解消法 不眠症を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 不眠症を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

不眠症とは、床に付いてからも、一時間から2時間が経っても寝付けないなどの入眠障害が見られることがあります。すぐに寝付くことができても、夜中や早朝に覚醒をして、その後は寝付けなくなる場合があります。ぐっすりと眠れた感じがなく、昼間に眠気を感じたり、仕事や学業に…

不眠症とは

不眠症とは、床に付いてからも、一時間から2時間が経っても寝付けないなどの入眠障害が見られることがあります。すぐに寝付くことができても、夜中や早朝に覚醒をして、その後は寝付けなくなる場合があります。ぐっすりと眠れた感じがなく、昼間に眠気を感じたり、仕事や学業に集中ができなくなる場合があります。

不眠が長く続くと、気分がイライラしたり、抑うつ状態になったり、意欲が低下する場合があります。2週間以上不眠が続く場合は、不眠症の可能性があるため、精神神経科や心療内科などで診察を受けることが大切です。不安神経症や躁うつ病、うつ病、統合失調症などの心の病気が隠れている可能性があります。

これらの病気は睡眠障害が起こりやすいので、気になる症状が見られたら、早めに診察を受けるようにして下さい。クリニックや病院に通院をすると、抗不安薬や睡眠導入剤を処方してくれるので、しばらくの間は続けることが大切です。薬が強すぎる場合や、弱すぎる場合は医師に相談をすると薬を変えてもらうことができます。女性は男性に比べると、結婚や出産、引越しなどで環境が変わることが多いです。

慣れない環境で生活をしていると、人間関係のストレスなどが原因で、不眠症になる場合があります。男性に比べると女性のほうが不眠症の人が多い傾向があります。男性の場合は40代や50代に入ると、重要な仕事を任されることが多いですし、子供の進学の問題や、両親の介護などで悩んでいる人が多いです。精神的なストレスを強く受けていると、不安感や緊張などを感じることが多いため、心身が興奮しやすくなります。

不眠症の特徴(症状)や原因

不眠症は、ぐっすりと眠ることができないため、長く続くと大変辛いので早めに病院に通院をすることが大切です。脳内にはセロトニンという物質が存在しますが、セロトニンが不足すると、抑うつ状態が続いたり、意欲が低下して不眠になりやすくなります。夜は遅くても11時ぐらいから、午前0時までには就寝をするようにして、朝は同じ時間に起きる習慣を身に付けることが大切です。

起床をした時はカーテンを開けて日光を浴びるようにしたり、明るい照明を付けるようにすると良いでしょう。就職や転職、昇進などの環境の変化が原因で、神経が緊張したり、興奮したりすると不眠になりやすくなります。

眠りにつきやすくするためには、副交感神経を活発化させる必要があるため、寝る前はカフェインを含んでいる緑茶やコーヒーなどの飲料は控えることが大切です。寝る少し前はミネラルウォーターなどで水分補給をしたり、ホットミルクなどのカルシウムを含んでいる飲料がお勧めしたいです。気分をリラックスさせることが大切なので、パソコンや携帯電話の使用を控えるようにしたり、テレビの観賞を控えるようにして下さい。

女性の場合は更年期などでホルモンバランスが乱れると、自律神経の働きが悪くなって不眠になりやすくなります。産婦人科でホルモン補充療法などの治療を受けるようにしたり、投薬による治療を受けることでホルモンバランスが整ってきます。更年期の時期を過ぎると体調が良くなってきます。

不眠症の対策

不眠症を改善するためには、心の病気が原因である場合は、早めに心療内科や精神神経科に通院をして適切な治療を受ける必要があります。睡眠導入剤を処方されたら、症状が改善してきても、薬を勝手に減らしたり、中断をしないことが大切です。しばらくの間は、根気よく薬を続けることが大切です。

寝る前は気分をリラックスさせる必要があるため、ぬるめのお風呂で半身浴をするようにして、充分に体を温めることが大切です。血行障害も不眠の原因になっているため、寝る前は体を締め付けないパジャマを着用するようにしたり、お肌に刺激の少ないコットン素材などの肌着類を着用することが大切です。

夜中にトイレに行きたくなると、寝つきが悪くなってしまうため、必ずトイレに行く習慣を身に付けるようにしたり、利尿作用のある飲料は飲まないようにすることも大切です。体に痒みがあったり、痛みがあったり、前立腺肥大症や膀胱炎などが原因で頻尿などがあると、睡眠を妨げてしまうため、持病がある場合は、専門の病院に通院をして治療を受けておく必要があります。

普段の生活では、トリプトファンを含んでいる食品を摂取することも大切です。牛乳やヨーグルトなどの乳製品やまぐろやかつお、ナッツ類などの神経を落ち着かせる働きのある食品を積極的に食べるようにしましょう。ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる緑黄食野菜や果物、食物繊維を豊富に含んでいる海藻類や、魚介類などをバランスよく食べることが大切です。

