小学生のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

小学生のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

小学生のストレスとは、子どもによってさまざまです。昔は子どもがストレスなど感じることはないといった考え方が一般的でしたが、最近は多くのストレスを抱え、精神的にも追い込まれている子どもが増えつつあります。その原因の多くは他人との関係性です。特に友人同士のトラブルやいじめは深刻な問題でもあり…

小学生のストレスとは

小学生ストレスとは、子どもによってさまざまです。昔は子どもがストレスなど感じることはないといった考え方が一般的でしたが、最近は多くのストレスを抱え、精神的にも追い込まれている子どもが増えつつあります。 その原因の多くは他人との関係性です。特に友人同士のトラブルやいじめは深刻な問題でもあり、時には社会問題にまで発展することもあります。

昔もいじめっこやガキ大将とよばれる子どもがいて、けんかやいさかいはあったものです。例えば取っ組み合いのけんかになったとしても翌日は仲直りしていたり、けんかを仕掛けた方が先に謝ったりと子どもなりのルールもきちんとできていました。しかし最近はそういった対人関係をお互いが築くことができない子どもが多いので、いじめもエスカレートし傍観者も増えてきているのです。

また、親や学校の先生との関係が不安定になっている子どもも見受けられます。小さい頃から英才教育を受けている子どもの中で、本当は勉強よりほかに興味があるものの、親に言えずに不満がどんどんたまっていくケースの子どもや、親と触れ合う時間が少なく、自分のことをかまってもらえない不満からそれがストレスになって別の形で発散していくケースも見受けられます。

ですから子どもの異変を感じたら、周りの大人が子どもの出すサインを見逃さないことが何より大切なことです。このサインを見逃してしまうと後々大変なことにつながる恐れもあるので十分注意してあげましょう。

小学生のストレスの特徴(症状)や原因

小学生ストレスの特徴や原因としてあげられるものは、まず体の異変です。特に今まで見られなかったような癖が現れてきたら、しばらくその様子をうかがう必要があります。 特に多いのが、爪噛みやチック、貧乏揺すりや指しゃぶりといった体に表れる変化です。幼児期の頃から現れていたなら、そこにさかのぼって原因を追及することも必要です。

例えば爪噛みや指しゃぶりといった行為は、子どもがそれをしていると落ち着くからやっているのです。それも無意識のうちにしていることがほとんどです。 チックや貧乏揺すりの症状も同じです。本人は意識していないことが多いので指摘されて気がつくこともあります。

また、これらは特に極度の緊張状態に陥ったときに現れることが多いので、気持ちが不安定になっている状態や落ち着きがないときに多く見られます。 また精神的ストレスとして、夕方は元気なのに朝になると体の調子が悪くなるといった、典型的な不登校の症状もあります。

学校に行きたがらない場合は、学校での生活に不満がある場合もありますが、まれに親と離れたくない心情が原因となっている場合があるので、学校でのことが原因とは限りません。 親は何かすぐにストレスの症状が現れると理由を求めたがるものですが、複雑に絡み合っている場合もあるので、親が勝手に理由を作り上げたり、原因を急いで追求したりしてはいけません。子どもをどんどん窮地へ追い込んでいく原因になるからです。

小学生のストレスの対策

小学生ストレスの対策としては、まずはその原因を取り除いてあげることです。例えば友人関係が原因なら、学校の先生やスクールカウンセラーと相談の上、周りの大人が子どもを見守る体制作りを行うことです。いじめられる側のサポート体制は整えても、いじめる側が放っておかれたら、ターゲットが変わるだけでいじめを根本からなくすことはできません。ですからいじめられる側もいじめる側も、両方をサポートして行く必要があるのです。

特にいじめは許されることではないという認識を、学校全体の子どもたちに理解させ、もしいじめの現場を目撃したら大人に相談できるような人間関係をつくることも大事です。子どもと大人の間に信頼関係がなければ、子どもは気持ちを寄せてはくれません。簡単なことのようで子どもの心を理解することは大変難しいことなのです。

また、親子や先生との関係がうまくいっていない子どもの場合も、じっくり向き合って話をすることが大切です。子どもの言うことにしっかり耳を傾けましょう。途中で話を止めたり説教を始めたりすると、途端に子どもは自分の殻に閉じこもってしまうでしょう。

いずれの場合でも、まずは十分子どもの話を聞いてあげることが重要です。小学生ですから間違ったことを言うかもしれません。しかし大人がしっかり話を聞いてあげることで、子どもも安心し自分の思いをしっかり言えるようになるのです。例え親子であっても信頼関係作りは大事なことなのです。

小学生のストレスの解消方法

小学生ストレス解消方法としては、精神的に追い込まれて学校へ行けなくなっている場合は、無理に学校へ行かせる必要はありません。家庭でゆっくり休養をとらせてあげることも必要です。学校へ行かないといけないと思っているのは子ども自身ですから、自ら登校できるようになるまで焦ってはいけません。無理矢理連れ出すのは逆効果です。

