解消法 短時間での睡眠で解消する対処方法

解消法 短時間での睡眠で解消する対処方法

偉人においては短い睡眠で財を成したり成功をした人がいます。短時間での睡眠で得られるメリットとしてはまずは時間を有効に使えることがあります。現在において健康のために必要な睡眠時間としては7時間から8時間とされます。それより短かったり長くなると体にとってはあまり良くないと…

短時間での睡眠でとるメリット

偉人においては短い睡眠で財を成したり成功をした人がいます。短時間での睡眠で得られるメリットとしてはまずは時間を有効に使えることがあります。現在において健康のために必要な睡眠時間としては7時間から8時間とされます。それより短かったり長くなると体にとってはあまり良くないとされています。8時間の睡眠だと1日24時間であれば自由になるのが16時間になります。

長いようですが必要な時間をどんどん考えていくと自由に使える時間が非常に短いことがわかります。短時間になるとそれによって起きている時間が自由な時間としてプラスアルファーで来ます。1時間睡眠時間を短くしたとしたら10日で10時間も得をすることができます。

勉強をしたり、自分で仕事をしている人にはプラスが大きくなるでしょう。その他では睡眠する場所の確保を気にしないことです。自宅の決まったベッド、枕でないとうまく睡眠できないようなことがありますが、そのようなことでは短い睡眠で済ませるのは難しいです。いつでも寝ることができるからこそ短くても済ませることができます。

椅子があるだけで有効な睡眠を取ることができたり、場合によっては立ったままでも睡眠をとることができそれで体を休めることが出来る場合があります。体としてはそれで十分休まっているので、その後に仕事などをすることができます。寝るまでの移動などの時間を考える必要がないので、より時間を有効に使うことができます。

短時間での睡眠を取る方法

短時間での睡眠をとる方法としてはまずは早く眠りにつくパターンを身につけることです。布団に入ってから目がさえて眠ることができない、1時間ぐらい考え事をするなどの人がいますがそれでは短い睡眠で済ますことはできません。布団に入ったらすぐに睡眠に入って熟睡するぐらいでないといけません。そのためには寝る準備を事前にすると良いとされます。

人は昼に行動する動物で夜には自然に眠るようになっているようです。しかし現在は夜でも昼のように明るかったり音がしたりします。照明が強かったり、テレビやパソコンなどの強い画面を見ると脳は昼と勘違いします。まだまだ起きようとします。その状態ですぐに布団に入ってもしばらくは起きた状態になります。

照明を少し落し気味にしてテレビやパソコンなどを控えるようにします。すると脳が夜になったと判断して眠りの準備を始めます。その状態で布団に入ればすぐに眠ることができます。布団に入ってから考え事をしたりすることがなくなるのでどんどん眠ることができるようになります。

早く眠ることが出来れば体を休める時間も増えるので無駄に入っている人よりも短い睡眠でも問題がなくなります。睡眠サイクルを意識して起きるようにすると良いとされます。睡眠サイクルとしては90分とされています。浅い眠りから深い眠り、再び浅い眠りになるのが90分毎に来るとされます。3時間、4時間半、6時間、7時間半など90分サイクルで起きるようにするとスッキリ起きられます。

短時間での睡眠に入る手順

短時間での睡眠に入る手順としては、まずはお風呂があります。お風呂は熱いお風呂だと汗をたっぷりかけて気持ちが良いですがこれはよくありません。交感神経が刺激されて目がさえます。朝起きてこれから行動するようなときにいい入り方になります。すぐに眠りに入るときには適度な温度のお風呂にしっかり浸かるようにします。

温度としては38度から40度ぐらいで少しぬるいと感じる人もいるかも知れません。ぬるくても10分ぐらい使ってくると体温が徐々に上昇します。熱いお湯に比べると上昇しすぎませんからちょうどよくなります。このお風呂に関しては照明に少し気を配ります。お風呂場は照明が明るいところが多いかもしれませんが少し落し気味にします。

お風呂場の照明を調節できないなら消します。そしてアロマキャンドルなどを利用してそれで入るようにします。それでも浴室内はしっかり見ることができます。脳の方の刺激も緩やかになるのですぐに眠りにつく体勢に入れます。アロマオイルもリラックスするタイプのものを利用します。

お風呂あがりにおいてはパジャマに着替えますが、ゆったりしたものを利用します。あまり体を締め付けるものでは眠ることができません。お風呂では水分が失われていますからここ水分補給をしておきます。そうすれば寝ている間に水分補給をすることなく、眠り続けることができます。体がまだ暖かい状態で布団に入るようにすれば眠りにつきやすくなります。

短時間での睡眠の効果

短時間での睡眠の効果は日常生活において時間を大事にするようになります。時間が増えたら無駄に使いそうに考えますが、元々時間が足りない人が短くしようとします。そのためにせっかくできた時間をより有効に使おうと考えることができます。勉強や仕事の時間に割り当てることによって、目標を達成しやすくなります。

