解消法 ストレッチの痛みを解消する対処方法

解消法 ストレッチの痛みを解消する対処方法

スポーツをする前には準備体操、ウォーミングアップをする事が多いです。スポーツでは普段の生活で使わない筋肉を使うことがあります。それも激しく使うことがあります。急に使えばいつも以上に使われるためにそれに耐えられなくなって切れたりしてしまうことがあります。そうなると…

ストレッチの痛みについて

スポーツをする前には準備体操、ウォーミングアップをする事が多いです。スポーツでは普段の生活で使わない筋肉を使うことがあります。それも激しく使うことがあります。急に使えばいつも以上に使われるためにそれに耐えられなくなって切れたりしてしまうことがあります。そうなるとけがにつながります。

プロスポーツ選手になるとより高いレベルで行うのでより怪我をしやすくなるとされます。体が冷えた状態で行ってはケガもしやすくなるのでじっくり動かしていきます。このウォーミングアップに関しては最近問題が指摘され始めています。ウォーミングアップをすることでスポーツのパフォーマンスが下がる可能性があるとされています。

これまで正しいと知られていたものがやっても逆効果となれば行っている人からすると考えなければいけないでしょう。現在においてはスポーツ科学であったり、スポーツ医学、トレーニング学などスポーツに関する研究であったり専門家も増えています。より正しいウォーミングアップの方法が広まることによって楽しくスポーツを行えるようになるでしょう。

ウォーミングアップにおいて行う動作としてストレッチがあります。ストレッチは体を伸ばそうとする動きです。足であればより上に上げたり横に開いたりすることがあります。ストレッチ痛みは、ストレッチを行うことによって発生するものになります。怪我を防いだりするために行うもので痛みが出ても問題がないかです。

ストレッチの痛みの特徴(症状)や原因

ストレッチとしてはよくあるものがあります。足を伸ばしてすわり体をどんどん倒してつま先がつくようにするタイプです。これをすることでどこが伸びるかですが、背中から腰にかけての筋肉が伸びます。肩周りについても手をしっかりと伸ばそうとすると伸びます。足を伸ばしたままなので、膝の裏から太ももの辺りも伸ばすことができます。

もともと手がつくような人であれば問題ありませんが、つかない人などが無理やり腰を曲げたりすることがあります。場合によっては人が後ろから押すこともあります。腰の辺りに痛みが出たり、膝の裏の辺りが痛みが出たりします。無理に伸ばすことによって痛みが出ていますが、確かに毎日のように続けていることで少しずつ伸ばせることはあるようです。

しかし、その日に何か運動をするに当たってはそのときに起きた痛みによってパフォーマンスが下がることがあります。またその痛みが気になって動かしにくくなることもあります。原因としては、伸ばしすぎていることがあるでしょう。イメージとしては少し痛いぐらい伸ばしたほうがいいと考えることがあります。

そのほうがきいているように感じます。でも決してそうではありません。伸ばしすぎると反対に収縮しようとします。するとその部分の血液の循環が悪くなることがあります。痛みが出るくらい行うとまさにこのような状態になっている可能性があります。痛みが出るかどうかぐらいのところで止めるのが最適でしょう。

ストレッチの痛みの対策

ストレッチ痛みの対策としては自分の体の現在の限界を知ることです。人にはそれぞれ限界があります。トレーニングなどによって限界を広げることもできますし、休めばかつてできたことができなくなることもあります。体を動かすことに関しては毎日する人もいれば1週間に1度の人もいます。

毎日の人であればある程度限界を知っていることもありますが、1週間だとその間に体も変わりますから先週できたのに今週できなくなることはあります。先週できたからと無理やり押し込もうとすると痛みになります。今週には新たな限界ができていますから、その限界ぎりぎりで行うことで痛みを感じないようにすることができます。新しいストレッチを行おうとするときは無理をしないことも必要です。

チームで行ったり集団で行ったりするとき、周りの人たちからこのようなストレッチが効果があると教えられることがあります。初めてやるようなものだと要領がわからず周りの人と同じようにしてしまうことがあります。これは良くありません。

体が慣れていないのに無理に伸ばそうとしてしまいます。周りの人のペースではなく自分のペースで行うようにします。そして少しずつ伸ばせるようにしていきます。少し伸ばすときにおいても痛いと感じる手前までにします。徐々に伸ばしていくことができれば、いずれ周りの人と同じくらい伸ばすことができるようになります。できれば毎日少しずつ行うほうが伸ばすことができるでしょう。

ストレッチの痛みの解消方法

ストレッチ痛みの解消方法としては正しい方法を行うようにします。トレーニングをするときに良く息を吐きながら、止めながら行うものがあります。筋肉を使うときに酸素を取り込んだり、酸素を出したりする必要があります。ストレッチにおいては基本的には息を止めないで行うとされています。体を伸ばすときには息をゆっくり吐きながら行うとよいとされています。

