解消法 あぐら鼻を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 あぐら鼻を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

動物にはそれぞれ鼻があるとされます。鼻の目的は臭いをかぐ、呼吸をするなどがあります。動物によって嗅覚のレベルは異なり、人間に比べて犬は非常に嗅覚が強いとされています。ですから警察などにおいても捜査などに犬を使うことがあるとされています。おそらく人間も昔は…

あぐら鼻とは

動物にはそれぞれ鼻があるとされます。鼻の目的は臭いをかぐ、呼吸をするなどがあります。動物によって嗅覚のレベルは異なり、人間に比べて犬は非常に嗅覚が強いとされています。ですから警察などにおいても捜査などに犬を使うことがあるとされています。おそらく人間も昔は嗅覚がある程度は発達していたのでしょうが、今は日常的に食事をするとき以外に嗅覚を使うことがなくなっています。

視力などが衰えているのと同じことかもしれません。人間の鼻については顔のちょうど真ん中辺りに付いています。口のちょうど上です。食事をするとき、臭いをかぐのに調度良いようになっています。もし毒性の強いものを食べようとするときにはかなり変なにおいがあるかもしれません。

それを嗅ぎ分けて食べる食べないの判断をする場合があります。他の動物においても同様です。犬同様に嗅覚が優れていると言われる動物に豚がいます。他の動物に比べると特徴的で鼻の穴が顔の正面を向いています。嗅覚についてはヨーロッパなどではトリュフを探すときに利用すると言われるくらい鋭い嗅覚を持つと言われます。

人の鼻においてもこの豚の鼻によく似が状態になることがあります。このような花のことをあぐら鼻と表現することがあります。座り方にあぐらをかく、あぐらを組むとすることがあります。正座などに比べると広げた状態です。それに近いような鼻の形とのことで言われます。豚に似ているのでブタ鼻と表現することもあります。

あぐら鼻の特徴(症状)や原因

あぐら鼻の特徴としては鼻が広がり正面を向いたように見えることです。アニメなどでは極端に表現しているのではっきりと鼻の穴が見えるようになっていることがありますが、一般の人の場合はそこまではっきり見える人はいないでしょう。一般的に人の鼻は正面を向いているときは鼻の穴は一切見えない状態です。

でもこのような鼻と言われる人は穴の一部が少し見える状態になっています。そのことから言われてしまいます。鏡でじっと見ると確かに見えることもありますが言われなければ気づかないこともあります。でも一度指摘を受けるとそれが気になりますし、子供の頃であればそれでからかわれてしまうこともあるでしょう。

人の顔などは年齢によって変化することがありますが、鼻などは変化しないこともあります。そのためにこの状態のままおとなになったりすればコンプレックスを持ったままのことがあります。周りの人がそう見ているのではないか、異性からもそのように見られていると気になると健全な社会生活が送れなくなります。原因としては先天的なものと後天的なものがあるようです。

生まれつきそのようにして生まれてきた、両親のどちらかがそのような状態になっていてそれを受け継いだ場合があります。後天的な要因としては子供の頃に顔から何かにぶつけたために骨などに異常ができた場合です。その後に治せば治ったのでしょうが、そのままの状態で固定化してしまうと悪い状態になります。

あぐら鼻の対策

あぐら鼻の対策としてはまずはメイクによるものがあります。女性の場合であればメイクである程度は問題部分を隠すことができます。隠すだけでなく別の部分を強調することで目立たせないようにすることもあります。この鼻はどうしても鼻が大きく見えたり広がったり見えます。ですから鼻の部分のメイクを他の部分と同化するようにして目であったり口元を目立たせるようにします。

そうすると鼻に注目が行かないので気になりにくくなります。この方法においては鼻の大きさなどが変わるわけではないので根本的には何も変わりません。メイクを落とせば元に戻ります。日常的な道具としてはメガネを使う方法もあります。

メガネが目立つタイプの場合どうしても印象はメガネの方に集中します。ですから鼻の方を見られなくなります。こうすることによっても対策としては行うことができます。メガネについてはあまり大きすぎたりすると逆に鼻が大きく見えることがあります。メガネショップなどで相談するといいでしょう。

顔にうまくフィットさせるタイプのものであれば鼻をそれほど目立たせることなく行うことができることがあります。日頃の表情などでも変えられます。口をいつも閉じている印象か、口を開いたり笑ったりしている印象かです。口を大きく見せるタイプであれば口元が注目されやすいので鼻は印象としては減るようになります。口と鼻の対比をうまく利用して目立たなくすることが出来るかも知れません。

あぐら鼻の解消方法

あぐら鼻の解消方法としては最も根本的に行えるのが美容整形になるでしょう。鼻そのものを変えます。もちろんすべてが変わるわけではないですし、大きく変えられるわけでもありません。でも印象としては大きく変えることができます。方法としたるのは小鼻にするための手術があります。左右に広がった状態を小さくしてもらいます。

