解消法 赤ちゃんの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 赤ちゃんの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

可愛い赤ちゃんの鼻が詰まって苦しそうにしているととてもかわいそうですよね。なんとかしてあげたいとお母さんは必死になりますが、なかなか取る事が出来ずに歯がゆくなってしまう事もあるのではないでしょうか。鼻水が出た場合でも、いつも通りミルクを飲んでくれたり、元気な状態で…

赤ちゃんの鼻づまりとは

可愛い赤ちゃんの鼻が詰まって苦しそうにしているととてもかわいそうですよね。なんとかしてあげたいとお母さんは必死になりますが、なかなか取る事が出来ずに歯がゆくなってしまう事もあるのではないでしょうか。鼻水が出た場合でも、いつも通りミルクを飲んでくれたり、元気な状態であれば心配ありませんが、なんだかいつもと様子が違って元気がないなどの症状が出てしまっては心配になってしまいます。

赤ちゃんはまだ色々な機能が未熟ですし、なんとかしたくても出来ないと不安になってしまいます。また、鼻づまりが原因で機嫌が悪くなってしまったり、なかなか泣きやまなかったりぐずってしまう事もいるので、対処に困ってしまいます。

また、鼻呼吸が出来なくなってしまったり、赤ちゃんが口呼吸をしているようでしたら要注意です。可愛い赤ちゃんの苦しい鼻づまり、是非しっかり取り除き呼吸を楽にしてあげましょう。赤ちゃんは話す事が出来ないので、自分の意思を伝える事が出来ません。その為、お母さんは常日頃からしっかり赤ちゃんの様子を観察していなくてはいけません。

いつもとなんだか様子がおかしいなど、変わったところを見つけたらしっかり対処していきましょう。一度鼻づまりになってしまうと、その症状が長く続いてしまう場合があります。そうなってしまうと苦しい状態が続いてしまうので、出来るだけ早い段階で対策する必要があります。ではそんな赤ちゃん鼻づまりについて詳しくあげてみましょう。

赤ちゃんの鼻づまりの特徴(症状)や原因

ではなぜ赤ちゃんは良く鼻づまりを起こしてしまうのでしょうか。その原因にはどの様な事があげられるのでしょうか。生まれたての赤ちゃんは鼻腔粘膜が大変敏感です。ちょっとした温度変化でも鼻水が出やすくなっています。また腫れやすくなっているので良く鼻づまりを起こしてしまいます。

また赤ちゃんの色々な機能が未熟であり、鼻の管も細いですし鼻の穴も小さくなっているので、つまりやすくなっています。しかし鼻づまりを起こしたからといって大人のように鼻を自分でかむことは出来ません。言葉を話す事も出来ないので、自分では何も出来ません。その為、大人がこの鼻づまりにいち早く気付いてあげる必要があります。

鼻づまりの症状としましては、ぐーぐーといびきをかいたり、くしゃみや咳が止まらない、母乳やミルクをいつもより飲まない、機嫌が悪くずっと泣きやまない、寝苦しそうにしているなどがあげられます。この他にもいくつか鼻づまりの症状がありますが、まずはお母さんがいち早く気付いてあげる事が重要です。

赤ちゃんは自分では何も出来ないので、ただ苦しいだけになってしまいます。小さな体で呼吸が苦しそうにしていたら注意しましょう。またひどい時ではミルクを吐いてしまう赤ちゃんもいるので、十分気をつけましょう。赤ちゃんの体はとても敏感です、ちょっとした温度変化や活況の変化で影響を受けてしまいます。出来るだけ赤ちゃんに合った環境作りをしていきましょう。

赤ちゃんの鼻づまりの対策

では上記であげたように、赤ちゃん鼻づまりにならないようにする為には、普段からどのような対策をしていれば良いのでしょうか。赤ちゃんの体は大変敏感です。暖かいところから急に寒いところに行った場合、風邪を引いてしまったり鼻づまりになってしまう事があります。そうならない為にも、出来るだけ温度が一定になるように心掛けましょう。

また、風邪予防の為に加湿器を使用したり、常に気を配りましょう。空気が乾燥してしまうと鼻の粘膜を刺激してしまいます。その為、鼻づまりの原因にもなってしまうので注意が必要です。また加湿器を使用する事で、風邪を予防する効果もあるので、是非使ってみましょう。

敏感な赤ちゃんをしっかり守る為に、周りの大人が常に注意をしてあげる必要があります。また、鼻づまりにならないように、時々赤ちゃんの鼻の中をチェックしてあげましょう。鼻水が乾燥し、鼻くそが鼻の中に詰まっているとふがふが息苦しくなってしまいます。そうならないようにする為にも、濡らした綿棒かベビーオイルなどを付けた綿棒で優しく鼻の中をお掃除してあげましょう。

その際、鼻を傷つけてしまわないように、優しく丁寧に行いましょう。通常の綿棒では大きくて赤ちゃんの鼻の穴に入らない場合があります。最近では赤ちゃん用の小さな細い綿棒も販売されているので、是非使用してみましょう。赤ちゃん用の綿棒は小ぶりになっているので、使いやすく赤ちゃんの鼻の穴にもぴったりです。是非試してみましょう。

