解消法 眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

眠いのに今はどうしても眠ってはいけない、っていうシチュエーションは、誰もが一度は経験していることですよね。忙しい現代人にとって、眠気との戦いというのは宿命というべき問題です。一見どうしようもないように思える眠気の問題ですが、生活習慣を改善して適切な睡眠をとることで…

眠気とは

眠いのに今はどうしても眠ってはいけない、っていうシチュエーションは、誰もが一度は経験していることですよね。忙しい現代人にとって、眠気との戦いというのは宿命というべき問題です。一見どうしようもないように思える眠気の問題ですが、生活習慣を改善して適切な睡眠をとることで、眠気によって発生するトラブルを大幅に軽減することができます。

人間というのは、だいたい一日のおよそ3分の1ほどの時間を睡眠に費やす生き物です。人生のおよそ3分の1をベッドで過ごすというのですから、そこを見つめ直さないわけにはいきません。睡眠時間を削りすぎて、逆に日中の作業効率を下げるようなことは長い目で見ればそれほど賢いやりかたとはいえません。

適切な睡眠を効率よくとることで、時間をかなり有効的に使うことができるようになります。たくさん寝ていても眠いという場合には、実は、眠りが浅く、実質的な睡眠時間が足りていないのかもしれません。眠りというのはひとによって個人差が非常にあります。枕が変われば眠れない人もいれば、いつでもどこでも寝ようと思えば寝られるような人だっています。

自分に合った睡眠生活を見極めて、正しい一日の生活リズムを作りましょう。そうすることによって、眠気を大幅に減らすことができます。パッと意識が飛ぶような眠気は、取り返しのつかないようなミスをしてしまうことに繋がるかもしれません。眠気をコントロールできるように努め、自分の健康を保ちましょう。

眠気の特徴(症状)や原因

眠気の原因は、当たり前ですが、睡眠が足りていないことに起因します。自分ではたくさん寝ているつもりでも浅い眠りばかりになってしまって、きっちり寝たのに疲れがとれないということも問題です。夜中に何度も目を覚ましてしまうだとか、夢見が悪かったり朝起きたときに倦怠感を感じる場合、眠気が浅いということが多いようです。

朝の目覚めがスッキリしないという場合、睡眠の質を見直してみるところから始めてみるべきでしょう。また、睡眠時間が極端に少ないのでは絶対に眠気は解消できません。3時間以下の睡眠は、要注意です。出来る限り暇を見つけて仮眠などとれるようにしてみましょう。

一時的にガムやコーヒー、運動などで眠気が去っていったように思えても、基礎的な睡眠時間が足りていなければやはりどこかでしわ寄せがきてしまいます。毎日同じ時間に眠れないのも問題です。次の日がお休みだからといって、極端に夜更かしをするようではいつまでたっても正しい起床のリズムがつきません。

ただ忙しい時とそうでないときは誰にでもあるもので、毎日同じ時間寝るというのはなかなか難しいものなのですけれども、できるだけ心がけてみましょう。寝る前にパソコンやスマートフォンを弄ったりするのも、深い睡眠に入れない原因であるときがあります。ネットサーフィンなどだらだらと続けてしまうのも悪い習慣です。寝る前には読書など、目にあまり刺激のないアクティビティがおすすめですね。

眠気の対策

眠気を起こさないようにするための対策としては、深い眠りを心がけるというのも効果的です。途中覚醒がなく、また夢もあまり見ないような質の良い睡眠をとれるようにすると、昼間に眠くなることが少なくなります。それでもお昼ご飯なんか食べるとうつらうつらとしてくるものですが、眠さの程度が絶対に変わってくるはずです。

深い睡眠をとるためには、余計な刺激などかけずにゆっくりと眠り、朝、自分の身体が目覚めたところでシャキッと起きることがポイントです。刺激を避けるというのは、テレビやパソコン、スマートフォンなどを就寝前にはいじらないようにすることで可能です。また、スッと眠りに入れるようにするのにおすすめなのが睡眠に入る意識づけです。

仰向けになって目を閉じて、足先から頭の先まで感覚をなぞるように集中したり、「よし、今からぐっすり寝るぞ」と決心して心の中で唱えているだけでも眠りに入れます。深呼吸するのも効果的です。これは、余計なことを考えないようにすることで、すんなりと睡眠に入れるようになります。

シャキッとした目覚めのためには一回で起き、カーテンを開けて日光を浴び、朝ごはんを食べるなどするのがコツです。また、身体を動かすと二度寝に入りかかった自分を起こすことができます。目覚まし時計を遠くに設置しておくのもポイントです。中には計算を解かないとアラームが解除されない、頭を働かせるユニークな目覚まし時計もあります。

眠気の解消方法

眠気を解消するためには、生活習慣の見直しが有効ですが、それでもまだまだ眠いというときには日光を浴びるのがおすすめだと言われています。カーテンを引いて、ジョギングをしてみて、など、日光を浴びることで体が朝だと実感するようになりますし、さらに日光を浴びるための動作をすることで血液の巡りがよくなり覚醒しやすくもなります。

