解消法 お酒を飲み過ぎた後の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 お酒を飲み過ぎた後の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

年末年始や一週間の終わり、給料日など飲み会が絡む時期は、どうしても二日酔い気味でしょう。お酒からの頭痛は基本的に飲みすぎから起こり、頭の血管がお酒の作用によって拡張して、体内で分解される段階で血管を圧迫します。これが痛みの主たる原…

お酒からの頭痛とは

年末年始や一週間の終わり、給料日など飲み会が絡む時期は、どうしても二日酔い気味でしょう。お酒からの頭痛は基本的に飲みすぎから起こり、頭の血管がお酒の作用によって拡張して、体内で分解される段階で血管を圧迫します。これが痛みの主たる原因で、アルコールが体内からすべてなくなれば正常に戻ります。

アルコールを分解する場合、体内では盛んにアセトアルデヒドなる物質が作られますが、これは体内に残ってしまうと激しい吐き気や頭の痛みをもたらし、正常な生活が困難なほど体に影響があります。飲んだ量に応じてアセトアルデヒドが作られる量も違い、これがさらに分解されて炭酸ガスと水になるまでには、肝臓がフルで働かなくてはなりません。このため、飲んだ量が多ければ多いほど肝臓には負担がかかり、頭の痛みや腹痛、めまいなどの症状となって現れるわけです。お酒からの頭痛とは、アルコールを体内に取り入れすぎ、それを分解する過程で起こります。

一度泥酔するまで飲んだ人は、自分の限界がわかるのでそれほどたくさんの量のお酒を飲もうとはしませんから、二日酔いの症状は出にくくなります。ただ、付き合いで飲みすぎる場合や特定の集まりで勢いで飲んでしまう場合など、お酒を飲みすぎる確率は意外に高いので注意が必要です。

人間の生活は加減とバランスが重要なので、いくらおいしいお酒が安く飲めるからといって、無理をして飲んでは体が悲鳴をあげてしまいます。心の弱い人やストレス過多の人はお酒の飲み方にも注意しましょう。

お酒からの頭痛の特徴(症状)や原因

飲みすぎて酩酊した状態だと、不思議なほど体が軽く元気です。しかし、だんだんと体内でアルコールが分解され、いわゆるお酒が回った状態になると、めまいやふらつき、吐き気などの症状が現れます。ここで意識を失ったり急性アルコール中毒になったりすると、重症です。泥酔した状態で寝ると、アルコールは寝ている間にも肝臓に負担をかけつつ分解されます。お酒からの頭痛は翌朝に起こり、ずきずきといつまでも取れない痛みにさいなまれるわけです。

これは単純に寝ただけでは回復せず、一日二日の長期にわたって頭の痛みやだるさ、食欲不振などの症状に見舞われます。こうなってしまった場合はもはや安静にして水分をきちんととるほかありません。

食欲が戻るまでは休むべきです。お酒からの頭痛の原因はとにかく自分の許容量をオーバーしてアルコールを摂取しすぎ、そこで発生するアセトアルデヒドが体内で分解しきれないことにあります。アセトアルデヒドは劇薬に分類される物質で、発ガン性もあり体内に残しておくと何かと悪影響をもたらします。

少量ならばすぐに分解され、体にほとんど影響は出ませんが、大量にできてしまうとそれを分解するのに時間がかかります。できるだけ早くこれを分解し、健康な体を取り戻さなくては日常生活はままなりません。サラリーマンが飲みすぎて次の日ふらふらになる状態は昔から話題になっていましたが、こればかりは自分で飲み方を考えない限り治りません。

お酒からの頭痛の対策

どうしてもはずせない飲み会や、お葬式やお祝いパーティ、結婚式などでは、薦められたお酒を断るのは難しいでしょう。そのため、体内にあらかじめアルコールを分解しやすい状態を作っておくのが予防策のひとつです。お酒からの頭痛に対しての予防策はいくつかありますが、専用の薬を用いて、アルコールの分解を早くするのが一番手っ取り早いでしょう。ウコンなどはその効力が認められており、飲み会の前や後に飲むことでアルコールを体内から早めに出すことができます。

また、飲む前にご飯を食べたり、牛乳などを飲んでおくと悪酔いしなくて済むケースもあり、試してみる価値は大きいです。ただ、一番重要なのは飲める量をあらかじめ知っておき、それを超えて飲まない努力でしょう。

これはお酒をいかに断るかのテクニックでもあり、失礼のないように断るのも社会人のマナーです。無理強いする人はどの社会にもいるので、それをかわしながら飲みたいだけお酒を飲んで、限界を超えないように注意します。お酒からの頭痛にいたるまでの道のりは個人差があり、大量に飲んでも次の日に影響がない人もいます。

これは体内でアルコールを分解できるキャパシティがそれぞれ違うからです。弱いと思う人は限界まで付き合わず、ある程度酔ったら水やウーロン茶を飲んでアルコール分解に努めましょう。そうすれば飲み会の次の日にまでアセトアルデヒドが残らず、すっきりさわやかな朝を迎えることができます。

