解消法 満月の時の不眠を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 満月の時の不眠を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

夜になると自然に眠くなり布団に入れば自然に寝ることができます。そして朝になるとやはり自然に起きることができます。昼に行動をする人間においてはこのようなスタイルになっています。昔であれば危険などに気をつけながら眠らないといけないこともあったでしょうが、現在においては…

満月の時の不眠とは

夜になると自然に眠くなり布団に入れば自然に寝ることができます。そして朝になるとやはり自然に起きることができます。昼に行動をする人間においてはこのようなスタイルになっています。昔であれば危険などに気をつけながら眠らないといけないこともあったでしょうが、現在においては多くの人間は住宅などの中で生活をしています。

寝ることに集中できる環境があります。夜に寝るのは自然の行動ですが、すべての人がきちんと眠れるわけではありません。人によっては夜になっても眠たくならず、布団に入っても目を閉じても眠たくならない場合があります。何とか寝ることができても通常の睡眠時間に比べると非常に短い時間になってしまうようです。

この状態を不眠状態と言います。寝なくても日常生活に問題がなければよいですが、寝ることによって体は休まりますから、やすまる状態がないことになります。となると昼間に睡魔が起きたりして決して日常生活にいいとはいえない場合があります。不眠に関しては個人的な理由の他に自然現象が影響する場合があります。

満月の時の不眠がそれに当たります。満月とは1箇月に大体1度ほどある現象ですが、その時になると眠れない、眠りにくくなるとされています。満月に関しては世界中において一斉に起こることですから、もし本当だとすれば世界中の多くの人がこの日に眠れない、眠りにくい状態になることを示します。実際にはなかなか考えにくいことです。

満月の時の不眠の特徴(症状)や原因

しかし月の動きは地球上に大きく影響をあたえることがあります。海水の満引きにおいては月齢が影響するとされています。世界にあるあれだけの水の潮位に影響を与えるとなるとかなり強い力がかかっていることがわかります。となると満月の時の不眠に関してもその力が影響しているのかもしれません。特徴としては満月の時において不眠の状態になることです。

ある実験が行われ、月齢などを知らされない一定数の被験者の睡眠時間の統計をとったところ平均で満月の時に睡眠時間が少なくなることがわかったようです。あくまでも睡眠時間が少なくなるのであって、その日に全く眠れないわけではありませんが、眠りにくい、寝ていられない状態になる要因があることは想像できます。

症状に関してはその通りで満月の時に少し眠りにくい状態になることです。平均では20分程度の数字なのでこれが大きな数字かどうかはわかりませんが、睡眠時間によって体が休まるのであればその時間休めなかったことによって次の日の活動に影響が出る可能性があります。

原因としては満月のときには月からの力が強くなる事が考えられます。引力によって引っ張られる力がかかっているそうです。それによって地上に引っ張られるような大きな力ではありませんが、分からない程度に何らかの力が働いているため、それによって眠りを妨げられるとされています。満月以外の日においては普通に眠ることができたのなら満月が原因となります。

満月の時の不眠の対策

満月不眠の対策はどうすればいいかです。満月になることについては月齢表などで知ることができます。こちらについては何年先のものでも知ることができます。今月の満月はいつか、来月はいつかなどを知ることができます。その日に眠る時間が短くなるのがわかっているなら、その前に寝るようにすることなどが挙げられます。

毎日12時に布団に入って7時まで寝るような場合の人は7時間きちんと睡眠を取りたいならもう少し前の10時や11時に布団に入るようにします。そして朝は7時に起きるようにします。12時に入ると場合によっては眠りにつきにくくなる可能性があります。それよりも早く入っていれば少しは長く寝ることができるかもしれません。不眠になると次の日の活動に影響が出ます。

満月の日に不眠になるなら、その次の日に仕事などがあると十分なパフォーマンスが出せない可能性があります。そのことからその次の日の仕事に関してはあまり重要なものを入れないようにしたり、場合によっては休むようにします。より自分の行う仕事のレベルが高い人ほど影響力が高くなります。

十分な能力が発揮できないのに仕事に参加して悪い状態になるのは問題です。眠ることができないのであれば、仕事の予定を変更したりすることで問題を少しでも減らすことができます。国際的な行事などにおいても事前にわかっているのであれば延期などをする必要があるかもしれません。飛行機の移動なども割けるようにします。

満月の時の不眠の解消方法

満月の時の不眠の解消方法としてはいつもよりも睡眠に入るため準備をしっかりすることが挙げられます。お風呂に入るときにはあまり暑いお風呂は避けます。いつも熱いお湯でないと入った気にならない人もこの日ばかりは少し温度を下げるようにします。熱いお湯に短期間はいるのではなく、適温からぬるめのお湯に10分から15分しっかりと浸かって温まるようにします。