軽い運動も、眠気の解消には効果的です。気合を入れて頬をぱんと叩いて自分に「よし」と言い聞かせたりだとか、そういったものも効果的です。また15分程度の仮眠であれば、人によっては横になるよりも机に突っ伏してしばらく休息を取る、というほうが向いている場合があります。

あまり昼に寝すぎると夜に眠くなくなって夜更かし、という悪いサイクルに入ってしまいますが、多少の仮眠は効果てきめんです。無理して眠気と戦うよりはちょっぴり休憩したほうが効率が良いことが多くあります。状況に合わせて使っていきましょう。すぐに眠気を解消したいときは眠気さましのガムやコーヒーなんかが効果的です。

背伸びをしたり、筋トレをしたりするのも良いですね。また、緊張すると眠れなくなるので、集中して緊張状態を作り出すのも効果的です。食事をすると眠くなるので、お昼のタイミングをずらしたり、食べるものを変えることで人によってはランチタイム後の眠気が軽減されたりします。色々試してみて、自分に合った方法を見つけるのがポイントです。

眠気のまとめ(未然に防ぐ方法など)

眠気というのはどうしても完全にはなくなりはしません。というよりはなくなると、眠れなくなってしまうので困ってしまいます。自分に都合の良い時に眠気が来るように、ペースをコントロールして上手く付き合っていくのがいちばん身体に負担のかからない方法です。

昼間に過度に昼寝をしない、リラックスして眠りに入る、朝はゆとりをもってシャキッと起きる、など眠りに関して一定のルールを設けて実践してみましょう。何より大切なのは、適切な睡眠時間を確保することです。どうしても仕事や育児などで睡眠時間を確保するのが難しい時がある場合は、なるべく周りの人にも頼って最低限の時間は確保しましょう。

無理に睡眠を削ろうとすると、体に深刻な影響を及ぼす場合も少なくありません。一日寝なかったからどうこうはなりませんが、睡眠は日々の積み重ねです。少しずつのムリがあとあと響いてくるものなので、このくらいは平気を安易に過信しないで、しっかりと健康を考えましょう。寝ているのに疲れるだとか、なかなか眠りにつけないだとか多少の工夫ではどうしようもない場合は医療機関を受診することも視野に入れておきましょう。

睡眠外来など、専門の機関がありますし、場合によっては薬に頼るのも大いにアリです。睡眠は健康には欠かせない生活の基礎ですから、睡眠時間は大切にしましょう。自分にとってどのくらいの睡眠は最低でも必要なのか、自分でしっかりと把握することが基本です。

Close-up mid section of a casual young woman with stomach pain sitting in bed at home

胃もたれを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

胃は身体の中でも大切な機能を持っていることになり、食事などをした際には食物を消化させることに役立つ機能を持っていることで...

2-0109-0305

解消法 地味にストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

ストレスは現代社会には欠かせない問題や課題でもあり、この社会を生きていく上で、非常に重要な内容を含んでいるということです...

2-0233-0025

解消法 オフィスでの足のむくみを解消する対処方法や対策・原因...

むくみというのは、皮膚のある部分が異常に膨張する状態を言います。皮膚以外の部分がふくらむ場合もあって、内臓の臓器やリンパ...

2-0031-0154

解消法 簡単に肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

肩こりとは、肩だけではなく、後頭部から肩甲部にかけての筋肉の緊張などによって鈍痛や違和感や不快感を感じる症状を言います。...

2-0065-0227

解消法 春の眠気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

春眠暁を覚えずとの故事があります。これは春は非常に心地がよく、本来朝になったら起きていたのに朝になったのにも気が付かずに...

mature sensuality woman

解消法 目袋のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

目袋のたるみとは特に40代くらいの女性から出る人もいる症状で、ちょうど涙袋の下の部分が大きくたるんでしわのような線も入っ...

2-0288-0151

解消法 漢方薬でストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

ストレス社会の今、何をやるにもストレスが溜まってしまう事が多いでしょう。学校や会社など何気なく暮らしている毎日の中で、知...

2-0500-0114

咳払いの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

咳払いの癖とは、あまり場所や状況を考えずに咳払いをしてしまう状態のことをいいます。例えば誰でもかぜをひいているときやのど...

Male Osteopath Treating Female Patient With Hip Problem

解消法 右腰の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

腰痛を抱える人は、年齢に関係なく沢山います。その中で、腰の右側だけが痛むという人がいます。右腰の痛みは、体の特定の場所に...

2-0313-0218

解消法 首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

首こり、一度気になると治るまで揉み続けたくなる場所です。手が届くところにあるところから、ついつい手を伸ばしてしまい、グイ...

2-0405-0041

おなかの張りを解消す...

おなかの張りとは、その呼び名のとおり、おなかが妙に張って...

Woolen socks

解消法 足先のひえを...

冬に寝るときにはどのような格好で寝るでしょうか。寝るとき...