不眠症の解消方法

不眠症を解消するためには、毎日使用している寝具は良質な商品を選ぶことが大切です。高さの合う枕を使用するようにしたり、布団が重い場合は軽めの布団を選ぶようにしたり、シーツ類などは肌触りの良い商品を選ぶことが大切です。シーツ類はこまめに洗濯をするようにしたり、部屋が暑すぎたり、寒すぎたり、湿度が高い時も寝つきにくいため、エアコンなどで温度調節をすることも大切です。

冷え性で血流が悪い人は、寝つきが悪い人が多いため、普段の生活ではヨガやストレッチなどの運動を適度に行うようにして、昼間に適度に疲れておくことも大切です。運動は血流を改善する働きがありますし、体の血流も良くなるので続けるようにして下さい。

寝る前は心身を興奮させたり、緊張しないようにすることが大切です。寝つきが悪いと飲酒をする人もいますが、飲酒をすると夜間や早朝に覚醒しやすいため、過度な飲酒は避けることが大切です。10代や20代の人は比較的不眠症は少ない傾向がありますが、30代以降の人は増える傾向があります。

40代から50代以降の人は5人に一人程度が不眠だと言われているため、病院に通院をしている人が増えています。普段の生活では栄養バランスの良い食事を心掛けるようにして、寝る前の3時間は飲食をしないようにすることも大切です。寝る前に食事を摂ると、胃腸の働きが活発になってしまうため、寝つきが悪くなる傾向があります。規則正しい生活を心掛ける必要があります。

不眠症のまとめ(未然に防ぐ方法など)

責任感が強く真面目な性格の人は、精神的なストレスを感じやすい傾向があるため、スポーツ観戦やスポーツ、映画、コンサートなどの娯楽を適度に楽しむことも大切です。結婚や出産などはおめでたいことですが、最近は環境の変化でストレスを感じることも多いです。両親や祖父母、兄弟姉妹とこまめに連絡を取り合うようにしたり、育児や家事なども家族に手伝ってもらうことも大切です。

40代から50代半ばの更年期の年代は、男性や女性もホルモンバランスの乱れが原因で体調が悪くなりますし、子供の独立や両親の介護、配偶者の昇進などでストレスを感じることも多いです。寝つきが悪く、2週間以上ぐっすりと眠れない場合は、日常生活に支障をきたすことが多いため、専門クリニックで治療を受けることが大切です。

心療内科や精神神経科に通院をするのに抵抗を感じている人が多いですが、清潔で落ち着いた雰囲気のクリニックや病院が増えており、以前に比べると通院がしやすくなっています。不眠の症状が辛い場合は、入院が必要な場合があります。

精神神経科の病院は、リラックスできる環境が整っているため、短期間の入院をするのもお勧めしたいです。アトピー性皮膚炎などの体の痒みやリウマチ、胃の痛みなどの体の不調がある場合は、信頼できる医師が在籍している病院で治療を受けることが大切です。不眠症の原因は人によって違いがありますが、適切な治療を受けることで、少しずつ改善することが多いです。

2-0234-0028

解消法 お顔のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

お顔のたるみはなぜ起きてしまうのか不思議に思った事はありませんか。良く言われるのが肌の老化ですが、それ以外にも何か原因は...

little crying boy portrait

子供のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

子供が日常の生活を送っていく過程のなかで、生きていくためには苦しいこともつらいことも勉強していく必要があります。子供のス...

2-0236-0033

解消法 お茶でむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

日常生活での体を健康に保つ方法は色々ありますが、その中で体のむくみを訴える人が増えているようで、特に女性に多いようですが...

0023-0083

解消法 トイレの臭いを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

不快な臭いがいろいろありますが、トイレの臭い不快な臭いの一つに入ります。なんとも言えない深いな臭いで、トイレをしている間...

M

解消法 体を柔らかくする為の悩みを解消する対処方法や対策・原...

子供の頃には体が柔らかく柔軟性があったとしても、人間は年齢と共に段々と筋肉や関節などが固くなってしまいます。こういった固...

Man in scarf  stuping  towel to head

解消法 お酒を飲み過ぎた後の頭痛を解消する対処方法や対策・原...

年末年始や一週間の終わり、給料日など飲み会が絡む時期は、どうしても二日酔い気味でしょう。お酒からの頭痛は基本的に飲みすぎ...

2-0112-0311

解消法 朝弱くて起きれないを解消する対処方法や対策・原因・特...

低血圧の人と高血圧の人がいます。低血圧の症状の一つとして朝が弱い人が挙げられることがあります。遅刻が多かったりすると低血...

2-0021-0131

解消法 運動不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人間は科学技術を発達させとても便利な時代を作り上げました。その科学技術は生活を便利にすると共に、人間の身体を楽にするため...

m

男性の浮気癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男性の浮気癖は今に始まったものではなく、古い時代から女性を悩ませる癖のひとつです。男性は女性が好きですが、浮気を繰り返し...

2-0455-0091

舌を出す癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

舌を出す癖とは、無意識に舌をペロッと出す仕草のことです。ちょっとしつこい印象では、唇を舐めまわすような仕草もあります。女...

2-0128-0338

解消法 入浴で肩こり...

最近は健康寿命という言葉も話題になり、日本のように高齢化...

2-0376-0398

解消法 目の下のたる...

目の下のたるみというものはかなり誤解されていることも多い...