短い睡眠で昼間に眠たくなったりするのは意味がありません。その分活動効率が悪くなります。昼間もスッキリと生活することが出来る効果があります。朝にスッキリ起きることが出来るだけでなく、昼間などもそれほど眠たくなりません。昼間に少しの昼寝をプラスすることで昼間の眠気を取ることもあります。これも短い睡眠のためには必要なことです。

朝に早く起きることが多くなりますが、それによって朝の時間を有効に使えるようになります。朝は新聞が来ていたり、ニュースなどが出されることがあります。人よりも早く情報を得ることができるので、それを元にした活動を人より早くできます。周りの人がそれを元に活動をする頃にはすでに済ませている状態にできますのでその頃には次のことができます。

ビジネスにおいては人より先に行動することで利益を得ようとすることが多いですから、より得を得ることができるようになります。朝に早めに通勤が出来ればラッシュなどにも合わずに済みます。ラッシュだと電車の中でも何もすることができませんが、座ったまま情報を収集できたりします。

短時間での睡眠でのまとめ

短時間での睡眠としてはまずは単純に短くするのは辞めます。今まで8時間睡眠だった人が普通に7時間や6時間にしても減らした分の疲れがどこかに来ます。朝方に眠気が取れない、昼間に強い睡魔に襲われるなどです。それだと意味がありませんから、効果的に短い睡眠ができるような方法を取るようにします。

寝るための準備をきちんとしてすぐに熟睡に入れるようにするとか、睡眠サイクルを意識した睡眠を心がける、昼間などに15分ほどの短い昼寝を取り入れるなどです。そうするとトータルでの睡眠時間は短いけども起きている時間は活動的に生活をすることができ、その分有効に使える時間を増やすことができます。

自宅においてはお風呂場であったり、リビング、書斎、寝室なども睡眠を取るための工夫をするようにします。明るすぎる照明しか使えないと眠る前に過ごすことができなくなります。リビングや寝室は直接照明ではなくて間接照明などを利用するようにすれば明るすぎずに生活をすることができます。お風呂場においても出来れば照明を調節できるタイプにすると眠りにつきやすくなります。

短い睡眠になったら有効な時間が増えますから、その時にどのように時間を使うかを考えておきます。無駄に短い睡眠にしてもただ時間が余るだけでもったいないです。仕事をする、勉強をする、趣味の時間に充てるなどできた時間をどのように使うかを考えておきます。そうすればどんどん短くしようとすることができます。

2-0422-0116

嘘をつく癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

誰しもちょっとした嘘をついてしまう可能性はあります。たとえば、本当のことを言ってしまうと自分に都合が悪くなってしまう場面...

2-0360-0351

解消法 背中の凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

背中の凝りとは、そこに色々と問題があるから発生していることです。病気であることもありますが、単なるちょっとした疲労である...

massage of female body

解消法 乳腺の詰まりを即解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

乳腺のつまりとは、赤ちゃんを出産し、おっぱいを与えている状態の際に良くおこる現象です。もしかしたらば、妊娠をして出産をし...

Asian chinese lady yawning after waking up

解消法 中途覚醒を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

中途覚醒とは、せっかく眠ったのにもかかわらず、眠っている途中で目が覚めてしまう状態の事を言います。この状態を「隠れ不眠」...

Physiotherapist examining and treament injured leg

膝熱を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

膝に炎症が起きてしまうと段階をふんで症状が進行していきます。膝熱というのはその段階でも第二段階あたりから起きてくるもので...

0029-0106

解消法 マリッジブルーを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

最近マリッジブルーという言葉を時々聞きますが、言葉の中にブルーという単語が入っているので、大体は感じがわかります。この言...

2-0221-0404

解消法 目袋を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

地球においては重力があるとされます。宇宙飛行士などは宇宙においては無重力の状態で生活するとされています。ものを落とそうと...

diet concept. frightened girl in the stress and flying around th

解消法 食べ物でストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

現代社会を生き抜いていくためには、降りかかるストレスを如何に処理し、対処していくかということが重要になり、その対処が巧み...

0024-0084

解消法 トラウマを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

心の問題では、よく聞く単語にトラウマという言葉があります。簡単に表現すると、心に負った傷ということですが、見えないものな...

Portrait of woman suffering from headache while man quarreling at home

解消法 イライラで頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

解決法 風邪をひいたり、ストレスをためたり、単純に頭をぶつけるなどの理由で頭痛が発生することは多いです。ただ、それが頭の...

Full length of a healthy and beautiful young woman in sportswear sitting in the park

解消法 ひざ痛を解消...

体の中で最も使う部分の一つが足です。毎日歩くときに使いま...

2-0155-0406

解消法 夜間多尿を解...

健康的な睡眠時間としては7時間から8時間とされています。...