お酒からの頭痛の解消方法

社会人として付き合いが多くなると、飲まずにいられないのも現実です。いかに対策をしていても、飲みすぎて気持ち悪くなり、次の日になってひどい頭痛にさいなまれるケースはあります。予防策を講じたにも関わらずお酒からの頭痛が発症してしまった場合は、しじみの汁を飲むのがいいでしょう。

しじみにはアミノ酸がたくさん含まれており、食欲がない状態でも飲み物ならするりと入ります。これで体内に残ったアセトアルデヒドをできるだけ早く分解し、食欲が出るまで安静にするのが一番です。二日酔いの状態になると、何事も億劫になって仕事どころではなくなります。これはサラリーマンにとってかなり悩みの種であり、できるだけ早く解決したいのは間違いありません。

お酒からの頭痛はアセトアルデヒドが体内に残っていることで起こります。そのため、水分をとり、コーヒーやお茶を飲んだりしてゆとりを持ってすごすことも大事です。飲み会の翌日は二日酔いと共に肉体の疲労も感じるでしょうから、無理せず一日寝ているくらいのつもりで、ゆっくり体を休めるのが得策です。

これを怠ると次の日から元のように会社勤めをするのが難しくなり、飲み会そのものに恐怖感を抱いてしまいます。せっかく楽しいお酒を飲んでも、その後のケアを怠っては何にもなりません。次につなげるためにも、きちんと体のケアを行っておくのが賢い社会人の常識です。今は自分の身は自分で守らないといけませんから、心構えだけはしっかりしておきましょう。

お酒からの頭痛のまとめ(未然に防ぐ方法など)

結論から言えば、お酒からの頭痛は予防できます。意識をしてお酒を飲みすぎず、適量を飲んでその日のうちに分解して体内にアセトアルデヒドが残っている状態を作らなければいいわけで、それを毎回の飲み会で実戦していればさほど怖くはありません。

飲み会も回数を重ねていけば、上手なお酒の飲み方、断り方などもわかってきます。あらかじめ自分はお酒が強いのか弱いのか分析しておけば、その後の対策もとりやすくなります。学生時代からお酒をある程度飲んでおき、一度は泥酔するまで酔っ払ってそれを強く心に焼き付けておくのもいいでしょう。

一度限界を知れば、次からは危ない状態の一歩手前でやめられます。二日酔いはおいしいお酒を飲みすぎた時にこそ起こるため、あえて口当たりのいいお酒は選ばないのも手です。お酒からの頭痛を防ぐためには飲み会で人に流されず、自分のペースで飲み続けることが何より重要です。

これができないならば、薬や健康食品をあらかじめ常備しておき、二日酔いの状態を持ち越さないようにしましょう。お酒は飲めば飲むほど慣れるものではありません。人間が体内で分解できるアルコールの量はあらかじめ決まっており、うわばみと呼ばれる人もたくさん飲めば二日酔いになります。限界を知り、限度をわきまえて楽しいお酒を飲めば、そうそう二日酔いで頭の痛い朝を迎えなくてもいいでしょう。飲みすぎに効くドリンク類も今は数多く販売されていますので、いざという時には頼りにできます。

SONY DSC

解消法 女性の中年太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

美容ではアンチエイジングが中年の女性に人気がありますが、これはお肌の老化現象の悩みであり他にも女性の中年太りというのも美...

2-0096-0286

解消法 足むくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

靴を購入する時朝や午前中よりも午後、夕方が良いとされます。朝は起きたところの場合があります。寝ていたときには全身の血流が...

2-0284-0140

解消法 夏のだるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

一年の中で最も熱い季節”夏”。この夏に体調の変化やだるさを感じてしまう人も多くいるのではないでしょうか。夏のだるさといえ...

2-0131-0347

解消法 妊婦の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

妊娠している人の中には、便秘で苦しんでいる人が多くいます。妊娠中の悩みとしてつわりの次に便秘という人も多くいます。この妊...

childhood obesity

幼児肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児肥満とは標準体重よりどれくらい体重が上回っているかによって決まりますが、幼児肥満には2種類の肥満があります。一つは単...

P

解消法 臨月の腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

もうすぐ出産。臨月になると体も出産の準備に為に、様々な変化を見せます。妊娠中はホルモンバランスの関係で様々な体調の変化な...

Young caucasian woman in toilet

吐き癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

吐き癖というのは、一旦口に入れて食べたものを、自ら吐き出してしまう行為が、習慣化して癖になっている状態のことを指します。...

2-0023-0137

解消法 下腹ぽっこりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

赤ちゃんは人間の姿においては可愛らしい状態の一つでしょう。動物でも赤ちゃんの時が可愛いと言われることがあります。すべての...

2-0175-0034

解消法 お茶で即効に便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

病気と言われるときには慢性と急性と言われることがあります。病気ではなくてもちょっとした症状として言われる場合には慢性と一...

Woman having massage of shoulder

解消法 ツボマッサージで肩こり解消する対処方法や対策・原因・...

日常生活において疲れというのは切っても切れない縁があるのもので、その疲れとは常に一緒に過ごしている方も多いのではないでし...

SONY DSC

髪を触る癖を解消する...

髪を触る癖というのは、よく女の人に見られるものとして知ら...

m

男性の浮気癖を解消す...

男性の浮気癖は今に始まったものではなく、古い時代から女性...