識が比較的はっきりとしている内にまた音が鳴り出しますから、起きやすくなります。そして、アラームをセットしておく時にできるもう一工夫が、音の選択です。

音によって、起きやすいものとそうでないものがある場合がありますから、その辺を意識して設定をすることが大切です。もちろん、音の大きさも重要なポイントとなりますから、その点も忘れずに設定しておきたいところです。また、ちょっとした工夫として、少し離れた位置に携帯電話を置いて眠ると言う手があります。少し離すぐらいなら十分音は聞こえます。こうすると、音をとめるために起き上がらなければならず、目が覚めやすくなります。

遅刻癖の解消方法

遅刻癖を解消するためには、アラームのセットの仕方を工夫したように、一つの原因に対して近い所から攻めて行き、問題点を潰していくことが大切です。シンプルなものですと、朝起きられないのは、睡眠が不足しているからと思えば、早く寝るようにすれば良いわけです。

なお、早く寝るようにしているけれど、眠りにつくまでに時間がかかり、結局遅い時間に寝ることになってしまう、と言う人の場合は、枕を変えたり布団を変えたりすると言うのが、効果的な方法の一つです。寝心地と言うのは、ちょっとしたことで変わるものです。よく、宿泊施設に行くと、いつもと勝手が違って眠れないという人がいますが、人間には、自分にとって眠りやすい環境と言うのがあるものです。

細かな話をしますと、いつもは眠れるのに、日によっては眠れないと言う時もあります。そういった時には、枕を変えてみたり、体勢を変えてみたりすることで体の調子や気分が変わって眠れることがあります。また、眠りにつきやすいかどうかと言うのは、精神的な部分の影響もあります。

何か心配事があったり、その日に嫌なことがあったりすると、気になってしまい眠れないと言うのはよくあることです。ですから、友達や家族に相談をしたりして、解決しないとしても、少しでも気分を変えて、それから寝るようにすることが大切です。このように、就寝時には、体のリズム、そして心のリズムを整えた上で眠るようにすることが重要です。

遅刻癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

遅刻癖を解消するためには、心身共に良い状態に持って行くことが大切ですが、毎日のように明日遅刻をしないことに対して神経を使うと言うのは結構大変なものです。ですから、もっと根の部分を改善して、毎日心配しなくても良いような状態に持って行くことも大切です。そのために必要なことは意識改革です。

遅刻癖の対策には色々なものがあり、自分に合ったものを臨機応変に活用していくことはもちろん大切なことですが、そもそも根本的な心がけがおかしいと、常にギリギリの所で乗り切って行かなければならなくなったりします。意識改革で大事なのは、遅刻をすることでどういった影響があるかを重く受け止めることです。

遅刻をすることで、待たせる相手の時間をとることになってしまう、周りにだらしない人間だと思われてしまう、など遅刻をすることはとても深刻なことであると言うことを意識して、自分にプレッシャーを与えるのです。なお、慌てて行動するとろくなことはありません。

遅刻しそうだからと急いで身支度をしたり、走って目的地に向かったりすることで、転んでしまったり、人にぶつかってしまったり、物を壊してしまうかもしれません。こう言ったことは起こしてからでは手遅れです。「急いでいたので」で許されるわけはありません。余裕を持って行動をしないと、こういった危険を招く恐れがある、と言うことをしっかりと意識して、未然に防ぐようにすることが大切なことと言えます。

2-0240-0049

解消法 グッズで受験でのストレスを解消する対処方法や対策・原...

仕事である就職や転職には学歴はあまり必要がないといわれていますが、それでも大学卒というのが常識になっているほど学歴はやは...

2-0005-0041

解消法 カリウムでむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

むくみとは、血液中の成分が水分とともに浸透することによって、血管やリンパ管の外にしみだしてしまっている状態のことを言いま...

2-0453-0082

逃げ癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

逃げ癖とは、自分にとっての困難や億劫な出来事に直面したとき、その状況を打破する方法を考えたり、その状況に正面から向き合う...

2-0053-0198

解消法 産後の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

女性にとって大仕事である出産。出産はとても大変です。妊娠中から色々体調管理も大変ですし、出産後も元の体に戻るまで時間がか...

2-0290-0157

解消法 顔のくすみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

美容業界ではアンチエイジングがブームになっていますが、中高年の女性たちがしみやしわそしてたるみや顔のくすみといった老化現...

childhood obesity

幼児肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児肥満とは標準体重よりどれくらい体重が上回っているかによって決まりますが、幼児肥満には2種類の肥満があります。一つは単...

close-up of hands and abdominal ultrasound scanner

解消法 妊娠初期の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

妊娠初期にはつわりなどで、様々な症状がでてきます。その様々な症状には嘔吐や微熱が続く事や強い眠気を感じる事もあります。そ...

2-0059-0208

解消法 湿布で肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

仕事をするときに時に違和感を持つことなく気持ちよく出来ればいうことはありません。自営業であったり自分でビジネスをしている...

Stressed businessman with hands on head against wooden surface with planks

解消法 男性のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

日常生活でのストレスの解消は、特に社会人となっている場合に対処方法を意識的にも無意識的にも求めるもので、色々な刺激が日常...

2-0024-0138

解消法 下腹部の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

若い頃は食事もしますが運動もします。どんどん食べても体を動かしているのでそれが脂肪として付くことは少ないかもしれません。...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポ...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が...

2-0389-0027

だるさを解消する対処...

しっかり眠ったはずなのに前日の疲れがあまり取れていない、...