解消法 食材でむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 食材でむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

むくみとは、医学的に言えば浮腫(ふしゅ)と呼ばれる状態です。これは細胞と細胞の間にある水が、体が受け入れられないほどに増加してしまった状態です。水分摂取は熱中症予防や肥満の予防にとっても大切とはよく言われることですが、それも過剰になってしまえば、体の中は…

むくみとは

むくみとは、医学的に言えば浮腫(ふしゅ)と呼ばれる状態です。これは細胞と細胞の間にある水が、体が受け入れられないほどに増加してしまった状態です。水分摂取は熱中症予防や肥満の予防にとっても大切とはよく言われることですが、それも過剰になってしまえば、体の中は大洪水状態ということです。

体が洪水になってしまうと、体が冷えやすくなったり、便秘がちになったり、と様々な所に影響が出てきます。その最も早い段階で出てくる症状がむくみであると言っても良いでしょう。むくみは特に女性に起こりやすく、男性では少ないです。これは女性ホルモンによる影響や、女性は男性に比べて皮下脂肪が多いことが原因と言われています。

男性は女性よりも筋肉量が多いため、ふくらはぎの筋ポンプの力も強く、心臓に血液を送り返しやすいです。一方、女性は筋肉量が少ないでの、ふくらはぎが十分に筋ポンプとしての働きをせず、そのため下半身がむくんでしまう、などといった足太りが起こりやすくなります。むくみは病気や薬が原因で起こるものもありますが、ほとんどの場合は生活習慣が原因で起こる症状です。

なので、その生活習慣を整えてあげることで、症状を緩和・改善していくことが可能です。むくみ自体が病気という訳ではないですが、この状態が続くと新陳代謝の低下・慢性疲労・頭痛・イライラなど、心身面に悪影響が出てくる可能性が高くなります。そうならないためにも、改善のための知識を身につけておくようにしましょう。

むくみの特徴(症状)や原因

むくみの原因となりやすいのが、水分の過剰摂取と体を冷やす生活習慣です。むくみの大半がこのどちらかにあたると言っても過言ではありません。確かに中にはがんの手術後などに起きる病性のむくみもあります。しかし、現代人の多くが陥っているのは、水分の摂り方と生活習慣の間違いから来ることが多いです。

最近では1日2リットルは水分を摂取することが推奨されていますが、これもその人の体質によっては多すぎるケースもあります。体重が80kgの人と、40kgの人が全く同じ水分量を摂取して、体内で同じように処理されるかどうかを想像してみれば分かります。水分摂取に関しては、自分自身の適量を把握しておくことが大切です。

それを考えずにガブガブ水分を摂取し過ぎてしまえば、どう考えてもむくみの原因になります。尿としてきちんと排出されているのならば問題ないですが、それが滞ってしまうと完全なむくみ状態になります。ただ、この場合には過剰摂取している水分の量を減らすか、ちゃんと尿として排出出来る体を作れば良いという解決方法が明確なので、対応しやすいです。

この水分の過剰摂取により伴いやすいのが体の冷えです。現代人は昔の日本人に比べると、1℃も体温が低下していると言われています。体温が低いということは、それだけ体で熱を作り出せていないということです。体が冷えると血行が滞り、さらにむくみやすくなるという悪循環に陥ります。これに対して、しっかりと予防していくことが大切です。

むくみの対策

むくみの対策として普段から出来ることを、上記の水分の過剰摂取と体を冷やす生活習慣のことを踏まえつつ考えていきます。まず、水分の過剰摂取に関してですが、これは自分の水分摂取量の適量を知ることが大切です。毎日水分を摂取していれば、これ以上飲むと翌日にはむくむ、という臨界点が分かります。水分の摂取量は体重から算出する方法もあります。

計算式は、体重(kg)×50mlで計算して、mlの単位で1日に必要な水分量を求めることが出来ます。例えば、体重50kgの人であれば、50kg×50ml=2500ml=2.5Lが、1日に飲む目安の量ということです。だいたいこの計算式に合わせて考えれば、自分がどれくらい水分を摂取して良いのかが分かります。

ただ、これは体質によっても適量が異なってきますから、実際に飲んでいて多すぎると感じたら減らすのがベターでしょう。次に体を冷やす生活習慣に対しては、体を温める食生活、運動習慣、行動習慣を身につけるようにします。体を温める食生活は後でさらに詳しく見ていきますが、とりあえずここでは、紅茶・人参・生姜・唐辛子・お酒・黒糖などを体を温める食品の例としてあげておきます。

運動習慣では、プールに行って水中ウォーキングをするのが一番効果的です。これは下半身を鍛えてふくらはぎの筋ポンプを鍛える効果の他に、水圧が筋ポンプの役割を果たしてくれるので、むくみ対策にぴったりだからです。行動習慣については、寝るときに足に圧力をかける弾圧式のソックスやストッキングをはいたり、カイロを腰に貼るなどが対策として有効です。