かえって不登校の期間を長引かせる原因にもなります。塾などに行きたがらない場合も、休ませてのんびりさせてあげたり、友達と遊ばせてあげたりすることも必要かもしれません。 またストレス解消法としては、親子で出かけるのもよいでしょう。

外に出たがらない場合は無理に連れ出すことはありませんが、気分転換に映画を観たり、レジャー施設で遊んだりするのもストレス発散になります。子どもがやってみたい、行ってみたいということを優先させてもいいでしょう。 友達を自宅へ呼んで一緒に遊ぶのもいいかもしれません。自分の周りには自分を支えてくれる多くの人がいるということを実感することも大切なのです。

自宅でゲームやビデオ鑑賞をしたいと言ったとしても、注意してはいけません。途中でほかのことに切り替えればいいわけですから、そのことで叱ってしまうとまたスタート地点に逆戻りしてしまうことになるからです。 これらの方法は決して甘やかしではないのです。大人が好きなことでストレス発散するように、子どもだって好きなことをしてストレスを発散させてあげることが必要なのです。

小学生のストレス解消のまとめ(未然に防ぐ方法など)

小学生ストレスを未然に防ぐ方法やストレス解消のまとめとしては、周りの大人が子どもをきちんと見守ってあげることが大事です。大人の思いや考えを一方的に押しつけるのではなく、子どもの言葉に耳を傾け、助言し励ますことが何よりも大切です。 子どもも間違うことがあるかもしれません。失敗することもあるかもしれません。そんな時に叱りつけるのではなく、なぜできなかったのか、なぜしなかったのか子どもの考えを聞く姿勢が大事なのです。

子どもは自分のことを考えてくれる、理解してくれるという思いからその人に信頼を寄せ、何かあっても大丈夫という自信につながっていきます。その自信が子どもを強く大きく成長させていくのです。 最近は大人が極端な過保護か、極端な放任かに分かれています。このどちらもよくありません。

子どもを陰から見守りつつ自立を促していくことも大事ですし、子どもの手を離してもいけません。そして、子どもができるようになったことを共に喜び分かち合うことが大事です。 できて当たり前ということはないのです。子どもの頑張ったことや最後までやり遂げたことを、思い切りほめてあげましょう。

子どもをほめるということは、子どもを伸ばすことにもつながりますし、さまざまなストレスから打ち勝つ力を備えることができるのです。 そして、子どもの異変にいち早く気付いてあげることです。いつもと違うと感じたら、子どもの心に寄り添ってあげましょう。それが何よりも大事なことなのです。

barking dog

吠え癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吠え癖とは、犬が常に吠え続ける状態のことをいいますが、近所迷惑にもなりますので飼い主が一番困る悩みの一つでもあります。人...

2-0336-0283

解消法 足のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

正常な状態でありますと特別むくみなどを起こす様なことはありませんが、長い時間立ち続けた場合や、同様に長い時間椅子などに座...

Grimacing Woman Suffering a Painful Headache.

解消法 こめかみからの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特...

体においては一応はそれぞれ正しい位置、正常な位置があります。その位置にあれば見た目も整っています。しかし間違った姿勢を取...

2-0106-0302

解消法 断食を行う時の悩み解消する対処方法や対策・原因・特徴...

断食とは文字通り食を断つことで、元々は宗教的な修行ということから始まったのだろうと考えられますが、今でも宗教によっては、...

2-0360-0351

解消法 背中の凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

背中の凝りとは、そこに色々と問題があるから発生していることです。病気であることもありますが、単なるちょっとした疲労である...

sad little girl sitting near a door on the background of an bric

小学生のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

小学生のストレスとは、子どもによってさまざまです。昔は子どもがストレスなど感じることはないといった考え方が一般的でしたが...

Cute smiling baby boy in bed lying on his belly in bedroom

解消法 幼児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

小さなお子様でも便秘をする事があります。幼児はまだ排便能力が大人のようにまだ発達していません。その為、乳幼児期は便秘にな...

C

解消法 肩の後ろの痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

毎日の体の負担ということでは、目や肩の負担と胃腸などの内臓への負担をもっとも意識しますが、そうなると、それらの部分の不快...

2-0462-0110

噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人間は誰でも、その人だけの癖を持っています。自分自身では気がつかないあいだに、癖を行動でお越しています。噛む癖も、そんな...

2-0389-0027

だるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

しっかり眠ったはずなのに前日の疲れがあまり取れていない、肩や腰、関節などに違和感がある、など明確な症状はないのに何となく...

2-0336-0283

解消法 足のむくみを...

正常な状態でありますと特別むくみなどを起こす様なことはあ...

2-0085-0259

解消法 睡眠不足を解...

社会に高齢者が増えるに従い、寝床へ入ってから朝までに何回...