解消法 寝不足からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 寝不足からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

子供の頃は早寝早起きは三文の得と言われました。寝る子は育つとも言われました。確かに寝ると成長ホルモンがうまく作用して成長しやすい、背が伸びやすかったりするそうです。しかし中学生などになると受験などがあり夜に勉強をしたりするようになります。見たいテレビ番組が夜に…

寝不足からの吐き気とは

子供の頃は早寝早起きは三文の得と言われました。寝る子は育つとも言われました。確かに寝ると成長ホルモンがうまく作用して成長しやすい、背が伸びやすかったりするそうです。しかし中学生などになると受験などがあり夜に勉強をしたりするようになります。見たいテレビ番組が夜に放送されている場合もありなかなか夜に寝ることができないこともあります。

社会人になって一人暮らしなどをすると何をするにも自由です。興味もどんどん広がり、同僚と飲み歩くこともありますし、深夜に行われるスポーツの生中継などを見ることも出てきます。夜に遅くまで起きていると出てくるのが寝不足になります。いつもは12時頃に寝ているのに3時頃に寝るとなると7時に起きている人は7時間睡眠から4時間睡眠になります。

3時間も少なくなりますからかなり睡眠不足になりそうです。睡眠時間が少なくなると日中でも頭がすっきりしない状態になります。アクビがどんどん出て脳に酸素を送り込もうと必死になります。この眠気と一緒に起こることとして睡眠不足からの吐き気があります。

吐き気といいますと通常は胃腸の不調の時に起こることが多いとされます。寝不足、睡眠時間が少なくなった状態においても起きることがあります。前日に飲み過ぎたりした時にはどちらが影響しているのかがわからなくなります。胃腸薬を飲んでいるのにスッキリしないのであれば寝不足のほうが理由として大きくなっていることがわかります。

寝不足からの吐き気の特徴(症状)や原因

寝不足からの吐き気の特徴としては、まずは寝不足の状態があることです。これはたまたま前日による遅くまで起きていたための寝不足もありますし、仕事などが忙しくて連続して寝不足が続いている場合があります。たまたま前日に寝不足な状態ぐらいであれば、眠気は強いもののそこから吐き気を催すことは少ないかもしれません。

一方で連日のように寝不足の状態が続いている時、それが当たり前の生活になっているので疲れなどの認識も少なくなっていることがあります。仕事をしないといけない気持ちの方が強くなっていて、寝ている暇などない状態です。眠気があることに気が付かず、気分の悪さだけが出ることがあります。その時に吐き気としてでてしまいます。

原因としては寝不足から脳の疲れがきちんと取れていない場合があります。吐き気については胃腸の以上の他には脳の異常による場合があります。頭痛が激しいときにはそれが吐き気につながることがあります。夜にしっかり眠ることで脳を休めることができますが、休めることができない場合は脳が疲れた状態になり吐き気につながります。

胃腸の状態は特に問題がないときに吐き気が来て最近あまり眠れていないと感じるなら疑うようにしてもいいのでしょう。寝不足を感じる時間に関しては人によって異なります。通常の睡眠時間は7時間から8時間とされています。それより少ないと感じる人もいれば、十分少ない状態になって初めて感じる場合もあります。

寝不足からの吐き気の対策

寝不足からの吐き気についての対策としては寝不足を解消することから考えます。仕事などが原因で寝不足になっている場合は自分の力でコントロール出来ないこともあります。仕事を変えてもらったり、仕事の量を減らしてもらう、場合によっては転職をするなど仕事自体に変化がないと難しくなります。

会社員であればそのようにしますが、自営業や自分で運営している会社の場合には様子が異なります。コントロールは自分で行うことになるので、仕事をする時間とプライベートの時間、睡眠時間とをうまくバランスさせる必要があるでしょう。自営業においてどうしても睡眠時間を削らないといけないような仕事の場合は見直す必要もあります。

仕事以外のことで寝不足になることがあります。テレビを見る、インターネットなどの趣味に興じるためなどです。昼間に仕事などをしている人が家に帰ってからは自由にしたいと寝不足になるまで起きていることがあります。それによって生活に影響がなければよいですが吐き気が出るほど体に影響が出ているなら問題になります。

平日ではなく土日に行うなど時間の使い方を見なおしてその分を睡眠に充てるようにします。吐き気が出ているのは不調もありますが病気である可能性もあります。病気になってでもすることかどうかを考えるようになれば、少しは減らすことができるようになるでしょう。30分や1時間睡眠時間が変わるだけでも大きく生活環境を変えることができます。

寝不足からの吐き気の解消方法

寝不足からの吐き気が来ている時の解消方法としてはきちんと睡眠を取ることです。朝起きた時に吐き気がするようなときは無理をして会社に行くのではなくその日は休んで寝るようにします。無理をして行ったとしても眠気があって仕事に集中できません。眠気からの吐き気は眠気をとらないと取れませんから無理をせずに寝るようにしたほうがいいでしょう。

