解消法 寝不足からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 寝不足からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

子供の頃は早寝早起きは三文の得と言われました。寝る子は育つとも言われました。確かに寝ると成長ホルモンがうまく作用して成長しやすい、背が伸びやすかったりするそうです。しかし中学生などになると受験などがあり夜に勉強をしたりするようになります。見たいテレビ番組が夜に…

寝不足からの吐き気とは

子供の頃は早寝早起きは三文の得と言われました。寝る子は育つとも言われました。確かに寝ると成長ホルモンがうまく作用して成長しやすい、背が伸びやすかったりするそうです。しかし中学生などになると受験などがあり夜に勉強をしたりするようになります。見たいテレビ番組が夜に放送されている場合もありなかなか夜に寝ることができないこともあります。

社会人になって一人暮らしなどをすると何をするにも自由です。興味もどんどん広がり、同僚と飲み歩くこともありますし、深夜に行われるスポーツの生中継などを見ることも出てきます。夜に遅くまで起きていると出てくるのが寝不足になります。いつもは12時頃に寝ているのに3時頃に寝るとなると7時に起きている人は7時間睡眠から4時間睡眠になります。

3時間も少なくなりますからかなり睡眠不足になりそうです。睡眠時間が少なくなると日中でも頭がすっきりしない状態になります。アクビがどんどん出て脳に酸素を送り込もうと必死になります。この眠気と一緒に起こることとして睡眠不足からの吐き気があります。

吐き気といいますと通常は胃腸の不調の時に起こることが多いとされます。寝不足、睡眠時間が少なくなった状態においても起きることがあります。前日に飲み過ぎたりした時にはどちらが影響しているのかがわからなくなります。胃腸薬を飲んでいるのにスッキリしないのであれば寝不足のほうが理由として大きくなっていることがわかります。

寝不足からの吐き気の特徴(症状)や原因

寝不足からの吐き気の特徴としては、まずは寝不足の状態があることです。これはたまたま前日による遅くまで起きていたための寝不足もありますし、仕事などが忙しくて連続して寝不足が続いている場合があります。たまたま前日に寝不足な状態ぐらいであれば、眠気は強いもののそこから吐き気を催すことは少ないかもしれません。

一方で連日のように寝不足の状態が続いている時、それが当たり前の生活になっているので疲れなどの認識も少なくなっていることがあります。仕事をしないといけない気持ちの方が強くなっていて、寝ている暇などない状態です。眠気があることに気が付かず、気分の悪さだけが出ることがあります。その時に吐き気としてでてしまいます。

原因としては寝不足から脳の疲れがきちんと取れていない場合があります。吐き気については胃腸の以上の他には脳の異常による場合があります。頭痛が激しいときにはそれが吐き気につながることがあります。夜にしっかり眠ることで脳を休めることができますが、休めることができない場合は脳が疲れた状態になり吐き気につながります。

胃腸の状態は特に問題がないときに吐き気が来て最近あまり眠れていないと感じるなら疑うようにしてもいいのでしょう。寝不足を感じる時間に関しては人によって異なります。通常の睡眠時間は7時間から8時間とされています。それより少ないと感じる人もいれば、十分少ない状態になって初めて感じる場合もあります。

寝不足からの吐き気の対策

寝不足からの吐き気についての対策としては寝不足を解消することから考えます。仕事などが原因で寝不足になっている場合は自分の力でコントロール出来ないこともあります。仕事を変えてもらったり、仕事の量を減らしてもらう、場合によっては転職をするなど仕事自体に変化がないと難しくなります。

会社員であればそのようにしますが、自営業や自分で運営している会社の場合には様子が異なります。コントロールは自分で行うことになるので、仕事をする時間とプライベートの時間、睡眠時間とをうまくバランスさせる必要があるでしょう。自営業においてどうしても睡眠時間を削らないといけないような仕事の場合は見直す必要もあります。

仕事以外のことで寝不足になることがあります。テレビを見る、インターネットなどの趣味に興じるためなどです。昼間に仕事などをしている人が家に帰ってからは自由にしたいと寝不足になるまで起きていることがあります。それによって生活に影響がなければよいですが吐き気が出るほど体に影響が出ているなら問題になります。

平日ではなく土日に行うなど時間の使い方を見なおしてその分を睡眠に充てるようにします。吐き気が出ているのは不調もありますが病気である可能性もあります。病気になってでもすることかどうかを考えるようになれば、少しは減らすことができるようになるでしょう。30分や1時間睡眠時間が変わるだけでも大きく生活環境を変えることができます。

寝不足からの吐き気の解消方法

寝不足からの吐き気が来ている時の解消方法としてはきちんと睡眠を取ることです。朝起きた時に吐き気がするようなときは無理をして会社に行くのではなくその日は休んで寝るようにします。無理をして行ったとしても眠気があって仕事に集中できません。眠気からの吐き気は眠気をとらないと取れませんから無理をせずに寝るようにしたほうがいいでしょう。