伸ばすときに気合を入れるために息を止めてしまう場合があります。そうすると伸びにくくなって痛みに変わる場合があります。よくイチニサンシーと声を出しながら行うとよいとされます。この声かけはリズムを取るだけでなく息を吐く役割もあるとされています。

準備体操のとき、ストレッチのときは無言で行うのではなく声を出しながら行うとよいでしょう。声を出すのが恥ずかしい場合はただ息を吐くだけでも問題はありません。伸ばすときにバランスよく伸ばすことも解消するためには必要なことです。足に向かって手を伸ばすストレッチの場合、左右のどちらかに傾いて行ってしまう場合があります。

人には癖などがありますからどちらのほうがやりやすいなどはあります。しかしやりやすいほうばかりで行っていると上手くストレッチがされません。もう一方の方向に行おうとすると痛みが出ることがあります。それを避けるためにもバランスを考えて行うようにします。前に出すならまっすぐ前に、下に降ろすなら真下の真ん中に下ろすようにします。

ストレッチの痛みのまとめ

ストレッチ痛みを未然に防ぐ方法としてはあせらず行うようにします。スポーツの試合などの前に行うことがあります。1時から試合が開始でいつも30分かけて行っているとします。でも遅刻をして15分前に到着してしまいました。15分で30分かけて行うものをしようとしてしまいます。本来ならしっかりと伸ばす動きも中途半端ですし、伸ばしている時間もいつもの半分ぐらいにして行ってしまいます。

そうすると無理が出たりして痛みになる場合があります。時簡にゆとりを持って、十分時間をかけてゆっくりと行うようにします。15分しかないのならいつも行うメニューの半分をしっかりと行うようにします。それぞれを中途半端にしても意味がありません。

ストレッチにおいては伸ばした状態においてどれくらいキープするようにするかがあります。それぞれにおいて考えが異なるかもしれませんが、40秒ほど伸ばしておける時間とされます。痛みがあれば個々まで伸ばすことはできないでしょう。10秒ぐらいで痛みがあるような伸ばし方になるならそれは少し伸ばしすぎで無理がきている証拠です。

40秒伸ばしたままでキープできるぐらいのところで行うようにします。ストレッチの時には反動をつけて行わないようにすることも注意します。イチニサーンと声をかけるときサーンのところで一気に伸ばしてしまうことがあります。このときに無理が行きやすいです。サーンでもそれほど伸ばさないようにします。

Y

舌を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

舌を噛む癖というのは、無意識のうちに自分の舌をかんでしまう行為が、癖になってしまうことです。意識せずに、ガリッと噛んでし...

2-0252-0074

解消法 ツボで肩凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

仕事をしている時に、なんとなく無意識の内に肩に手をやってしまっているという人も多いのではないでしょうか。そんな肩凝りには...

SONY DSC

マンネリを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

マンネリというのは、マンネリズムを略した言い方です。マンネリ化という言い方をよくしますが、代りばえないものになる様子や、...

2-0240-0049

解消法 グッズで受験でのストレスを解消する対処方法や対策・原...

仕事である就職や転職には学歴はあまり必要がないといわれていますが、それでも大学卒というのが常識になっているほど学歴はやは...

2-0237-0037

解消法 お腹が張るを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

社会生活をしていると色々な体調不良が起こってきますが、特に胃腸関係の不調や不具合は慢性化しやすく、気分的にも厄介な症状に...

SONY DSC

解消法 全身の体のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

体のむくみと聞いたとき一番最初に出てくるのが手のむくみです。手というものは多くの人に見られてしまう機会があります。そのた...

Close up woman with stomachache, isolated on white background

解消法 胃の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

口から入った食事に関しては咀嚼をされた後は食道を通り、その後胃に送られます。胃においては胃酸があり非常に強い力で食べ物を...

2-0313-0218

解消法 首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

首こり、一度気になると治るまで揉み続けたくなる場所です。手が届くところにあるところから、ついつい手を伸ばしてしまい、グイ...

0015-0046

解消法 グッズで眼精疲労を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

パソコンで長時間作業をしていると、段々と目が疲れてきます。目の疲れを感じた時に、休憩をはさんだり、あるいはゆっくりと睡眠...

0027-0096

解消法 ホームシックを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

人は生まれた時から家族に囲まれた賑やかな環境で過ごします。生まれた時から一人だという人はいません。当たり前のように母親が...

b

現実逃避の癖を解消す...

現実逃避の癖とは今起こっている困難から逃げようとする癖を...

2-0483-0059

抱き癖を解消する対処...

抱き癖とは、赤ちゃんの頃に抱っこすれば泣き止む・大人しく...