小さくすることで顔の中の鼻の印象を弱めることができます。鼻を小さくすることから傷跡が気になることがありますが、内側から行うことが多いので傷は外からは見えないようになるのが一般的です。手術の方法についてはクリニックによって異なります。状況に関しては人それぞれ異なります。

手術例などがありますからそれを参考にしてみましょう。ビフォーアフターの写真などを見て場合によってはそれほど変わらないと感じることもあります。でも実際にやってみると大きく雰囲気が変わって満足できる場合もあります。その人によって大きく感じ方は変わってきます。この手術に関してはプチ整形で行えることは少ないです。

実際に切って行うことが多いので、その後に戻したりすることができなくなります。手術前に今のままと手術後にどうなるかについてをきちんと話しあうようにします。クリニックによってはグラフィックなどでこのようになりますと示してくれることがあります。それを見ると印象がどうなるかもわかります。話だけで行おうとすると想像どおりでないことも出てきます。

あぐら鼻のまとめ(未然に防ぐ方法など)

あぐら鼻においては鼻が丸まっている団子鼻の状態になっていることがあります。そのときには鼻を高くする手術と一緒に行うことがあります。鼻はそれほど高くないのに横に広がっているだけの状態です。横への広がりを少し狭めて、鼻の上部の部分を高くします。そうすることでしっかりと通った鼻にしてもらうことができます。

小さくする場合は皮膚を切って行うことになりますが、高くするときには場合によってはシリコンなどを入れて調節することもあるようです。中に入れる場合には体に問題のないものを選んで行われるのでそれほど心配する必要はないでしょう。鼻を低くする場合は切るしかありませんが、高くするときにはプチ整形を利用することがあります。

注射などで注入をすることで対応するタイプです。こちらなら痛みも手術後も少なくなります。広がっている部分を切る必要はあるので切らないで全てを行うことはできないかもしれませんが、一部を切らないだけでも負担を減らすことができます。鼻に関しては骨に対して皮膚の部分が厚くなっています。

そのために小さくする場合においては鼻の骨を削らないといけないケースは少ないです。顎などの場合は削らないと小さくすることができなかったりして大変な手術になることがありますが、そこまでにはなりません。少し切るだけで小さくできることが多いです。入院などが必要な手術ではなく、日帰りで対応できるタイプの手術が主流になっています。

2-0406-0044

無料ゲームでストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ストレスとは、外部からの様々な刺激によって自分の心身に負荷がかかり、歪みが生じることをさします。その歪みとは、例えばボー...

2-0351-0333

解消法 二日酔いをツボで解消する対処方法

二日酔いとは、前日にお酒を飲み過ぎてしまい、その症状が翌朝まで残ってしまっていることを言います。ですが、症状には様々なも...

2-0280-0127

解消法 右側の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

健康面の心配でも頭の関係は、その他にも影響しますので、なかなか厄介です。頭痛の場合には色々な部分が痛くなることで原因を知...

2-0258-0091

解消法 ひどい肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

肩が重く感じたり、肩全体に痛みを感じたりしたことはありませんか。それはもしかして肩こりのサインかもしれません。肩こりは多...

Woman undressing brassiere

解消法 胸のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

10代の女性の胸は張りがあってぷるんぷるんしています。これは彼女たちが特に特別なことをしているわけではなく、ありのままに...

2-0016-0095

解消法 ほうれい線を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

ほうれい線とは、鼻の横から、口角にかけて八の字の形に広がったシワのことです。小さな子供の頃から存在するものですが、加齢に...

B

解消法 目頭で片頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

片頭痛という病気があり、偏頭痛とも書きますが、病気というよりも症状でということですが、原因もわかりづらく、頭痛なので頭が...

Elderly woman having a belly pain in the living room

解消法 高齢者の便秘の解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

便秘になるとお腹が苦しくなってしまいとても辛いですよね。そんな便秘に、特に高齢者の方はなりやすくなってしまいます。加齢と...

Woman legs

解消法 ソックスでむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

足のむくみとは、筋肉組織の間に水分がたまっている状態です。疲れたり、塩分の取りすぎやアルコールの摂取量の多さだったり、運...

BLD064093

解消法 小学生の肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

今、小学生の肥満が問題になっています。あまりに太りすぎていると疲れやすく小学生らしい運動にもハンディですし、なにより適正...

E

解消法 あごの痛みを...

体においては生活の中でよく使う部分もあれば意識的にはほと...

2-0293-0161

解消法 詰まりリンパ...

血液が体の全身に巡っている様に、リンパも体の中を巡って流...