むくみの解消方法

むくみの解消方法として、主に食生活の点を詳しく見ていきます。むくみを解消するポイントは、出してから入れる、です。つまり、尿や便として排出して空になった状態のところに水分や食べ物を補給するのが望ましいという事です。東洋医学では体内の気・血・水のバランスが整った状態を健康として定義しています。

この水のバランスが著しく崩れた状態を水毒(すいどく)と呼びます。上記でも挙げましたが、この水毒を改善するための食養生として使われるのが、生姜・唐辛子・人参・紅茶・ごぼう・黒糖などの体を温める性質を持つ食べ物です。例外もありますが、基本的には黒くて根に関係のあるもの、と覚えておけば良いでしょう。

逆に体を冷やしてしまうのは、白米・小麦粉・生クリーム・緑茶・スイカ・きゅうりなどです。これらが完全に悪いというよりも、現代人は体を冷やす食品を摂りすぎることが問題と言えます。たまにならば、それほど大きく水毒の原因になるわけではありません。

また、スイカやきゅうりなどは西洋医学ではカリウムを多く含む食べ物なので、かえって腎機能を活発化させて尿を出やすくさせると考える場合もあります。なので、夏の暑い時期のむくみなどであれば、適度に体を冷やし、水分を排出しやすいこれらの野菜は有効であると言えます。体を温める必要があるのは冷えが気になる人で、これに対しては飲み物として生姜紅茶を常飲するようにしたり、薬味として唐辛子や生姜を使うなどが解消法になります。

むくみのまとめ(未然に防ぐ方法など)

むくみは、基本的には生活習慣を正せば改善可能ということが分かりました。基本的には、体を温めることと、水分の過剰摂取を避けることがむくみを未然に防ぐために有効です。確かに水分は生命維持にとって欠かせないですが、それも体が欲する以上に取り込んでしまえば、体にはマイナスの物質として表れてきます。

どうしても水をがぶ飲みしてしまうという人は、それを紅茶や生姜紅茶に変えることで、利尿作用を高めながら体を温めることが出来ます。これは温めたものが良いですが、冷やして飲んでも構いません。要は、尿として体に入れた分の水分が排出されていれば良いからです。問題なのは尿として排出されないで残ってしまい、それがむくみの悪循環を生み出してしまうことです。

水分が溜まると血管やリンパ管が圧迫されて血行が悪くなり、さらにむくみやすくなります。なので、とにかく予防が大切だということです。仮に今日むくんでしまったら、その状態を翌日までには解消する、くらいの心がけで臨んだ方が良いでしょう。

解消法や対策はたくさんありますが、そのどれもがその人のライフスタイルにぴったりはまる訳ではありません。大切なのは、毎日続けられることです。まずは自分のライフスタイルの中でやってみて、無理のない方法を見つけていくことが大切です。基本的には出す、温める、ということを意識しておけば、今までよりも改善しやすくなります。症状を引きずらず、未然に防ぐように心がけましょう。

2-0333-0277

解消法 即効で二重顎を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

鏡を見ていてなんだか最近顎周りにお肉がついたなと感じたら、それは”二重顎”のサインかもしれません。顎の周りの肉がだぶつい...

Tired man

債務超過を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

債務超過は、債務者の負債総額が資産に対して上回っている状態です。この状態に陥ると、すべての資産を売却したとしても、債務の...

2-0221-0404

解消法 目袋を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

地球においては重力があるとされます。宇宙飛行士などは宇宙においては無重力の状態で生活するとされています。ものを落とそうと...

2-0351-0333

解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なも...

2-0326-0261

解消法 生理時の腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

毎月の生理、女性にとっては大変です。この生理時に様々な体の変化が見られます。また、生理中だけではなく生理前にも体調が悪く...

2-0116-0317

解消法 鉄分不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康的な生活や食事を意識していましても、意外に鉄分不足になっている場合もあります。鉄分不足とは文字通り身体の中の鉄分が少...

2-0317-0225

解消法 授乳中の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

出産は女性にとってとても負担がかかる大変な事です。その為、出産後の女性の体は大変疲れた状態になっています。授乳をするだけ...

Close up woman with stomachache, isolated on white background

解消法 胃の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

口から入った食事に関しては咀嚼をされた後は食道を通り、その後胃に送られます。胃においては胃酸があり非常に強い力で食べ物を...

2-0104-0300

解消法 短期間で二重あごを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

顔は大事な部分ですから見た目を良くしたいと考えます。昔はぽっちゃりが美人の条件と言われていたようですが、現在はスッキリし...

2-0094-0280

解消法 即効で便秘解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体に必要な物はどんどん取り入れられます。一方で不要なものについてはどんどん排出する必要があります。これは体以外でもそうで...

Close-up of a senior woman wearing cervical collar with eyes closed in the medical office

解消法 首のねじれを...

最近どうしても、首や肩が痛いと感じている人は、ただ凝って...

2-0353-0339

解消法 妊娠のつわり...

妊娠すると女性の体には様々な症状が現れてきます。その中に...