食事に関しては、お風呂に入る前の数時間前には済ませるようにします。お風呂から上がった後は水分補給のための水分をしっかりと取るようにします。夏場は特に汗で水分が無くなる可能性があるのでできるだけ多くの水分を取るようにします。

多いくらいとっても数時間では足りないくらいですからトイレに行くのに起きることはないでしょう。寝る30分前には部屋の明かりを少し落とします。直接照明と間接照明があるなら間接照明にして直接照明が当たらないようにします。テレビやパソコン、スマートフォンは電源を切り、寝る30分前は一切見ないようにします。これらについては非常に光が強いため刺激が強くなります。

そのことから眠りにくくなるとされます。普段であればよいですが、満月で眠りにくくなると言われていますから、そういった要素があることはできるだけ取り除きます。読書などをしながら眠気が来るのを待ち、自然に眠気が出るようになったら素早く布団に潜り込みます。後は眠るのを待って、朝までじっくり眠ります。

満月の時の不眠のまとめ(未然に防ぐ方法など)

満月の時の不眠を未然に防ぐ方法ですが、現在においては地球で生活していますから地球以外の星で生活するなどはできません。満月自体はどうしても逃げられません。後は不眠にならないようにするか、不眠になっても困らないようにするかでしょう。満月不眠はそれなりに実証されているのであれば、不眠になっても困らない方法を取るのが方法の一つです。

しかし会社でどうしても重要な仕事があるときはそのようなことも言えません。不眠の時は朝に少し早く起きてしまうかもしれませんが、その時でも眠り続けるようにします。いつも7時に起きるのに6時頃に起きてしまうかもしれません。目はスッキリしています。でもそのまま寝続けます。

目を閉じて眠れるようにします。そうするとそれなりに眠ることができるかもしれません。もし眠ることができなくても目を閉じていれば脳自体は少しは休まっているので多少は寝ている効果を得ることができます。後にそれを持ってくるか先に持ってくるかもあります。早めに寝ることによって早く起きたとしても大丈夫なようにすることがあります。

どちらが良いかに関しては何度か満月の時に試しておきます。毎月満月の日は来ますからその時に今はこのようにしてみる、別のようにしてみるとチャレンジしておきます。不眠の人言われる日でも何とか次の日に影響がないように眠ることができるはずです。夜に寝ることができないなら昼間などに昼寝で補う方法もあります。

2-0117-0318

解消法 天然ボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

天然ボケという言葉がありますが、職場や日常生活でも、そのような人たちに出会うことがあります。天然ボケということでは、例え...

2-0488-0077

捻挫の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

捻挫の癖というのは何度も同じ場所を捻挫してしまうことをいいます。捻挫というのは関節に無理な力がかかってしまうことで骨と骨...

Businesswoman banging her head against a wall.

解消法 意外なストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

ここ数年はストレスを感じる時があるのですが、振り返るといつ頃から、感じる様になったのかなと思ったりしています。10代、2...

SONY DSC

髪を触る癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

髪を触る癖というのは、よく女の人に見られるものとして知られていますが、最近は髪を伸ばしていたり、ヘアスタイルなどにこだわ...

Young woman holding up fingers on nose and making silly expression

鼻をほじる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

鼻をほじる癖とは、鼻にたまっている鼻くそを指でほじくってしまうのが習慣的になってしまっていることです。多くの方がこのよう...

D

vista容量不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

vistaの容量不足とはパソコンのOSとしてWindowsVistaを使っている場合に起きるメインメモリの容量不足のこと...

2-0168-0242

解消法 食材でむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

むくみとは、医学的に言えば浮腫(ふしゅ)と呼ばれる状態です。これは細胞と細胞の間にある水が、体が受け入れられないほどに増...

2-0113-0312

解消法 朝食で肥満を解消する対処方法

肥満は現代での大きな注意すべき事柄のひとつで、過去の人類の歴史では、肥満というのはごく一部の金持ちや王侯貴族などの現象で...

2-0182-0086

解消法 のどのイガイガを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夏といいますとそれなりに湿度があります。一方冬になると湿度が低くなります。湿度に関しては高くなるとジメッとしますが、低く...

2-0030-0153

解消法 簡単に運動で痩せるダイエットの悩みを解消する対処方法...

ダイエットは、今では誰でも行わなければならない課題になっていて、女性ばかりではなく、男性のメタボでも深刻な状況なので、男...

2-0165-0386

解消法 歩く事で便秘...

基本的に便通というものは、毎日定期的にあるというのが健康...

2-0393-0011

足裏痛みを解消する対...

急に足の裏が痛い感じる人は「足底筋膜炎」の可能性が高く、...