赤ちゃんの鼻づまりの解消方法

ではそんな鼻づまりですが、もし自分の赤ちゃんがなってしまったらどのように解消するのが良いのでしょうか。まず鼻水を取りやすくする為にもお風呂に入れてあげましょう。お風呂に入れる事で、鼻水や鼻くそが取れやすい状態になります。是非お風呂にいれてあげましょう。また、大人が赤ちゃんの鼻に口をあて、鼻水を吸い取ってあげる方法もありますが、この方法だとお母さんも風邪が移ってしまう可能性もあります。

そんな時は市販の鼻吸い器を使用してみましょう。鼻吸い器を使用すれば鼻の中の鼻水を吸い上げる事が出来ます。この時あまり一気に吸い込まずに優しく何回かに分けて吸ってあげましょう。市販のものは色々な種類の物が販売されているので、是非検討してみましょう。

また、蒸しタオルを赤ちゃんの鼻の下にあてて、上記で鼻を温めてあげましょう。そうする事で、鼻くそなど取れやすくする事が出来るので大変便利です。また、くしゃみをさせる方法もあります。綿棒やこよりなどで優しく赤ちゃんの鼻の中を刺激してあげます。

そうする事でくしゃみが出て鼻水を外に出す事が出来ます。この際、あまり無理やり綿棒を鼻の奥にいれてしまうと鼻を傷つけてしまうので注意する必要があります。なかなか鼻水が取れないと赤ちゃんも呼吸が苦しくなってしまいます。出来るだけ早く気付いてあげる事が出来るように、しっかりお母さんが赤ちゃんの様子を観察してあげましょう。そうする事ですぐに対処する事が出来ます。

赤ちゃんの鼻づまりのまとめ(未然に防ぐ方法など)

この様に、赤ちゃん鼻づまりの原因は色々あります。赤ちゃん鼻づまりになってしまうと、自分ではどうする事もできない赤ちゃんは大変苦しい状態になってしまいます。常日頃から赤ちゃんのいる部屋の温度を一定にし、乾燥から守りましょう。また風邪をひかせないように、帰宅したら家族みんな手を洗ったりうがいをしたりして、風邪を予防しましょう。

苦しそうな赤ちゃんはとてもかわいそうです。寝付きも悪くなってしまい、またそのお世話をするお母さんやお父さんも大変になってしまいます。その為、出来るだけ鼻づまりにならないようにする為の環境作りが必要になってきます。赤ちゃんは言葉を話す事が出来ません。

その為、自分のどこが苦しいのかさえ伝える事が出来ません。その為、普段一番近くにいる人がその変化にいち早く気付いてあげることで、早期に発見する事が出来ます。赤ちゃんが機嫌が良くてにこにこ笑っている姿はとても微笑ましい事です。それを見ている周りも明るくしてくれる存在です。そんな赤ちゃんの体調変化には十分気をつけながら子育てをしていく必要があります。

赤ちゃんの体調管理をしっかりする事で、家族みんなの笑顔が増えるでしょう。赤ちゃんのお世話はとても大変です。どうして泣いているのか分からなかったり悩みが付き物です。しかし普段からしっかり赤ちゃんの様子を観察している事で、ちょっとした変化にも気付く事が出来るでしょう。是非しっかり観察しましょう。

2-0429-0050

パソコンのリソース不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

リソースとは、CPUが処理速度や利用率、メモリの容量、ハードディスクの容量など指します。パソコンのリソース不足とは、アプ...

2-0281-0133

解消法 黄色い痰を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

痰は唾液にねばねばした液が混じって成り立っていますが、こういう液が出てくる要因はいろいろ実在しています。痰には細菌などが...

2-0174-0022

解消法 エステでクマを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

体においては皮膚で覆われています。肌の色に関しては以前は肌色と言われていましたが現在は色鉛筆などでは肌色が少なくなってい...

D

vista容量不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

vistaの容量不足とはパソコンのOSとしてWindowsVistaを使っている場合に起きるメインメモリの容量不足のこと...

Asian baby boy bite toy

幼児の噛み癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児の噛み癖とは、おもちゃやタオル、人形などの身の回りにある物や、親の指や肩、そして遊んでいる最中にお友達の手や腕などを...

2-0233-0025

解消法 オフィスでの足のむくみを解消する対処方法や対策・原因...

むくみというのは、皮膚のある部分が異常に膨張する状態を言います。皮膚以外の部分がふくらむ場合もあって、内臓の臓器やリンパ...

2-0307-0199

解消法 残尿感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

残尿感とはトイレで排尿をした後にも関わらず、まだ体内に尿がたまっている感覚があることです。これは年齢を重ねられた方の場合...

Casual pregnant businesswoman touching her bump at her desk in her office

解消法 職場で妊婦のいらいらを解消する対処方法や対策・原因・...

現代は女性が社会進出している時代になっていますので、独身から仕事をしている女性は結婚をしたり妊娠そして出産も経験すること...

2-0251-0073

解消法 ツボでストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

ストレス社会の今、普段の何気ない生活の中でたくさんの精神的なダメージを受けています。仕事に追われどんどんストレスが溜まっ...

2-0083-0257

解消法 睡眠でストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

夜に眠れなくて困る人がいるでしょう。布団の中に入っているのになかなか寝ることができません。最初はあまり気にならなかった時...

2-0394-0016

膨満感を解消する対処...

膨満感とは、胃や腹部が膨らんで張ったり圧迫されているよう...

Portrait of a displeased woman pulling her hair

解消法 不安で頭痛に...

現代の日常生活では、誰にも多くの不安があり、不安の種類も...