寝るときには部屋を暗くするようにします。昼間に寝るときは部屋の中が明るいことがあります。せっかく寝たとしてもすぐに起きることもありなかなか解消することができません。雨戸などをしっかり閉めることによって外の光をシャットアウトすることができるので、夜と同じような環境にして眠るようにします。

何時間眠ると決めずに起きるまで、吐き気が取れてすっきりするまで寝るようにします。起きたのが昼前でスッキリした状態であれば昼過ぎから会社に行くことが出来る場合もあります。寝不足においては単位睡眠時間が原因でないこともあります。7時間も寝れば通常は十分寝ている事になります。

しかしそれでも寝不足吐き気がするのであれば寝ているつもりで寝ていない時間が多くなっている場合があります。よくあるのは睡眠時無呼吸症候群になっている時です。この時は寝ている時に無呼吸状態のため寝られていない状態ができてしまいます。体が休まりません。人によっては睡眠時間の半数以上が無呼吸の状態の人もいるとされています。外来などで調べてもらいます。

寝不足からの吐き気のまとめ(未然に防ぐ方法など)

寝不足による吐き気を未然に防ぐ方法としては、夜に寝るときにスッキリと寝ることができるようにすることです。食事に関しては寝る4時間ぐらい前には済ませるようにします。食事の時は胃腸が一生懸命働きます。働いている時間と寝ている時間がダブルと体によくありません。胃腸の働きを優先するか、睡眠を優先するかになります。

4時間前の食事を終えていればすでに胃腸の活動は終わっているので、後は睡眠に集中できる体勢になっています。そのまま寝れば熟睡でき寝不足を防ぐことができます。食事を取る時間が不規則な人にも寝不足からの吐き気が出る人がいます。残業などを多くしている人は夜に帰る時間がバラバラだったり、同僚と飲みに行ったりするためにいつも違う時間に食事をすることがあります。

そうするとその後の睡眠に影響しやすくなります。食事はできるだけ自宅で取るようにする、残業をする時でも必ずこの時間には帰るようにするなどルールをきちんと決めるようにします。こうなると体のリズムが取りやすくなって睡眠も取れるようになります。

睡眠が取れれば吐き気も未然に防ぐことができるようになります。寝不足の解消では夜の睡眠だけでなく昼寝の活用もあります。昼間に少し昼寝をすると体調が回復するとされます。この時に沢山昼寝をし過ぎると夜の睡眠に影響してきます。15分ほどの睡眠をすると午後の生活がしやすくなり、夜の睡眠にも影響を与えにくいとされるので昼寝をうまく活用します。

Young couple with cabriolet in summer on day trip

解消法 車の運転での腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

椅子に座っている時と立っているとき、寝ているときなどいろいろな姿勢があります。その中でも自分にとって楽な姿勢があります。...

2-0148-0388

解消法 満月の時の不眠を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夜になると自然に眠くなり布団に入れば自然に寝ることができます。そして朝になるとやはり自然に起きることができます。昼に行動...

0028-0102

解消法 マッサージで即効で便秘を解消する対処方法

便秘というのは、一般的に排泄回数が少ないことや、排泄物がお腹の中で滞っている状態のことを言います。ただ例え便通が毎日あっ...

Fat

腹部膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

お腹が張った感じがすると、気持ちが悪いですよね。このお腹の張りのことを腹部膨満感と呼びます。食べ過ぎたり飲みすぎたりした...

2-0263-0100

解消法 マッサージで首こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

長時間デスクワークなどで同じ姿勢をしている時や、普段の何気ない時、首に痛みを感じた事はありませんか。肩全体が重く感じてし...

SONY DSC

解消法 全身の体のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

体のむくみと聞いたとき一番最初に出てくるのが手のむくみです。手というものは多くの人に見られてしまう機会があります。そのた...

0034-0032

解消法 お正月太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

4月になると新しい年度なので健康診断や身体測定などがあります。誰でも必ず測ったりするのが身長と体重でしょう。子供であれば...

2-0396-0021

姻族関係を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

婚姻関係とは、法律上夫婦と認められた関係であり、戸籍法により、届出することが要件です。結婚式を挙げたり、事実上夫婦として...

2-0306-0195

解消法 左の腰が痛いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

健康管理では、自分の体がどのように変化していくかということで判断しながら、対処をしていくということも大切ですが、その場合...

2-0307-0199

解消法 残尿感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

残尿感とはトイレで排尿をした後にも関わらず、まだ体内に尿がたまっている感覚があることです。これは年齢を重ねられた方の場合...

2-0108-0304

解消法 男性の中年太...

10代20代の頃は、痩せて格好良かった男性もいつの間にか...

2-0389-0027

だるさを解消する対処...

しっかり眠ったはずなのに前日の疲れがあまり取れていない、...