寝るときには部屋を暗くするようにします。昼間に寝るときは部屋の中が明るいことがあります。せっかく寝たとしてもすぐに起きることもありなかなか解消することができません。雨戸などをしっかり閉めることによって外の光をシャットアウトすることができるので、夜と同じような環境にして眠るようにします。

何時間眠ると決めずに起きるまで、吐き気が取れてすっきりするまで寝るようにします。起きたのが昼前でスッキリした状態であれば昼過ぎから会社に行くことが出来る場合もあります。寝不足においては単位睡眠時間が原因でないこともあります。7時間も寝れば通常は十分寝ている事になります。

しかしそれでも寝不足吐き気がするのであれば寝ているつもりで寝ていない時間が多くなっている場合があります。よくあるのは睡眠時無呼吸症候群になっている時です。この時は寝ている時に無呼吸状態のため寝られていない状態ができてしまいます。体が休まりません。人によっては睡眠時間の半数以上が無呼吸の状態の人もいるとされています。外来などで調べてもらいます。

寝不足からの吐き気のまとめ(未然に防ぐ方法など)

寝不足による吐き気を未然に防ぐ方法としては、夜に寝るときにスッキリと寝ることができるようにすることです。食事に関しては寝る4時間ぐらい前には済ませるようにします。食事の時は胃腸が一生懸命働きます。働いている時間と寝ている時間がダブルと体によくありません。胃腸の働きを優先するか、睡眠を優先するかになります。

4時間前の食事を終えていればすでに胃腸の活動は終わっているので、後は睡眠に集中できる体勢になっています。そのまま寝れば熟睡でき寝不足を防ぐことができます。食事を取る時間が不規則な人にも寝不足からの吐き気が出る人がいます。残業などを多くしている人は夜に帰る時間がバラバラだったり、同僚と飲みに行ったりするためにいつも違う時間に食事をすることがあります。

そうするとその後の睡眠に影響しやすくなります。食事はできるだけ自宅で取るようにする、残業をする時でも必ずこの時間には帰るようにするなどルールをきちんと決めるようにします。こうなると体のリズムが取りやすくなって睡眠も取れるようになります。

睡眠が取れれば吐き気も未然に防ぐことができるようになります。寝不足の解消では夜の睡眠だけでなく昼寝の活用もあります。昼間に少し昼寝をすると体調が回復するとされます。この時に沢山昼寝をし過ぎると夜の睡眠に影響してきます。15分ほどの睡眠をすると午後の生活がしやすくなり、夜の睡眠にも影響を与えにくいとされるので昼寝をうまく活用します。

ねこ

猫のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

動物であるがゆえに、猫も人間同様にストレスを感じることはあります。言葉では表現できなくても、おもに行動でストレスを受けて...

2-0260-0097

解消法 ぽっこりお腹を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ぽっこりお腹とは中年男性に一番多く見られる体型で、まるで小さな幼児のようにお腹が丸くぽっこりと前に突き出ている状態をいい...

2-0199-0223

解消法 首周りのベタベタを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

夏になると汗をかきます。夏は非常に暑くて体温もどんどん上昇させてしまいます。人は42度以上になると生きていられませんし、...

2-0164-0371

解消法 不安を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

現代社会において、精神的なストレスや肉体的なストレスは、どうしても感じなければならないもので、それらを如何に処理するかと...

2-0299-0181

解消法 後頭部の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

日常生活での体の不具合は、体のどの部分でも嫌なものですが、特に頭痛の関係は、文字通り頭の痛い問題でもあります。頭痛の体験...

0031-0122

解消法 飲み物で即効で便秘を解消する対処方法

便秘は、腸内に便が長期間溜まった状態のことを言います。一般な判断としては、排便が3日以上無かったり、週に3回以下しかない...

Man in scarf  stuping  towel to head

解消法 お酒を飲み過ぎた後の頭痛を解消する対処方法や対策・原...

年末年始や一週間の終わり、給料日など飲み会が絡む時期は、どうしても二日酔い気味でしょう。お酒からの頭痛は基本的に飲みすぎ...

woman toilet lavatory peeing urinate short leg concept

ふんずまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

ふんずまりとは、大腸で大便が滞ってしまい、スムーズには出ないことを指します。いわゆる便秘の症状です。そんなスムーズにはい...

2-0182-0086

解消法 のどのイガイガを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夏といいますとそれなりに湿度があります。一方冬になると湿度が低くなります。湿度に関しては高くなるとジメッとしますが、低く...

mature sensuality woman

解消法 目袋のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

目袋のたるみとは特に40代くらいの女性から出る人もいる症状で、ちょうど涙袋の下の部分が大きくたるんでしわのような線も入っ...

2-0128-0338

解消法 入浴で肩こり...

最近は健康寿命という言葉も話題になり、日本のように高齢化...

2-0367-0379

解消法 腹部の膨満感...

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事...